5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【長文】音浪の断片集【推奨】

1 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/09 03:08
ヲッサンですが、人生経験はたいしたことありません。
気が向いたらレスするかも。深夜に少しだけ。
にもかかわらず長文推奨。自分もしばしば長文なので。
こころおきなく呟いていって下さい。
自己紹介は >>2


2 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/09 03:09
■HN        音浪 ◆5dgoTpSAKE、名無し音楽放浪の旅
         (ワールド板の人、ごめんなさい)
■性別、歳等   男、30代前半、リーマン
■居住地     視界の70%が田んぼ
■身体      ダンディ坂野+ゆずの小さい方/2+茶瞳
■2ちゃん歴   2001年12月から
■行く板     世界史、純情恋愛、ワールド音楽、モナーなど
■調べてる音楽  イスラムスペイン(アンダルス)の音楽、ショーロ、雅楽
■好きな酒     黒白波(芋焼酎)、浜千鳥純米(清酒)
■一言      温野菜食え


3 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/09 03:10
ということで、立ててみた。
まあ平たくいえば、構ってちゃんなんだけどね。いい歳して。

2ちゃんに来たのは、検索エンジンで世界史板に連れてこられた
のがきっかけだったんだが、そのうち2ちゃんという存在そのもの
に興味を持って定着するようになった。
言いたいこと言いあえて、なおかつばらばらにならず、犯罪もある
が概ね秩序が保たれてる不思議なネットコミュニテイ。独自の用語
やAAが潤滑油となる強固な帰属意識と開放性の共存。
思想的な偏りや強い攻撃性も、集合的無意識の表出と思って、
こわごわ(慣れてきたのも事実だが)ヲチしてます。


4 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/09 03:11
これが理想とか、逆にゴミ溜とか言うつもりはありません。属し
ながら、はたまた少し他人顔して、面白いから眺めてるだけです、
はい。自分が面白さを他人に提供できるか、とも考えますが、生来
のグータラで、成功しているとは思えませんなw

もちろん情報収集の場としても活用してます。特にアンダルスの音楽
の情報は欲しいが、ワールド板・クラ板どっちでもそっぽ向かれまし
た。詳しい方、いたら嬉しいですな。
いずれにせよ、皆様よろしく。


5 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/09 03:12
よく行くスレ
五胡十六国を語る 2
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1033043530/

食物と酒、嗜好品の歴史 三皿目
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1047046710/

■アフリカン・ミュージック■
http://music.2ch.net/test/read.cgi/wmusic/1003902323/

好意をもたれるのが凄く苦手 2
http://love.2ch.net/test/read.cgi/pure/1042963994/

@@ 明 治 大 正 昭 和 擬 古 (其の七) ##
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/mona/1036066452/


6 :キューピー:03/03/09 21:38
ふーむ、、、

7 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/10 01:06
お、はじめまして。
気が向いたときに何か書いていってもらえれば嬉しいです。
以後よろしく。堅い?そ、そうすね・・・

さっきまでテレビでU2のライブを見ていた。88年頃初めて聴いたとき、骨っ
ぽさとミニマル要素が同居してる様に驚いたもんだった。
アイルランドという風土と結びつけ過ぎるのは間違ってるかもしれないが、
彼らの音楽の心地よい泥臭さと独特のしつこさ−褒めてる−はその辺から
来てるのかと。
よくアイルランドはイギリスの裏庭、ヨーロッパのどん詰まりなんて言い方
をする人がいるが、イギリスの同化圧力に耐え、かつ海を通じてフランスや
スペイン、新大陸とも行き来をしあうしたたかさがあった。独自性を失わな
い芯の強さには、惹かれるものがあります。

純恋板で名無しで立てたスレが、だんだん賑やかになってきた。嬉しい。

8 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/10 02:23
今飲んでいるのは芋焼酎「三岳」。自己紹介板のあるスレに名前があり、
酒板に行ったら評判がよかったので酒屋に行ったらないとのこと。それ
ではと取り寄せをお願いして10日後に到着。2ちゃんを活用しまくり。
今日から飲んでるが、苦味があって程よい甘さ、美味い。常飲している
黒白波とは随分毛色は違い、むしろ芋初心者でもすんなり飲める感じです。

焼酎は沖縄から伝わり、沖縄にはタイから、タイにはインドから、インド
には中東から伝わったようです。沖縄の泡盛はいまだにタイ米を使用して
ますし。
酒の味や音楽の話に、地理的なルーツなんか関係ないだろと怒られそうです
が、まあ、好きなんですなこういう「遡り」が。かといって背景で酒や音楽
を評価はしません。あくまでそのもの本体で好きになり、その後背景に興味
が及ぶだけ。もともと歴史好き、地理好きなので。

9 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/10 02:42
歴史でも、何年に誰と誰が戦ったとかそういうのより、どの時代では
どんなものを喰ってたか、役人は威張ってたか腰が低かったか、商売は
何が儲かったのかなどに興味が移ってきてる。

う、ちょっと長いか。寝ます。

10 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/11 00:34
今日の教訓

キャロットジュースを飲みながらマカダミアナッツを食べると、味噌の味が
する。
と思ったら、最初の一口・二口だけだった。
禁煙してから、味覚がものすごい勢いで戻ってきているが、その過程でかなり
変なことが起こってるらしいな。

おやすみなさい。

11 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/12 00:43
大事な人に対して嘘をつきとおすのが優しさか
白状するのが優しさか

嘘を貫くか白状するか考えてるとき、「大事な人の立場」を
「自分の都合」より優先させていることに気付いたなら、
嘘を貫く方を少し重くして天秤にかける。
自分の愚直さを守ることなんかより、相手の利益を優先する
ことのどこが悪い?

どちらかというと自分の都合を上位の基準にして考えてる
ことに気付いても、嘘を貫く方を重くして天秤にかける。
白状したとしても、こちら側の心の中にある独善臭に、相手
が気付くのがおちだから。

気が小さいので、嘘を重くして考量しても、結局白状して
気まずくなること多し。では以上の考察の意味は?

まあ、大事な人なんて、いなんだけどね。しばらく。


12 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/12 00:44
私は不安で、ひどく迷っていたが、
お告げ鳥が飛んできて木の上に止まった
お告げ鳥は私に言った、
お前は何に思いをめぐらしている?
空をお前の頭巾、風をお前の衣服、大地をお前の履物として、
歩いて行くがよい

サリフ・ケイタ『Amen』より Tono(鳥)
ライナーを無くしたので、かなりうろ憶えですが。


13 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/03/12 00:52
>>12
サリフ・ケイタいいっスよね。最近聴いてませんが。(´-`).。oO(マタキクカナ。。。)

輸入版ばっか買ってたんでそんな歌詞とは知りませんでした。

14 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/12 01:19
>13
いらっしゃいませ。
本当にうろ覚えなんです。スマソw
サリフの最新作は、ほぼ全編アコースティックです。初期の鬼気迫る叫びは
もうありませんが、ほっこりといい曲が多いので、お奨めですよ。

15 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/12 01:21
そうはいっても、やっぱり『Solo』『Koyan』『Amen』の初期3部作が
一番好きなんですけどね。

16 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/13 01:18
2年ぶりに秋葉原に行ってきた。田舎暮らしなもので。
すれ違ってる人の6割位は2ちゃんねらなんだろうなと思いながら
デジカメを見ていると・・・
「・・・ばい。デジカメヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
まず小さい。もう小さいなんてもんじゃない、超小さい・・・」
と呟く男発見! もちろん見るからにその筋?の人。
その隣には、思いのほか(失礼!)かわいい女性が。
彼は彼女に、一生懸命「2ちゃんなるのテンプレ」というものを
説明しているようだった。

いや、お前の頑張りには脱帽するが、頑張りどころを間違えてないか?
と思いつつ彼女の表情を窺うと、なにやら慈愛に満ちた微笑。
この女、器大きいな、と思いました。
ひとしきり講釈のあと、彼は満足したのか、疲れたでしょ、ちょっと
どっかで座ってく?と提案。二人は手を繋いで去って行きました。

いいカップルというのは、いない歴○年の人間の心も暖かくするんです
なあ。

17 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/15 00:39
さあ、明日明後日は休日出勤。資料を3つ作らなくては。
早く寝よう。

キース・ジャレットの『standards Live』をかけているが、キースは
本当に唸る?奇声を発する?な。楽器のひとつと思って聞けばいいん
だろうかw まあ慣れてるけどね。

18 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/16 23:04
まだ資料ができてない。家に仕事持って来た。
こりゃ徹夜かな・・・

19 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/18 18:18
なぜここ10年ばかり他人に惚れることがないのか

@自分だけで自分に対し「愛される充実感」を与えることができる
から
 なお、ナルシスト(自分を他者に優越した、価値のある存在と
 みなし、その優越ゆえに自分を愛する人々)とはちょっと違う。
 自分ぐらいしか自分を好きになる人がいそうにないので、仕方なく
 自分で自分を好きになったのが始まり。今は、「自分が自分を好き
 なこと」が自分の精神構造の基本的構成要素になっている。もう
 自分が自分を好きであることに関して、何の理由もなくなってる。
 すでに、前提。
 小さな成果に対しても、「ダメな奴の割によくやった俺」「ナイス俺」
 と自分を励ます。失敗には「だらしないなあ。でも基本的にはいい
 奴なんだから、あまり気にしないでぼちぼちやんな俺」。
 これで満足してしまう。精神的なオナニー。その結果、精神的交歓
 は必要なくなるw

20 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/18 18:19
A愛されることは望むが、愛そうという欲求がほとんどないから
 正直、人を好きになるのは、今までも「他人が自分に向けた愛情
 に対する恩返し」でしかなたっかような。
 片思いも含め、相手に対して思うのは「俺を愛して欲しい」「あの
 人が俺を愛してくれるようになったらいいな」の程度。自分が相手
 に何かしてあげたい、あるいは愛してあげたいという欲求はほとんど
 なかったといっていいだろう。
 実際は、付き合ってた相手に対して何も与えなかったわけじゃない。
 精神的なものも含め。ただ それは、相手が俺に与えてくれたもの
 に対するお礼でしかなかった。もらいっぱなしじゃ、愛されっぱなし
 じゃ申し訳ないから、などという義務感が動機。
 いわゆる「無償の愛」というものを、自分の中に感じたことはない
 ような気がする。

21 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/18 18:19
病んでるなあ。というよりガキなのか。
じゃあどうすれば、人並みに恋愛できる状態まで戻れるのか。
@を解消するためには、自分で自分を満たすのを止めなければ
いけない。自我が崩壊するぐらいの大失敗をして、どんなに頑張っ
ても自己肯定ができない状態までいけば何とかなるのではと思う
のだが。
多くの人が経験すると思われる徹底した自己否定を、生まれて一度
も経験したことがないので、ひどく甘ちゃんなんだな俺。
Aについては、生まれつき「無償の愛」というものが欠けている欠損
人間なのか、それとももう少し人間的に成長すれば俺にも備わるの
かがわからないのが辛い。欠損人間なのなら、もう絶望w
後天的に自分で植えつけた慈善意識や利他意識は人並みにあるん
だが、そういうものでもないんでしょう、自然に湧き出る理由なき愛っ
てのは。

22 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/18 18:21
うわ、ウザい自分語りだ・・・
でも、これがやってみたくてこの板を選んだ側面もあるな。
皆さんお眼汚しスマソ。

資料できねえな・・・

23 :横からオジャマします:03/03/19 02:42
同姓異性問わず友達といて楽しいと思いますが、他人に愛情。
感じたことがないだけに難しいですねー。どうなんでしょう。
自分が好きじゃないと人なんて好きになれないし、
好きになってもらえる自信もないわけで。。。

犬とか猫とかは愛情をくれたり欲しがられたりするのですが
動物のように色々と無邪気になるのが大切なのかなと思わなくもないです。
でも自分は無心になることができない┐(´ー`)┌

大変そうですがお仕事(ほどほどに)頑張ってください。

24 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/20 23:38
>23
お気遣い、心に沁みます。ありがとう。
仕事は何とか山は越えたようです。あとはお偉いさんの前でのハッタリ
勝負です。

動物のような、特に犬のようなまっすぐな愛情には、憧れがあります。
無心、ということば、とてもいい言葉ですね。
自分と相手の2者だけで関係を紡いで行ければ、相手だけ見つめられ
れば、余計なことを考えないでストレートに向かっていけるのかな。
相手だけまっすぐ見てればいいのに、第3・第4の要素を考えてしまい、
相手本人の個性を見るのではなく、複数人の関係性の網の中での位置
づけを気にしてしまう。その網に絡め取られて、見失う、ってのが多い
な、自分は最近。

一方で、猫の気紛れさに強く共感を覚えてしまう。いかにも自分本位
かつ狡猾、重苦しい関係性の網の目をすり抜けるしたたかさがあるよう
に感じられる。何よりわかりやすいし。
結局やっぱりストレートで継続性のある愛情には近寄れない体なのかw
いや、そればかりではないと思いたいがw

25 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/20 23:52
自信、は、ないですね。自分には。以前は根拠のない自信が売るほど
あったのに。どこ行ったのか?
自信がなくても、小手先の技術でごまかして最低限の成果を挙げること
に慣れてしまってる。その結果、自分を支える自身というものを再生産
する必要がなくなったのかも。
たまに自嘲気味に思います。努力して成果が出るのは当たり前。ご褒美
としての「他人の賞賛」がないせいで、自分は腐ってるだけなんじゃない
のか、なんて。ガキじゃんw

ルーマニアのオッサンジプシー楽団、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのCDを
買ってきた。いい買い物だった。機知と憂愁とほのかな加齢臭に乾杯!

26 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/22 01:09
さあ、明日明後日はしっかり休みます。どっかドライブでも行くかな。
テレビをずっと見ていたい気持ちもあるけどね。

12年前の湾岸戦争当時、まだ学生で時間のあることをいいことに、何日も
テレビに釘付けだったことを思い出す。
最後の幕切れ、フセイン政権を温存するパウエル統合参謀議長(当時)の
判断に疑念を覚えつつ。
戦争を素朴に肯定する気も反対する気もないが。

イラク市民の本音が聞きたい。自分たちが生み出した抑圧的独裁と、他者に
押し付けられる民主主義と、どちらを望むのかを。

27 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/24 01:11
いい感じのところまで沈んできた。いいぞ。
でも本当に独り言スレにしちまったな。ちと残念。

結局土日はごろごろしながら、TVやネットで、イラク関係をずっと
当たってた。
特にイラク北部のクルド人居住地域にトルコ国軍が進入したこととか、
ドイツやフランスの科学兵器対策部隊派遣のニュースとか。
どの国も、したたかだね。そのしたたかさに対する僅かな反発心と、日本
の愚直さに対する大きな苛立ちとが交互に襲う2日間でした。

ラジオ・タリファ『クルサンド・エル・リオ』を聞いていた。スペイン人中心
の、似非モロッコ歌謡+世界中の音楽のごたまぜ企画もの。日本の郡上盆踊り
の曲のアレンジも。ヘンテコオモロイ。

28 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/03/24 01:17
|'A`)ノ<ミテルヨー
久々にサリフ・ケイタのFlon聴いたけどやっぱいいです。

>27
おもしろそうですね今度聴いてみます。
タイトルを覚えていなさそうな気がしますが。

29 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/24 02:08
おや、いらっしゃい。
Folonには枯れた美しさがありますね。初めて聴いた時はとまどいましたが、
リラックスして聴ける佳品だと思います。自分は表題曲が好きです。

ラジオ・タリファはワーナーから3枚のアルバムが出ていて、『Cruzando el
Rio』は最新作です。アンダルシアの最南部、モロッコに向かいあう港街タリ
ファのラジオ局でかかる音楽、というコンセプトで曲を作ってるようです。
メンバー3人はジプシーを含むスペイン人。
この3作目にはスペイン、モロッコ・アルジェリアなどのマグリブ諸国どころ
か、日本、西アフリカ、13世紀ベルギーまでの音楽が詰め込まれています。
演歌にも通じる泥臭さがあるので、好みは分かれそうですが。

泥臭くない、スペイン基盤の企画物としては、『Songhai』シリーズをお奨め
します。フラメンコ奏者+マリの弦楽器奏者+イギリス人ジャズベーシスト
のコラボで、くすみのないきれいな音です。

30 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/24 02:11
見てる人いるんだねえ・・・ 感謝です。
カキコのあと、すぐよそ行ったりしない方がよかったね。反省w

それでは、おやすみなさい。

31 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/25 00:02
『松倉』という秋田の清酒を飲んでいる。中辛中濃・後を引く味(個人的には
キレがある酒より好きだ)。
純米吟醸なのになぜかそう謳っていない。不思議に思ってラベルをよく見たら、
酒米じゃなくて普通の食用米が原料だった。
食米でも結構いいのができるようです。


32 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/25 00:03
企画コラボレーション物の話を少し。
初めて触れたのは、中2の年のNHK-FMでかかった箏曲「六段」。正月に
テレビでよくかかってる琴の曲。
ただし、編成が琴、尺八、シタール(インドの弦楽器)、タブラ(インドの
パーカッション)。シタール奏者でコラボ好きのラヴィ・シャンカルの発案
だったか、邦楽側の企画だったのかはわからない。が、演奏はとても面白い
ものだったな。
途中即興演奏が挟まったのだが、ジャズなんか知らなかった当時の自分でも、
とても興奮したのを覚えている。
こういう異種格闘技戦は、漫然とやるととりとめがなくなったり、演奏者の
癖が前面に出ていやらしくなったりするのだが、ときどき驚くほど光を放つ?
ときがある。

演奏者が相手の音楽との共通性や親和性を探りながら、ギリギリで自分の
音楽の特性を維持し、さらに演奏者自身が楽しんで演奏してると、色彩感
に溢れたその場限りの音楽が動き出す。たまーに。(クサい表現スマソw)
すると、演奏者たちが興奮してくるのがなんとなく音に現れてくる。その場
に立ち会えた喜び、からか、音がキラキラしてくる。
これが、駄作の山にもめげず企画物を聴き続けてる理由。

33 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/03/25 00:51
|'A`)ノ< 自分の居る時間に遭遇すると嬉しいなってお邪魔してしまいます。
|    |でも文章浮かばない&書けないのでろくなカキコしませんが。

>32
邦楽、渋いですね。あんま聴いたことないです。
グレゴリアンをどうしようか迷い中。。。

34 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/26 00:28
邦楽は詳しくありませんよ、全然。特に長唄・小唄のチントンシャン系は
さっぱりです。粋な江戸っ子にはなれないということかw
日本民謡は結構好きですが。江刺追分や南部牛追歌などの、手拍子が
打てない歌が特に。

グレゴリオ聖歌は、持ってないのであれば、買うことをお勧めします。
ああいう飾り付けを排した素の発声の歌というのは、世界中見ても実は
ありそうであまりない。癒し云々はあまり気にしたことはありませんが、
胸のあたりでもやもやしてたものが取り去られる感じがします、自分は。
クラシックの原点なんていう表現をする人がいて、まあある程度事実なん
ですが、どちらかというと大部分の世俗曲とはまったく異質の音楽だとも
思っています。
そういえば、グレゴリオ聖歌も手拍子打ちづらいですね。

35 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/28 01:18
予期せぬ第2波襲来中・・・

仮眠して、また仕事します。

36 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/30 04:00
南米フォルクローレのコンピレーション『ビエント・エン・ロス・アンデス』
を聴いている。
フォルクローレは小学校の授業でかかった「コンドルは飛んで行く」が
初対面だったが、先生がオリジナルバージョンの他にサイモン&ガー
ファンクルのバージョンをかけて、明らかに後者を褒めていたのにムカ
ついた記憶がある。ポップス嫌いの変な子供だったのでw
今思えば、その先生はS&Gに何か個人的な思い入れがあったのかも
しれない。スマンカッタよ先生。

ちょうどその頃、1年だけ放送委員というのをやったんだが、放送室の
棚に「世界の民族音楽」という教材レコードがあり、勝手にいろいろ聴
いたもんです。
フォルクローレでは「花祭り」、ハワイアン、韓国の「農楽(いまでいう
サムルノリ)」、アフリカ・マリの伝統音楽(演奏はたしかシソコ一族)、
アイヌ民謡「ピリカ」、沖縄民謡「てぃんさぐの花」など盛り沢山。あれで
自分の好みが拡散してしまったw


37 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/30 04:01
関係ないが、なんかこのシーズンになると学校ってもの、はたまた学生
時代を思い出してしまう。今年は職場でも異動しなかったから、なおさら。
とてもウェットな生暖かい感情が自分を支配してしまいがちになる。
心地よいけど、一方で危険でもある。未来に目が行かなくなるから。
もともと歴史好きで、すぐ何でも過去や由来や発祥を調べたくなる方だか
ら、気を付けてないと先のことを考えなくなるんだよなあ。
折角の春なんだし、なにか新しいことでも始めてみたい。とりあえずダイ
エット、あとは武道か英会話・・・はもう少し残業の少ない部署に異動し
ないと無理っぽいので、やはりダイエットに集中します。


38 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/03/31 01:04
さあ、年度最後の一日に向けて、しっかり寝とくか。
お客さんに迷惑かけないように。

お休みなさい。

39 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/03 01:10
また日帰りで東京行ってきた。
寄った先を出て、飯でも食おうかとうろうろしてたら、偶然神田藪蕎麦の
前に出た。先客が並んでいなかったら入ったんだが。
結局カレー屋で昼食は済ましてしまった。久方振りのインドカレーは美味
かった。

年度が変わっても、前年度の後処理がまだある(例年よりは少ないが)。
平行して新規の企画の立ち上げもそろそろやらないと。まあぼちぼち
頑張りまさあ。

40 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/04/03 21:34
ダイエット。。。私もせねば。
ダイエットよりも運動かな?運動不足で体力衰えてだるいだるい。

41 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/04 00:11
運動不足で真っ先に弱るのは、背筋と腹筋なような。
長時間歩いたり階段の昇り降りを繰り返したりすると、太腿やふくらはぎ
以上に、背中から腰にかけての部位が一番苦しくなる。自分は。
気付いたときに腹筋・背筋をするようにしているが、気付くのは1週間に
一度だったり。意味ねえっての。
走ったりする方がいいのかもしれないが、若い頃さんざん走ったので、
もう遠慮したい。都会に出張して、地下鉄階段の昇り降りするのが最近の
一番の運動になっている。これじゃなあw

42 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/04 00:15
まあ、運動は、シーズンの土日になれば実家の作業が待っているので。秋まで
にはかなり落ちると皮算用。

喰いものは、炒めものに肉じゃなくてこんにゃくや豆腐を入れたりして
試している。そもそも油炒めを食べなければいいのだが、もともと中華料理
が好きなのと、から揚げなどを食わなくなった分体が油を求めるので、どう
しても頼ってしまう。
タバコを止めた途端栄養の吸収率が大幅アップしたようなので、コンソメの
温野菜などを増やし、更なる油カットを目指したい。

その前に、なにより残業時のコンビニ弁当を控えなければならないが。
コンビニのメニューでローカロリーなものを探さないと。って、そんなの
あるのか?

43 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/04/06 13:01
<スレ主不在のうちに勝手に長文レス>
>>2
自己紹介のスレでも見てましたが、ワールドミュージック板は
私もチェックしてます。。。
と言っても、よくいくトコのスレの伸びは
非常に遅いので、たまに覗くくらい。。。
「ショーロ」はチョット気になるところ。。。
伯剌西爾はボサノバのを1枚持ってるくらいかな。。。

>>8-9
何がいつあったとか、年号とかには一切興味がないけど
(というより、そういうのを考えるのが苦手)、
「元からあったモノとよそからきたモノが混じり合って生まれるモノ」
には物凄く興味がある。。。
チカーノ、クレオールとか。。。
移民とかが気になるのはたぶんその辺りから。。。

>>29
こんど探してみよっかな。。。
泥臭いのスキスキ〜

>>36
「花祭り」。。。上手じゃないけど吹けますヨン。。。Myケーナでw
それなりにいろいろ持ってるかも。。。
でも、ワールード音楽板のフォルクローレスレは見てないです。。。

44 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/07 02:33
>43
いらっしゃい。ご父君の滞在地、大変なことになってますね。お察しします。

俺も文化混交にはとても興味があります、自分がとても画一的な地域(東北。
千年前には蝦夷・大和人・帰化人の子孫・沿海州人が入り混じったホットな
地域だったらしいが、今は・・・)に住んでいるせいか。
ここしばらく、カリブのマルティニークあたり発信のクレオール論が盛んな
ようですが、政治・社会的なお気楽さや無関心さを差し引いても、「複数
起源」にアイデンティティを置きながら「普遍性絶対主義」を拒む彼らの姿勢
にとても共感を感じます。

こんな理屈っぽいことを抜きにしても、様々な文化がごたまぜになった
環カリブ圏の音楽は面白いですな。1930〜40年代のカリプソのCDを
持ってますが、キューバのソンのリズムが混じったりフランス領のビギン
が混じったり、好き放題やってます。
狭い地域に様々な文化圏が存在し、しかも多島海で電波を遮る高い山脈など
がないため、向こうではラジオをつけると多様な国・地域の音楽が聞けるそう
で、なんとも羨ましい限りです。

楽器ができる人は無条件で尊敬します。自分、譜面さえ読めないし・・・。

45 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/07 02:42
ショーロはサンバの成立に影響を及ぼした音楽で、どちらかというとポルカ
などヨーロッパ音楽がブラジル化したものといった側面が強いようです。
遡るほどこじゃれたw感じになり、時代が下るほどサンバ的闊達さが出てくる。
即興が多いのはジャズの影響もあるのかな。サンバの魅力である「明るさの
なかの哀愁」はあまりないかもしれませんが、ユーモアと機知に溢れたからっ
とした楽しさがある音楽です。

もう3時か!では、おやすみなさい。

46 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/07 23:13
昨日は(今日は)結局貫徹してしまった。ので、眠い・・・
今朝見た登る朝日を思い出しながら、思い切り短文でおやすみ。

天に鳴響む大主         てにとよむうふぬし
明けもどろの花の 咲い渡り  あけもどろのはなの さいわたり
あれよ 見れよ 清らやよ   あれよ みれよ きよらやよ
地天に鳴響む大主       ぢてにとよむうふぬし
(おもろさうし 巻七の三七九)

47 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/04/07 23:30
おつかれさまです。おやすみなさいー

48 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/09 23:02
うちの職場では、一昨年から共同事業をいくつかの会社・団体と行ってる
が、仲のいいのやら悪いのやら、様々・・・
肝心の事業の展開より、関連団体の意見の調整に大部分の労力が注がれ
ている。水面下で話を合わせ、昔の話を蒸し返して流れをひっくり返そう
としたりするのもいて、目が離せない。
各社の担当者一人一人はいい人なんだが、うしろに組織を背負うと途端に
守りに入る。どこにでもある話だろうけどね。
それにしても、飲みの席で謝られてもどうしようもないぞw

イラクの戦後処理も、諸勢力の調整に多大な労力が注ぎ込まれるだろう。
シーア派アラブ人の背後にはイラン。クルド人の背後にはトルコやイラン
在住のクルド人+ドイツをはじめとする欧米在住の同胞たち。これまでの
支配勢力だったスンニ派アラブ人の心の中では、アラブ民族主義と最近
流行の過激なイスラム主義が反撥したり歩み寄ったりし続けるんじゃない
か。はたまた、キリスト教徒など少数派諸宗徒の象徴?アジズ副首相の
動きは如何。
自分からこの大変な役目を引き受けたアメリカに、大きな期待と、いく
ばくかの「てめーでやるって言ったんだから途中で投げ出すなよコラ」
てな気持ちを持って注視しています。


49 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/09 23:03
世界最古の文明発祥地。両河の恵みで大人口を維持できるし、いうまでも
なく資源は豊富。バース党支配のいい面の置き土産として、安定した教育
水準、女性の社会進出も盛ん。潜在的な力はかなりあるし、戦後経済の
弾み車の最初のひと回しが力強く押し回されれば、と。
内紛回避のためにも。

さて、こっちもしっかりやらんとな。明後日は関係団体のひとつに、ジャブを
入れに行ってきます。


50 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/12 02:09
『バグダッドのウード』というタイトルのCDを久し振りに聴こうと思い
探したが、CDの棚になく、本棚の奥の方で発見。ついでに本棚を浚ったら
行方不明だったCDが4枚も出てきた。なぜそんなことになっていたのかは
不明だがw

ギターや琵琶の親戚(というより本家格)の弦楽器の独奏曲と、これに歌が
ついた曲が数曲づつ。4分の1音や4分の3音があたりまえの、繊細、妖艶さ
とドライさが同居する音楽。
酒飲みながら聴くには最適だ。ムスリムの演奏を酒飲みながらとは罰当たり、
というなかれ。歌の歌詞には、「酒で心を浄めなさい」とある。
中世にはペルシャに酔いどれ詩人がいたことだし、かつての方が飲酒には
寛容だったのか、と想像。

マカダミアナッツと鴨スモークをつつきながら、さつま島美人(湯割り)
を飲んでおりました。

51 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/12 02:47
約1ヶ月で50レス。このペースだと、1000まで19ヶ月、つまり2004年
11月までかかることになるな。
そのころまで2ちゃんが安泰であることを祈念しつつ、●の導入を検討中・・・

おやすみ。

と、5日ぶりに >47に返事をしてみたりw
即レスはなかなかできないのですが、なるべくカキコにはレスを付けるように
いたしますよ。

52 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/14 21:41
炒めものに豆鼓を入れれば「中華っていう感じの味になる」と知人に聞いた。
いつもよりすこし早く帰り、さっそく試してみたら―
青梗菜とかが素晴らしく美味くなっている。確かにかすかな苦味と甘味が
出て、それらしい味付けに。感謝だ。
しかし、いい歳して「中華っていう感じ」とか「福建省出身・陳さん37歳の
味付けっぽい」とか、感覚的な表現を多用するその知人のことばに笑わせて
もらった。大好きです、そういう(誰も傷付けない場での)いい加減なステロ
タイプ的物言い。

53 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/15 01:44
失敗に対して、いつまでも凹んでられんね。
挽回、明日から頑張ろう。寝ます。

ブックオフで購入した「コーデックス・レイーナ」(14〜15世紀の伊・仏・白の
世俗曲集;マショー含む)はなかなかいい。特に1曲だけ入った器楽曲は、
西方アラブ音楽を髣髴とさせる味がある。
一緒に買ったマディ・ウォータースのライブは中ヒット、フンド・ヂ・キンタルは、
正直外れ。

54 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/17 00:48
困っている元上司を見つけたら、手伝ってあげるべきか
ただしその元上司は、どちらかといえば自分のことを嫌っている

手伝ってあげる。というか、あげた。
ひとつには、自分に対して感謝せざるを得ない状況に相手を追い込み、
優越感にひたりたかったため。
もうひとつは、自分のことを見直してもらい、今後仕事で絡んだときに
力になってもらうため。

ということで、今日は元上司の失敗のフォローに走り回った一日でした。
実は俺の側は、結構その人のことを尊敬していたりするんだな。仕事の
進め方が180度違うので、普段は衝突ばかりだが。

55 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/17 00:52
長くウォッチし、書き込んだこともあるネタスレたち

【娯楽】幻の国家「モナー朝」【ネタ】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1034477149/

◆悪の秘密結社に就職したけど先行き不安です◆
http://human.2ch.net/test/read.cgi/middle/1031330356/

将来的には毛ガニになりたい
http://human.2ch.net/test/read.cgi/sfe/1009621596/

このネタスレという文化?が大好きで、2ちゃんに住みついているという
側面もある。バカかつ知的、インパクトありながらマターリという相矛盾
した印象を一度に受けるこの戯れ、とても粋だと思います。

56 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/17 00:58
>54
手伝ってあげる、の「あげる」という書き方、こうやって見るとひどく傲慢
だなw
わざとだが。てめえに嫌われて、こちとら傷付いとんのじゃ!

