5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【親が離婚しちまった香具師が集まるスレ】

1 :◆w8N4fDRL2o :03/10/19 01:36
親が離婚してしまった人は集合!
ちなみに漏れの親も離婚しました。
子供にしか分からない気持ちをどんどん語っていこう!
今から離婚しようと思っているヤシ、
また、もう離婚しちまったヤシ。よく見とけ!!
これが離婚した親を持つ子供の気持ちだ!!!

669 :離婚さんいらっしゃい:04/05/05 00:27
ちょっと長いけど・・・書かせてもらいます。

うちは離婚じゃないけど、母の自殺で父子家庭になった。
形のうえでは死別だけど、実質的には母が選んだ離婚だと思う。

オレが中2のときに、父が自分の会社を倒産させた。
社員10人以下の零細企業だった。母がおかしくなったのはそれから。
それまで、父の悪口を言う母なんて見たことなかったのに、
会社を潰して路頭に迷ってからというもの、夫婦仲が険悪になりだした。

「なんで、あんな男と結婚してしまったのか」
「所詮、中卒の男なんて、この程度」(私の母は国立大教育学部卒)
「独身のまま、教師を続けてれば良かった」
「お前たち(オレと弟)さえいなかったら、別かれて実家に帰りたい」

父が職安に通っている間、母はこんなことばかり、オレに言っていた。
一方、父は父で、酒に溺れて夜遅くかえってくることが多くなった。

今日も仕事が決まらない。次の日も仕事が決まらない。
毎日、家に帰ってくる父が気の毒だった。仕事が決まらないことが気の毒なのではなく、
母にこう言って馬鹿にされることがだ。

「中卒の男なんか、どこが雇ってくれるのよ」
「私が教師をやめてなければ、あんたなんか、とっくに離婚されてるよ」

中卒の男と結婚した大卒の母には、今更ながら頭の下がる思いがするが、
それもこれも、父が中卒ながらも代表取締役の肩書きを持ち、
世間の一般レベル以上の収入があったからだった。
それが会社を倒産させて、ただの中卒無職に成り下がった今、高学歴の母が抱いた喪失感
は相当のものだったに違いない。

あの頃は辛かったな。母は大学時代の友人とよく会ってたもようで、友人たちはみな
大卒でホワイトカラーの男と結婚していて、自分は結婚に失敗したと愚痴っていた。

「女は損だ。学歴なんて身につけても、最後は男次第で人生が決まる」


670 :669:04/05/05 00:28
そして、いつの間にか母は実家に帰ってしまった。私の祖母は、そんな母をキツく咎めたらしいが、
母は父がマトモな就職を決めるまでは、帰る気はないと突っぱねていた。

さらに、その頃、中2だったオレにはもう一つショックなことがあった。
母がつけていた日記のことだ。うかつにも、母は家に日記を置きっぱなしのまま実家に逃げていたのだが、
オレは母が考えていたことが気になって、つい見てしまった。

日記には、父の会社倒産のことやら、オレと弟の進路の心配など予想どおりのことが書かれていたが、
ところどころ、こんな記述があった。

・・・今日、久しぶりに○○君と会った。誘われて食事に行った。いつ以来だったろう・・・・
・・・今日、また○○君に会った。もう、うえの子供は5年生だそうだ・・・・

母が父の会社倒産以後に、○○という男と定期的に会っていること、
その男が大学時代の友人であることが、日記を追っていくことで確信できた。

この○○という男はもしや?・・・・母は大学時代の男友達と不倫している?

もう、何もかもが、オレの対処能力を超えていた。父の会社倒産、両親の不仲、別居、母の不倫疑惑という
一連の流れの中で、オレは迫り来る家庭崩壊の危機に怯えていた。
このままだと、中卒で社会に出ることになるかもしれない。下の弟はまだ小学2年生だぞ。オレが弟を養うのかよ?


671 :離婚さんいらっしゃい:04/05/05 00:29
そんなことを考えていると、どうしても学校での態度がおかしくなるようで、友人からは「お前、最近おかしいぞ」、
担任からは「何か、困ったことを抱えてないか?」と言われる始末。しかし、こんな醜い家庭の事情を
誰にも打ち明ける気にはならなかった。

そして、親の別居から半年ほど過ぎ、オレが中3になって間もなくだった。移動教室で授業を受けていたオレを、
担任が呼び出しに来た。父から緊急の要件で電話だという。オレは教室を出て、事務室に向かい、電話に出た。

「お母さんが亡くなった」

一瞬、何のことか、ハア?という感じだった。しかし、自分は夢を見ているに違いないなどと考えるような年齢ではない。
さっぱり訳が分からないが、とにかく母は死んだという事実を認めるしかないと、自分に言い聞かせたことだけを覚えている。

その日は学校を早退して、家に帰ってから、父と一緒に母の実家に向かった。小3の弟にはショックが大き過ぎるので、
まだ知らせてないという。母がなぜ死んだのか、全く見当のついていないオレに父は車の中で言った。

「お母さんは首を吊ったそうだ」

672 :669=670=671:04/05/05 00:30
母は自殺したのだ。実家の自分の部屋で首を吊って死んでいるのを、外出先から帰ってきた祖母が発見したとのこと。

「□□さん、本当に申し訳ない。なんて馬鹿な娘なんだか・・・」

祖母は泣きながら、父に謝っていた。後で知ったことだが、母は自殺に至るかなり前から欝症状が出始めていて、
前にも一度、首吊り未遂を起こして、祖母に取り押さえられたことがあったという。確かに、母は神経質な人間ではあった。
しかし、自殺するほどとは・・・

今にして思えば、母が結婚生活に耐えていたのも、父が零細企業ながらも社長の地位にあり、一家を養える男だったからだ。
もともと、母には不満のある縁談だったらしく、母は一度は嫌だと言ったらしい。
しかし、祖母は娘の売れ残りを心配して、学歴の差には目をつむって実を取れと説得したとのこと。

その実が父の会社倒産でゴミになったのだから、母の中で何かが一気に崩れたのだろうということは想像できる。
出産のために教師を結婚退職したことも、母の喪失感の一因だったに違いない。これも頭のいい女の悲劇か。
母の世代で国立大学を出ている女なんて、かなりのインテリだったハズだから。不倫疑惑の真相も気になるけど。

父は母の死後、小さな会社をいくつも転々としながら、オレを大学まで出してくれた。
そのことには感謝しているし、親を恨むような気持ちも今はない。
しかし、やはり両親の不仲や離婚というものは、何か子供の心にトラウマを残すのは確かだと思う。

今のところ、オレは結婚に憧れがない。

270 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)