なんだか恋愛について書いてるみたいに見えるな・・・
同性愛の気は全くないぞ、と一応書いておくw

57 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/19 06:06
9時に寝入り、4時に目覚めてしまった。夜の延長と捉えるか、もう朝と認識
すべきか、脳自体が測りかねているようだ。

銀次さんのスレでも書いたが、夜明け前の薄明のなかでは、桜は艶と誇らかさ
を失い、一時的にとてもみすぼらしく見える。青い光に、桜色は映えない。
くすんだ灰色が木を覆う。
その眺めが、実は結構好きだ。
今は私の時間じゃない、少し休ませて下さい、とでも言っているかのような
安堵感を感じる。なんというか、桜が「木」に戻るというか。

その時間になると、下で見ているこちらも大体疲れてきていて、しんみりした
話なんかを起きてる奴だけでし始める。あたりは薄ら寒くて、震えながら。
就職してからはそんな遅くまで花見することはなくなったが。

58 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/19 06:46
文章が妙に気取った感じになるのは、薄ら眠いときの悪い癖ですな。

脳内が完全に朝モードになったので、落ちます。
今日明日は、屋外作業を頑張ります。いくらかでも痩せることを期待しつつ・・・

59 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/21 01:35
もともと2ちゃんで最初にカキコした板は世界史板だったけど、一番入り
浸ってたのは純情恋愛板だった。30にもなって、と笑うなかれ。上でも
書いたが、こっちは恋愛不感症に真剣に悩んでたんだから。
のだが、ここしばらく純恋板で自分がスレッドストッパーになっているよう
な気がしてならない。被害妄想なのかもしれないが。
自分は長文が多いし、かなり押し付けがましいことを書くことがあるので
(答えを求めていない質問に対し、あえて我流の答えを書き込んでしまう)、
流れを止めてしまうんだろう、と自分では気付いてるんだけどね。

しばらく、自分で立てたスレ1つ以外には、あの板ではカキコをしないことに
しようと。関連して、自己紹介板でも。

60 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/21 01:45
NHKでシャハムのコンサートを聴くともなく聴いてたが、フォーレのシシリ
エンヌがかかった途端に、もう骨抜き状態。
こういう甘々の曲に、実は弱かったりする。レスピーギの「リュートのため
の古風な舞曲とアリア」とか、ラフマニノフのヴォーカリーズとか、ダウ
ランドの「ラクリメあるいは7つの涙」とか、ラヴェルの「なき王女のため
のパヴァーヌ」とかね。夢見がちな女性でも聴かねえっつうぐらい甘い奴。

普段こういう嗜好を隠し続けてるから、反動なのかねえ。
でも、こういう曲のニーズがあるということは、同類の奴が結構いるという
ことなのだろうか。まあいてもカミングアウトはしないがねw

61 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/21 02:11
明日から仕事だってのに、何だこのうち沈んだ精神状態は・・・

いかん、寝るぞ!
今週、前向きに、新しいことに心を向けて頑張れるよう。

62 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/22 01:44
僕は 地図帳広げて 音楽
君は ピアノに登って 音楽
僕は 林檎かじって 音楽
君は 電車ゴトゴト 音楽
ハハ 待ってる 一緒に 歌うとき  
ハハ 待ってる 一緒に 踊るとき
 (YMO『浮気なぼくら』より 音楽 :標記はライナーとは異なる)

何を隠そう、俺もYMOの洗礼を受けていたわけです。
ただし、×解散○散開後にはまったクチ。メジャーヒットした「君に、
胸キュン」「過激な淑女」「以心電心」が当時肌に合わず、リアルタイム
ではむしろ敬遠さえしていた(’83年位だったか?)。
散開から1年後ぐらいにFMで聞いた”The Madmen”、「カムフラージュ」
などの薄暗い、粘着性のある曲群に興味を持ったのが評価見直しの
はじまり。
しかし、全アルバムを揃えていくうちに明るい曲も好きになり、気付い
たら難病?だった「ポップス嫌い」がいつのまにか解消していた。
今では、「以心電心」は”Music Plans”、”The Madmen”、”Private
Ego Dance”、「音楽」と並ぶお気に入りのひとつ。

63 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/22 01:46
ポップというものの定義はいろいろあると思うが、こと音楽に関しては、
「楽しませる」ことを第一に、他者の理解を拒絶せずに展開する方向性、
と理解している、今は。
実験的なこと、先鋭的なこと、一方で懐古的なこと、様式美を追求する
ことさえも、ポップさとは矛盾しない。開かれた存在であることさえ留保
できていれば、こちらが少なくとも「楽しむこと」を音楽に求め続ける
限り、嫌う理由がなくなる。俺の場合はそうでした。
ポップな物事に嫌悪感を感じる人は、おそらく「わかりやす過ぎること」、
及び画一性が原因なんじゃないかと思いますが、わかりやすいことと芸術
性の高低は関係ないし、画一的に見える様でも、むしろ細部における差別化
は目を見張るものがありますよ。

まあこの辺の好みは人それぞれですので、このくらいにします。
では、おやすみなさい。

64 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/24 23:00
田舎の高校生たちは電車、バスか自転車で通学しているわけだが、最近は
母親の車で学校まで乗りつける子が増えているようだ。
通勤の際にとある高校の前を通るのだが、校門前の右折レーンに並ぶ車の
助手席には、男女の学生たちがちょこんと座っている。

そのことについて、別に是非を問おうとは思わない。子供は頑張って自転車
で何キロも走らなきゃ、という時代でもないしね。
ただ不思議なのは、特に男の子が、父親や母親の運転する車の助手席に
座っていて照れくさくないのか、または親に「借りを作る」ことに反発は
ないのか、ということ。

65 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/24 23:01
自分が高校生の時は、毎日1時間近くかけて自転車通学(厳冬期は路面が凍結
するので仕方なくバスその他)したのだが、実は親は「冬以外もバス代くらい
出す」と言ってくれていた。それを断ったのは、別に親の経済的負担をおもん
ばかったわけではなく、親の支配からなるべく逃れたいとの一心から、世話に
なりたくないから、だった。
これは俺だけではなく、周囲もほとんどがそうだったし、感情的にも親と緊張
関係にある奴は多かった。ガキって、そういうもんだと思っていたのだが。
「おめーの子供に生まれたくて生まれたんじゃねー!!」とかなんとか青い
こと咆えるのがガキだと思ってたのだが、やっぱ古いのかな俺は。

66 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/26 01:48
雨が降っている。雨だれの音が嬉しい。
雪の無音じゃなく、ちゃんと雨だれの音がするってのは、雨だからだろ。
春ってことだよ。冬は終ったんだ。これが嬉しくなくてどうするよ。

三岳お湯割で、ご機嫌。では、おやすみ。

67 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/04/30 00:14
結局純恋板でのカキコ自主規制は8日間で挫折。相変わらず意思弱!

GWは正直何年も体験してないな。今日も終日屋外作業。痩せるといいなあ。
キリン一番搾りを空けつつ、打海文三『ハルビン・カフェ』を読んでいたが、
そろそろおやすみなさい。

68 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/02 23:48
>29で言及した”Songhai”(ソンガイ)シリーズについて少し。
ハンニバルレコードからSonghai(’89)、Songhai2(‘94)の2枚のアル
バムが出ています。
参加アーティストは、西アフリカ・マリのコラ(弦楽器で、弦の数が17本
以上)奏者トゥマニ・ジャバテ、スペインのフラメンコグループである
ケタマ、イギリスのベーシストのダニー・トンプスン。
演奏は、力強いケタマのフラメンコギターにジャバテのコラの装飾的で
繊細なソロが絡む形で進行するが、なぜか非常に違和感がない。コブシ
を回すところなんかはアラブの影響を感じさせるが、ケタマ・ジャバテ
双方とも音階はアラブよりはるかにシンプルだ。音も澄んだ響きを聴か
せる。
緊張感のある掛け合いや、ジャバテのご近所さん?女性コーラスの
絡んだほのぼのした曲、子守唄風のコラのソロなど、曲調はさまざまでも
統一感がある。
表現の巧みな?友人(>52に登場)の評:「さわやかな鬼平(犯科帳)の
テーマだな」。さらっとした空気感のある仕上がりです、って化粧品の
話みたいだw

69 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/02 23:49
もともとフラメンコは、ジプシー独自の(インド起源の)音楽を基層とし、
イスラムスペインの音楽やその流れを取り込んだキリスト教スペインの
音楽の要素を多く含んでいる。一方、ジャバテの属する西アフリカ世界
の音楽も、モロッコなど西方イスラム音楽の強い影響下にある。
イスラムスペイン(アンダルス)とモロッコは往来が頻繁で、音楽的にも
近縁性は高かったと考えられる。
フラメンコと西アフリカ内陸の音楽は、ほぼ共通の祖母?を持つ従兄弟
の関係にある。まったくの異種格闘技戦というわけでは、実はないんです。

ちなみに『ソンガイ』という言葉は、15世紀中葉から約100年間西アフ
リカに覇を唱えた強国の名でもあり、現在大河ニジェール川沿いに居住
する民族名でもある。コラボのメンバーのジャバテはソンガイ族出身では
なく、マリンケ族の出身ですが。ソンガイ出身のアーティストでは、ブルー
スのアリ・ファルカ・トゥレがいる。この人も好きです。

70 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/02 23:50
さらにマリンケ。近縁のバンバラやススとともにマンディンカあるいは
マンディンゴとも呼ばれるこの人たちは、ソンガイ帝国の前の約300年
間西アフリカ内陸を支配したマリ帝国の担い手たちの後裔です。サリフ・
ケイタもマリンケで、帝室の末。
それに、アメリカ黒人の来歴と苦闘を描いた小説/TVドラマ『ルーツ』の
前半の主人公クンタ・キンテもマンディンカ(おそらくマリンケ)出身として
描かれている。『ルーツ』は小説は現代教養文庫、ドラマは大きなレンタル
ビデオショップに並んでいることがある。なっがいですが、一読・一見の
価値はあると思います。お奨めです!

71 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/03 13:15
リアルお花畑(脳内ではなく)を造成中w 観賞用菊の畑に苗を植えている。
今は昼休みだけどね。

日清カップヌードル『欧風チーズカレー』のTVCMで、燕尾服を着たチーズ
星人が歌ってる曲は、ボロディンの歌劇『イーゴリ公』の「ダッタン人の
踊りと合唱」。
ダッタン人とは、「ポロヴェツ人」の翻訳。ポロヴェツ人とは11世紀ごろ
からウクライナでロシア人と衝突を繰り返したアジア系の遊牧民族。トルコ
系という説が有力だ。
欧風カレーのCMに、アジア系遊牧民を描写した音楽が使われてる。CMプロ
デューサーあたりの愉快犯的犯行?なのではないかと、密かに思っています。

この曲、以前はギター独奏用に編曲されて、タバコ「ピースライト」のCM
にも使われていた。ドラマや紀行番組のBGMとしてもよく耳にする。
日本人の何かを揺さぶる所があるんでしょうなあ。俺も好きです。

72 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/05/03 17:29
こんちはー
今ラジオでジプシーキング聴いてベタだけどビール飲みてぇーになりましたw
CMの効果って大きい。

ダッタンと聴くと蕎麦しか出てこない。
昔浅草の蕎麦屋でダッタン蕎麦の蕎麦がき食べて美味かったことを思い出しました。

73 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/03 21:47
いらっしゃい。いつもの方かな。
GWはどうですか。天気が続きそうですが、どっか出かけたりします?

ジプシーキングスのあの曲「ボラーレ」、オリジナルはイタリアのカンツォー
ネ。ジプキンでは豪快に、オリジナルではゆったりと、でもやっぱりビールが
飲みたくなりますな。ってもう飲んでるけどw

韃靼(だったん)という言葉は、本来は漢民族による北方民族の呼称でした。
特に女真人(後の満州人)やモンゴル人を指して読んでいたようで、これら
の民族にさんざん痛め付けられた漢人にとっては、軽蔑と憎悪と畏怖と羨望
が入り混じった複雑な感情を喚起する言葉だったと思われます。
前に述べたポロヴェツ人は、繰り返しロシアに侵入を繰り返し、ロシア人は
さんざんに苦しめられます。韃靼人に苦しめられた漢民族と同じように。
「ポロヴェツ人の踊り」を「ダッタン人の踊り」と訳した人は、そのへんの
経緯に詳しかったのだと想像されます。


74 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/03 21:47
ダッタン蕎麦は、北方民族が栽培しているのを見た漢民族がつけた名前で
しょう。現在は漢民族が主な栽培の担い手のようで、内蒙古自治区と雲南省
が主産地らしいです(ぐぐりました)。
自分は残念ながら食べたことないです。浅草で食べられるんですか、今度の
上京の折には狙ってみよう。

ちなみに、ダッタンの語源はチンギス=ハンに滅ぼされたモンゴルの一部族・
タタール族。
このタタール族はかなり強力な部族だったようで、モンゴル人全体がタタール
と呼ばれることもあり、ロシア領内の「タタールスタン共和国」などに名前
を与えているほか、かのタルタルソース、タルタルステーキにも名を残して
ます。

75 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/05/03 22:55
>73 A`)ノチョロチョロお邪魔させてもらってます。
なるほどー文化って色々あちこち繋がっているのが面白いですねぇ。
GWはとりあえず部屋を片付け、ぼちぼち服を入れ替え近所を散歩してってところです。
ビンボーなんで。

蕎麦屋は伝法院通りにある天麩羅屋と同じ名前で浅草寺の裏のほうにある小さい店です。
割と有名?かな?
老夫婦がこじんまりとやっているので待ちますが美味い!です。
蕎麦がきは緑色で苦くてもちもちっとしてました。

そういえば音浪サン、トリップにSAKEが。。。

76 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/04 02:52
今やっと曲名とタイトルが繋がりました。。。
「ダッタン人の踊り」というタイトルだけが記憶に残ってました。。。w


77 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/04 13:25
あれ、>75と>76は別人?同一人物? ???
まあとりあえず・・・

>75
俺も部屋片付けないと。平積みの本を本棚に・・・戻し切れねえっつの!
本棚買わないとな。金ないのに。
近所を散歩ですか。近所に結構大きな川が流れてるので、学生の頃は散歩
がてら川原に降りて日向ぼっこしてました。今日は暑過ぎず寒過ぎずで、
散歩日和かも。

SAKEトリップは、一時純情恋愛板で名乗っていたHN「我ら 居酒屋にあって
は」を記念?して付けました。今年の1月?2月頃?です。この板に来たら、
SAKEトリップ持ちを2人も発見してびっくりしました。

>76
いつもどうも。
「ダッタン人の踊り」は、歌劇と切り離した形で演奏されることが多いので、
なかなか繋がらないかもしれませんね。


78 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/05 13:01
さっき外で下を向いて作業してたら、ゴーッ、ゴーッという音が頭上から
聴こえて来た。
何かの作業機械の音かなと思い、気にせず作業を続けていたところ、その
音がだんだん近づいてくる。
なんだろうと思ってふと頭を上げたら、

気球だ! で、でかい!!

布の部分は、高さ20×幅10mはあったと思う。圧倒される。
距離にして50mぐらいのところをゆっくりと降下してくる。これだけ
至近距離で見たのは初めてだが、大きいもんだねえ。

79 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/05 13:01
続き。
風に流されて来たらしく、着陸しやすい田んぼめがけて降りてきたんだ
ろう。サポートカーらしきワゴン車が農道を爆走してきて、落下点付近で
停車。気球はそのすぐ側で着地。巧い。
気球のゴンドラから降りてきたのは小学3〜4年生ぐらいの男の子2人、
大人が2人でした。子供はもう楽しかったらしくピョンピョン飛び跳ね
ながら車に乗り込んでいた。
布をたたむ作業は、慣れたもんで20分位で終了。あっという間にサポート
カーは走り去り、ものの30分で何事もなかったかのような田園風景。

いいもの見せてもらいました。乗ってみたいなあ、いつか。

80 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/05 21:37
なんか>78は小学生のような文章になってるな。興奮してるのが文面に
顕われたみたいだ。

気球は、正確には熱気球。ゴーッゴーッという音は、熱風を気球部分に
送り込むバーナーの音。
20kmぐらい離れたところで年に数回気球を飛ばしているのは知っていた
が、風向きのせいかこっちに飛んでくることはなかったので、珍しかった
わけだ。
何とかと煙は高い所へ登るの喩えどおり、高い所大好きなので、気球は
今日付けで「絶対乗ってやりたいもの」になりました。

白波ウマー

81 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/05 22:07
昨日、今日とお茶のCMでみました。。。
「ダッタン」!!!
http://www.e-chashop.com/shop/goods/goods.asp?goods=0440-7474

82 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/05 23:51
>81
俺もさっきテレ朝でCM見ました。
蕎麦茶にするとはな。コンビニに並んでたら買ってみよう。

ああ全身筋肉痛・・・
おやすみなさい。

83 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/07 00:35
伊○園「純そば茶」(韃靼蕎麦使用)買ってきた。
蕎麦の香りが強く、ちと青臭くさえあるのが旨い。コンビニ寿司と一緒に
いただきました。

その後、さつま白波に移行。
芋焼酎を常飲し始めて1年ぐらいだが、しばらく白波(白黒双方)に落ち
着いている。始めて飲んだ7年前、何だこの薬臭い焼酎!と敬遠したこと
を考えると、我ながら隔世の感がある。でも、やっぱりバランスのいい酒
だと思う。甘過ぎず苦過ぎず、湯割で香りが際立つ。
日本酒(両関・男山)→ラム(マイヤーズダーク)→焼酎(三岳・白波)と
いう遍歴です。日本酒は今でも時々飲むが。

84 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/10 12:18
昨日19時から4人で飲み始め、20時に別の集団に乱入し、21時以降の記憶
がない。我に帰れば自宅のベットの中。
こんなに短時間で記憶を飛ばしたのは初めてだ。
タバコを止めてから、本当に酒に弱くなった。

俺、変なことしたり言ったりしてないよな。怖くて聞けねえ・・・

85 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/10 21:07
ストレスが溜まってると、悪酔いして人に迷惑をかけることがしばしばある。
また、ストレスがなくても、はしゃぎすぎて結果的に悪い印象を相手に与える
ことも多い。女性がいると特にw
人と飲むのは大好きなんだが、嫌われるよりだったら、少し外飲みを控えた
方がいいのかもね。独り酒も好きだし。

李白の「月下独酌其一」や「戴老酒店」、無名氏の作品で後世オルフが曲を
つけた「われら、居酒屋にあっては」など、酒をうたった詩を読んでニヤニヤ
するのも楽しい。
最近知った詩で、気に入っているのがこれ。訳は我流なので、かなり不正確。

86 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/10 21:08
漁父 其一  蘇東坡 

漁父飲 誰家去    漁師のおやじが飲んで、誰の家に行く?
魚蟹一時分付     魚と蟹を持って行ってやろう(飲み代の足しにするのか)
酒無多少酔為期   酒は多くても少なくても、酔えば一区切り
彼此不論銭数     向こうもこっちも金額なんて気にしない

漁父酔 蓑衣舞   おやじは酔って、蓑を着て踊り、
酔裏却尋帰路    酔っ払ったあげく帰り道を尋ねてる
軽舟短棹任横斜   小船の棹はほったらかし(流されるまま)
醒後不知何処    醒めてみると、はて、ここはどこなのか?

漁父 其二

漁父醒 春江午   おやじが醒めると、春の川はもうお昼
夢断落花飛絮    夢はおしまい、花が散り綿毛が飛んでいる
酒醒還酔酔還醒  酒が醒めて酔いから戻り、また酔いに戻っていく
一笑人間今古    今昔の世の中を笑い飛ばして

漁父笑 軽鴎挙   おやじが笑い、かもめが飛び立つ
漠漠一江風雨    川面に風と雨がしばらく続いている
江辺騎馬是官人   川辺に騎馬の人がいる、役人だ
借我孤舟南渡    おいらの船を借りて南に渡って行ったよ


87 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/10 21:10
この漁師のおやじ、どっかで見た(読んだ)ことがあると思い、しばし首を
ひねったんだが、思いあたったのが屈原の「漁父辞」。これは長いので
リンクで勘弁。
ttp://www.platz.or.jp/~takase/portrait/05-Kutugen.htm

「漁父辞」の方で、生真面目な屈原に「皆が汚れてるっていうんなら、何で
お前も汚れようとしないの?」と諭そうとし、聞き入れられないのを悟ると
「川の水がきれいなら、おいらの冠の紐を洗おう。川の水が汚いなら、おいら
の泥足を洗おう」と歌いながら去るこのおやじ。確証はないが、このおやじ
の日常生活?が蘇東坡の「漁父其一・其二」のような気がしてならない。
天衣無縫なこのおやじだからこそ、「川の水がきれいなら〜」という、時流に
逆らわずに、でも惰性でなく己の欲するところを実現していく強さをさらっと
表現できたんじゃないのか、と考えている。

この二人の漁父が同一人物というのは、俺の単なる思いつきだが、「漁父辞」
は中国の知識階級の人なら誰でも知ってる詩なので、蘇東坡も「漁父其一・
其二」を作るにあたって脳裏に一度は浮かんだのではないかな。

88 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/11 00:50
>87
の妄想はこのくらいにしよう。
いや、まだ二日酔いが抜けない。そんなに飲んでないはずなんだがな・・・
おやすみなさい。

89 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/12 04:34
また意味なく早起き。19時に寝てしまったので。

どうやら二日酔いではないようだ。今日も前頭葉の頭痛が消えない。
おまけに肩と肺も痛い。筋を違えたような違和感と呼吸時の軽い圧迫感。
一体金曜の夜何があったのか?弱い急性アル中か、もしかして煙草吸っ
ちゃった?
今日こそ聞いてみよう。

90 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/12 23:49
どうやら先週金曜は、記憶が飛んだ21時頃に独りで店を出たらしい。
一緒にいた連中によると、そんなに泥酔はしていなかったらしいが、
日本酒ベースのカクテルを飲みまくっていたのと、やたら馴れ馴れし
かったとのこと。足には来ておらず、さくっと帰ったと言うのだが・・・
財布の中身と勘案して判断すると、一軒目を出てすぐ車に入り、寝た
ようだ。ほっとひと安心。

今日まで続く頭痛は、合わない銘柄の日本酒を飲んだ(カクテルに入っ
てたと思われる)後遺症だろう。随分前にもなったことがあるので。
まあしばらく飲まんぞ、外では。
と言うより、この頭痛が治まるまでは飲めねえ。

91 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/12 23:59
アニセート・ド・インペリオ『パルティード・アルト・ノータ 10』(サンバ:
ボンバ・レコード,'91)購入。
アコースティックで古い感じのサンバ。艶っぽさはないが明るい寂しさが
漂う佳品。アニセートの爺さんは、生きていれば91歳になっている筈。
長生きしてくれよ、本当。

92 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/15 00:10
来月中旬に結婚式出席のため上京決定。ついでに1日有給を取って2泊
3日にしてみた。
久し振りに上野の山に登るかな。1日目の夜はライブにでも顔を出したい。
様々調べるのが楽しみです。

93 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/15 02:58
唐突ですが。。。
或いは
超遅レスですが。。。

もう長いこと、「誰かを切ないほど好きになる」という状態から
遠ざかっているのね。。。困ったことに。。。
いえ、困ってはないのかも知れないなぁ。。。

些細なことでドキドキしたり、ウキウキしたり、ワクワクしたり。。。
それはそれで楽しいよなぁって思うけど、対象になる相手が見えない。。。
片思いをする相手すらいない。。。今は自分のことで手一杯なのか。。。
自分に自身がもてなきゃ誰も好きになれないとでも思っているのか。。。

別に男性恐怖症でも、同性愛者でもない。。。
男性経験がないわけでもない。。。
でも、付き合った人達を愛していたかと問われると「???」な感じ。。。
いつも、「好きです。。。」みたいな告白からスタートではなく、
何となくの成り行きみたいなはじまりばっかりだったからかな。。。

このまま一生一人で生きていくかもな、何て思うとちょっと寂しい気も
するし、らくちんでいいかななんて気もする。。。

悩んでみても、なるようにしかならない???

94 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/15 03:20
恋愛できないから自分にゆとりが持てないのか!?とも書いてみる。。。

95 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/15 03:21
いずれにせよ、酔っ払いの戯言につき。。。

96 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/16 22:45
>93−95
そういう相手に出会ってないんじゃないか、と慰めるのは、たやすい
んだが、それじゃ慰めにもならんでしょうなw
自分の中に燃料がないと、相手がいても燃え上がらない。という
より、相手を恋愛対象と認識することすらできない(自分の中に燃え
るなにかがあって初めて、相手が恋愛対象であることに気付く人に
とっては)。
燃えあがったとしても、どのぐらい大きな炎wになるか、どのぐらい
の時間持続するのかは、燃料の量と質に左右される。
自分は果たして燃料不足なのか、燃料の質が悪いのか、燃料はあ
れども火元(恋愛対象)がないから燃えないだけなのか。
そもそも「燃料」とはいったい何なのか。
「燃料」と「ゆとり」とは、関係ありそうだが、どのように関係している
のか。
わからんことだらけだ。


97 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/16 22:46
友人曰く、「自分にゆとりがないから付き合えない、という考え方は
間違っている。誰かと付き合うと、たくさんのエネルギーをもらえる
し、心の支えにもなるので、むしろゆとりは増えるはずだ」とのこと。
だが、おそろしく理屈っぽい言い回しをすれば、単位時間当たりの
「人と付き合うために費やす精神的負担」と「人と付き合うことによっ
て得られる充足感」、どちらが大きいと感じるか、によるような気が
する。
後者が大きい人には上の理論は通用するが、前者が大きい人や、
どっちが大きいか微妙な俺のような人間にとってみれば、いささか
首を傾げざるを得ない。
もっとも友人に言わせれば、上の「負担」と「充足感」は質的に異なるものであり、比較考量すべきものではないらしいのだがw


98 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/16 22:48
ただひとつだけ、恋愛、というより人間関係における態度として心
がけようと思っていることがある。ごく最近。
「自分にとっては楽しいこと/有益なことでも、相手にとっては楽しく
ないこと/有害なことだろうから、やらないでおこうor誘わないでお
こう」という思考を、少しやめてみようと思っている。
というか、相手に多少有害でも巻き込んでやろう、そのかわりに相手の
嗜好や行動原理に(多少嫌でも)つきあおう、と。

そうまでして誰かと一緒にいなくてもいい、とずっと考えてきた。
>97 で触れた、「人といることによる心理的負担」を感じるよりは、と。
それは本当なのか、俺が負担に感じてたのは、その相手と共に行動
すること自体ではなく、一緒に行なったりした行為そのものなのでは
ないか(ex..遊園地ではしゃぐ相手にうんざりなのではなく、遊園地で
ジェットコースターに乗るという行為にうんざりしていただけなので
は、ということ)と思い始めている。
俺の人間観察力は、恐ろしく浅薄なものだったのでは、という反省
がしきりなのだ。

99 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/16 22:49
もう少し、相手を「知ろう」あるいは「感じよう(こういう偏ったイメージ
のついた言葉は使いたくないんだが)」と、思うようになってきて
いる。
自分と相手とのインターフェイス部分だけでなく、相手の精神の
トータルな理解に、もっと注意すべきではないかと。
相手から知りえた・感じたものごと、それにそこから派生する自分の感想・共感・欲望が、もしかしたら「燃料」かもしれないしな。

長!
おまけに泥酔中w

100 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/17 01:42
⊂´⌒っ*゚∀゚)っ■←生黒

取り敢えず100☆ゲト!!!

101 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/05/17 01:46
何かもっといろんなコトが簡単だったらいいのに。。。

でも、単純すぎてもつまんないんだよね。。。

102 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/18 01:20
>鞍馬トマト
100ゲトおめ。
歳をとったら、単純過ぎるくらいがちょうどいいように思えてきた。
というか、複雑なものでも、さして重要でない部分はさらっと流し、
根幹部分だけに全力投球でいいんじゃないかと考えるようになって
きたな。
もう、「8割で十分」主義で生きて行きたいw


某板某スレ(俺が立てた)で、「執着怖い」と言われてしまった。
氏ねとかキモいとかならどうとも思わないんだが、怖いってのは、
ちょっと凹むなあ。
2ちゃんに和みを求める俺が間違っているのだろうけどね。でも、
他所のBBSの偽善臭いなぐさめより、こっちの煽り気味の激励が嬉し
いのも事実。
落ち着いたら、またカキコを再開し、怖くないことを説明しようw

103 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/20 03:56
こんな時間に風呂上り、キリンラガー喰らっている。NHK総合の沖縄歌謡
聞きながら。

しかし、満面の笑顔ってのは、パワーあるね。勘違いしそうだ。
もう白んできたな。寝よう。

104 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/25 02:11
高熱の中明け方まで仕事してたらダウン。今は大分よくなったがね。
明日(というか今日)は残った仕事を片付けないとな。

久し振りに2日間ネットに繋がずに本を読んでいた。積読が少し減りました。

105 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/28 00:12
昨日の地震は揺れ幅の広い横揺れが1分続いた。うちの地域で震度4。
日本海中部地震20周年をやったばかりだったので、当時の記憶が頭を
よぎったが、今回は死者が出なかったとのことで、一安心。うちの被害は
花瓶1つのみでした。

Big John Patton ”Let 'Em Roll”を聞きながら、さて明日も偉いさん
とのハッタリ勝負に向けて、おやすみなさい。


106 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/05/29 00:08
最近短文で済ませてしまう。鯖のためにはいいのかもしれないが。
某板の「凄く苦手」スレへの燃料投下準備中。また怖い言われるのかな。

しばらくヘタレ過ぎ!自信持たな、な。
人に好意を寄せられると、逆説的に自信がなくなるこの性格、何とかならん
のか。
人の相談乗る暇あったら、自分を何とかしろってな。

107 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/02 00:32
4年振りの部屋の模様替えを断行。学生時代のノートやら何やらを大量廃棄。
考えてみれば学校卒業してから10年が経とうとしている。遠くなりにけり、
だな。

今が一番いい季節なんだよな、あの街はよ・・・

108 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/08 00:31
もうね、明日も仕事。なんやねん。
役人は、無駄な縄張り意識を捨てろ。本当に規制緩和とか真剣に議論してん
のか。民間を信用してくれてんのか!
アンタラのそのあら捜しのエネルギーを、国民の幸福のために有効に使えよ!
複式簿記をわざわざ付けてる意味を、よく考えろっての!単純な予算の考え
方しかできないくせに。

いや、取り乱しました。スマソw
そんなことより、背の高い先輩女性に、惚れちゃったかも・・・
10年振りかも。ど、どうしようか・・・

109 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/08 12:34
何書いてんだ昨日は。かなり泥酔してたが、こんなことを書いているとは。
惚れたというのは、大袈裟だな。いや単に、笑ってるような呆れてるような
その先輩の微妙な表情が色っぽくて、ちょっとドキッとしただけ。

さて、これから出勤です。

110 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/06/09 22:41
いいなあ。私も恋がしたい。

111 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/10 20:37
>110
いや、恋ではないです。今日本人に思い切り冷たい対応されて眼が覚めた。

それはともかく、「感謝されたい病」にかかったみたいだ。これは難病だ。
回復の日はいつかな。この病にかかったのは2度目だが。

音楽の話は、もう少し仕事と精神状態が落ち着いてからしますね。

112 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/11 23:07
音楽は後日でと言った舌の根も乾かないうちに、アンダルスの音楽、
というよりアンダルスそのものについて。

アル・アンダルスとは、イベリア半島地域のアラビア語による呼称。
「ヴァンダル族の国」の意。ヴァンダル族は一時期イベリアにいたこと
のあるゲルマンの一派で、後にアフリカに渡り強力な海軍国家を建国
するが、それは別の話。
711年にウマイヤ朝の軍隊が海峡を越えてから1492年までの782年
間、イベリア半島にはイスラム教を奉じる人々が生活していた。征服
者及びその子孫であるアラブ人やベルベル人だけがムスリムだった
わけではなく、もとから住んでいた人たちの一部も都市を中心にムス
リムに改宗し、同時代の欧州とは比較にならない高度で清潔な都市文
化を支えていた。これに多数派のキリスト教徒、商業・金融活動に大き
な影響力を持つユダヤ人、兵士として独自の動きを見せたスラブ人
奴隷(東欧の非キリスト教徒をキリスト教徒商人が売買。大部分がイス
ラム圏に売られた)も加わり、多様かつ豊饒な文化が花開く。

113 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/11 23:08
アンダルス最大の都市コルドバは、アリストテレス研究の碩学で医学
者でもあるイブン・ルシュド(ラテン名アベロエス)を育んだ街で、11〜
13世紀頃にはカイロ、ダマスカス及びバグダッドと並ぶイスラム文化
の発信拠点の一つだった。また、トレドは1085年にキリスト教徒に奪
回されるが、ギリシャ・ローマの文献のアラブ語訳書やイスラム教徒が
記した哲学・数学・医学・文学書をラテン語に翻訳する翻訳センターが
置かれ、欧州の全ての学問はトレドの翻訳書の恩恵にあずかってい
るといっても過言じゃないかも。

このような環境のもとで演奏された音楽は、アラブ由来の要素、地生
えの要素、北アフリカの要素などが入り混じり洗練されたもので、のち
のヨーロッパの舞曲などに大きな影響を与えたようだ。

114 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/11 23:10
俺が持っているCDは、当時の楽譜をもとに北アフリカの楽器などで
再現しているものだが、音階はアラブの雰囲気を残しながらも西欧に
も近く、ルネサンスの宮廷舞曲に似ているのはもちろん、アイリッシュ
トラッドと相通ずる感じさえする。
個人的には、中世欧州の職業楽師たちがカコイイ音楽としてアンダル
スやシチリアのイスラム風舞曲を真似した結果、それが宮廷音楽や民
謡にまで影響を与えたんじゃないかと思っている。実際にそういう説は
存在するしな。
まあ、影響云々は別として、やはり音そのものが不思議に綺麗だ。
リズミカルなのに余裕のある節回しがのびやかさを醸し、かつ品の
よい艶がある。後世の西欧の作曲家たちの「アラベスク」など、正直
これの足元にも及んでない気がするな。


115 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/12 23:36
1年振りに服を買いに行って(笑うな)、レジで金の行方をぼーっと
眺めていると、女性店員に凄い勢いで睨まれた。俺の視線がレジス
ターじゃなく、彼女の胸に釘付けになっていると思ったらしい。あん
た、そんなに気になるんなら胸の空いた服なんか着るなよな。
おやじ=エロという図式が、やはり世間的には出来上がってるのだ
ろうか。確かに俺もエロいけどさ、酒飲むと時々w

で、明日から東京に行ってくる。今度は仕事じゃないので、まあゆっ
くり、2泊することにした。
泊りは神田にし、ニコライ堂や古書店街など、界隈をぶらついて
みようかと。プラス上野の山巡り。ライブは、ぴあを見る限りでは
食指の動くものがなかったので、明日の夜は適当な近場の居酒屋で
独りで飲んだくれるかな。どうせ次の日は友人のケコーン式、昼酒だ
しな。

116 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/12 23:38
ニコライ堂は、結構楽しみにしている。もともとロシア文化に対して
は興味というか共感?を小さい頃から持っているのと(別に左翼で
はない。右でもないが)、新旧の建物を見て回るのが好きなので。
函館のハリストス正教会は修復工事中で十分に堪能できなかったため、
その意趣返しという側面もある。

ロシアに興味が湧いたのは、小さい頃に読んだ「アンドロメダ星雲へ
の旅」というソ連産のSF小説がきっかけ。狭い宇宙船の中で、何百
年という時間をかけて、世代交代を繰り返しながら目的地に向かう
人々の葛藤が描かれていて、子供心にその状況の異様さと思索の
深さが焼きついた。
『罪と罰』やタルコフスキーの映画なんかに見られるように、象徴性
の高さと魂のほの暗さ、原初的な子供じみた感情を大事にしながら、
西欧的理性主義への志向も持っているような矛盾に親しみを感じる。
和魂と洋才を無理矢理くっつけようとした日本にも似たところがある
ような。

117 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/12 23:40
あ、もちろんロシアの風情だけでなく、旧き善き日本の雰囲気、
新しき日本の律動も味わってきますよ。>>75で教わった蕎麦屋も
探してこようっと。


118 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/15 23:55
ところが、蕎麦屋にも古書店街にも行かないで帰ってきました・・・
都立美術館のロマノフ王朝展でロシア正教のイコンを見るのに時間が
かかり、さらに国立博物館の鎌倉禅美術展にも、等々。なんやかんやで
上野の山上で4時間も費やしてしまった。
昨日行った都立現代美術館の舟越桂展も含めると、展覧会ばかり5つも
回ってしまったな。東京行ってCDも本も買わないで帰るのは初めてだが、
結構満足だ。
友人の結婚式はちょっとコミカルで、楽しませて貰った。こちらも満足。

119 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/16 00:03
展覧会関係でいつも思うのだが、カップルが来ていると、作品を前に
薀蓄を披露しているのはほぼ間違いなく男性だ。女性の方が詳しい場合
も多かろうに。
男性には確かに「薀蓄披露欲」的な感情が存在するが、女性にはあまり
ないのか。それとも男に気を使って、説明したいのをこらえてるのかね。

俺は自分が詳しくない分野については、丁寧に説明して欲しい方なんだ
が、そういう時も逃げ腰になる女性が多いのは感じるな(仕事以外の話)。
逃げ腰の時は大体後で詳細な資料を貰えるんだが。
はっ、単に俺と話したくないだけなのか・・・!

120 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/17 01:09
>>119
「女」だから、ってのは関係ないかも知れないけど、私の場合は
思いっきりマイペースな鑑賞スタイル。。。
連れが居たとしても、「悪いけど自分のペースで見るからね。。。」
と最初に宣言し、単独で行動。。。
たいていの場合、一通り見終えたあと、逆行して特に印象に残った
作品なんかをもう一度見て歩く。。。ベンチなんかあったりすると
更にその前に居座る。。。場合によっては3巡くらいするので結構
体力勝負。。。

蘊蓄は・・・あえて聞かなくてもイイかな、と思う。。。
物凄く気に入れば、図録とか買っちゃうし、自分でも調べる。。。
そういった資料からは現れてこないような物凄く面白い蘊蓄なら
聞いてみたいけど、そんなものは期待しない。。。
どちらかといえば、何を感じたか、どう思ったかなど、他人の持つ
感想が物凄く知りたいかな。。。

121 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/17 01:25
例えば、自分がその作品に関する何かを知っていたとしても、
聞かれなきゃ答えない。。。或いは、何か会話の中で、この人なら
そういう話を面白がってくれそうだな、と感じたときだけ話すかも。。。
(・・・といっても、私の場合は一度学んだことをきっちりとした情報
 として記憶せずに、いつも曖昧な感覚で処理しちゃうから、上手く
 説明が出来ないんだけどね。。。)
気を使うってのとは違うかな。。。

ただね、展覧会とかそういうのじゃなきゃ話は別。。。

自分の専門外のことなら結構なんでも知りたいと思うほうかも。。。
例えば、目の前にあるペットボトルの成型方法だとか、マイナー言語の話
だとか、いま口にしているのものの、流通経路だとか。。。
そんなものでも面白く感じちゃうかも。。。

122 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/17 01:26
まぁ、なんだ。。。
えらく長い文のわりには、意味があんまり通じてないかも
知れないんだが。。。
許してね。。。

123 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/18 00:02
なるほど。確かに美術や音楽についていえば、余分な情報を排除して、
裸で独りで立ち向かって初めて感じられることが凄く多い。
ある意味、そういう「素で裸で独りで大きな何かに立ち向かう」機会を
提供しているのが、芸術ってもんかもしれないな。(なんだか偉そうな
表現だがw)
で、そういう対峙から得られた印象を、巧く言語化できないけどなん
とか相手に伝えようとするもどかしさと楽しさ、ってある。「あの赤!
今抉ったばかりの獣の心臓の色だな!」「知らんわそんな色。それより
あの首の長さ、天使に脳味噌持ってかれそうだな」とか、噛み合って
ないけど何かが伝わるような。思い出せないほど昔、そういう幸福な
会話をしたもんです・・・


124 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/18 00:03
ところが、博物館で史料を目の前にすると、独りの時でも薀蓄垂れ独演
会が脳内で始まっちまうんだよな〜。お恥ずかしい・・・
薀蓄披露欲は「欲」なので、発散すること自体が目的。薀蓄を披露する
ことで、単純に快感を得ることができる。自分が他者に優越することを
確認するため、手段として薀蓄を語る「知識自慢」とは、ちょっと別口
(そういう要素もあることは否定しないがw)。
多分、この世界がこんなに多様で、様々な事物が密接に関連性を持ち、
豊かに動いていることに、驚きたい、感謝したい、祝いたいんじゃない
のかと。一緒にこの嬉しさを体感して欲しい!みたいな気持ちもあるの
かもな。

125 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/18 00:04
でもまあ、最近はなるべく薀蓄垂れ流しは控えるようにしています。
嫌味な自慢野郎と思われたくないし。このスレと、泥酔時を例外と
してだがな。
展覧会巡りで何を見、何を感じたかは追々書きますんで。頂相(ちん
ぞう。禅の坊さんの肖像)の何品かは素晴らしかった。


126 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/21 21:49
で、展覧会の印象について。
結局行ったのは、

都立現代美術館  舟越桂展
都立美術館  ロマノフ王朝展
国立博物館     鎌倉〜禅の源流展
            特別陳列 琉球染織展・湯島聖堂釈奠器展
六本木ヒルズ    世界都市展

の4ヶ所5展。まあ六本木ヒルズと博物館の特別陳列はおまけみたいな
つもりで行ったんだったが。
で、何が一番印象に残ったかというと、

1 頂相(ちんぞう)のいくつか。特に彫像@鎌倉展
2 イコン(ロシアの聖画)@ロマノフ展
3 アウトバーンの真上に建てた集合住宅@世界都市展
選外 ロシア皇族所有の宝石を眺める女性たちの、異様なまでの目
  の輝きw @ロマノフ展

だな。

127 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/21 21:51
頂相は、高僧の全身像をできるだけ忠実に(一定の表現様式はあるの
かもしれないが、あまり感じられなかった)写していて、肥ったのも
蚊トンボみたいなのもあり、皺の一本一本まで執拗に彫りこんでいた。
老いというものを直視する勇気を持ち、かつ「ありのままを描く」と
いう行為に価値を見出していないと、つまり合理的精神がないと、
こういうのは書けない・彫れないんじゃないか、と漠然と思った。
大部分の彫像が遠慮がちで寂しそうな表情を湛えてるのも印象に残った
な。徳を修めた高僧の像なんだから、理想化してみたり、わかった
ような微笑をさせてみたりしてもよさそうなんだが、微笑んでるのは
ひとつしかなかったように記憶している。絶対自力を説いて、誰か
に救ってもらうことを拒む禅の精神は、人の寂しさや生きるつらさも
払拭すべきものではなく、共存するべきとしているのかもしれないな
(推測だけど。代々曹洞宗のくせに無知)。

128 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/21 21:52
ただ、たった一人例外があった。肥っていて鼻が胡坐、寄り目で
微妙に笑顔(に、俺には見えた)、痩せた像の多い中で際立って
目立った。他の坐像が鎌倉や京都のものだったのに、長野のもの
であることにも注意を引かれた。
樵谷惟仙(しょうこくいせん)というお坊さんで、日本人。宋に
留学後、北条氏に招かれた中国僧・蘭渓道隆の日本行きと同行して
帰国、長野の上田市で寺を開いた人とのこと。
この像を彫った人もリアリストだったとすると、樵谷さんはギャグ
飛ばしまくりの、でも締める所はギリッと締める、頭と気のいい
人格者だったんじゃないのかなと推察。この像を見ただけでも、
鎌倉展行ってよかった。

秋田の地酒 『天の戸 美稲』(無濾過純米生酒)を冷やで飲って
ます。コクがあって後に少し残る具合が、とてもいい。

129 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/22 00:34
>>126
>3 アウトバーンの真上に建てた集合住宅@世界都市展

これちょっと気になる。。。
どっかに画像とかあったらおしえて。。。

130 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/22 00:40
話が前後するけど、「蘊蓄」のこと。。。

えっと、このあいだのと言ってることが矛盾してるかも知れないけど、
基本的には知らないことを知るのは大好きです。。。
ただ、未消化でその人のものになっていない薄っぺらな知識なら
あんまり聞きたくないなぁ、ってこと。。。展覧会に限らず。。。
(薄っぺらかどうかは、ちょっと話せばすぐにわかっちゃうけどね。。。)

131 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/22 00:44
倉本聡の「ニングル」と言うコビトの話の中に、「知らん権利」
というのがでてくる。。。
時々それを行使したくなる。。。

小六の時だからもう十年以上前に読んだ本だわ。。。

132 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/23 00:28
>129
探したんだが、ちょっと見つけられなかったスマソ。ドイツ語ページまで
探せばあったかもしれんが、独語はさっぱりなので。

>131
ニングルは俺も読んだな。もうすっかり内容が飛んでるが・・・
文明批評っぽい部分を少し憶えている。森の理論、というか。
幼い頃は科学マンセー少年だったので、自然保護とか科学批判に猛烈に
反抗していたんだよね。恥ずかしい過去ですが。

小人つながりで、童話だが佐藤さとる「だれも知らない小さな国」シリーズ
はよく憶えてるんだけどね(というか、今でも全5巻所有)。

133 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/23 00:37
身になってない知識というのは、他の知識に支えられておらず、孤立した
情報でしかない。自分でも正確性や使い方がわからない。結果、気まぐれ
な使い方、他人の意見を封じるときや自慢したいときなどに相手に押し
付るなど、で活用してしまいがちですな。
心せねば。うははは。

キリンラガー、糖分カットタイプの青い缶に切り替えた。少し物足りない
が、まあ満足できるうまさ。

134 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/23 01:30
何を読んだかは忘れたけど、佐藤さとるって聞くだけであの
独特のイラストが頭の中に戻ってきました。。。

小6の時の担任が、倉本マンセーだったので、「帰りの会」の際
に少しずつ朗読してくれました。。。
ラジオドラマもあって、そのときの「♪ソノナハワッカ ペデナイジャ
シーシキシヨタラ ブタレッソ」というような歌のメロディーがいまでも
記憶に残っています。。。

135 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/23 01:54
倉本ムーブメント、とでも呼ぶべき現象が、80年代にありましたな。
前略おふくろ様、北の国から、昨日悲別で、etc...
マンセーってわけではなかったが、自分が18で北海道に向かったのに、
全く影響がなかったとは言えないかも。
なんというか、青臭さの肯定+詩情に、惹かれるものがあったのは確か。
で行ったら、同じようなことを考えて来ている奴が沢山いて、しかも
入った学校の歌もそんな様な歌詞だった。ワロタヨ、でも楽しかったが。

その歌詞はアイヌ語でしょうか。どんな意味なんだろう。

136 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/23 06:28
その歌は、あのお話の中でニングルが歌ってたという設定のもの。。。
で、話の中でその意味を推測するんだけど、その時の答えが、
「その流れはワッカでペ(「べ」だったかな?)ではないぞ。シーシキ
(おしっこ?)したらぶたれるぞ・・・」ではなかろうか?、というもの。
話の中の更に推測なので、(しかも聞こえた人間の記憶も怪しい。。。w)
正しいものかなんてサパーリですが。。。私の記憶も怪しいし。。。

137 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/23 06:34
全くのアイヌ語というわけではなさそうですが、
>「ナ」というのは水のこと全部で、いろんな流れを言い、「ナ」にも
>二種類あって、「ワッカ」はのめる水で、「ペ」は鉄とか硫黄とかを
>含んでいて飲んではいけない流れを意味している。
とのこと。。。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=%83j%83%93%83O%83%8B%81%40%83%8F%83b%83J%81%40&lr=

138 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/23 06:39
あの頃、図書館にあった倉本聡の昔のテレビドラマのシナリオとか、
片っ端から読みあさってたかも。。。映像は見てないんだけどね。。。w
富良野塾とか、ちょっと憧れたかも。。。w

139 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/24 23:05
田舎暮らしの愉しみその1 風呂上りにパンツ一丁で屋外で涼める
    〃    その2 自宅の庭で蛍が見られる!

アツーとかいって外で涼んでたら、水路沿いの藪に点滅する光5点。
ヒメボタルハケーン!
久し振りの雨につられて逍遥しているようだ。神秘的というより、純粋に
かわいいぞ。青緑色の光を肴にビール飲んでたらいい気持ちだw

>137
なるほど、混合言語の歌だったわけですな。ワッカといえば、カムイワッカ
=酒を思い出す俺は逝ってよしですか、そうですか。
ちなみに、近所に和賀という地名がありますが、ワッカが語源みたいです。
北東北はアイヌ語で解釈可能な地名が珍しくないんだよね。「〜ナイ」って
地名がうちから半径20キロ四方に5つあるが、これも「小川」という意味
のアイヌ語と同根らしい。

140 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/06/25 02:08
蛍を最後に見たのっていつだろう。。。
あれは大学時代のサークルの合宿でだったかな???
田舎暮らし。。。ちょっと憧れる。。。

141 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/06/26 00:20
今日は涼しいので、蛍も昨日より元気がなかった。
昨日が「好きだー!大好きだー!」ぐらいの求愛行動なら、今日は、
「す・・・好きかも・・・」程度かと。
こらー!燃えんかこの!と、人のことならなんとでも言えるな。

・・・いや、ビールを切らして天の戸がぶ飲みで、もう泥酔。お休みなさい。

142 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/01 00:36
さて着底まであと10日くらいかね。
昔から人目につかないところに潜むのが大好きだったから、何かわくわく
する。
1Fが寿司屋、地中海風軽食屋+ソシアルダンス教室という謎のビルにしば
らく住んでいたこともあるしな。寿司屋で散らしを頬張りながら、「俺この
上に住んでるんだけど」と話しては人の反応を楽しんでいたもんです。

そういう隠れ家を、今でも探しているんだが、田舎だとなかなか見つけられ
ない。やっぱりこのスレで我慢すべきなんだろうか。
それにしても、このスレ、何人ぐらいがROMってるんだろう?
聞くだけ野暮ですなw

143 :かまぼこ ◆u2MANKOJrs :03/07/01 00:54
その1なのさ〜 ヽ(´ー`)ノ

144 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/07/01 08:47
その2

145 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/07/01 22:00
その3

っ旦 粗茶ですが…

146 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/07/02 00:59
っ□ その4

147 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/07/02 01:01
|ノ 5

148 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:16
こんなにもROM下さってる人がいようとは・・・
ありがとう。励みになりますよ。
相変わらず長いのが多いですが、適当に読み流していただければ
嬉しいです。
・・・といいつつ、今までで一番長いのを投下w

児童文学作家佐藤さとるのコロボックルシリーズについて。
俺が持っているのは1〜5巻で、『小さな国のむかしの話』は読んだ
ことがないのだが。以下、ネタバレ出まくりなので、これから作品を
読んでみようと思う人は、斜め読みして下さい。


149 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:17
この童話に俺がはまるきっかけは、主人公とその伴侶になる女性と
の出会いと再会に憧れたからなんだが(空想癖と選民意識のある
ヤなガキだったのだよ)、大人になった今に至るまで読み続けて
いるのには、他にも理由がある。
コロボックルたちの「勇断」と「変化」が、いろいろなことを示唆
しているように感じられるからだ。


150 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:18
幽霊や鬼など、人外のものが登場する物語、特に童話では、「異質
なものを理解すること」がテーマとなる場合がよくあるように思う。
それら人外のものと人間とが交流するためには、人間の側から歩み
寄り、彼らの声に虚心に耳を傾けることが必要だ。その理解がうまく
いくと、人間たちは『忘れていた何か』を取り戻し、癒されたり反省
したりする。あるいは「新たな視点」なんかを入手して、成長したりす
る(例:ハリウッド映画『E.T.』)
理解(対決という形を通じて行われることもある)がうまくいかないと、
どちらかの側の生存空間が大きなダメージを受け、しかも人間が
相手を見る目は変化しない(例:宮崎アニメ映画『平成狸合戦ぽんぽ
こ』)
で、結局どっちも、人間側の歩み寄りが大切、ということにされてい
るように、見える。人外のものは結局は人間より(一見凶暴に見えて
も)本質的に弱く、純粋であり、自己変革性が非常に低いものとして
捉えられているように思えてならない。



151 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:19
一方コロボックルたちは、時代の流れや人間たちの変貌を冷静に
観察し、自分たちが生き残るために、自分たちの意思で「人間の
味方」を探そうとする。主人公たちを、人間を味方として選ぶという
勇断を下し、それに向けて動き出したのはコロボックルたちであり、
人間である主人公が強要したのでも譲歩したのでも、哀願したせい
でもない。極めて能動的でバランス感覚に優れた主体として、この
物語のコロボックルたちは描かれている。
「人間の味方」を得、科学という道具を手に入れたことで、その生活
は急速に変わっていく。しかも、人間そっくりになっていくのでは
なく、生体ラジオや足踏み飛行機などを生み出して独自の進化を
遂げていくことになる。「人間の味方」である主人公は控え目な助言
者であるに過ぎず、科学技術を自由自在に操って、能天気なバラ色
でも暗黒でもない、足が地に付いた豊かな世界を築き上げていって
いるのは、あくまでコロボックル自身の創意と情熱だ。せいたかさん
は、望まれたことさえあえてやらず、コロボックルの若増の度胸に
任せたりしているし。



152 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:19
せいたかさんやおちび先生、その他の「人間の味方」は、コロボック
ルと出会ったことで沢山のものを得ている。でも、この人たちは、コ
ロボックルと出会ったこと自体によって、「成長」しているだろうか?
俺には、そうは見えない。むしろ、少年少女時代に持っていた好奇
心や冒険心、ありていに言えば「子供性」を維持することに、コロボッ
クルとの出会いのおかげで成功している感はあるが、これって成長
とは別物じゃないだろうか。登場人物は十分大人として振舞っている
が、そうなるまでの成長は、コロボックルと無関係の所でしているよ
うな。少なくともこのシリーズには、児童文学にありがちな、ビルドゥ
ングスロマン的傾向はない。

後半では、個々のコロボックルが人間のトモダチを選ぶことになる
過程が描かれている。異なる者との交流というものの本質を理解
し、咀嚼したのちの、「緩やかだが破るべからざる大きな規範の中で
の、自己責任により細部まで設定された行動」の姿。自己の特性を
完璧に近い形で把握しながら可能な限り自由を広げていく主体の姿
が、そこにある。
うーん、したたかだ、いい意味で、と感嘆したもんです。


153 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:24
コロボックルシリーズに顕れているもの、それは異文化?理解の大
切さの表明ではなく(もちろんそれは大切なことだが)、登場人物の成
長でもなく、自己変革とプロジェクト達成、理解できるできないに
かかわらない、「異なるものを信頼するための仕方・付き合い方の
探求」の物語のように思う。こうあるべきというものでなく、与件の中
で最良の選択は何かを効果的に見つけ出す、非常に現実的な知恵
の物語。ここにしびれるんだよねえ。
なんか話が大きくなってしまったが。

上の表現で、「人間の味方」と書いたのは、「コロボックルが自ら選定し、
本人も納得している、コロボックルの味方である人間」という意味です。
わかりづらくてスマソ。
いやそもそもシリーズ読んでないとチンプンですよね。長いばっかりで
申し訳ないです。

154 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/03 01:41
ついでに、139でカムイワッカ=酒なんていい加減なことを書いている
ことをお詫びします。

ROMの方々に再び感謝の念を示しつつ、おやすみなさい。


155 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/04 02:10
眼         西脇 順三郎

白い波が頭に飛びかかってくる7月に
南方の綺麗な町をすぎる
静かな庭が旅人のために眠っている
薔薇に砂に水
薔薇に霞む心
石に刻まれた髪
石に刻まれた音
石に刻まれた眼は永遠に開く


勝手に引用スマソ。もう夏ですな。

156 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/06 23:54
何もない休日を堪能しました。
朝寝して、部屋の掃除、昼寝、棚の整理、午後6時からネットと音楽を
つまみに飲み始め・・・
結構ご機嫌ですw

学生時代の同期がライターとして頑張ってるのをネットで発見。
今は全く交流がなくなってしまったけど、なんだか嬉しいね。
こういうとき、ネットというものの不思議さを感じる。面白い時代に生ま
れたもんだ、と少し感謝したい気持ちになる。
逆に、俺の痕跡も、誰かがトレースしているんだろうか。怖くもあり、
期待もあり・・・。

157 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/07 23:33
ステレオラブ ”Cobra and Phases Group Play Voltage in the
Milky Night” を聴いている。
「ステレオラブ」でぐぐると日本語ページだけで2千件ヒットするの
で、詳しい説明は省くが、一言でいえば「ヘンテコ」。
何がヘンテコか?メロディが微妙に変。リズムも少し変。バックボー
カルはかなり変。
空気中に水分が含まれているように、ステレオラブの楽曲のほとん
どにかすかな「変分」が含まれているような気がするw
でも破綻していない。ハモンドオルガンやムーグなど古い電子楽器
でヘナヘナ感を出し、ビブラフォンと(たまに)フランス語の歌詞が
滑らかじゃなく転がっていくんだが、全体としてとても計算されつくし
ている。ヘナヘナなので、計算されつくしていても閉塞感は全然
ないし、気取った感じも抑制されるので、心地いいんだよなあ。


158 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/07 23:34
上記アルバムは3rdで、1stの”Emperor Tomato Ketchup”や
2nd“Dots and Loops” と比較し、シングル出しまくり時代のヘナ
チョコな雰囲気に近い感じがして嬉しい。キリッとした1-2作目も
好きだが。
と書いているうちに、青島ビールが空きました。


159 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/08 00:40
このスレではまだ一度も、でしたが、実は俺はかなりのAA厨です。
せいぜいがコピペ改造しかできないくせに、某板では貼りまくってます。
こんなのとかねw

      `。’
      /7
      ○、   .
    /´ l、\λ_λ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /〜/ \(# `ー´)  <  おやすみなさい
   \/  . |     \   \__________
  \ ̄ ̄ ̄ ̄[¢二ノ ̄\
  ||\      (<|+++<) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||



160 :る━NORTH☆侍ぬんちゃく@レモリア中毒@ストレス女王━ん:03/07/11 02:05






















161 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/07/11 14:15
ムーンペタの街を出てから1週間。
2人は再びムーンペタへと戻ってきた。

街を出てムーンブルク城へ向かった2人は、そこで王の霊に会い、王女が犬にされたこと、呪いを解くには『ラーの鏡』が必要なことを知った。
そして、ムーンブルクからはるか西の毒の沼地で『ラーの鏡』を手に入れ、あの子犬が王女であると、確信に近い予感を感じて、戻ってきたのだ。

162 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/12 07:06
ううむ、着底できなかったか・・・
ちょっと残念。次に期待しようか。

昨日外でさっくり飲んで早く寝たので、休日なのに早く目が覚めて
しまった。

>161のファンタジー小説っぽい書き込み、他のスレでも沢山見かけた。
全部抜き出し、繋げて読めばそれなりになるのかもしれないが、果た
してそこまで根性のある奴はいるだろうか。
ファンタジー小説には詳しくない。というより、小説はあまり読みま
せん。恥ずかしながら。正直、年間の購入頻度は
歴史関係15 歴史小説10 その他専門書5 一般小説4 ファンタジー・SF1
ぐらいだしなあ。ファンタジー漫画なら少し読むが。水樹和佳子『イティ
ハーサ』、三浦建太郎『ベルセルク』とかね。

163 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/13 06:55
今日も早起き。爺さん化してるのかw
朝のTV番組を観察している。釣り、テレショップ、子供向け、等々。めったに
見ることのないこれらの番組を見ていて、自分の知らない別の時空に紛れ
込んだような、あるいは海外に滞在しているような違和感を感じている。
経験というものが認識に大きな影響を与えていることを、久し振りに認識
しました。はい。

164 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/13 23:08
>89のときと同様の頭痛に悩まされながら、蒸す中で外作業。
まだ少し痛いが、随分良くなった。前回のように何日も続くことは
なさそうだ。

なので、今日は100%アップルジュースでダラダラやっている。
BGMは企画版(中世欧州歌謡グループと南アフリカの黒人男声合唱
団のコラボ)"Simunye"。双方の良さが相乗効果を上げている曲も
もちろんいいんだが、ズールー族の哀歌を特別なアレンジをせずに
歌った"Kwa zulu senzeni?"が絶品ですな。

165 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/18 00:08
涼しい月夜。蛙の合唱はもう終曲近く、虫の声はまだささやかで、遠くを
走る車のエンジン音だけがわずかに響く。静かな夜。
風呂の窓を全開にして(網戸は閉めたままだが)、10分の1だけ露天風呂
気分を味わった。

出張の際、久し振りに車窓から海を見た。あのまったいらな直線(水平線)、
何度見ても不思議だ。
海に懐かしさを感じない。いつも強烈な違和感と、仄かな憧れが立ち昇る
のみ。懐かしさを感じるのは、なぜか一度も行ったことのない砂漠。
ガキの頃TVに子守してもらっていた名残か。

まーた気障っぽいことを書いてますが、お察しの通り泥酔しております。

166 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/21 21:34
明日健康診断の再検査なので、21時以降の飲食を禁止されているのだが、
今瓶に残ってるエビスを空けるまでは、と飲んでいるわけです。

田んぼのあぜ道で、鴨の巣発見!
生い茂る雑草を利用して、草の分け目に真ん丸く枯れ草を敷いていた。その
中に、鶏卵より一回り小さくて細長い卵が5個、放射状に並んでいた。俺が
機械を背負って近づくと親鳥は逃げ、遠くから俺を睨み付けている。おかげ
でじっくり観察させてもらった。スマンね。
田んぼに降りる楽しみが一つ増えた。

BGMはLunasa(アイリッシュトラッド?)の1stアルバム。先に持っていた
3rdよりドラマ性重視というか、ミニマル度は低く、叙情的。「トラッド
じゃない」という評価があるのもうなずけるが、こちとらトラッドが聴き
たくてCD買ってるわけじゃなくて、音楽が聴きたいから買ってるわけで、
面白くて感じるものがあればそれでいいです。はい。

167 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/21 22:14
大好きだったこのスレが終了した。
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1058086815/

切ない・・・w
煽りスレがこのような展開を辿り、やがて1もマターリしてきて、皆の
応援を受けながら終幕。こういうことがあるから、2chやめられない。
ここって、実は本当に暖かい側面があるんだよなあ。

168 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/23 01:14
健康診断再検査して来た結果、再再検査と相成りました。
そっちの臓器は正直ノーマークだったんだが。うーん。

169 :(´∀` ):03/07/23 20:59
(´∀` )(´∀` )

170 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/07/24 07:41
>>1 お前が生きててもイイコとなんて何も無い。
かといって悪いことも特に無い。
あえて言えば『0』?
足しても引いても何の影響も無い。
だから、もう死ねば?

171 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/26 21:45
>169  
     曰   λ_λ   いい笑顔だw
     ノ__丶(# `ー´)   まあ飲め。
  _ ||三||./   [¢、)  
  \ ||岳||∪ ̄ ̄. ̄ ̄\
  ||\.`~~´ (<|+++<)   \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  

>170
>>1 お前が生きててもイイコとなんて何も無い。
「なん」はこの間ココイチで喰ったから今はどうでもいいが、「イイコ」
には会いたいなあ。いやむしろ紹介してくれw

172 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/07/27 00:57
会社の方はけっこう余裕が出てきたが、家業の方がこれから大変。
お盆過ぎまであまり長文は書けないかもしれません。その分、壁内をゆっくり
見て回りたいと思います。

まあ、ぼちぼちやりますんでよろしく、と。
BGMはFela(略)Kutiの"Beasts of No Nation / Just Like That"。
重くてノッタリ、強い酒が欲しくなる。エビスから吉兆宝山に移行。

173 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/01 00:54
ようやく作業終了。オランダの安ビール・グロルシュで飲酒開始。
安いが、フルーティで苦味もしっかり、なかなかいける。箱買いしてしまった。

で、今俺の胸板には数個の電極が取り付けられ、腰にはカセットホルダーがぶら
下がっている。
ちょっと検査のため、日常生活における心電図を24時間だけ記録している。記録
用テープの回る音がウザいし電極を貼り付けている粘着テープが痒いしとヤな点
も多いが、ちょっとしたサイボーグ気分?を味わえるのでよしとしよう。
BGMはまたアニセート・ド・インペリオの"Partido Alto Nota 10"。

174 :山崎 渉:03/08/02 02:48
(^^)

175 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/07 03:07
いやね、ようやく寝れる。
作業も佳境。昼は会議で冷汗三斗、夜は作業場で熱い汗五斗ぐらい?
でも一向に痩せない。そらそうだ、こんな時間に飲んでるし。

幼い頃、その意味について考えることを止めたいくつかの概念のうち、
『幸せ』というものに関し、アプローチを再開しようかな、と思いはじ
めている。
金のあるなし、健康のあるなし、大事な人の人生の明暗、大事に思って
くれる人のあるなし、仕事の順調さの度合い。など細かい具体的な状態
で、自分の満たされ度を判断してきた。が、世間さまの言う『幸せ』と
いうものが、そういう個別要素の集合体ではないと気付いてもいた。
では?と、普通の人が10代に済ますようなことに、取り組んで行こうと
思っている。たまにw

『幸せ』というものが、「順調な自分及び環境に対する状態認識+心地
よい感覚」というのならまだ実感できる。
しかし、ある人曰く、「切り離せない、単一の巨大な情調の顕現」なんだ
とか。みなさんはこういう表現を読んで、普通に共感できますか・・・?

176 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/08 01:06
再び底が見えてきた。
今度こそ着底するぞ。おやすみなさい。

177 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/08/08 11:25
生産手段の国有化や計画経済、共産党の指導権やマルクス主義の国教化を
前提としない、このような広い「社会主義」理解のもとでは、
日本での社会主義論議でほとんど視野に入ってこなかった発展途上国インドでさえ、
なにかしら「社会主義」へのヒントを与えてくれるでしょう。
それが、これからお話しすることです。

178 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/09 04:38
家業の方は峠は越えたようだが、もうしばらく夜間作業が続く。
睡魔を追い払うために他の連中とだらだら話しながら作業をしているの
だが、ふっと会話が途切れたとき、その商品のこれからの遍歴について
ぼんやりと思いを巡らしてみる。
土から生まれ、箱に詰められ、車に乗せられ、せりに掛けられ、店で
売られ、あるいは結婚式場に飾られたりする。人の死に悲しみを添える
かもしれないし、恋人への多少気障な贈り物になるのかもしれない。
嬉しいことや悲しいことがあったときに、その思いを託されることが
多い、このものたち。それを作っている、いや成長の手助けをしている
俺が、ずいぶんと起伏の少ない道を歩んでいるということに、苦笑したり
もする。

また上げられた。夏だし仕方ないか。
夏厨ということばを眼にするたび、夏=中国の諸夏王朝と置き換えてみて、
赫連勃勃萌え〜とか・嬉タソハァハァとか言ってる人を妄想して、つい独り悦に
入ってしまいますw

179 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/09 04:55
こうやってみると、妙に妄想カキコが多いな俺。危ない人だなあつくづくw
作業が終ったら、残り少なくなった夏を満喫しに、古い友人たちと山に
行ってきます。温泉もあるらしいので、ゆっくりしてきますよ。

180 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/11 02:19
某板での俺のカキコに、「お前はウヨなのかサヨなのか、わけわからん」
とレスがついた。
コヴァ連中に対して、じゃあ国益のために自己犠牲できるのか、と多少
大袈裟に煽ってみたのだが、肝心のコヴァや嫌韓厨からはレスが途絶え、
かわりに上記のようなレスが。
どうしても右翼か左翼に納めてしまいたいみたいだなあ・・・
物事はそんなに単純じゃないぞw

181 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/11 02:22
うわ、思想ネタにはもう触れません。スマソ。

飛良泉を冷やでやってます。では、おやすみなさい。

182 : :03/08/13 00:32


183 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/08/14 16:38


184 :山崎 渉:03/08/15 16:21
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

185 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/16 07:11
鞍馬トマトさんのスレの話題に関連し、クレオールという単語を軸に様々
検索したのだが、その過程でカリブ海南岸の国・スリナムに関する情報が
ずいぶん手に入った。
この国では、オランダ人やイギリス人(ニューアムステルダム植民地
(現NY)と交換で英領から蘭領に、のち20年ほど前に独立)と黒人の
混血民を「クレオール」、内陸部に住む逃亡奴隷の子孫(インディオと
少し混血しているが、心身ともにアフリカ的要素が非常に濃厚)ジュカ、
アルク、サラマカ、クウィンティ、ボニなど約6部族を「マルーン
(ジャマイカなどでも、逃亡奴隷及びその子孫という意味で使用される
言葉。語源はスペイン語のシマロン)」と呼んで別のカテゴリに入れて
いる。それで、クレオールでぐぐったら沢山ひっかかったわけだ。
日本語HPではK-1のA.ホーストの出身地であることぐらいしか触れられて
いないんだろうな、と思っていたのだが、思いの外引っかかるのに驚いた。
民族構成のユニークさに、主に学者とバックパッカーと地理オタクが目を
付けていた。皆考えることは同じだな。


186 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/16 07:14
俺も昔からこの国が気になっていた。南米なのにインドネシア人が2割
近くを占める国。あとは前述のクレオール、マルーンにインド系、オラ
ンダ系、インディオ(ネイティブアメリカン)、中国系が渾然一体と
なっている。
ある旅行記HPでは、首都パラマリボの情景として、餃子屋の(漢字の)
デカい看板とヒンドゥー寺院、オランダ風の町並みの写真が掲載されて
いた。マラッカ海峡沿いのどっかの町にしか見えないが、もっとよく
観察すると、町行く人の半数以上がクレオール。
俺ら地理オタクには、こういう風景そのものがたまらなく魅力的なん
ですよ。
ttp://www.kit.hi-ho.ne.jp/tatsuyzw/travelnote_text04.html

ちなみにホーストの入場曲(地元の曲らしい)をテレビで聞いたことが
あるが、ブラジルのカンドンブレ(アフリカ起源の宗教)の随伴音楽に
似ているような印象を受けた。もっとおとなしかったが。


187 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/17 14:14
旧友たちは高原のコテージキャンプと温泉を満喫しただろうか・・・

俺はといえば、昨日からさっきまで病院で身内の付き添いをしていた。
一昨日手術で、もう容態は安定したので帰ってきたところ。
手術直後の夜は目が離せなかったが、昨日から今日にかけては比較的落ち
着いていたので、持っていった『<複数文化のために>〜ポストコロニア
リズムとクレオール性の現在〜』(複数文化研究会、人文書院)を斜め
読みしていた。

そのなかでドキッとしたこと。
諸文化の間に優劣や押し付けを持ち込ませず、同等に評価する「文化相対
主義」。現在の諸問題を解決するのに一見万能に見えるこの考え方に、落とし
穴があるという。
「そうですね、私とあなたとは、違う。違うということが大事です。私たち
は理解し合うことはできないんです。だからあなたとは、共存することが、
できない」
こういう理屈を呼び出すことがあるのだという。まんま、フランスやオースト
リアの極右の意見だ。


188 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/17 14:14
自分たちにとって普遍とか普通なものを、他者に押し付けて同化を図るやり
方はもう限界だ。かといって、自分と同質な者ばかりであつまって他者を
排除するのもどうか。凄惨な殺し合いを引き起こすこともある。外部に対し
ても、内ゲバも。
異質な者同士が、最低限必要な対話のラインを確保していないと、共存は
難しい。その対話の土台になる、共通の概念体系をきちんと定義づけると
ともに、常にその内容の見直しを行っていくこともまた、必要なんだろう
なあ。

急に話のレベルが変わって申し訳ないが、遠い過去に付き合っていた女性
に怒られたもんだ。「普通毎日電話ぐらいするだろ!」とかね。
そこで「お前の言う普通とは何だ?」とか理屈こねないで、「俺が必要
だと思う電話の頻度はこのぐらい。普通とか抜きにして、お前は毎日電話
欲しいの、それとももっとなのか?」・・・と冷静に擦り合わせを行うべき
だったなあ、としみじみ思ったことよ。
と、キャンプに行けなかった腹いせに、非常に数少ない夏の思い出を掘り
返してみたりするw


189 : :03/08/18 09:41
        ∧_∧         
      n ( ´_ゝ`)       
      ( 1/|  / \  m
      | (^8⌒Y\`ー~ノ
      し |   /    ̄
        |  〈
       人r⌒)
      // /
     ( / ノ
   。  V /
  。 C | / っ
   ~ ~。`"゚〜 3~~ 〜 ~  〜

190 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/08/19 13:14
                     _, -‐‐、,r'レ‐−−- 、
                 ,r‐''´ ̄ ̄`ヽ、// ̄ > 、 `ヽ、
                ノァ´ / ̄ ̄\V ///二コ   l ヽ
               //_,//,ィヘヽヽヽ|,i{ レ'/r'二ー{ .n lヽ,i
                {,// ,イ//三        ´ ̄ー} j | | l|
               l! ! /l| lE             !l } i |l
               | ! j | lE            ノ !l { i |l、
               |. / |  |__,,,,,_       __,,,_ヽ.l l| |l、 `'!
               // ./j l l|  ___゙''‐、   -''"___ `'、l i! lトヽ、}
               // // ノ/ ‐'゙{':::jヽ i    r'i':::j`'‐ i、 ヽ}ノ|l |
             // //イ   `'' ''′.!     `'' ''''゙  !、'、'、レjlf
              Yr'/,rfソ{!.       ,j        iハト、Y!|!
             /////ハヽ!.    〈{、-        /_/llヽ|l|lト、
            .{〃/ {/ Tハ,    __ - __     /〃八 }l |l}ハ
             l|l j/l| l! }.|{ヽ'i、     二      イ〃r/ハヽイYソj
             ツ'lノ人ヽ/八 } }|\.       / |l |l {トヽ}lj}リ l〃
              /// ,/ノ jリノ| /`}−‐/´) .|l、lトヽlXlリl l |l{
            ト{lレl//_,//‐'/ _/‐''"  イ   トミ三|l‐ノイノノ!ヾ-、、
          _/l| ジ///,イ / /   / /     イ/,ィ7/`ナハ})}
      __,、-'ヘ!  `'{ { / ,ィソ /| / /      /| ___/,イl/ l{ // ノ|! `''‐ 、,

191 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/08/19 22:48
>>187
概念相対主義への批判については、アメリカのドナルド・デヴィッドソンが
面白い理論を提唱しています。

人間の「理解」や「解釈」の実際のプロセスを考えると、自分とは全く異なる
「ものの見方」(概念図式)が存在することを私たちは理解・証明できない。
したがって概念相対主義は成り立たない。
そのため、異なる文化間の差異は大きなものに思われる場合もあるが
「差異がある」と認識できるということは、その背後に広範な共通部分があるという
証明でもあるということになる。
というような理論です。

私の拙い文章ではうまく伝わらないと思いますので、
興味がおありでしたら何か一冊読まれるといいと思います。
個人的には「哲学の最前線」(講談社現代新書/冨田恭彦著)がおすすめです。

192 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/20 22:57
>老猿さん
わかりやすい文章なのにそんなに謙遜しなくても。俺のこの上の駄文なん
かどうなるんすかw
デイビッドソンと「哲学の最前線」の紹介、ありがとうございます。哲学
には教科書程度の知識もありませんので、どんな本が自分の興味に沿った
内容なのか教えてもらえるというのは、ほんと助かります。
ちょっとだけぐぐって見ましたが、言語学とも絡めながら、認識の問題に
はじまり、他者とどう付き合うか、という問題も物語られているようです
ね。ネットで買い物をする度胸がこれまでなかったのですが、ちょっと
アマゾンコムを利用してみようかなという気になっています。


193 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/21 00:30
仙台に出張したついでに、CD「ショナ族のムビラ」(ノンサッチ)購入。
ヒットだ。ジンバブエでの親指ピアノの演奏を集めたものだが、素朴な
音色に対し、よく構成された演奏にしびれた。

ちなみに出張先は青葉城のすぐ近くで、早く着いたので霧雨の中、櫓を
見ながら少し散歩した。石垣の隙間を大きな道路が走っているのには、
いつも驚かされる。
サカロフという喫茶店を探したが、見つけられなかった。何度か寄って
ロシアチョコレートを買ったことがあるのだが。3年前にも寄っているの
に、もう場所を忘れている。歳かな・・・

194 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/08/21 09:28
>>192
興味を持っていただけたなら幸いです。
ただ、この本は5年前のものですんで現在では「最前線」ではなくなっているのと
中途半端に小説仕立てになっているので冗長な感じがするという所がちょっと難点です。
現代哲学の概観を紹介するような内容なのでデヴィッドソンの理論の説明も
アウトラインをなぞる程度のところで終わっています。

分厚い哲学の専門書に抵抗のある素人でも新書版なら読みやすいので
こういうのが新書や文庫でもっと出てくれるといいんですが。

195 : :03/08/21 20:18


196 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/22 00:28
異質な者とどう付き合うか、あるいはもっと一般的に、人は他者とどう
付き合っていけばいいか。一般命題として考えるようになったのはごく
最近だが、自分個人としては、小学入学以来ずっといろんなスタイルを
試してきたような気がする。意図的に。

特に、自分の嗜好と周囲の嗜好がちょっと重ならないことが多かった
小学時代、その異質性を逆手にとって、クラスの構成員の間に自然に出来
上がる「序列」から自分の存在を引き剥がそうとしたことがある。当時
無駄にプライドの高かった俺は、他人に自分を評価されることが我慢
ならなかったので、「あいつは変わってるから、○○より上とか××より
弱いとか位置付けられない」と判断されることを狙ったわけだ。


197 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/22 00:29
アニメ、漫画、歌番組、お笑い番組に対する興味が一切ないことをわざわざ
吹聴し、コミュニケーションの基盤を意図的に縮小することで、自分を
「異人化」し、クラスの秩序の埒外の人間として振舞おうという戦略、
てな表現はちと大げさだが、まあそんな感じ。
で、その結果掴んだのは、意外な人の意外な本音が結構頻繁に聞ける
代わりに、誰と誰が付き合ったとか別れたとかのフツーの噂話が一切
入ってこず、当然集団デートにも誘われないという、今考えると非常に
寂しい立場だった。異人化は、良くも悪くも大成功だったようだ。


198 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/22 00:30
でもまあ、中学に入る頃になるとそういう状態がいやになり、もっと
クラスメイトと深く関わりたい、クラスという小社会にもっと積極的に
参画したいという願望が出てきて、仲間に再加入させてもらったがね。
コミュニケーションのプラットフォームの再構築作業は、しんどいもの
だったけど、楽しかったなあ。ことばをその語義通りに解釈するのでは
なく、連なり全体から相手の感情を類推することが有効なことに気付いた
ときは、それまでの「不可解な」クラスメイトの言動が一気に腑に落ちて、
嬉しかったしね。
こう書くと、いかに俺がマシーンのような冷血だったかが如実に分かるなw


199 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/22 00:31
>>老猿さん
新書っていうぐらいだから、最新の情報、載せて欲しいですよね。
経済や国際情勢なんかに関しては、新書でリアルタイムなものが
出るのに、人文科学関係は著名な思想家の解説本なんかが主流なような
気がします。
ところで、今のアメリカの思想界って、人類学とはどんな関係を保って
るんでしょう?いやね、大昔C.ギアツなんかちょこっと齧ったもんだ
からね・・・



200 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/08/23 00:40
まぁ、社会経済系の本に比べて、人文科学は売れないということなんでしょうね。
著名な大家のものばかり出版されるのは、明治期に初めて西洋哲学が輸入された
当時のものが日本ではそのまま権威付けられ、それ以降の欧米の学者よりも
ワンランク上に位置付けられているからではないかと思います。

201 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/08/23 00:40
>>200
名前入れ忘れました...

202 : :03/08/23 19:15


203 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/23 23:58
>そういう人は「自分は何もしてあげられないから色々求めるな」と言うけれど
>それは応える気がないだけなんじゃないの?と思う。
>本当に相手が好きなら、要求されなくても 「この人が喜ぶことを何かして
>あげたい」っていう気持ちに自然となってくるものじゃあないのかな?
>時間がないならひねり出す、お金がないなら楽しませる、なんでもいいじゃ
>ない?
>自分が出来そうな最小限のことも出来ない、いや、しないって、それは
>愛してないよ人間を。
>寂しい人間ってあったけど、本当にそうなんだろうな。
>奉仕されるだけの人は自分しか愛せないんだよね。相手に愛はない。
>「君はもっと愛ある人にならないと、自分が幸せになれないよ」と、そういう
>人を見てて思う。

某板で見つけたカキコ。俺は「奉仕されるだけの人」ではないが、それを除く
と、まるで俺宛に書かれたもののように思える。ワカッテンダヨチクショー!デモナカナカ
ナオラネエンダヨー!

204 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/24 00:13
講談社現代新書を置いてある本屋を巡り、ゲットしました!!

『北の内海世界』〜北奥羽・蝦夷ヶ島と地域諸集団〜 山川出版社を。
何買ってんだ俺。どうしても、蝦夷って書いている本を見ると、よっぽど
の電波本でない限り買ってしまいます。最近増えてきた蝦夷(この場合
エミシ、の方)原理主義者は大嫌いですが、蝦夷(エミシ・エゾ双方)研究
の最新の成果を確認するのはとても楽しいです。東北人だしね俺。

>>老猿さん
アリストテレス>デカルト>キルケゴール>ニーチェ>ハイデガー>サルトル>フーコー
って思ってる人大杉、なんすかねえ。
後の人になるほど、前の人の著作からの引用を頻繁に行うわけですが、そう
いうのを「オリジナルな思索に欠ける」とかナチュラルに勘違いしてる編集
者が多そうなイメージがあります。

205 : :03/08/24 14:02
   __                 __
   \  \oノハヽoノハヽノハヽo ./  /        
    \ ( ^▽( ^▽( ^▽^/  /   
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

206 : :03/08/24 14:04
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1061580457/l50

207 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/08/24 17:57
>>204
一昨年出た「蝦夷(えみし)の古代史」(平凡社新書/工藤雅樹著)は面白かったですよ。
もう読まれてるかもしれませんね。
「蝦夷」という言葉の示す集団・地域内容は時代により大きく変遷しており
この辺の曖昧さが議論のすれ違いの原因にもなっている、
その変遷を五段階に分けて論じてみよう、という考えで書かれていて読み応えがありました。
前書きにあるような、蝦夷アイヌ説と蝦夷日本人説の対立を乗り越える考えを提示する、という
試みは中途半端で終わっている感がありますが。

208 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/24 23:45
>>207
おお、そういう本が出ていたのですか。残念ながらまだ読んでいません。
平凡社新書、置いている本屋が自宅から半径50km以内にないんすよ・・・
・・・と思ってアマゾンをあたってみたら、こっちにもない。本屋に注文
してきます近いうち。
ちなみに、「哲学の最前線」はアーマーゾーン(歳がバレるか)で注文しま
した。初めてのネットショッピングにちょっとどきどきしました。いや
お恥ずかしい。

例えば8世紀の「蝦夷」がアイヌなのか日本人なのか、という問いは、その
まま8世紀の「アイヌ(系、を付けないといけないでしょうな。アイヌ文化
複合の成立は早くて12世紀といわれていますね)」とはどんな人たちなの
か、8世紀の「日本人」とはどんな人たちなのか、という問いを呼び起こす
ような気がします。言語で切り取れば、もう少し単純な構図になるとは思い
ますが、それでは折角のこの問いの持つ豊かな広がりを大きく損なうことに
なりそうですし。
乗り越える、という必要は、もしかしたらないのかもしれないと、ふと思い
ました。うわっ学問的じゃねえ!

209 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 00:02
8世紀後半〜9世紀初頭の「38年戦争」から、前九年・後三年の役までの
記録上の空白期間に、エミシからエゾに朝廷側の呼称が代わりますよね。
エミシは、その居住地が征服対象地として本土の延長上に位置づけられ、
人についていえば王化の対象として、やはり大和人に変わりうる存在として
位置づけられていた。ところが、エゾは明確に異民族として位置づけられ、
エゾの土地は外国扱いとなる。
この間に何があったのかを知ることで、いろいろな問題に解決の糸口を得る
ことが出来るような気がします。急に始まって急に消滅する防御性集落が
なぜ発生したか、岩木山麓の鉄滓は製鉄遺構か精錬遺構かとか、そのへんを。

しかし、先にも書きましたけど、ここ20年ぐらいのエミシ原理主義者には
腹に据えかねるものがあります。彩流社の電波本が図書館にあって、結構
借りてる人がいるのを見て愕然としました。近いうち,ここで愚痴らせて
下さい。・・・

210 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/08/25 00:22
エミシ原理主義なんてあるんですか。
彩流社、逆に興味がでてきますな...

211 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 00:24
>205
 ┏●
( ゚д゚)<オハギデゴザルカ?

>>206
見て来ました。何でもあり板は初めて覗いたのですが、雰囲気がここに
少し似て入るような気がしました。スレリンクは、ちょっと恥かしいっす。

212 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 00:30
>>210
今その辺のことを書いているのですが、死ぬほど長くなりそうなので、
カキコは明日にさせてもらっていいすか?スミマセン
なんかですね、「蝦夷の大地はびっくりするほどユートピア!」ってな
感じで、予断ありまくりの部族社会の解釈をしていました。
激しい理想化、思想化、ですね。ここまで激しくなくても、結構史実を
曲げるようなことを平気で口にする輩が多いような。

213 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:42
で、蝦夷原理主義について、12連続カキコ。ウザっ!

特に戦後のことだが、「蝦夷顕彰」とでも言うべきムーヴメントが、東北
各地、特に北の3県にゆっくりと広がってきている。曰く、「我らは
『まつろわぬ(服従しない)民』蝦夷の子孫だ。我らの祖先は、強大な
大和朝廷の故なき侵略に精一杯抵抗した、誇り高き種族なのだ。自信を
持とう!」という感じ。

征夷大将軍坂上田村麻呂を相手に激烈な抵抗を繰り広げた、古代蝦夷の
軍事指導者阿弖流為(あてるい)。一時は源氏を圧倒した「奥六郡の司」
安倍一族、その勢力を受け継ぎ拡大させた清原氏及び奥州藤原氏。日本海
上に一大勢力を築いた中世安東一族。これまで教科書などではあまり触れ
られてこなかった上記の人々の歴史を顕彰し、自分たちのアイデンティ
ティの淵源をそこに置くことにより、自信と誇りを取り戻そうという訴え
は、確かに俺ら東北人にとっては非常に魅力的だ。
それに、朝廷側からの史観の押し付けを排し、ニュートラルな歴史叙述を
達成するためには、蝦夷側からの視点を確立することが大切。学問的にも、
現代に生きる我々にとっての景気付けとしても、いい起爆剤になっている
と、俺も素直に思う。


214 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:43
このような主張は明治維新ごろから目立ちはじめるが、最近の動きの直接的
なきっかけのひとつに、戦後の東北大学の高橋富雄による一連の研究がある。
彼はその東北古代史研究の中で、安倍氏の朝廷軍への強力な抵抗や奥州藤原
氏の奥羽モンロー主義の裏に、独自の統治機構の整備、いわば朝廷とは別個
の国家形成に向かう動きがあったとした(俘囚国家説)。
未開で野蛮な蝦夷を教化するために朝廷が征服したのだ、という近代西欧の
植民地論にも通じる考え方が根強く残っていたそれまでの蝦夷論に、高橋の
説は大きな転換をもたらした。蝦夷という存在が、もっとありていに言えば
奥羽=東北という地域そのものが、アカデミズムの分野において、おそらく
史上初めて肯定的な評価をされた。これが高橋克彦などの小説に影響を与え
たり、大河ドラマや演劇などに援用されたりして現在に至っている。

215 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:44
多分既に誰かが言っていると思うのだが、現代の東北人のうち、書き物を
読む機会が多く、かつ魂が熱い奴は、一度はこの「蝦夷崇拝」という熱病w
に罹患するのではないかと思う。(クールな奴は「宮沢賢治崇拝症」か、
ごく稀に「太宰治崇拝症」にかかるw)。「中央=主流文化の束縛からの
解放」「原始・素朴志向」「北方・大陸志向」などを謳い上げる、穏やか
だが芯では熱い「蝦夷の血」「蝦夷の大地」への帰属意識。

216 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:45
しかし、その「誇らかさ」を無理に押し広げ、かつそれに依存してしまう
ような行き過ぎが、ごく一部の人たちについてだが、見受けられるような
気がする。その誇らかさを保つため、過去を美化し純粋化し、現在のわれ
われが振り回しやすいように造り替えてしまい、その自分で作った旗を
翻して『中央史観』を一方的に排撃する。それを敷衍して、東北の低開発性
を「『中央』のせい」と決め付ける。
蝦夷顕彰運動そのものは俺も賛成なのだが、上に書いたような人たちの
考え方−蝦夷原理主義と呼んでもいいのではないかと思うが−は、どうも
気に喰わん。

217 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:46
批評社から出ている「蝦夷・アテルイの戦い」という本では、蝦夷の居住
地域には社会分業も階級も私有財産も部族間闘争もないユートピアwだった
ことになっている。また、複数のHPでは、蝦夷は朝廷の支配地域を侵略した
ことが一度もないと断言している。
では、『三代実録』や『藤原保則伝』に登場する「富饒酋豪」をどう解釈
するのか。また、蝦夷が朝廷に帰順するときに、「私たちの先祖はもと
良民だったのですが、蝦夷に誘拐されて蝦夷に染まってしまいました云々」
と縷々述べる決まり文句が続日本紀などに登場するが、(朝廷側の資料
だから)鵜呑みにできないまでも、蝦夷が朝廷に属する住民を誘拐したり
支配下に組み入れたりしていた可能性は否定できない。
北方海上交易を盛んに行っていた事実を誇張して、大陸の高度な文化を直接
導入していたと主張する向きもある。安倍氏の軍勢に中国風の『帥』の旗
を立ててみたり、女性たちに唐裳を着せたりという大河ドラマの演出は、
フィクションとはいえ、俺にはちとやりすぎに感じられた。


218 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:47
平泉の達谷窟の縁起を記した立て看板の中で、坂上田村麻呂を褒め称えた
部分を削除しろと怒鳴り込む人も後を絶たないという。「俺らの先祖の
英雄アテルイを破った奴を、なんでこんなに褒めるのか、中央史観だ!」、
という理由なのだそうだ。寺院の「縁起」というものが何なのか、もう
一遍勉強し直して来いと言ってやりたい。
確かに、俺もその立て看板のあまりの挑発的な(悪路王なんか悪者じゃ
ねえか、そんな奴を退治した田村麻呂を褒めて何が悪い?的なくだりが
ある)調子にはちと首を傾げたが、この地域の住民が長い間自分たちを
朝廷側の人間の子孫と信じ、田村麻呂に感謝し続けてきたのは、紛れも
ない事実。遺伝学的な血統よりも、伝承されてきた祖先への想いを重ん
じる行為に対して、誰が反対できるだろうか。
それにそもそも、俺らの先祖には、記録に残っているだけで5万人を越え
る柵戸(朝廷により東国や畿内から集められて入植させられた者)の血が
混じっている。俺らは蝦夷だけの子孫ではない。混血だ。


219 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:49
蝦夷は単なる純朴な『高貴な野蛮人』ではなかったし、逆に大和朝廷と
ためを張るほどの高度な政治体制や技術を持っていたわけでもない。
わからない点も多い、というよりわかっていることの方が少ない。
確かに勝手に絵を書く余地は沢山あるわけだが、少ない手がかりから
頑張って類推するのではなく、全く材料のない所から脳内ででっち上げた
り、何やらイデオロジカルな偏りを持たせる様子をみると、なにか含む
ところがあるんだなとしか思えない。

220 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:50
本当にごく一部ではあるのだが、これらの動きを見ていると、従来の日本
の伝統の本流と違うところに自分たちの文化の淵源を意図的に措定し、
日本という枠内での地域序列から身を引き剥がそうとする意図があるんじゃ
ないかと勘繰りたくなってくる。かつて俺自身が、クラスという小社会の
中でやったように。
「俺たち、もともとあんたらとは違うんだよね〜、だから簡単に同じ
物指しで計ってもらっても困るし、その計測の結果遅れてるとか言われて
も的外れなんだよね〜」てな理論武装をするために、蝦夷という存在を
利用してるような気がする。強烈なコンプレックスを持つがゆえに。
もっとひどいと、「日本はもともと縄文人のもので、縄文人の血の濃い
俺たちの方が本来主流だったのに、大陸や半島から来た弥生人に乗っ取ら
れたのだ」と、日本史板のアズマ厨みたいなことを言い始める。


221 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:51
さらに、それを外から煽る人々もいる。
日本が古代において中国や西洋より科学技術や政治技術が劣っていた事実
に我慢ならない人々が、東北という地域が「高度な縄文文化」や、ひどい
人になると「超古代文明の名残」を残していると思い込み、自分のルサン
チマンの解消の道具に利用したりもする。
例えば、すっかり観光地化している青森県南郷村戸来地区の「キリストの
墓」は、昭和初期に竹内巨麿(富山出身。この人の電波はなかなかすさま
じいものがある。ぐぐる価値のある人)が自説を立証するために「探し
当てた(=地元に残る『旦那の墓』伝説や風習を無理矢理繋げて、でっち
上げた)」ものにすぎない。まあこれは地元民で本気にしている奴はいない
し、よそ者が金を落としていってくれてるから、いいがw



222 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:51
コンプレックスの克服のための道具として、好きに過去の姿を変えて
しまう。これって、危険なんじゃないか。学問的な意味だけでなく。
過去を好き勝手に書き換えなんかしたら、現在にも、そして未来にも
責任を持てなくなってしまうんじゃないか。失敗しても、「直接の証拠
はないが実は成功していた」とかいくらでも言い換えができそうだしな。
これが一番、怖い。



223 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:52
一応言っておくが、歴史はあくまで学問であり、現在の世界に結びつける
ことは絶対してはならない、なんていうつもりはない。なんのために歴史
は研究されるのか、なんて大きなテーマで論じるつもりもないし。利用
できるところは利用していいと俺は思う。自分たちを害する結果にならない
限り。
実際、素直に蝦夷周辺の研究成果を詳細に見ると、下手な妄想よりずっと
エキサイティングだ。こっちを真似した方がはるかにましじゃないだろう
か。例えば続日本紀に登場する「鉄利人(渤海国内に居住していた民族
らしい)1,100人の出羽への亡命未遂」にあやかって、ロシアの沿海州や
中国吉林省と小学生の体験交換留学するとか。
舞草太刀(岩手県一関市で平安期に作られた。日本刀のルーツのひとつ)に
ちなんで、先端的な金属加工技術を持つ中小企業を育成・誘致するとか
(ベタな発想しかできずスマソ)。まあ、ロマンチストにはやや訴求力がない
かもしれないがなw

224 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/25 20:53
以上長々と綴って来た事柄の大前提として、東北人の抱える巨大なコンプ
レックスがあるのだが、これについては書きたいことがさらに沢山あるので、
こま切れにしてまた後日。

(蛇足。高橋富雄の「俘囚国家説」については、遠藤巌などによって反論が
なされつつある。遠藤の説では、安倍氏、清原氏、奥州藤原氏はともに
朝廷が俘囚(朝廷に従う蝦夷)を統治する上での機関であり、一定の独立
性はあったが、権力の正当性は朝廷側から与えられたものとしている。)

あー、すっきりしたーーー



225 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/08/25 23:12
長文お疲れさまです。

どう見ても異民族にしか見えないアイヌの古老の顔をリアルで見ると
自分が日本人以外の何者でもないといやでも思わされますけどねぇ。
蝦夷の末裔を自称する人たちはそういう人と会ったこと無いんですかねぇ。

226 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/26 01:18
>225
ないんじゃないですかねえ。仮にあったとしても、形態人類学的な厳密さ
を持った人たちじゃないですし、観念的な「祖宗」を求めているだけで
しょうから、気にしないんじゃないでしょうか。
昔、中曽根元首相がアイヌの人たちについて失言をして、その弁解の席で
「私にもアイヌの血が流れていると思う。顔が似てる」とか言っちゃって
さらにアイヌの人の憤激を買ったことがありましたね。
エゾの子孫と規定できる人って、現在「日本人」として自己認識している
人の中にはほとんどいないような。

まあ、エゾじゃなくてエミシの末裔となら、沖縄の人以外誰でも名乗れる
んですけどね。東日本・西日本にも俘囚数千人が強制=矯正移住させられて
いますから、一滴ぐらいはエミシの血が混じっててもおかしくないw
俺自身も、かつて郡設置前は「蝦夷村」だった場所の住人なので、まあ
エミシの末裔という意識はあったりします。もちろん、重度の混血として。

227 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/26 01:27
今日明日は盆休みの代休をとっております。今日は健康再再診断の結果報告。
心臓には異常なしとのこと。ホッ。
ただ、コレステロールがまだ高いので、食事療法を続けるようにとお達しが。
ああ、まだしばらくえびもイカもいくらも豚肉も、お預けかよ・・・
帰りに寄ったスーパーで、『秋田美人のビール』という地ビールを発見。
なんでも、ホップに含まれるポリフェノールを抽出し残存させているのだと
か。今飲んでいるが、まてよ俺が美人になってどうする。自分でなるより
美人を見つけろよな!いや美人でなくてもいいけど。それに俺が美人になれ
るわけないよな。なんだか複雑骨折のレスですね。

明日は買い物がてら、独りで出かけてきます。

228 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/27 01:52
まあ買い物といっても、酒とCDと本なわけですが。
エビスのショート缶2ダース、刈穂吟醸「六舟」一本、地鶏燻製、マカダミアン
ナッツ、「カルチュラル・スタディーズ入門」(上野俊哉/毛利嘉孝、ちくま新書)、
"Caribbean Music Roots"(コンピレーション、オフィス・サンビーニャ)を仕入れ、高速
をタラタラ走って戻ってきました。

カリビアン・ミュージック・ルーツには、スリナムのポップスも収録されていた。
リズムはカリプソみたいな「ズータズッタッ、ズッタカズタズタ」。それに
ホーンとエレキギターが絡むのだが、ホーンはラテンぽいパンチの効いた
もの、ギターとボーカルは非常にアフリカ的。それも現代コンゴのポップス・
リンガラポップ(ルンバ・コンゴレとも言う。今はこっちの言い方の方が
メジャーか)に似ている。似ているというより、直接的な影響を受けている
としか思えない酷似ぶり。曲の構成も、ボーカルパート→ダンスパート1→
ダンスパート2→コーダという、リンガラのそれと全く同じ。
どういうことだ?コンゴ人の出稼ぎ者が来ているのか?それともリンガラの
CDが(新大陸では例外的に)出回っているのか?謎だが、曲そのものが底
抜けに楽しいので、まあよしとしよう。

229 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/27 02:14
自分あるいは自社の情報は、初めに開示しきった方がいいか、それとも少し
謎の部分?を残した方がいいのか

これまでは、時々していた営業やプライベートで初対面の人に対して、聞か
れなくてもこっちの情報を一方的に話してしまうことが多かったが、それ
じゃいかんのではないかと今更ながら考えた。
というのは、いや2ちゃんでの話なんだが、ある板の質問スレに、回答に
なると思われるHPと関連HPのアドレスを貼ったところ、感謝のレスが付いた
のはいいんだが、その後スレの伸びが止まったことがあった。
スレの寿命を早めないためには、全面的な回答ではなく(それもHP貼りで
なく)、核心部分のみを短く、スレに直接書き込むべきだったのかなと
思ったんだよねえ。


230 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/27 02:15
営業でも一緒じゃないのか。うちの会社ではこんなこともあんなことも
してます、とまくし立てるのではなく、「まあこんな会社です」で止めて
おけば、「じゃあうちら今こんなことしようと思ってるんだが、あんたの
会社なんか手伝えるか?」と質問を誘い出せるのではないか。または、共同
作業の中で全て手の内をさらけ出さず、「こいつらやらせればまだまだ
できるな」と思わせておく。こういう小技が必要な気がしてきた。
個人としても、そうだ。聞かれもしないのに趣味とかつい話してしまいがち
になるが、少し自重した方が、興味を持続してもらえるのかもね。
うーん、なんか考え方が受身だろうか?

231 : :03/08/27 12:41


232 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/08/31 23:34
>166で触れたカモの巣だが、今日作業中に久し振りに通りかかった。
いつものように親鳥が逃げていかないので、不思議に思って覗き込んでみる
と、5つあった卵のうち3つは孵らないまま割れ、あとは赤い亡骸が1体、
巣の底にへばり付いていた。残る1体は、見つけられなかった。
何があったのか。親鳥が鳶か隼に襲われたのか。俺ら人間が引っ切り無しに
うろつくので、育児放棄してしまったのか。
俺にも責任があるのではないか。唸りを上げる機械を背負い、何度も巣の上を
またいで歩き回ったし。心が晴れません。

233 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/02 01:33
9月。

深夜作業中に、青い細いバッタが目の前をとことこと通り過ぎていく。
バッタなら跳ねろよ、と思ってるこっちの心を見透かしてか、立ち止まって
首を左右にくいくいと振ったりする。
かわいいと思って眺めていたら、60をとっくに過ぎた親父が、「バッタって
かわいいよな」とぼそりと呟いた。

お袋が呆れたように、「余裕だなあんたらは」。

234 :こまち ◆GvDMAKOCHI :03/09/05 17:41
私は黄土色の大地を歩いていた
背後では巨大な摩天楼郡が轟音を轟かせていた
前方に見える海は着色料を大量にばら撒かれて不自然な青緑色をしていた
小船に乗って海上都市を目指した
都市に近づくに連れて強烈な腐敗臭が漂ってきた
私は海面に嘔吐した
煙が立ち昇った
強酸性の海だ

235 :混沌 ◆1QgSQHwDb2 :03/09/05 22:26
秘密は秘密のために秘密であり
そして絶望はいつまでも絶望であり
言葉は死んでいる

決して起きあがることもなければ
横になることもないそれは
どこにでもある絶望の表現

だからなんだというのだそれは

いつも答えることのできない身に甘んじるばかりで

詩は死を贖うこともできはしない
絶望を語るのは
絶望だからではないのか

言葉はもう力を失った
詩は表現するものを何も持たない

それはもう絶望さえも表現しない

だからそれはもう
知らないふりをして通りすがる

偽善者の道を踏みしめるだけしか
することがないのだ

236 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/09/07 00:19
音浪どうしたんだろ

237 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/07 00:29
>236
      下
   居作ノ
音  リ業
    マ場
浪  スニ

238 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/07 02:24
>234
その海上都市には、独自の閉鎖的生態系が発達しているのでしょうか。
それとも?続きキボンヌ

>235
ことばは、詩は、表現するあるいは伝えるだけのものではないような。
場をこしらえるもの、立ち昇るもの、眼を眩ますものw
俺を、人々を、この世界を、眩まし続け、騙し続け、健忘症にし続けて
欲しいです、ことばには、そして、詩には。
ことばは、本質とともに存在するのではなく、本質と計測不可能なくらい
密着して、しかし無限過去から無縁未来まで決して交わることなく、
自分の意思を持って、気が向いたら本質をナンパしたり締め上げたり
してるんじゃないか。
絶望をことばで掬い上げるのは、どうなんだろう、ことばが嫌がって言う
ことを聞いてくれなさそうだ。無理かも。でも、ベタベタした黒い苦悩の泥
の中で、浅い所を探すための精神的余裕を貸し与えるぐらいのことは、
ことばもやってくれるんじゃないかなと、甘チャンながら思っています。

239 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/07 02:31
上の文章、わっかりづれーw
スマンね。なんか感覚的に書いてしまいました。
ただひとつ、まだ俺はことばにかなりの力が残ってると思ってるだけです。
巧く飼いならせば、いろんなことをしてくれそうだ、というか。

いやもうね、「哲学の最前線」も「カルチュラル・スタディーズ入門」も「ヴァルド派の
谷へ」も、積読リスト入りしそうな悪寒。ちょっと彼岸が過ぎるまではね・・・

それにしても、>234のHNが気になる。
まさかリアルの知り合いじゃないだろうな・・・自意識過剰と笑われそうだがw

240 : :03/09/07 11:03


241 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/08 01:16
ピーマンと「ジャコ高菜ふりかけ」をごま油で炒め、醤油と七味で味付け。
カリカリしたジャコが美味いが、冷めるとジャコがしけって生臭くなるので、
ちょっとづつ作って熱い内に喰うのがコツだ。

かまぼこさんは新スレ立てないんだろうか。結構楽しみにしてたのだが。
って、聞き流して下さいw
では、おやすみなさい。

242 : :03/09/09 22:51


243 : :03/09/10 09:32


244 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/13 01:29
車で通勤途中、会社で懸案がなければFMを聴きながら運転しているのだが、
今日に限ってNHK-FMをかけたところ、朝っぱらから『鳥の歌』と『レクイエム』
(モーツァルトの奴)を聴かされてしまった。
いやNHKは悪くない。何も悪くないよ。ダイアルを変えない俺が悪いのだ。それ
はそうなんだが・・・

一日の始まり、それも金曜日の朝っぱらから、レクイエム聴きたい奴って、そんな
に多いんかいな。
それとも、2年前のテロを意識した選曲だったのだろうか。

245 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/14 02:49
今日が夜間作業のピークかな。
少し仮眠して、また頑張るぞ。
ちょっと台風でうちのリアルお花畑が傷んだようだが、まあ大勢には影響なさ
そうだしな。

作業の合間には、図書館から借りてきている『奥羽永慶軍記』を斜め読み。
こういう読み易いのに引き寄せられるな、バタバタしてるときは。

246 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/16 01:49
よし、大体片付いたか。
10月上旬の第3次出荷時期まで、しばらく寝まくるぞ。
寝貯めしたら、本読む。CD聞く。

10月3〜4日、再び上京。何か面白いライブか展示してないか、探してみよう。
では、おやすみなさい。

247 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 02:51
こんな俺でも、秋はおセンチになったりする。
涼しいのを通り越して寒く感じるので、膝掛けを出してきた。この膝掛け、
もう20年近く使っているが、これを見て、高校時代の下宿の窓から見える
暗い夜の川と、その向こう岸遠くに浮かび上がる国道沿いのパチンコ屋の
ネオンを不意に思い出してしまった。
恐らく一般的な基準に照らすと、驚くほど単調で出来事のない、平板なもの
だったということになるかと思う、高校時代。確かに個々の出来事より、
風景や空気の匂い、友人たちの顔、そいつらとの語らい、ある欠如の感覚が
渾然一体となって立ち現れる。精神的なある色彩、ある深さで漂っている
「状態」そのものが思い浮かぶ。
でも、その状態そのものが、たまらなくいとおしい。陳腐な表現で言うと、
切ない、とでもなるのか。

248 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 02:53
夏が終わる切なさ、というのよりも、秋であることそのものが、切ないような
気がする。なぜなら、俺にはまだ夏が来ていないからなw 
いや、そもそも来るのか?来るかなんて人任せなこと言ってていいのか?
と独り突っ込み。

249 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 02:54
高校生が親元を離れて悪いことしないわけがない、と思うかもしれないが、
飲酒は地域柄仕方ないので除くと、特に何もしなかった。では何をしていた
かというと、夕方5時までは学校の図書館の中にある狭い司書室で友人たち
とひたすらダベリまくり。それが終わると、下宿の裏から林を抜けて川辺に
出、ぼーっと川面を眺めるのが日課だった。
級友達が恋だ部活だバイトだと青春をエンジョイ(死語?)してる間に、
俺はただの動く水を眺めていたわけだ。そらー何も起きるわけはないわな。
でも、ほのぼのと楽しかった。司書室の連中とは今も付き合いがある。
男も女も、いまだ独身が多いのは、何だかなあw


250 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 03:02
下宿したのは、11月から3月いっぱいまでだけだったが。
俺と同じような冬だけ下宿人が結構いて、横のつながりは希薄だったが、
妙な連帯感はあった。
下宿をラブホ替わりに貸してる奴もいたが、それだけは真似できなかった。

251 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 23:25
アルヴォ・ペルト『アルボス』を聴いている。
ペルトはエストニア出身の現代音楽作曲家。80年に西側に亡命し、86年ごろ
からその作品群が紹介され出したが、その当時といえばご存知ポストモダン
ブーム。彼の音楽も様々な付会・解釈・修辞で埋め尽くされ、そのせいか飽き
られるのも早かったようだ。
しかし、この人の曲の、現代音楽とは思えない(ルネサンス以前の教会音楽
を思わせる)暗く澄んだ音階、控え目に繰り返される旋律、原初的な情感の
発露は、俺から見ればまだまだ魅力的だ。記号として消費されるだけじゃ
もったいない、土臭さと根をもった音楽。
人にではなく、川に向けて、地の底に向けて、あるいは宇宙に向けて歌われる歌。

「私達はバビロンの河のほとりに座し、涙した」は、旧約聖書詩篇第137篇
から標題を採っている。しかし、オルガンの伴奏で、ヴォーカリーズでうた
われる。嘆きや呪詛を思わせるうねりが、不意に途切れ、唐突に終曲。

252 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 23:26
詩篇第137篇を題材にした曲は多いと思うが、ペルトのこの曲と同じぐらい
好きな曲がある。ジャマイカ映画The Harder They Comeのサントラに出て
くる”The Rivers of Babylon”。
こちらは詩がついていて、アレンジされてはいるが、前半は大体詩篇に沿って
いる。

 バビロンの河のほとりで、俺達は座っていた。シオンの丘を思って。
 悪い奴らが俺達を汚れた地に連れてきて、歌を歌えという。こんな
 奇妙な土地で、どうやって主の歌を歌えというんだい?

新バビロニア王国(カルデア王国)によってバビロンに強制移住させられた
ユダヤ人の、いわば恨み節。ペルトの曲だと、もう地の底まで絶望でめり
込んで行きそうだが、ザ・メロディアンズはそうはいかない。
後半の歌詞は、祈りと呪詛の続く詩篇とは全く別になっている。

253 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 23:27
 声に出して歌え。自由を歌え、兄弟よ。自由を歌え、姉妹よ。俺達は
 歌い、叫ぶだろう。俺達は話し、叫ぶだろう。今、自由の歌を叫べ。
 俺達の口に上った言葉、そして心の瞑想、俺の上に注ぐ神の視座を受け
 入れることができるよう。

ひどい訳文だが。映画の主人公アイヴァンは、結局は保安官に追い詰められて
死ぬのだが、自分の置かれた状況を克服し、あるいは巧くすり抜けて、太陽の
下で生きようとする気持ちが、上の歌に焼き付けられているような気がする。

どちらの歌も、自分の置かれた状態をいったん認めながら、それに甘んじず、
異議を申し立てる。全世界に対して。だから暗い曲調でも能天気な歌声でも、
清々しい気分になる。

254 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/21 23:38
うわっ訂正

×”The Rivers of Babylon”
○”Rivers of Babylon”

ちなみに同じサントラに入っている”Many Rivers To Cross”は車(スバル
レガシー)のCMに使われていたので、聴いたことのある人もいるかも。

255 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/09/22 03:22
How many miles to Babylon?
Three score miles and ten.
Can I get there by candle-light?
Yes, and back again.
If your heels are nimble and light,
You may get there by candle-light.

マザーグース(ナーサリーライム)より。。。

ここでのバビロンは、「バビロニアの首都」以外に
「Babyland」からきてる説もある、というのを
昔読んだのを思い出した。。。

256 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/23 08:59
>255
このうたの「意味」を求めてじたばたしてしまいそうになるが、マザーグース
の歌に「意味」を求めるのは野暮とも思うので、ひとまず落ち着く。
しかし、バビロンとベイビーランドを掛けているとすると、歌舞伎町と幼稚園
ぐらい違うイメージのことばを掛けた意図ってどういうのかねえ。


257 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/23 09:00
バビロンというと聖書によってすっかり「悪徳都市」みたいなイメージを植え
つけられているが、本来babylonとは「神の門」を意味するアッカド語が語源。
様々な民族が入り混じり、商人や使節の行き交う、「世界都市」といっていい街。
紀元前19世紀にこの街が全バビロニアの首都となる以前から、道路はレンガで
舗装され、住民は税の申告に頭を悩まし、仕事帰りには行きつけの飲み屋で
ビールをかっくらい、「うめー!やっぱビール飲んでるときが一番楽しー!」
と叫び、叫ぶだけじゃなく粘土板にまで記録する(ちょっと嘘。その粘土板は
さらに1000年ぐらい古い都市から出土)など、現代人から見てもそこそこ快適
な生活を送っていた。
その後何度も破壊されるがその度に蘇り、前8世紀のバビロン捕囚の頃は都市
としての最盛期といっていいと思う。飛ぶ鳥を落とす勢いのカルデア王国の
首都として市民もかなり天狗になってただろうから、ユダヤ人が僻むのはまあ
しょうがない。


258 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/23 09:01
やがてカルデアもペルシアに滅ぼされ、ユダヤ人が故郷に帰った(一部は残留
したという説もある)頃から、バビロンはゆっくりとその繁栄を失っていく。
アレクサンドロスの時代に彼の王国の首都となったのが最後の輝きで、結局
細く長く生き続けたユダヤ人の都・エルサレムよりずっと短命に終わってし
まった。
ただ、バビロン市民自体は、ユーフラテス川の流路変更と権力者の都市建設に
合わせてセレウキア、クテシフォン、バグダッドと移住を繰り返たと思われる
ので、今でもバグダッド市民の中に末裔が多く潜んでるんじゃないかと。
街は死んでも、人は看板を代えて生き残る。
バグダッド市民には奮起してもらって、かつての栄華を取り戻し、ただ傲慢さ
は捨て去って、諸民族・諸宗教に寛容な都として栄えていかれるよう祈念申し
上げて、私の挨拶に代えさせていただきますw


259 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/23 09:14
>老猿さん
「哲学の最前線」読んでますが、対話篇にしたメリットが、確かによく分か
らんですね。
完全な理解というものが有り得ず、解釈学的循環によって「まあこの辺までの
理解とするか」と自ら踏ん切りを付けるしかない、という行り、納得できます。
ただ、デイビッドソンのいう、「共通見解がないと相互理解がそもそもでき
ない論」については、もう少し他の人の意見を追いながら見て行きたい。
彼のいう共通見解というのがあまりにベイシックなもの過ぎて、ちょっと戸惑い
を感じるんだよね。
いやはや、面白い本を紹介してもらい、感謝です。

260 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/24 23:31

秋のリズム

ttp://members.jcom.home.ne.jp/pistol_beach_sandal/jakuson%20porokku.htm


もはや古典だが、色褪せない名作かと。いや、色褪せた名作か。秋だし。

261 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/25 00:09
>226 訂正
×エゾの子孫と規定できる人って、現在「日本人」として自己認識している
 人の中にはほとんどいないような。
○16世紀中葉以降の意味での「エゾ」の子孫と規定できる人って、現在「日本
 人」として自己認識している人の中にはほとんどいないような。

>258 訂正
×ユーフラテス川
○ティグリス川

飲み過ぎた今日は早く寝る。遠くから聴こえる水稲乾燥機の唸りを聞きながら、
おやすみなさい。

262 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/26 01:25
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1037698030/366

これに氏ぬほどワロタ。ここまで凝られると、もうねえ。
実はこのスレにはいくつか書き込んでいるが、366を越えることはできんね正直。

最近HP貼りばかりでゴメンナサイ。また長いのを書き始めてるので・・・
では、おやすみなさい。

263 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/09/26 09:17
>>259
面白いといって頂いて恐縮です。

この著者、なぜか小説仕立てが好きなようですね。
内容は悪くないんですが...

264 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:23
『哲学の最前線』を読み終えた。
最後の方に出てきた「とりあえずの連帯志向」、いいね。共に生きたい、ある
いはともに何かを成し遂げたいと思う者同士で、意見交換を行いながら共通の
土台を構築していく世界。ドグマの闘争からも万人同士の闘争からも身を遠ざ
けて、手間はかかるがみんなが納得のいく人間関係の網の目≒社会を作れる。
ただその場合、みんなが「人の話を聞く耳」と「譲歩の用意」を持っていない
と、成立しづらい形態だとも思う。相手と共に生きたいという動機付けがない
と、自分の思想をある程度犠牲にする気持ちにならないんじゃないだろうか。

265 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:25
極端な例になるが、「異教徒は殺してやった方がそいつの魂が救われる。異教徒
殺害は善行である」と信じるカルト教団vs「異教徒に殺されれば、殉教という
ことになって天国に行ける。無抵抗で殺されよう!」と信じる別のカルト教団
という構図ができた場合。そもそもコミュニケーションが発生しなさそうだし、
できたとしてもすり合わせはできないだろう。双方の教義の凸凹が妙にぴったり
合って、相補的な関係になっているから。

第3者がおせっかいを焼いて、双方の教義を変えない限り、後者の教団は全滅
するだろう。
※全滅することが後者の教団の望みであったとして、第3者がなぜ全滅を止め
 ようとするのか、という問いはこの際置いておく。また、すり合わせは利益
 を餌にして行えばいいという意見は却下。利益の概念は今回の考察に初めから
 含まれていない。


266 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:26
両者の教義の一定の部分を変更させるには、双方を納得させることのできる
理屈が必要であり、かつその理屈は、何らかの偽でもいいが、一定の権威で
裏付けられていなければならないのではないか。
前者の教団には、「殺人というのは、相手が何教徒であっても罪だ。このこと
は普遍的真理である」と、嘘でもいいから強弁して納得させる。後者にも、
「黙って殺されるというのは、相手に罪を犯させることになり、あんたも罪の
片棒担ぎということになる。これは『普遍』的真理」と押し付ける。
こういう押し付けって、最小限は必要なんではないか。そしてその際の強弁
の道具として、自分では信じてなくても、「『普遍』的真理」(絶対的真理
とまでは言わなくとも)と言い張ることが有効なような気がする。

267 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:27
この場合の方便としての「『普遍』的真理」の設定法方については、例えば
よその地域でのすり合わせの結果を援用するとか、当該地域での昔の慣習を
参考にするとかになるのかな。
押し付けはよくないとは言うものの、押し付けがないとまとまらないケースも
出て来るだろう。その際のガイドラインについても検討すべきなんじゃない
のかなと。

哲学ではそこまで考えなくてもいい、そっちの話しは社会学や政治学にまか
せればいいのだ、と言われれば返す言葉がないが。


268 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:29
>260に関連して。
ジャクソン・ポロックのアクション・ペインティングを見ると、楽しそう、
と思ってしまう。何がって、製作の情景を思い浮かべて。幼稚園児の発想だ
と、よく言われるがなw
何色の絵の具を選ぶか、どの様に垂らすか、それが偶然の結果どのように
変容し、そんな視覚的効果をもたらすか。そういう思考あるいは思考以前の
衝動が、頭と手の中を動き回る。ある「造形」を形作るためではなく、ある
空間を埋めるために、そしてそこにある「状況」を発生させるために。

269 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:30
何も考えずに絵の具を垂らし始め、垂らしてるうちになんとなく方向性が
出来上がってきたりもするかも。「おお、何だか秋っぽい配色配置になって
きたなあ」とか。それに乗るのもよし、あえてその方向性を壊そうとショッ
キングピンクや群青をぶちまけてみたりするのも面白そうだ。

ポロック自身がそう考えて製作していたのかどうかは知らない。俺がそう
勝手に思い、ワクワクしてるだけ。ポロックは、もっと哲学的な、あるいは
深遠なものを思いながら描いていたのかもしれない。あるいは、「こんなん
でどうよ?」的なシニカルさを持って描いていてたのかもしれない。だい
たい彼の作品には「抽象表現主義」なんていうこわもての看板がついている。
ロスコ(この人の作品も好きだ)なんかと同じ括り。
でもまあ、こちとら観客だし、好きに見せてもらいましょうか。

270 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:31
・・・そういう製作者側の立場への思い入れを一切捨て、純粋にポロックを
「絵画」として見てみろ、と言われたとしたら、色づかいを味わうことに集中
することにすると思う。クレーやモンドリアンなどと同じく。
焦げ茶の下をかいくぐって純白がのたうっている。黄土色が斜めに走っている。
それが相互に作用して響き、和音となってこちらの体に絡み付く。こっちも
だんだん染め上げられてくるような気分になる。
なので、もし今後彼の作品の前に再び立つことがあれば、可能な限り接近して
染まろうとする、不審な客になることだろう。
あの絵を見ても、混沌はあまり感じない。絵の具の飛び散りやかすれに、まざ
まざと「人の息づかい」を感じるので、やっぱり俺にはどうしても、「人」の
影を払拭して見ることができない。


271 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:33
対峙し、対話するよろこびはあまりないかも。しかし、状況に見る者を巻き
込んでしまうような、いたずらっぽい楽しみがあるような気がする。ポロック
には。

272 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/28 04:37
北海道の皆さん、お見舞い申し上げます。
かつて東方沖と南西沖を俺も体験しましたが、本当に短いスパンで地震が起き過ぎ
ですね。
1日も早く地震から立ち直られますよう。また、これから寒くなりますので、くれ
ぐれもご自愛下さい。


273 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/09/28 10:53
そうそう、ポロックは「???」だけど、
クレーやモンドリアンはすきすき〜。。。

274 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/09/28 22:22
ポロックは結構好きです。
講談社の出した画集まで買っちゃったという...
なんか描いてて楽しいんだろうな、という感じがするもんですから。

同じ講談社のシリーズのロスコも実は持ってます。
こっちは妻の趣味ですが。

275 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/09/28 22:28
地震はこの辺は被害が無かったんですが
出光の製油所の火災がなぁ...

ふつうあれだけ老朽化した施設で火事が頻発すれば製油所全体を
止めるんでしょうけど、そうすると北海道の石油供給に与える影響が
大きすぎるので止められないんだろうなぁ...

276 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/09/29 18:36
バグルズかよ!

…時間差でこっちにツッコミ入れてみました あの曲しか知らないけど
サビを聴くと今だにワクワクします キラキラした感じで
皆さん博識で 話題についていけてないんですが…勉強になります
又 こっそり覗かせていただきます

277 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/29 22:27
>275
出光って苫東にあるのかと思っていたんですが、市街地の真向かいだったとは!
しかも過去何度も事故を起こしていたとは・・・
苫東はがら空きでしょうから、移ってもらうわけにはいかないんでしょうか。

>276
こんばんは。
バグルズの曲は、俺もあの曲しか知りませんw
でも、結構衝撃的な曲でしたよね。キモカワイイというか・・・
他の人はともかく、俺も話題についていくのはいっぱいいっぱいです。最近
前振りして人に話題を出してもらう技を覚えつつあります。
コソーリと、あるいは最前面に押し出る勢いで、お好みでまた登場下さい。

278 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/09/29 22:41
出光の製油所は港のど真ん中です...
そんなところでここ4年間に5回目の火事ですからね。
我々一般の石油販売業者だったらとっくに営業停止になってますよ。
阪神大震災でも製油所はおろか、スタンドですら火事は起きていないように
石油関連施設は必要以上に防火対策には神経質なのが普通ですから。

今の借金まみれの出光では移転するような余力は無いでしょう。
製油所自体が廃止になる可能性もあると思います。

279 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/09/29 23:26
製油所が存在し続ければ火災の危険、廃止になれば失業と金の動きの停滞・・・
むぅ、どうすれば・・・

と打っているうちに震度3の地震とテロップが。
だ、大丈夫ですか?

280 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/09/30 09:34
北海道には製油所は二つあるので出光が無くなっても
とりあえず石油の供給に不安はありませんが
苫小牧の受けるダメージは大きいでしょうね。
今回の火事で港が封鎖されて、そのダメージも相当のものですが...

こちらは地震は大丈夫ですが、今回の製油所事故で石油臭が札幌あたりまで
広がっているらしく、ガス漏れと勘違いしたお客さんからの電話で
札幌のガス業者は大変だそうです。
問い合わせ電話のほとんどが石油臭の間違いなんだろうけど
地震直後ということもあり、本当のガス漏れの可能性も捨てきれないため
お客さんを一軒一軒点検して回ってるそうで...
昨日お会いした札幌のガス業者さんは
仕事にならないし、出光もそこまで補償してくれないしと嘆いてました。

281 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/01 00:44
札幌まで臭うって、50kmぐらいありましたよね?
皆さんお疲れさまでございます・・・
老猿さんも大変だと思います。倒れないで下さいね。

うちは、今日から稲刈りです。9月15日に発表されたこの地域の作況指数は96
でしたが、既に刈り取りにかかってる人によると、平年作より1割程度減収
とのこと。食糧庁、見通し甘すぎるんじゃゴルァ!
青森や岩手は7割程度の収穫のようです。消費者のみなさんにもご迷惑をお
掛けいたしますが、何卒ご容赦下さい。かつ、本場あきたこまちをよろしく・・・
コシヒカリよりヤスイヨー デモウマイヨー コストパフォーマンスサイコー!!

・・・失礼しました。


282 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/10/01 08:59
うちの近辺でも米の収穫は7割くらいなのかなぁ...

この辺の農家では刈り取った米を乾燥させる暖房に灯油を使うんですが
その灯油の使う量がだいたい例年の7割くらいにとどまっています。
やっぱり収穫量がそれくらいなんですかねぇ。

283 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/01 23:33
もう、稲刈りはかどるはかどる・・・稲穂がスカスカで・・・

1割減どころじゃなさそう。目測2割減、かな。
明後日あたり籾摺りすれば正確なところが判明すると思う。
もう白波かっくらってふて寝します。

>老猿さん
ちなみに、全国の作況指数はここの7ページ目以降に出てます。
胆振は71ですね。
ttp://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/sakutsuke-suitou2003/sakutsuke-suitou2003.pdf

284 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/01 23:37
イライラして、会社からの問い合わせ電話に当り散らしてしまった。
いかんなあ。俺の留守を守ってくれてる人に対してこんなんじゃ。俺、人間が
小せえなあ。

何があっても動じない人に、憧れ、かつ俺もそうなるんだと信じていた筈だった
んだが・・・

おやすみなさい。

285 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/10/01 23:43
>>283
これは作況指数が一目でわかって便利ですね。
ちなみにうちは上川です、作況指数は84です...

286 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/06 00:21
暑い東京から帰って来ました・・・

CD4枚と国立博物館、初台のオペラシティのギャラリー、お台場の工作船などを
駆け足で回ってきた。
いや、行くまで展示してるのを知らなかったんだが、長谷川等伯の『松林図屏風』
を見ることができた!正直、日本のあらゆる美術品の中で一番好きな作品なので、
感激もひとしお・・・とは行かなかったのだが、その辺はまた後日。
Alia Mvsica "Puerta de Veluntad"(11世紀アンダルスのユダヤ人の声楽・器楽
曲集)を聴きながら、おやすみ。

287 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/07 00:47
で、長谷川等伯の『松林図屏風』について。
上野の国立博物館に「アレクサンドロス大王と東西文明の交流展」を見に
行ったところ、本館で公開していることを知り、交流展そっちのけで本館に。
桃山時代室の奥を仕切って小部屋にし(あるいはもともと小部屋だったの
か?)、その壁のうち一面をすべて使って展示していた。
どんな図だっけ?という人はこれをご覧あれ。美術の教科書や資料集で
見たことある人は多いのではないかな。本物は一双を横に並べると幅10
m近い大きさ。
ttp://www.tnm.jp/doc/Guide/Dyn/eret/eret136.html


288 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/07 00:48
会場では、屏風以外に照明を一切当てず、暗闇の中でぼうっと浮き出して見える
ような仕掛け。反対側の壁近く、屏風全体を見渡せるぐらい離れた位置にソファ
がおかれている。この演出は成功だったと思う。
霧を表す余白の部分が柔らかく輝き、ゆったり動いているような錯覚に囚われる。
切れ切れに、しかし揺るがずに息づく松の存在が際立つ。
どっちが主でどっちが客なのかわからないし、そもそもそういう区分が意味を
成さないような、しかし融けあってはおらずに主客それぞれがどこかには間違い
なく存在している感覚。
抽象画とも、具象画の極北とも思えるこの墨絵を、そこそこ堪能はしたものの、
・・・十分だったという実感はない。残念ながら。

289 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/07 00:49
この図とは、1対1で対峙したかった。できれば無音に近い部屋で、30分ぐらい
使って。無理なのは重々承知なのだが。
この図の世界に没入し、その世界を巡り、微かな松籟に耳を傾け、その世界を
貫いて流れる大きなものと向き合いたい。それだけのことをしないと、この作品
を味わいつくすことにはならないのではないか、と大げさかもしれないが思う。

天気のいい日曜日の10時過ぎ、離れて見ている俺の前に腕組みをした黒いシル
エットがつねに5〜10体。ソファは座る順番待ち。若い人にも大人気のよう
でした、この図(皮肉)。
白黒コピーでいいから、誰か実物大のレプリカ作ってくれ。対価はあきたこまち
1年分ぐらいなら出せるぞ!

290 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/07 00:50
この屏風を見たせいで、その後に見た東西文明の交流展の印象がかなり薄くなっ
てしまったが、そっちも丁寧な解説入りで結構楽しめた。
『眠るヘルマフロディテ』の生々しい(何がどう生々しいのかについては、
「ヘルマフロディトス」でぐぐればわかるかも)彫像がどうしても頭から離れ
ないのだがw

もう一つ、東京オペラシティのギャラリーで開催していた”Girl!Girl!Girl!
展”は、グループ展だけあって気に入ったのと入らんのがあったが、横浜トリエン
ナーレ以来注目しているイチハラヒロコは今回物量で勝負?で見ごたえがあった
し、タニシKのディーヴァ航空プロジェクトでは、さくっとロゴマークに応募?
してきた。迷路にキリル文字が書かれた紙が貼られていたら、それは俺が書いた
奴かも。
ttp://www.operacity.jp/ag/exh43.html

291 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/07 00:53
その前日に数人で訪れた、お台場の北朝鮮工作船。ロシア製エンジンとスクリュー
が3つ、時速60km以上で海上を走れる。内部に積まれていた高速船にもボルボの
エンジンと3つのスクリュー、時速なんと90km超。
必要以上に対外敵愾心を煽るつもりはないが、こういう継ぎはぎ細工で高性能の
ものを作る技術力と「意志の力」が、敵として向かってきているという事実に
圧倒される。
殺伐とした錆色の船体の彼方にはのどかなお台場の風景、眼を転じれば汐留や
品川の真新しいビル群。この取り合わせがなかなかシュールだ。

しかし、工作船より長谷川等伯の印象の方が強いってのも、どうなのかねえ。
ちと自問自答・・・

CDについては、また後で。

292 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/10/07 22:26
>>290
眠るヘルマフロディテ…澁澤龍彦氏の名が浮かびました。
「裸婦の中の裸婦」で取り上げられていましたね。
ロートレアモンも題材にしてたかな 生々しい…確かにw
不思議と どことなくユーモアも感じられたりしますね。

美術館って、中々ゆっくり作品を「味わう」感じになりにくいですね。
人気のある展示品だと余計に。
でも実際の作品の大きさとか勢いを生で見られたのは羨ましい限りです。

293 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :03/10/07 23:04
>>287
松林図屏風、見に行きました。何年か前の国宝展だかなんだかで。
いろいろあって個人的に思い入れのある絵で
ほとんどそれを見に行ったと言ってもいいくらいだったのですが、
私の場合もやはり「鑑賞した」という気にはなれませんでした。

んで、悔しいのでミニチュア松林図屏風みたいなのを買いまして
今でも寝る前に机の前に立てたりして一人で悦に浸ってます。
実物大でないにしても、やはりなんとなくいいもんです。

>>290
この手の現代美術展(って言う言い方が正しいのかわかりませんが)は
彼女と一緒に楽しむのが夢だったりするんですがw
今のツレはなかなかそういうのに興味のない人なのでちょっと寂しいです。

294 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/08 01:17
>292 さん
写真や図録は、やはり実物の影でしかないんだなあと思いました。特に今回は。
繰り返しになりますが、『松林図』の無彩の領域の豊かさが、全然違ったように
思います。偉そうですねスマソ。
美術館も、地方ではもう少し空いていてゆっくり見れたりするんですが。福岡
市美術館ではロスコの前に20分以上留まっても誰も来なかったことがあります。

ユーモア・・・いわれて見れば!ただ、あの大理石の艶が目の前にある状態では、
そこまで感じる余裕がなかったw

295 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/08 01:26
>~-v('A`) さん
ミニチュア屏風、売っているんですか!ど、どこで買ったんですか!

ここ30年ほどの現代美術は観客参加型が多いし、あまり小難しくないのが多いの
で、むしろ美術に興味のない人に見てほしいと、俺も思います。
ただ、現代美術=’20〜60年代の重苦しくてキテレツなもの、というイメージが
定着してるのか、敬遠されがちですよね。残念です。
彼女と一緒ですか・・・いいですよね・・・もう10年以上(ry

296 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/08 01:28
で、今回東京で購入したCDは4枚。いずれも新宿のヴァージンメガストアで購入。
アリア・ムジカ『プエルタ・デ・ベルンタード』は、上でも書いたが、11世紀
以前のスペインのうち、イスラム教徒が支配していた地域(=Al Andalus)に
住んでいたユダヤ人の典礼音楽を蘇らせたもの。
歌唱の発声がベルカント唱法(クラシックの声楽の声の出し方)なせいで、かな
り興ざめ。ユダヤ典礼の音楽自体をよく知らないので断言は控えたいが、11世紀
当時から典礼でああいう声の出し方をしていたのか、どうも疑問だ。
全体としては、ギリシア正教の聖歌に酷似する曲、イスラム宮廷の舞曲っぽい
ものなど様々で、資料的には面白いと思うが、残念ながら音楽としてはそれ
ほど好みではなかった。ただ、この手の音は時々欲しくなるので、売らないで
取っておくと思う。

スティーブ・ライヒ『ドラミング』いまいち。売る。
アフリカン・ショウ・ボーイズ(この人を食ったような名前は、多分プロデュー
サーに勝手につけられたもの)は、素直に面白いが、早く飽きそうな気もする。

297 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/08 01:30
最後の1枚、Difangこと郭英男の追悼盤は2枚組みだったが、こじゃれた伴奏
のついたA盤はさておき、B盤(アカペラ)はよかった。
彼が声を張り上げて、

♪エーイヤーイホーウノ、アーイヤーイヨーー(適当)

と歌う”Return to Innocence”は、数年前から「DASH村」やニュースステーションで
流れているが、あれの元歌などが収められている(サンプリングしたのはドイツ
の一人ユニットであるエニグマ。サンプリングはDifangの爺さんに無断で行わ
れ、しかも世界中で売れちゃったもんだから、後で訴訟になった)。
Difangは台湾の先住民・アミ族の歌い手。元歌には奥さんや近所のお爺さん
たちの掛け合いの歌声が絡み、のびのびと楽しく、かつ非常に高度なハーモ
ニーを生み出している。
だがこのお爺さん、昨年の春亡くなった。ずっと農業などをしていて、地元の
祭礼などでの歌唱キャリアこそ長いものの、70歳を越えてからのCDデビュー
だったので、録音が多くないのが残念。日本の植民地時代や国民党一党独裁
時代を生き抜いたヒデオさん、81歳の大往生だったそうだ。合掌。

298 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/08 01:35
”Return to Innocence”の元歌のタイトルは、『飲酒老人歌』。そのままやん。

話は脱線するが、酔った老人がしばしば口にする、「いやまあ、人生いろいろ
あらーな」てな感じの台詞。二十歳ぐらいの頃は、その台詞が大嫌いだった。
思考停止というか、問題を解決しようとする意思を放擲するような、いい加減な
態度の勧めだと解釈していた(今でも自分より若い奴が口にするとムカつくがw)。

しかし最近では、壁にぶつかったとき、感情の部分の負債をなんとかして処理
してしまわないと、肝心の問題解決意欲が湧いてこず、かつ論理的思考が
なかなか働かないことがわかってきた。また、問題から完全に逃げてしまうほど
弱い奴は、実はそんなにはいないってことも、見えてきたような気がする。
この台詞、上手いタイミングで用いることができれば、問題で一杯になり沸騰
している頭に対して差し水のような効果をもたらし、かつ重苦しい負の感情を解き
ほぐすことができるような気がする。
その辺、押し付けがましくなく、さらっと言ってのけられるのが、ちょっと悔しい
が年の功というものなのかもしれない。

いや、Difangの爺さんがそう言っていたかどうかは知らないが。歌詞はなく、純粋
に発声とハーモニーと音の絡み合いを楽しむものだし、アミの合唱は。

299 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/08 01:53
上司に「そろそろ気合入れろや」とハッパをかけられた。これから来年4月まで
会社の方が忙しくなる。寝冷えして風邪ひかないように気を付けて、寝ます。

>>300
↓↓300ゲトおめ。


300 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :03/10/08 22:24
('A`)ノ <300ゲトー!

>>295
国立博物館で売ってた・・・と思うんですが、記憶が定かではありません。
意外と高いんですが、それなりに出来は良い物みたいですよ。

・・・そんなこんなで、今度何処かの美術展にでも誘ってみようかと検討中なのです。
その前に自分の見聞も深めておかないといけませんけど。

301 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/09 23:00
>~-v('A`) さん
>自分の見聞も深めておかないといけませんけど。
作者と交友があった別の人の作品なんかと比較したり、事前に背景を把握して
作品に触れる楽しみ、ってありますよね。
ただこのスレの上の方でちょっと話題になったのですが、必要以上に解説して
しまうと、相手の鑑賞意欲を削ぐ場合があるとのことなので、気をつけましょう
互いに。って大きなお世話だし、そもそも俺には相手がいないんですがね・・・w

展覧会、女性の作品を展示しているところに案内するというのはいかがでしょう。
こちらから作品について話を振りやすいし、相手も作品の分析などを口にしや
すい雰囲気になるような気がします。

しかし、屏風のレプリカ、国立博物館で売っていたんですか。先日は時間がなく
て地階に降りなかったんですが、今度行ったら売店を入念に回ることにします。

302 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/09 23:01
澁澤龍彦は『秘密結社の手帖』を持っていたな、と思ってしばらく探したが、
一向に見つからない。売った記憶はないので、誰かに貸しっぱなしになっている
のだろう。貸しっぱなしは5冊程度、借りっぱなしは8冊程度あるからな。
ちょうど澁澤が亡くなった頃のこと、ファンの友人がいて、俺を引き込もうと
色々説明してくれたが、神秘主義や耽美というものに対する感覚が育っていな
かったためかいまいちピンと来なかった。上の本を除くと。
他の作品も、今読めば感じるものがあるのかも知れない。あんなに気色悪い
と思っていたクリムトを、ここ数年で好きになったし。あまり関係ないか。
ただ、これ以上の積読増加を抑えるため、今月から図書購入+図書館出入りを
自粛しているので、いつ読めるやら・・・

303 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/09 23:05
澁澤は見つからなかったが、長い間行方不明だったサリフ・ケイタ『アメン』
の冊子が見つかった。>>12 に書いた訳詞は、正しくはこういうものだったこと
が判明。

ああ、もの思いに耽るのはよくない
ある日私がひとりもの思いに耽っていると
お告げ鳥が私に向かって鳴いた
お告げ鳥は私になんといった?
鳥はいった「お前は何に思いをめぐらしている?
大地をお前の履物とし、
天をお前の頭巾とし、
そして神の祝福をお前の旅の杖として、
お前に与えられた道を生きてゆくがよい」

随分違うな。しかも曲名は"Tono"(鳥)ではなく"Lony"(知識)。
いやはや済みませんでした。
でも、やっぱりいい詩です。

304 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/09 23:49
ふと思い立って、次スレタイ候補をメモしてみる。HNをスレタイに入れない方向
で。いや次スレまで必ず立てるっていう意味じゃなくて、単なる思考実験。

1 長文推奨2
2 長文推奨 その2
3 長文推奨 第2次オイルショック
4 長文推奨2 〜我ら 居酒屋にあっては
5 長文推奨2 〜緑の爪でキーを打つ
6 文章だけで512KB逝くスレッド


305 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/09 23:50
3は、「第2」の後になにか脱力する言葉を繋げたいと思ったので。他にも
「第2共和制」や「第2次北伐」「第2シベリア鉄道」などが思い浮かんだが、
ちょっと殺伐とし過ぎ。
ちなみにその流れで行くとすると、第4スレはぜひ「第4回十字軍」にしたい。
殺伐とはしているが、ヴェネツィアの爺さん統領のちゃっかり具合がなかなか
好きなので。つうか第4スレまで行くんかい。


306 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/09 23:51
4の「我ら 居酒屋にあっては」は、カルミナ・ブラーナ(中世ドイツの遍歴
学生や遍歴僧が残した雑詩)に収録され、今世紀にオルフが曲をつけた詩の冒頭
部分(「われら、居酒屋にあっては」でぐぐると訳が読める)。かつて純情恋愛
板でHNとして使っていたこともある。
5は、作業シーズンになると右手の爪が緑色に染まることから。6は、現在の
ペースで書き込むと900前後で512kbに達することから、次もやってやろうと。

うーん、どれもスマートさに欠けるか。
でも、スマートなのなんて落ち着かねえしなあw

307 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :03/10/10 00:07
>>301
なるほど、女性の作品というのはいい手ですね。
解説はほどほどに、相手の話の受け手になるべし。
心得てるつもりなのについつい煩く言ってしまうのはなぜ?
知識をひけらかしたくなるのはなぜなんでしょう?
・・・良い性格とは言えませんね、俺。

ともあれ・・・アドバイスありがとうございました('A`)ノではまたいつか。

308 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/10 00:23
>307
あわわ、気に障ったならご免なさい!
また来て下さい。お休みなさい!

俺も寝ます。

309 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/10 19:44



〜 し ば ら く レ ス 自 粛 し ま す 〜



                   人に不快感を与えまくり・・・

310 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :03/10/10 20:58
いえいえ、気に障ったなんて・・・恐縮です。


(*'A`)ノ キニシナイ!!

311 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/12 01:51
いや、取り乱しました。
>~-v('A`)さん、居心地悪かったと思います。返すがえす済みませんでした。

「自分が他者にとって有用な存在でなければ、他者から見捨てられるのでは
ないか」、という恐怖感が、自分の中にあります。
親との関係や、就職してからの周囲の対応などから、いつのまにか育ってし
まった強迫観念。
自分の求める穏やかで伴走的な人間関係とは正反対であるからこそ、一層
強固に染み付いてしまったような気がする。
では具体的に、有用性をどのように発揮するか?
落ち込んでいたら慰めなくては。困っていたらアドバイスを与えなくては。知ら
なかったら教えてあげなくては。こういう方向になる。
その結果が、「ウザい」「物知りぶるな」「誰もお前には訊いてない」。


312 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/12 01:52
周りの人は、リアルでは面と向かってはウザがってこない。でも、親しい人と
飲んだりしたとき、評判を教えてもらったりすることがある。少しづつではある
が、気を付けるようになった。
だがネットでは、中々自分の押し付けがましい行動にずっと気付かなかった。
自分のカキコでレスが止まったり、スレから人に去られたりしたことで今年
2月頃に気付き、それから気を付けているつもりだったのだが、まだまだ
だったな。
このスレやこの板の別スレだけでなく、最近は他板でもスレストップが続いた
ので、昨日はちょっとおかしくなってました。お見苦しい所をお見せいたしま
した。


313 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/12 01:52
無理せず、思ったことをなるべく完結に、変に飾ったり押し付けがましくせず
に、レスを付けたいと思う。今までと比較しぶっきらぼうに、短く、内容も乏しく
(今まで豊かだったんかい!と独り突っ込み)なるかもしれませんが、お許し
を。


314 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/12 02:05
口直しに。

トリビアの泉にあんなに視聴率がつくとは、正直思わなかった。好きだけど。
昔からフジテレビは深夜にああいうパロディ番組(「カノッサの屈辱」や「5年
後」、「ボキャブラ天国」など)をよく流していたが、ゴールデン進出は「ボキャ
天」以来じゃないだろうか。
あの系統で一番好きだったのが、「カノッサの屈辱」。ぐぐって見たら90〜91
年頃の番組。
NHK教育の歴史講座風の画面に中谷昇が重々しく登場し、流行や身近な商
品の変遷を通史風にアレンジして、集中講義や試験、年表や勢力図までこし
らえて徹底的にパロディ化したマニア垂涎の番組だった。「アイスクリーム
ルネッサンス」の回の「店動説vs知動説」や「インスタントラーメン帝国主義」
の回の「3B政策(3分間Boil)vs3C政策(Cupに熱湯3分間)」など、いまだ頭
にこびりついて離れないフレーズがある。
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~tmoro/kanossa2/kanossa2.htm


315 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/12 02:06
こういうパロディやパスティーシュは、通常は身近な物事風に縁遠い物事を処
理することで笑わせることが多い。『ウンベルト・エーコの文体練習』でエーコ
は、コロンブスのアメリカ発見を1969年の月着陸になぞらえて描写し笑いを
誘ったが(「一人の兵士には小さな一歩だが、カトリック教会にとっては偉大な
一歩である」とか)、そんな感じ。
「カノッサの屈辱」はその逆をあえて行い、しかもそれに成功している稀有な
例だ。一歩間違えばスカす可能性大だが、上に上げた3B政策など高校教科
書に載るぐらいの、よくわからんけど聞いたことはあるかな、程度の用語を
上手く拾ってきて当てはめていたおかげで、拒絶反応を免れていたように
思う。あと小技では、建物関係が必ず「○○神殿」に言い換えられていたのも、
またかよ、と笑わされた。赤プリ神殿とかハーゲンダッツ神殿とかね。


316 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/12 02:07
2chのネタスレを初めて見たときに感じた不思議な懐かしさは、この番組を
見ていたという経験が影響しているのではないかと感じている。
もちろん2chのネタスレは多種多様で、こういうタイプのものだけではないの
だが、「カノッサの屈辱」のような知的おちょくりタイプのものに、やはり今
でも惹かれる。
ちなみに、世界史板にはそのものずばり「カノッサの屈辱」というネタスレが
あるし、番組の性格に近いものとしては、2chの諸現象を歴史風に解説した
「幻の国家モナー朝」(>>55)が挙げられるかと思う。このスレには長文の
「モナー民俗学研究所アルバイター」というコテが登場するが、彼は俺では
ありませんので念のため。彼を尻目に5連続カキコしてるのが俺だったりする・・・


317 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/10/12 07:14
「裸婦の中の裸婦」、本棚の奥からやっと掘り出しました。
再読してみて、見事に忘れるもんだなあと自分に感心しました。
澁澤さんが病に倒れた頃の最後の仕事ですが、軽快なタッチで
一人二役を演じられていて流石だと思わされます。
「秘密結社の手帖」は未読ですが、ハマっていた当時の文庫本が
見つからない…積読にも限界がありますねw
追悼特集の「みづゑ」はたまに眺めています。自宅の写真とか見事で。

カノッサの屈辱…懐かしいですね。地方ゆえ、決まった時間に放送されて
なかったように思いますが。フジテレビってああいう番組上手いですね。
トリビアのタモさんに批判的な人もいるようですが、個人的には
あの方の体温の低い感じが好きです。ふざけた大人っていいなあ…
では、お邪魔しました…

318 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/10/12 12:24
カノッサの屈辱のパロディ「加納さんの屈辱」を
ウッチャンナンチャンがゴールデンでやっていました。
その頃新潟ではカノッサの屈辱は放送されていなかったので
新潟の人は「加納さんの屈辱」を見ても意味がわからなかったそうですが。

新潟出身の友人が自嘲気味に語ってくれたお話。

319 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 00:36
>317
澁澤の屋敷・・・妖しそうですねw
髑髏とかがさりげなく飾ってたりするんでしょうか?
『裸婦の中の裸婦』でぐぐってみました。バルチュス、クラナハ、ブロンツィーノ、
百武兼行、ワトー、・・・え、百武?しかも「兼」行?

(日本の)戦国好きなら一度は眼にしたことがあると思われる、百武という
名字。佐賀の龍造寺家に、百武賢兼という人がいた。
この人、もともとは戸川という名字だったのだが、戦に巧みで「並の武将100人
に匹敵する」と評され、主君の龍造寺隆信から「百武」と名乗ることを命ぜられ
る。以後も各地で活躍するが、鹿児島の島津家との戦いで主君隆信を守って戦死。
しかし奮戦及ばず隆信は討ち取られ、龍造寺家は家臣の鍋島直茂に乗っ取られて、
鍋島家が大名として幕末まで存続する。

320 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 00:38
画家の百武兼行は、この賢兼の子孫か?と思い、兼行のプロフィールをあたってみる
と、案の定佐賀藩士。最後の当主・鍋島直大の従者として岩倉使節団に加わった
ほか、直大のイギリス留学に随行してオックスフォードで経済学を習得、絵画
ではロイヤルアカデミーに入選。直大の命でパリに絵画留学も果たしている。
日本人でパリに絵画習得のために留学したのは彼が最初とのこと。
猛将の子孫が西洋画家の草分けだったとは・・・賢兼の子孫の描いた裸婦って、
どんなんだ。不純な動機で『裸婦の中の裸婦』を買いたくなってしまった。

321 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 00:38
>老猿さん
「加納さんの屈辱」、何度か見たんですが、何というか、カノッサの味はしな
かったような・・・
南原より内村にやって欲しかった気がします。彼の方が、狂気に近い気がします。
新潟って関東甲信越の一部ってイメージがあるので、カノッサを放映してなかっ
たというのは意外でした。もっとも俺も札幌にいたから見れたんですけどね。


322 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/10/13 01:22
>319
ビンゴですw 四谷シモン作の少女人形が「あられもない姿」で
客人を待っていることもあったとか…
貝殻や鉱石類など、沢山のコレクション、蔵書、絵画で作られた
ユートピアという感じで、徹底ぶりに感心しました。
日本人でとりあげられているのは百武兼行と四谷シモンですね。
どんな裸婦かは書かない方がいいですね…文庫にもなったようで。

加納さんの屈辱…更に懐かしいなぁ…

323 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 22:45
>>322
貝や鉱石のコレクションとはちょっと意外でしたが、錬金術とか好きそうだし、
純粋に綺麗ですしね。黄鉄鉱を見たことがあるんですが、結晶が律儀に立方体
で、キラキラして本当に美しいものでした。
積読を消費したら『裸(中略)婦』、文庫を買ってみようかな。


324 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 22:48
収穫した稲籾、今日大体籾摺(もみがらを取り除いて玄米にし、袋詰めする作業)
が終了した。収量が確定したわけだが、量そのもので平年より1割減、主食用と
して出荷可能な量に限定すると15%減、というのが今年の最終結果だった。
米粒が小さくて痩せている。俗称「二番米」(未熟だったり小さ過ぎたりして、
主食に供することができず、菓子の原料などに利用される米)も大量に出た。
米価が上がっているとはいえ、これはきついなあ。
値段が上がることで、消費者の皆さんの米離れが進むんじゃないか。これも
心配だ。
時代の流れもあるし、農家としては、美味くて安い米を作っていくことで米離れ
を抑えるしかない。うちみたいな中規模経営は、質の向上とコストダウンの努力
を積み重ねている大規模専業農家の足を引っ張っている側面も、実はある。

数年後をめどに、廃業の検討を始めた。今年はそのいいきっかけになった。
うーん・・・

325 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 23:41
自分がいない方が、盛り上がるのであれば、あえて書きこみすまい。
いや、某板の、とても愛着のあるスレの話。

みんなが楽しげに語り合っているさまを、黙って眺めていよう。
これでいいんだ。これでいい。

326 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/13 23:44
ということで、3連休も終わろうとしている。
初日ゆっくり休んだし、まあ満足。積読もほんの少し減ったし。
さあて、気合入れて火曜日へ。お休みなさい。

327 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/14 23:50
紅葉が始まった。
山がうっすらと色づくのと同時に、街でも街路樹のてっぺんから赤くなり始めて
いる。通常は、山から郷へ、錦が降りてくるのに。
朝晩の気温が低く、晴天がしばらく続いているために起こった現象のようだ。
さあ、秋本番だ。喰いまくる・・・わけには、今年はいかないのがちと辛い。
まあ、ローカロリーの白波を飲みながら、マカダミアンナッツで夜長を過ごして
おります。

328 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/16 00:48
♪やーっとー ○○にもー 牛丼屋ができたー

・・・ということで、生涯2度目の牛丼屋チェーン体験。
しょっぱい、肉少ない。しかし備え付けのドレッシングはまあまあ、何より
出てくるのが早い。結構いいもんだな。

関東関西で学生時代を送った連中に言わせれば、牛丼はソウルフードとのこと。
今は北海道にも吉牛があるが、俺がいた頃にはなかったから、就職して東京に
出張した時が初めての牛丼屋体験だった。早朝で眠くかつ極度の空腹だったの
で、味の記憶が一切ないが。

学生時代の主食は学食の定食とコンビニのから揚げ弁当。深夜に何か食おうと
思ったら、コンビニか、2時までやってる飲み屋兼ラーメン屋ぐらいしか
なかったなあ。1階の寿司屋は11時で閉まったし。
東の空が蒼くなってきたのを横目で見ながら、コンビニまで歩いたもんです。

329 :老猿 ◆gG2PDturbo :03/10/16 09:50
大学は東京でしたが、多摩の奥地だったので牛丼屋はなかったです。
卒業してプーやってるときは良く食いましたけど。

旭川には一軒だけ吉牛がありますが、一回しか行ってないなぁ。
こっちでも吉野家OFFとかやってる人いるんですかねぇ...

330 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 01:06
>老猿さん
昨年初冬?の吉野家offの実況スレを見ていたとき、北海道と新潟と山陰諸都市
での進捗がはかばかしくなく、道民が悲痛な叫びを上げていたのを見た記憶が
おぼろげながらあります。寒い時期にやるなよなw
今年のオフ実況は見ていないのですが、全店制覇したんでしたっけ?
単純なフラッシュモブより、こういうのの方が、参加者の自由度が高くて好き
です。


331 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 01:07
無茶な客、DQNな業者、俺の確認不足の3者が重なって、休日なはずの今日も
携帯が引っ切り無しに鳴る1日だった。やっぱり口で伝えるだけじゃなく、
ちゃんとfax送っとくべきだったなあ。しかし、いつの仕事か確認もしないで
受ける業者ってどんなのよ。メモを取る取らない以前に、そっちが不思議だ。
客がこちらに愛想を尽かさなければよいが・・・

そんな荒んだ気持ちを、クレヨンしんちゃん『大人帝国の逆襲』が癒して
くれたw
いやびっくりした。大人も十分楽しめる、というよりいっそ大人向けとも思え
るテーマの良作だった。しんちゃんシリーズの『戦国大冒険』?が最新の中世
歴史研究の成果を盛り込んでいるという話は聞いたことがあったが、なかなか
侮れません、しんちゃん映画。

332 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:29
 >>1は即刻タンクトップと短パンに着替えて公園で走って来い。
 日頃感じているストレスを忘れるほどに無心で走れ。
 5kmほど走った時、お前はある人物と出会う。ムロさん(自由人)だ。
 挨拶もそこそこに貴重な酒が振舞われる。絶対飲め。
 飲んだ者だけがムロさんの家(ムロハウス・ビニール)に招待されるんだからな。
 そこでムロさんによるありがたい説教をうけろ。
 お前はそこで気付く。知らず知らずに涙が頬を伝っていることにな。
 お前はそこで気付く。自分がいかに愚かだったのかということにな。
 説教をうけたら、感謝の気持ちをこめてタバコを差し出せ。
 言葉は要らない。それがムロさん(フリーマン)への礼儀だ。
 ムロさんの言葉を噛み締めながら家まで走れ。
 大きくなって帰ってくるお前をここで待ってるぞ。


333 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:30
一時かなり流行したコピペ。起源は2ch以前のどこかのBBSらしく、2ch創成
期にはここにもかなり貼られたらしい。テンプレとしていじることができるわけ
でもないのにいまだに生き続けているのは、そこはかとないユーモアととも
に、一定の共感を得ているからではないかと思う。
これを初めて見かけたとき少しドキッとしたのは、コピペに深く共感したからで
も(ちょっとは共感したが)、「フリーマン」という単語にある俳優を思い出した
からでも(ちょっとは思い出したが。『夜の大捜査線』の彼は若かったくせに渋
かった)なく、ムロさんというこの登場人物の姿に対し、なんとなく思うことが
あったからだ。


334 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:31
ムロさんは、自分の話が聞ける状態の者だけを選別し、自分の「説教」により
相手に「自分の愚かさ」を気付かせ、自分に対する負い目を感じさせずに
(説教の対価に準じるものとしてのタバコを貰う)送り出す。彼の目的はなんだ
ろうか。タバコ欲しさ?タバコ欲しさだけなら振舞い酒の対価として要求すれ
ばいい。暇潰し?それもあるだろうが、何も説教しなくても世間話をしていれば
いい。やはり招待した者(この場合「>> 1」君)に「自分の愚かさを気付かせ
る」、そして人間性を大きくしてやることそのものが、彼の目的であるようだ。


335 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:31
彼がホームレスであることは明白だが、このコピペ中では「ホームレス」という
言葉は登場しない。彼は「フリーマン」あるいは「自由人」と形容されている。
彼は否応なく街に出されたのではなく、恐らく自分の意志ですべてを捨てた、
世捨て人的な存在であることが仄めかされている。職場や地域社会、家族
などの一切のしがらみから、また時間・空間的な束縛からもフリーであること、
それがこのコピペの中での彼の特性だ。
多数の束縛から自由であることで到達できる、ある境地があることを、この
コピペは想定していると思われる。こう言い換えてもいいだろう。あらゆる束縛
を捨て去る決心をしたほどの過酷な前半生を送り、かつ本当に捨て去った後
には、常人にはなかなか到達できない境地に至ることができる。そうなった者
には、他人に「自らの愚かさ」を悟らせる力を持つようになると。

336 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:32
説教によって知らず知らずのうちに涙を流すというこの「>> 1」君の泣き方は、
彼が高圧的に怒鳴られているのではなく、切々と諭されていることを意味
する。それまで気付かなかったことに対して改めて気付かされた結果、流され
る涙。怒りや憎しみの涙ではなく、機会に望んだ際の判断の失敗を悔やむ涙
でもなく、これまで気付かないまま自分が傷つけてきた、あるいは思いやりが
足りなかった誰かに対しての懺悔の涙と解釈できる。
このとき「>> 1」君は「自らの愚かさ」を知る。このシチュエーションから察する
に、ムロさんの説教は、「身近な人を大切にしろ」「人は支えあって生きている」
「人と関係性を結ぶということは、相手を思いやるという義務を背負うことだ」
等々の、人と人とのつながり、裏返していえば束縛性についての意見の開陳
なのではないかと、俺は推測する。

337 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:33
考えてみれば、ホームレスがこのような特別な力を持っているとする考え方
は、そこかしこで目にすることができる。ドラマ、映画、漫画などで、しょげ
返った主人公が公園でホームレスと出会い、温かくかつ的確に自分の過ちを
指摘する言葉をかけられ、自分の内面と向かい合い、生まれ変わったように
なって日常に帰っていくシーンは数多い。特に全共闘世代の脚本家の作品
なんかでw
ホームレス以外にも、老人や「アジア系の純真な若者」「酔っ払った出稼ぎの
おっちゃん」「酔っ払った関西のおっちゃん(舞台が関東である場合)」など、
いくつかのバリエーションがあるが、共通しているのは、彼らが(不思議と、
男性ばかりだが)「外部」の人間であること。

338 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:34
コピペ作者がムロさんに仮託したもの、それは「外部から見抜く者」としての
位置なのではないかと思う。
ムロさんはそれまでの人間関係の一切を放擲し、フリーマンとなった。彼は
人間関係の集積体=社会の外部に存在し、しかもその中にいた体験を保った
まま、客観的に社会を観察できるという稀有な位置にいる。
外部にいるからこそ、関係性を維持するのに必要な要素がよく見える。かつ
外部にいることにより、自分と直接の利害関係が発生する可能性がほとんど
ないため、相談者は虚心坦懐に話に耳を傾けることができる。
しかもムロさんは、積極的に自分から声掛けをしている。何だろう、自分のよう
に人間関係を捨て去るまで追い込まれないように、弱い人々を教え導くため
だろうか。または残してきた家族や友人達にかけた迷惑に対する贖罪意識?


339 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:35
しかし、このコピペが貼られる状況をよく考えて見ると、「>> 1」は明らかに愚者
として想定されており、コピペを貼ることで「>> 1」を愚弄することが本来の目的
でもある。ムロさんをあまりに持ち上げ過ぎると、その説教で覚醒する「>>1」を
貶めたことにならなくなるのだ。コピペ作者自身は、「>>1はムロさん程度の
説教でも眼が覚める程度の厨房だ」とし、導者としてのムロさんをあえて高く
評価していないであろうことも付記せずばなるまい。
ただ、わざわざ最初に「>> 1」君にランニングをさせている所を見ると、雑念を
払って向かい合わないと接触に成功しづらい物としてムロさんを想定している
ことがわかる。凡百には計り知れない何物かを有している人物として、それ
なりに重みをもって描かれていることもまた、事実と思われる。

340 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/19 21:40
この、社会や人間関係の観察者・弱った人間に対する精神的先導を行うこと
ができる存在としてホームレスを捉える考え方、日本以外にもあるんだろうか。
ちょっと調べてみよう。

341 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/22 00:55
340に関連して:
これは上に挙げたタイプと似てるかも。

きっと忘れない(With Honor; アメリカ、1994)
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10654/story.html

gooのレヴューで、あらすじ中に「ホームレス」という単語が出てくる映画を
検索してみたが、大部分はチョイ役、1/3が主人公とおおよそ対等の立場で
行動するようだ。上に挙げたような、ホームレス側が主人公側を教え導く
タイプの映画はほとんど見られなかった。

この辺の分析は、後で気が向いたらやります。というのは、中国株スレで見た
借金苦の体験記を読んで、今はどうしようもなく重苦しい気分になっている
からだ。俺は借金こそないものの、ああいう「自分・他人の期待を裏切ることに
よる、息苦しい快感」を覚えることが、稀にだがあるから。他人事とは思えない。
・・・では、おやすみなさい。

342 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/22 00:58
別に「快感」じゃないよな。何だろうか、「衝動」、いやただの「みぞおちの
あたりがぎりぎりいうぐらいの息苦しさ」か。

343 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/23 22:04
炬燵を出した。暖かいと、心もほぐれるような。
BGMは「現代日本の音楽第3集」(1930〜60年代に作編曲された日本の古典西洋
音楽の選集)から、黛敏郎『舞楽』。最近の黛は別件でテレビに出ることが多い
が、本業は作曲家だw

「現代音楽」(contemporary music)を表現するとき、いつも悩む。クラシック
の最近作曲した奴、とか、上で書いたように西洋古典様式音楽の新作、とか、
なんだか矛盾した言い方になる。「最近のクラシック」って表現、「黒い白馬」
と同じぐらい頭悪いよなあと思うが、便利なのでつい使う・・・
だいたい小さな1ジャンルに「現代音楽」なんていう大まかな名前をつけるのが
間違っている。じゃあロックやジャズは「現代音楽」じゃないのか?と思わざる
を得ない。熱烈なクラオタに言わせれば、多分ロックやジャズは音楽じゃないん
だろうなあ・・・

344 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/23 22:05
紙パックの白波を売っていたので購入。この辺では初めて見る。藍色の背景に
浪頭の模様、パック上部はインパクトのあるイエロー。おなじみの「白波」の
毛筆体の上に、"SATSUMA SHIRANAMI"の文字も。売り場でも目立つ。
紙パックは内張りのビニールの臭いがついているような気がしていたのだが、
実際に飲んでみるとそうでもない。一安心。

345 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/26 12:51
金曜日、寝不足で挑んだ飲み会で正体を無くし、知り合いに
「おら、こぼれるぐらい注げ〜!」
実際にこぼれると
「こら!酒の一滴は血の一滴、粗末にしちゃいかんぞおら!」
と絡んでいたそうだ。
うわっ最低の酔っ払いオヤジ。その知り合いの携帯番号を知らないので、明日
謝りに逝ってきます・・・


再び外飲みを自粛しよう・・・
教訓:飲み会の前の日は12時前に寝る。寝不足で挑まざるを得ない場合は、
20時に切り上げる。

346 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/28 23:47
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1062950173/
を読んでいる。
子供の頃、自分の知覚できる範囲のものだけが存在し、その他のものは一切
存在しないという感覚を持っていたという書き込みが多い。唯我論、というの
かな?俺もそうだった。小学4年生ぐらいまで。
その後、歴史の本を読み始めると、それぞれの本における著者の視点が自分
の視点に乗り移り、それが蓄積・醗酵し、唯我感とまったく異なる、ある意味
正反対の自己認識に到達してしまった。

347 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/28 23:48
時空を意識せずに(目の前で生起する物事と遠い過去の出来事を区別せず
に)、世界の外側から世界を眺めているような感覚。自分は世界の客に
過ぎず、世界に属しておらず、世界の論理や因果から自由だが、世界に何の
影響も与えることもない、W.ヴェンダースの映画『ベルリン天使の詩』に出て
くる天使のような存在だと思うようになった。
自分はゆるやかで平板な意識体で、物理的な影響を世界に与えることがほと
んどない幽霊のような存在である。その分世界は強固で、確かな存在であり
ながらとめどなく変貌し、何もかも飲み込みながらも自分に対してだけは無
関心である、という妄想?も生まれた。
明らかに、行き過ぎ。何者だお前?という話。

348 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/28 23:49
こういう妄想は>>197で述べた「異人化」を徹底していた時期にもっともひど
かったが、現在は大体克服してはいる。でも時々、自分に他人に影響を与える
だけの力があるのかどうか、もっと極端に言うと、世界にコミットする権利が
自分にあるのかのかどうか、たまらなく不安になることがある。
『ベルリン天使の詩』では、ブルーノ・ガンツ演じる天使が天使であることを
捨てる。自分が他人から見えるようになり、自分の血を見、自分についた傷の
痛みを感じ、つまり自分が「生」を手に入れたことに喜んでいるシーンを見て、
俺まで嬉しくなって泣いてしまったのは秘密だ。

349 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/28 23:50
映像作品を見て涙を流したのは、生まれてから6回しかないが、そのうちの
1回がこれ。他はNHK少年ドラマ『星の牧場』(’81。原作も持っている)、映画
『ロッキー』(恥ずっ!)もう3回は、・・・一生人に言うつもりはありません。ベタ
過ぎて。


350 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :03/10/29 00:20
>>347
全く見当違いではありますが、荘子の蝶の話を思い出しました。
・・・それだけのことなんです、すいません。

351 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/29 23:49
>~-v('A`)さん
見当違いってわけでもないんです。浮遊しているイメージが当時ありました
ので。
よく、地球の周りを孤独に周回する人工衛星を自分になぞらえていました。
こちらからは地球の全貌が(大まかではあるが)見えるのに、向こうにとって
は夜空の一点でしかない、とも。
随分な思い上がりだ、しかもイメージが綺麗過ぎだし、今考えるとw 一体
何がそんなに見えたつもりになっていたのか。

白波でゴキゲンです。

352 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/29 23:55
今は半ば埋もれた錆び錆びのドラム缶ってとこでしょうかね。
なぜか缶の中程が膨れ上がってる状態の。

少し痩せてきてたと思ったが、また腹がせり出し始めた。食欲暴走の秋・・・

353 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/10/30 00:13
荘子の話がらみで。
夢を、10年ぐらい見ていない。いや見ているんだが、記憶することができ
ない。起きた時に漠然とした、「さっきまで夢見てたな」という感触はある
のだが、登場人物などについての記憶が1時間程度残るだけで、昼には完全に
忘れ去っている。
もともとあまり夢を見る方ではなかった。夢と現実の境目が曖昧になるほど
リアルな夢に限って言えば、ほとんど見たことがない。
舞台が1920年代の上海だったり深海だったりと荒唐無稽過ぎて、夢の中で
「これは夢だ」と気付くことも多かったのだ。

なので、人の「夢話」に入っていけない。俺にとっての夢とはリアルとは
全く別個の存在であり、夢の中での俺は「タイムスリップもの」の少年小説
に紛れ込んだおどおどorわくわくした主人公の気分を味わうのみ。
・・・自分の想像力、貧し過ぎ?と気になったりもします。

354 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/11/01 00:06
外飲み自粛も、接待のため解除せざるを得ず、昨日飲んできた。
絶対に正体を無くすことができないときは、なるべくギトギトした味噌ラーメン
を平らげてから赴くことにしている。酒は不味くなるし、何より太るので滅多に
やらないのだが、今回はしょうがない。
相手を無事にタクシーに乗せ、上司もゴキゲンさんのまま帰し、一安心。その
後独りで小さな居酒屋で軽く引っ掛け、帰宅したら2時だった。

相手が楽しく+自分も楽しく(順番に意味はない)、が理想だが、ナチュラルに
それができる人となかなかできない人がいるんだなあと思う。自分はどちらか
といえば後者だが、仕事や社会生活上ではそんなに悲観もしていない。テク
ニックと相手に対する敬意さえあれば、なんとかなると思っています。

355 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/11/03 01:33
2日間しっかり休みました。

・・・書籍購入自粛も破って、若桑みどりの『クアトロ・ラガッツィ』を買っちまった
からな。
天正少年使節とそれを巡る諸状況が題材。この人美術史家じゃなかったっけ?
と思い読み進むと、史実の慎重な検証と落ち着いて読める文体にちょっと安心
(欧州の「理髪師」が医療行為を行っていたことを知らなかったり、首を傾げる
部分もあるが)。塩野七生のような大袈裟さはないが、それがプラスに働くか
マイナスになるかは、読み進むうちにわかるだろう。

明日は仕事を片付けに行ってきます。お休みなさい。

356 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/11/04 00:19
仕事を片付けに行かず、結局家で1日ダラダラしてしまった・・・
しばらく残業しなきゃいけねえなこりゃ。

また「(他人に)感謝されたい病」がぶり返しつつある。やる気を吸い取られる
最悪の心理状態。何なんだよ糞!大したことしてねえじゃねえか俺はよ!

357 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/11/05 01:39
締め切りが迫るほどサボりたくなるから気を付けろー!
明日めどを付けなきゃ間に合わない。間違いない!

http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1065415626/
http://human2.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1041429727/

358 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/11/05 01:47
ちなみに彼は2ちゃんねらーであることを公言している。間違いない!
(オフィシャルサイトに書いている)

ttp://www.nagaihidekazu.com/prof2.html
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1067180994/

359 :音浪@ネットカフェ:03/11/12 12:48
締め切りには間に合ったが、まだまだ修正が必要。
とばたばたやっているうちに、自宅PCがダウン。アダプタと本体の接続部分
がダメになった上に、画面の一部が光りっぱなしに。修理に出さなくては
ならなくなった。

もう2〜3週間程留守にします。一応こうやってコソーリ覗いてはいますが・・・
見てる方々がいらっしゃいましたら、何か書いていって下されば幸いです。

360 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/11/12 19:11
>>358
あら、既婚者だったのか…長井。
いかにも2ちゃんやってそうだもんなー。
陣内智則が最近好きです。

修理大変ですね。
3週間ぐらいじゃ落ちないと思いますのでw ってこともないけど、
まあごゆるりとなさってて下さい。

361 :音浪@漫喫:03/11/17 19:34
>360
そうですね、そういえばここは壁でしたw
ゆっくり待つことにします。
漫画喫茶って結構快適だね。ただ、30過ぎのオヤジが2chにカキコしてる
図は、なかなか痛いものとして写っている可能性大(漫喫店員には)・・・

362 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/11/19 19:15
漫喫、地元では行ったことありませんが、知らない土地で時間を潰すのには
良いですね。結局いつも見てるページ見てたりしますが。
一度人が少ない漫喫で、飲み物のお替りを持って席に戻ろうとしたら、
近くに座っていた外人さんがエティなページを見ていることに気づきました。
その後なんとなくソワソワしてしまいました。余計なお世話なんだけどw

363 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/11/21 00:34
漫喫。。。まだ利用したことない。。。
最初の一回目ってドキドキしそうだわ。。。

364 :音浪@漫喫:03/11/22 23:03
また来てしまった・・・

>362
何を見てるのか周囲から見えてしまうつくりになってる店なんですか?
それはまた利用しづらそうだ。それともその彼の息遣いが(ry

>363
ちょっとドキドキしました。今もドキドキしています。隣のブースの
息遣いが(ry

365 :音浪@漫喫:03/11/22 23:11
マンガも適当に見てみたんだが、90年代以降かかなりメジャーな名作のみ
のラインナップで、あまり食指が動かなかった。
そもそも女性向けマンガが3割程度しかない。清原なつの、佐藤史生、水樹
和佳、遠藤淑子の初期など、ブックオフでも入手できない絶版ものがないか
探したんだが、当然あるはずもなく。
「絶版漫画喫茶」があれば、遠くても行くんだがなあ。

366 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/11/24 03:45


367 :音浪@満喫:03/12/01 22:07
若桑みどりの『クアトロ・ラガッツィ』読了。
読み進むにつれ、最初の印象はかなり覆された。史実の検証はそれほど
慎重ではないし、裏付けのない本人の思い込みによる解釈も多いし、自分
がイタリアに留学経験があるせいかイタリア人贔屓な上、文章の所々に入る
()でくくられた「つっこみ」?がちょっと多すぎる気がする。
それになにより、天正少年使節の派遣の背景・動機及び目的の探求に紙幅
を割くのはいいのだが、使節自体の旅程や体験、東西双方の史料における
使節の記述のされ方、帰国後の4人の人生など、自分が一番知りたかった
部分が全体の1/3程度しかなかったのには少々落胆した。
旅程などについては、本や論文が山のように出ているので、そっちを読めと
言うことなんだろうが。

368 :音浪@満喫:03/12/01 22:08
戦後初の欧州への留学生として旅立った自分(あるいは同じ船に同乗した
神学生たち)と使節の4人を重ね合わせている場面が何か所かあったのだ
が、それならば、帰国後の4人の辿ったそれぞれの道を、自分の生き様と重
ね過ぎて多少ウザくなってもいいから詳細に描いてもらいたかったと思う。
史料が少ないのはわかるが、ここの場面だけは妄想が許される、というか
妄想しろよ、と思ったんだがなあ。
特に副使格の千々石ミゲルのあっさりとした棄教とその後の無神論者的
言動(描写にはやや若桑の願望も影響しているように見えるが)には、その
心の遍歴について知りたいと思った。若桑もその部分の記述には力が入っ
ているのを感じるのだが、同時代や近過去の、たとえばガリレイやエラスム
ス(人選がベタでスマソ)などの合理主義や人文主義を絡めて描いてもらえ
ればと、過大な要求をしたくなってくる。
「最強の背教者」ファビアン不干斎や印刷技師ドゥラードなど、なかなか魅力
的な日本人脇役についても、もっと紹介してほしかったし。
本書中で何度か引用されている「読まれることの少ない」ルセナの回想録、
翻訳されていないのだろうか。激しく読みたいぞ。

369 :音浪@満喫:03/12/01 22:09
むしろこの本で面白かったのは、イエズス会の内部のポルトガル人とイタ
リア人の布教に対する考え方の相違(欧州人宣教師の強いイニシアチブvs
日本人宣教師の育成重視)、イエズス会とバチカンとの思惑のすれ違い、
イエズス会とフランシスコ会の対立(ポルトガルとスペインとの対立が裏に
ある)など、教会内部の諸勢力の動きについて詳細かつくっきりと描かれて
いたことだ。これらの対立はやや若桑によって類型化され過ぎている感じも
あり、いくらか割引いて読んではいるが。

370 :音浪@満喫:03/12/01 22:10
同時代にヨーロッパで起こっていた人文主義の進展、葡西両国の暗闘、メキ
シコやペルーにみられる植民地の「面的征服」という新たな手法の登場、
英蘭新教勢力の東漸などが、日本における教会の活動に対して間髪を置か
ずそのままの形で影響を及ぼしている。「キリスト教」「欧州」の他に色々な
ものを背負わされ、対立し、右往左往するパードレやイルマンたちの姿は、
ちょっと滑稽でもあり(現役クリスチャンの人が読んでいたらごめんなさい)
なんとなく共感を誘い、かつ後の悲惨な弾圧を予感させるものとして悲劇的
に見えてくる。
特に豊臣秀吉が宣教師追放令を出すまでの数ヶ月間における秀吉と宣教
師たちとのやりとり、宣教師同士のやりとりなどを忠実に再現したくだりは、
生々しい臨場感がある。高山右近や黒田官兵衛が必死になってコエリョを
説得しようとするところとかね。

371 :音浪@満喫:03/12/01 22:10
このエッセイとも学術書ともつかない本では、表題にある「4人の少年たち」
はどちらかというとダシにされているだけのような気がする。秀吉が何を
恐れて禁教に踏み切ったのかについての考察も、ちょっと物足りない。しか
し、「西欧から日本に来た宣教師たちはどのように活動し、何を日本で実現
しようとしていたか」については良質の考察をしていると思う。むしろそれが
主題だったと思うことにしよう。・・・2年前に読んだクーパー『通事ロドリゲス』
(原書房)の方が面白かったけどね。

372 :音浪@満喫:03/12/01 22:13
実は、現役時代の若桑の集中講義に申し込んだことがある。もの凄い人気
で、初日・2日目とも授業開始前に大きな講堂が満席状態。遅刻魔だった
俺は、3日目から出席を止めた。
確かルネサンス絵画の図像読解についての授業だった。もう10年ぐらい前
の話なので、かなり記憶も曖昧だ。

373 :音浪@満喫:03/12/01 22:56
パソコン、故障個所の全てを修理すると13万円かかるそうだ。
とりあえず電源部分だけを直していくらかかるのか再見積提出依頼中。
まだまだ先は長い・・・

帰ります。お休みなさい。
家で「だんじく様の歌」を聴こう・・・

374 :音浪@漫喫:03/12/03 21:31
  ああ 参ろうやな 参ろうやなあ
  パライゾの寺にぞ 参ろうやなあ
  パライゾの寺とは 申するやなあ
  広いな寺とは 申するやなあ
  広いな狭いは わが胸に あるぞやなあ

  ああ しばた山 しばた山なあ
  今はな 涙の先なるやなあ
  先はな 助かる道で あるぞやなあ

CD『洋楽事始』(皆川達夫企画・構成 山野楽器/東芝EMI)
ttp://www.yk.rim.or.jp/~guessac/cd_yougaku.html より
だんじく様の歌           ※表記はライナーとは異なる


375 :音浪@漫喫:03/12/03 21:31
他人の信仰に関連したものごとを好奇の目で捉え、趣味の中で楽しむという
行為には若干の後ろめたさが残る。グレゴリオ聖歌やカッワーリー(パキス
タンのイスラム教神秘主義グループの詠唱)なら、本人たちの方から聴かせ
に出てくるのだからまだいいが、上記のような「隠れキリシタン(この呼び名
に代わる、現代にマッチした呼び名を誰か考えてくれ)」の方々の場合は、
自分から進んで聴かせようという気がない分、余計申し訳ない気持ちになっ
てしまう。
でも、本当にいい歌だと思うし、個人的にも日本民謡では『南部牛追歌』と
同じぐらい好きな歌だし、歌詞を紹介しているサイトもいくつかあったので、
あえて書いてみた。うわっ長い言い訳!

376 :音浪@漫喫:03/12/03 21:32
長崎県生月島に伝わる歌の、現地録音。この島では五島や天草などと並ん
で隠れキリシタンが信仰を守り続け、明治以後もバチカンの指導下に戻らず
に、もはや独自の宗教となったその信仰を貫いている人も多い。
他の地域と異なり、16〜17世紀に根付いたカトリック聖歌(歌詞はラテン語
かポルトガル語)が禁教下で密かに歌い継がれ、大きく変容しながらも今に
至るまで歌オラショと呼ばれて伝承されている。上に挙げたCD以外にも
何枚か入手可能なものがあり、機会があれば一聴をお勧めするが、上記の歌
は、歌詞を見れば分かるとおり、聖歌とは違う。

377 :音浪@漫喫:03/12/03 21:33
この歌の背景にある殉教事件については、ここでは詳しく述べない(“ダン
ジク キリシタン”でぐぐれます)が、生月島の住民にとって歌詞の意味が
喪われていた歌オラショと違い、この歌や「さん・じゅあん様の歌」のような
日本語の歌は、神の国への憧れや殉教者への思慕の念を惜しみなく表出
できる、大事な歌であったことが想像できる。


378 :音浪@漫喫:03/12/03 21:33
歌詞は一見平易に見える。が・・・
パライゾとはポルトガル語paraisoの訛りで、英語でいえばパラダイス。まも
なく天国に向かう状態=殉教直前の状況を歌ったものだろうか。
心の持ちようで天国は広くなる、涙の先には魂の救われる道がある、と、
現在よりも未来のことに思いを馳せているように見えるので。
ただし、禁教下で苦しんできた信徒たち自身の、死後に天国に行けるという
希望を歌ったようにも見える。そういう願望をも歌詞に乗せて、歌っていたん
じゃないだろうかと。

  広いな狭いは わが胸に あるぞやなあ

この一節が、なんともいえず、それこそ胸に響く。
ちなみに「しばた山」という山は近在にはなく、聖書中に登場する山の名前に
も比定できていない。現在ではその意味は不明とのこと。

379 :音浪@漫喫:03/12/03 21:34
歌オラショとははっきりと異なる構造で、8節がそれぞれほぼ同じ旋律で
歌われる。儀礼の際の歌とのことだが、曲だけなら網上げのワークソングっ
ぽくも聴こえる。
音程の上下はゆるやかで、もの悲しいというよりはあたたかで、ちょっと切な
いような印象。
いわゆる陰旋法ではなく、同じ長崎の『島原の子守歌』とも音階は異なる。
CDの解説では西洋音階の影響はなさそうな書きぶりだが。
佐賀民謡『岳の新太郎さん』の音階にはちょっとだけ似ているような気が
する。・・・イケメンに対する女性の妄想wを歌う『岳の新太郎さん』と
『だんじく様の歌』を並べるのは、ちと罰当たりでしょうかね。

あ、俺自身はクリスチャンじゃありません。消極的曹洞禅徒とでも
言いましょうか・・・ 


380 :音浪@漫喫:03/12/03 22:11
****** 重要 ******
クリスマス中止のお知らせ

2003年12月25日に開催予定のクリスマスは諸事情により中止になりました。
この決定により、クリスマスイブも中止ということになります。
中止、ならびにこの告知が遅れたことにつきまして、
楽しみにしておられた方々・関係者各位には謹んでお詫び申し上げます。

****** 重要 ******
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~yb_net/clip/img/2250.jpg

拾い物。

381 :音浪@漫喫 :03/12/07 01:18
いよいよ忘年会シーズンに突入し、飲みも多くなってきた。昨日も10人ぐらい
で始め、2次会の途中まで参加。途中で帰るのは、正体を無くさないためw
もう飲み始めて4時間目以降の自分が信用できませんw 後輩・上司関係なく
説教するわ、ウザい薀蓄独演会はじめるわ、隣の知らないグループに乱入
するわ、・・・セクハラと無銭飲食以外の大抵のことはやっている、らしい。
迷惑ばっかりかけてるのに、愚痴りながらも相変わらず飲みに呼んでくれる
同僚と友人たちに感謝・・・。
そしてお酒たち、肴たちにも感謝。昨日は牡蠣鍋で、高清水と八海山をおいしく
いただきました。

382 :音浪@漫喫:03/12/07 01:18
飲み会では始めて見る女性がいて、男性の話にいちいち目を見開き気味に
して大げさに頷いている。発声なんかはあまり甘えずに真っ直ぐ。男性陣が
群がっているさまを見て、多分この子は同性には受けないだろうな・・・と思って
いると、別の既婚女性がぼそっと、「彼女、女同士では滅多に飲みに行ったり
しないんだよね。あそこまで徹底してるといっそ気持ちいい」。
気持ちいいって表現にちょっとワラい、ほろ苦い表情にちょっと共感。俺もあの
彼女ぐらい積極的かつしたたかに、異性の前で振舞ってみたい、というのが
正直な感想。

383 :音浪@漫喫:03/12/07 01:20
反応として間違っているな。彼女に欲情するのが正しい反応。羨望してどう
するんだ俺。

積読が徐々に減ってきている。今日『ヴァルド派の谷へ』読了。

384 :音浪@漫喫:03/12/09 22:21
日本をはじめとして、イタリア、スペイン、韓国など、最近イラクで自国民が
殺害された国々では、イラクにおける活動内容や活動そのものにつき議論
が高まっている。
撤退などを決定した政府はないが、国民レベルでは活動の縮小や撤退、
派遣を強行した政府の責任糾弾などの動きもあると、マスコミは伝えている。
2chのニュー速+でさえ、(事件直後は見ていないので、現時点で見る限り
では)「復讐」「報復」といったことばはほとんど見かけなかった。一般
市民の怒りの感情も、テロリストたちに対するものより政府や外務省に向け
られたものの方が大きいように感じられる。

俺はひそかな驚きをもってこの一連の流れを見ている。
「殺された自国民の復讐」を叫ぶ人が、全くといっていいほど見当たらない
ことに。
(いや、復讐を奨めようっていうわけじゃないですよもちろん!逆です!)

385 :音浪@漫喫:03/12/09 22:23
正直に告白すると、日本人外交官が射殺されたと聞いたとき、はじめに浮か
んだ感情は、「復讐」だった。
−お前ら大人しいからといって日本人舐めやがって。おまえらも同じ目に
遭わせてやる。
普段からヘタレで、いざイラクに放り出されても何もできないであろう俺が、
最初の10秒ぐらいの間考えたこと。
すぐ我に返る。−ガキみたいなこと言うなよ。俺は文明人だ。目には目を
なんていつの時代だ。3倍返しを1倍返しまで押さえ込んで過剰な復讐を
抑制するために作られたのがハンムラビ法典だとしたら、俺たちの法律は
さらに寛容なんだ。それに見えない敵にどうやって復讐するんだ?できない
ことを妄想するな、と。
それでも、かつて嫌悪感を持って眺めた、9.11後のアメリカを覆い尽く
した敵愾心と傷つけられた自尊心の叫びに似たものが自分の中にあったこと
に、慄然とする。

386 :音浪@漫喫:03/12/09 22:24
マスコミにもネットにも、そういう焦げ臭い、極めて個人的な次元から発生
する報復心理があまり表れてこず、諸国民一人一人が比較的冷静に状況の
推移を検討できていることに、安心感と、みんな物分りがいいな(煽りじゃ
なく、心底から)という嫉妬心?と、ちょっとした心配(多くの人が「イラク
人はみな人殺しだから、あの程度のことは事故みたいなもの」という風に、
偏見に基づいた変な割り切り方をしていないか不安)を覚えながら、情報
に接しています。

387 :音浪@漫喫:03/12/09 22:32
漫喫通い、すっかり習慣化。
ネットしている時間より、文章を書いている時間のほうが長いんですが・・・
ああ早く直らないかパソコン・・・

鞍馬トマトさんやかまぼこさんのまねをして、初恋の人の名前でgoogle検索。
ありふれた名前なのでうじゃうじゃと・・・中学生じゃないし・・・大学講師・・・!
いや漢字が違う・・・結局特定できず。不完全燃焼。

388 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:46
昨日愚痴ったせいか?今日PCが戻ってきた。
留守・・・にならなかったが結局w、修理中に書きこんでくれた人、どうもありが
とうございました。
画面の一部の発光はそのままだが、まあしょうがない。あとはぶっ壊れるまで
使い切るのみよ。結構物持ちはいい方だ。車は11万`、箸は18年同じものを
使っている。

で、年末恒例の所有物整理を始めた。
所有物といっても、こじゃれたものはそもそもあまり所有していないので、
整理するのは本や漫画やCD、太って入らなくなった衣服!などになる。
はじめにとりかかったのは、長年開かずのダンボールになっていた音楽
テープの箱を開け、捨てるものととっておくものを分別する作業。聴き入って
しまうことが多く、なかなか終わらないが・・・。

389 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:46
まずは中学生時代作成のテープが2本。1本目はいわゆる「エアチェック」
テープで、ヘンデルとかその辺。・・・もうエアチェックなんて言葉は死語なん
だろうが。これは棄てる。
2本目もエアチェックといえばそうなんだが、AM・FM関係なく数秒〜数分
単位でやたらめったら録音しまくっている。RCサクセションやガーシュインに混
じって、落語(現・桂ざこばっぽい声)、NHK-FMの音楽番組のジングルばか
り数曲、韓・露語のラジオニュース音声、オルティンドー(モンゴル民謡)
など、混沌とした世界が広がっていた。支離滅裂さ加減が心地いい。一体何
のためにこんなテープを作ったのか、今となっては思い出せず・・・もちろん
保存。

390 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:47
量的には9割以上を占める高校時代のは、いわゆるUKニューウェイブものが
過半数。自分が結構洋楽を聴いていたことにちょっと驚いたが、ウィンダム
ヒルやアフロポップの自己編集版など10本程度を残してほとんど廃棄。
大学時代のものは、引っ越しの度にどんどん棄てていたので、もう7本しか
なかった。そのうち1本はサリフ・ケイタの88年頃のライブで、開かずの箱の
最下層近くに突っ込まれていたのを9年振りに発見。こちらは全部残す。

これで、150本ぐらいあったのを約20本に圧縮。邪魔な箱が2つ片付いた。
CDは13枚売り払うことに決定。今は本と漫画に取り掛かっていて、こちらも
30冊ぐらいの処理を目標にしている。去年ブックオフに買い叩かれたので、
今年は地元資本の古本屋に持ち込む予定。

391 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:49
ウィンダムヒルで思い出したのだが、高校時代のある秋の終業後の話。
掃除当番として男4人で音楽室に行くと、黒板一杯に赤・青・黄・白のチョーク
を大胆に使い、端正だがちょっと幼さの残る字体で、

         A U T U M N
                    George Winston

と大書されていたことがあった。
直前の授業が終わってから掃除の時間までの約30分間に書かれたものと
思われた。内容はともかく(ウィンストンを知っていた者は4人中俺だけ)、書
かれた(というより描かれた)字や色使いが瑞々しいことに一同感心。

392 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:51
ひとしきり鑑賞後、音楽教師が口うるさいことを理由に、女嫌いで通っていた
当番Aが問答無用で消そうとすると、当番Bが待ったをかけた。
そんなマイナーなアーティストのファンの子(誰もが作者を女子と信じて疑わ
なかった)なら吹奏楽部に違いない、掃除終了後にここを使うのは吹奏楽部
だから、残しておくことで、

あれ、掃除当番、いいとこあるな!
→何組の誰?(→調査)
→○年△組の□番〜×番の人だ
→興味持っちゃうな〜(ハートマーク)

という流れを期待しているということだった。この辺の発想、今から見ると
高校生というより激しく厨の臭いがするなw

393 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:52
Aと仲がよく、当時まだ田舎には残存していた「ツッパリ」当番Cと、Bの意見に
妄想を逞しくしながらもさっさと掃除を終わらせたい当番Dを交えた全員で
話し合ったが、結局やっぱり消すことになった。
当番Bは最後までぶつぶつ言っていたが、隣の音楽準備室の黒板消しも
動員して、粉を浴び浴び擦り消していったのを憶えている。

自分の力作をあっけなく消されてしまった彼女(かどうかは不明だが)は、
嫌味なくらいきれいになった黒板を見て、どう思ったのだろう。それとも、Bの
推理は的外れで、いつまで残るか見届けたくて愉快犯的に「消さないで!」
と書いただけだったのか。はたまた、吹奏楽部や俺ら掃除当番の誰かに対
する何らかのメッセージだったのか。今となってはもう確かめようもない。
と、今の今まで忘れていたエピソード。
・・・ちなみに、まあ言うまでもないんだが、俺は当番D。

394 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/11 01:56
ごめんごめん、>>391の板書に補足。
G.Winstonと書いた下の方に、比較的小さな字で「消さないで!」と書いていた
のだ。
女の子(多分)の願いをあっさり退けてしまった。今だったら絶対消さないがな。
下心一杯で。

395 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/14 00:57
          o。_。_lコ<o>     |l≡≡≡|ミ|_<o>_。≠_〇o
 。+ +。。。。。 |l|FFFFFFF|。 。 .。 +|l≡≡≡|ミ|EEEEEEEEEEE|lll| .。+
  * o  o.   |l|FFFFFFF / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〇 ̄。 ̄  ̄ ̄    ̄。 o
     。。oo  |l|FFFFFF | クリスマスまであと10日あまりですね。   o
   /| ̄ ̄ ̄l ::|FFFFFFF \ はっ!寂しさに酔ってはいけないぞ・・・
   |ミ|:」」:」」:」| ::|FFFFFF     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |ミ|:」」:」」:」| 〇 FF.。    λ_λ  |l≡o + +! + 。 〇   +
   lミl.」」.」〇 ++ +   (,, `ー´) o  〇 。 o  +   〇 。 +
  __〇___。_゚__/ ~つ と)____o______〇__o___。
  二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ::::::::::::::::::::........................................  ..    .   . .. ...............::::::::::::::::::::::::
  ───────────────────―──────―
   *  ゜  +    ,:'           : +       丶   +
 〇     +   ゜ ,-'             i              ヽl゙   〇
     〇    _  l/            l!               \「 
         _  i/             ll                \「



396 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/14 00:58
クリスマスの起源や現在の形になった経緯については、いろいろなところ
で説明されている。キリスト教徒がミトラ教徒(ペルシア起源の密儀宗教。
帝政時代のローマで人気があった)にふっかけたイベント合戦をはじまり
とし、ゲルマン人の冬至祭りや聖ニコラウスの事蹟の記念行事などが入り
混じって、アメリカの詩人の空想と日米の商業主義が上塗りをしたこの
催し? その変容の過程を辿るだけでもなかなか面白い。


397 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/14 00:59
しかーし、そういった机の上での楽しみ方は、ここ日本のクリスマスとして
はいかがなものかとも思う今日この頃。人には「独りで祝ったっていいじゃ
ねえか気にすんな」と言ったりしながらも、正直俺だって気にならないわけ
じゃない。
ただ、一昨年までのように、自己憐憫の心地よさを味わい、独りであること
の暗い喜びに浸るのだけは嫌なんだよね。自己変革のエネルギーを奪わ
れるから。落ち込むなら明るく!自分を笑い飛ばせ!

398 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/14 01:00
何をもってか憂いを解かん ただ杜康(酒)あるのみ!(『短歌行』より)と
魏武を気取ってみようか。でも魏武と違って遠くから駆けつけてくれる友人
もない。近くの友人には皆予定がある。月の下で独酌でもするか・・・って
ここは冬の東北だっつの!風邪を引くのがおちで、憂いが解けるとはとて
も思えない。
多分昨年同様、24日〜25日は2chに腰を据えていると思われます。自分
の魅力のなさ・ヘタレさ加減に朗らかに泣き笑いしながら、同士の集うどこ
かのスレで、レスを付けまくっていることでしょう。

399 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/14 01:01
来年2月頭に、古い友人の結婚式への出席のため、岐阜県に行くことに
なった。ついでに周辺を回ってきます。岐阜はちょうど10年振り。名古屋
に行ったことがないので、ついでに見てこようかなと。


400 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/15 02:00
このスレを通して読み返してみると、似ている言い回しを知らず知らず
使っていることに気付く。
>48と>386、>149と>333の末尾なんかそっくりだ。気をつけないと。
「まあ〜なんだけどね」というのも頻出する。これは明らかに2chの影響
だ。軍事板のコテである某研究者のように、全ての文章を「まあ〜なわけ
だが」「まあ〜なのだろうか」で統一する人もいるくらいで、「まあ」の使用
頻度が非常に高いのが2chカキコの特徴だと思っている。


401 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/15 02:01
MSブックシェルフで「まあ」を調べると・・・

T 副詞
 1 「いろいろ△したい(言うべき)事も有るが、ひとまず」と言って相手を
  なだめたりまた何かをすすめたりすることを表わす
 2 そうだとはっきりは言えないが、ひとまずそれを認める気持を表わす
U 感動詞  〔女性語〕 意外な事を初めて知った時などに出す声

だそうだ。2chでの使用例としては、T-2が一番多いのではないかな。


402 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/15 02:02
例えば双手を挙げて賛成したくはないのだが、世間的には認められている
物事に対する描写
  (例:まあクリスマスには彼女と過ごすのが一般的なわけだが)
に使用したり、自分としてはそういうつもりではないのだが、客観的に
見ればそうとしか思えない行動・考え方を表明するときの描写
  (例:まあクリスマスに七面鳥丸焼きを一羽丸ごと買うなんてのは、
  家族持ちと思われてもしょうがないわけだが)
に利用されたり、などなど。

403 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/15 02:03
言い切りではなく、逃げの要素も残しながら自分の意見を表出する、外面
的には小ずるく、かつ内面には正直な表現方法。
仕事相手であれ友人であれ、他人と話し合いや折衝を行う際には、物事
を思い切って単純化し、共通の基盤に乗っかるような形態に整理して持っ
ていくことが多い。これは絶対に必要なことだが、そこでの整理の結果、
こぼれ落ちてしまう様々な要素を頭の中で反芻しながら、それらの存在も
向こうに伝えることができればなあ、としみじみしてしまうことがある。
まあ、という一定の留保のついた表現には、このような削ぎ落とされた細部
への鎮魂の意味を、含んでいるような気がする。

サダム・フセイン捕まりましたな。バース党やサダム殉教者団の残党は活動
を縮小するかもしれないが、原理主義勢力はどうなんでしょうか。
ベッドに入って、NHKを見ながら寝ます。おやすみなさい。

404 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/16 00:34
少し前に俺が仕事で手を抜いた結果生じた、俺に対するある顧客の不信感が、
大きく育っていることに気付かされた。
ああ、何やってるんだろう・・・
弛んでる。

反省しながら寝ます。

405 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/19 22:12
誤解しないように、女性と飲むときは早く帰るわけだ・・・

根性なし?笑わば笑え・・・
傷付けるより100倍ましやろ・・・
皆さんみたいにもてたことないんだから、慎重になってもしょうがないやんか・・・
ジェントルマンを気取って、何が悪いんだ・・・!!

406 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/19 22:18
うわっみっともない!

さっさと寝る。ではでは・・・

407 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/20 12:08
また変なこと書いてるし・・・
ああ嫌だ嫌だ酔っ払いw

ところで、
人前で披露する勇気がない特技

ホーミー

モンゴルの男たちに伝わる、一度に2つの声を出す発声法。数年前に、協和
発酵か何かのCMでも流れていたような。
声帯の振動をもとに、口蓋を使って高次倍音を発生させるのだが、音を出す
こと自体はそれほど難しくない。倍音を十分な声量で、変化を付けて発声
するのがなかなか大変なのだ。

408 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/20 12:09
2chワールド音楽板のホーミースレをはじめとするウェブサイトを読み漁って
得た知識をもとに、我流に近い形でやっているので、本場のものとは発声
方法が若干違うような気もする。それが気にかかるが、東京で年に1回程度
開催されているらしいモンゴルまつり?で生のものを聴く機会を得て、徐々に
修正していければと思っている。
最近ようやく倍音の音程を変化させることができるようになった。まだまだ
(倍音の方の)声量が足りないので、これが課題かな。


409 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/20 12:09
退勤時に車の中で、2日に一回ぐらいづつ歌っているが、こんな練習をして
いることは、周囲の誰にも話していない。
ただでさえ「得体の知れない趣味を持つ奴」で通ってるのに、これ以上怪し
まれたらたまったもんじゃないからな。
毒男さんスレで上がってた生活板のスレでもあったように、音楽の好みで
人を判断する(というか、貶したり褒めたりする)連中が世間にはたくさん
いる。マニアックだと貶す奴、褒める奴。流行りものを軽蔑する奴、崇拝
する奴。様相はさまざまだが、何というか音楽というものに価値を置き過ぎ
なような・・・

410 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/20 12:10
音楽は確かにもともとコミュニケーションツールとしての機能を持っていると
思うが、その機能のみが肥大化しているような気がする。また、その人の
単純な嗜好だけでなく、価値観全体まで表象するものとして持ち上げられ
てるようにも見える。
変な役割なんて持たせちゃったら、音楽がかわいそうだ。音楽は音楽、
楽しむもので、ラベリングの道具じゃねえぞコラ!


411 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/21 01:37
おぉっ!!!
出来ますか。。。ホーミー!!!
最初に出会ったのは大学の授業でかな。。。
是非、高音部で思い通りのメロディを奏でられるよう
頑張ってくださいな。。。

しかしこれは、限りなく怪しげな練習風景なのでしょうね。。。w

412 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/21 01:43
ちなみに、あまり役に立たない私の特技。。。
『ドリンク剤の瓶で「キラキラ星」の演奏』、とか。。。

※応用で、ラップやアルミホイルの芯で 笛を作るとか、
 ネリケシ、急須の取っ手、鉛筆キャップなども音が出せます。。。

413 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/12/21 11:43
ホーミーが出来る…凄いですね。
芋でも呑みながら聞いてみたい気もしますけど、お店じゃできないなw
最初に聞いたのはいつだろう…分かってても鳥肌が出てしまいます。
ユーミンの発声法が意外と似てるそうですね。元々物凄いビブラートだった
歌い方を意図的にノンビブラートにしたそうですが…

トマトさんの特技もいいなあ キラキラ星ってのが又w

414 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/21 23:23
>411-412
信号待ちのために車が止まった状態で、窓が少し開いているのに気付かず
に「ビュィエーー」とやってしまうことがたまにあります。買い物帰りの女性
たちが、引きつった顔で必死に遠ざかって行く後姿をよく見ます・・・

急須の取っ手でキラキラ星を奏でる謎の家政婦は見た!!・・・いや、気に
しないで下さい。
何でも笛にできるのは、ケーナ演奏技術の賜物でしょうか。尺八とかフルート
とかも大丈夫なのかな?

415 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/21 23:24
>413
そういえば、松任谷由美の声にも、特に高音域に金属質な響きが含まれて
いますね。彼女のアルバム『ボイジャー』は、中坊の頃よく聴きました。旅や
宇宙について歌った歌詞にあの声がマッチしていて、フォーク色の強い初期
やバブル期以降の作品より断然好きです。
ホーミー、ホーメイ(モンゴル共和国の北西隣・ロシア領内トゥーヴァ人の
喉歌)からブルガリアの女声合唱に至る北方ユーラシア遊牧民文化の高音
域歌謡?を聴いていると、人に向けてというより、天とか神とか風とかに向
かって歌ってるような印象を受けます。人が嫌いなわけではないんですが、
ドロドロした生の自分をちょっと抽象化するというか、そんな効果がこの歌唱
法には潜んでいるような気がします。

416 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/21 23:25
今自分が練習しているのは、歌詞のないモンゴル風ホーミーですが、いずれは
歌詞も歌えるトゥーヴァ風スグットにも挑戦したいです。
ttp://members.aol.com/khoomii/kh_src/welcome.htm

ワールド板のホーミースレはこちら。
http://music.2ch.net/test/read.cgi/wmusic/1003884682/

417 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/22 00:07
ワールドミュージック板、久々に見に行ったわよ。。。
大掃除スレもまだ健在でした。。。
口琴スレものびてたし。。。
>>416もちょっと覗いてきました。。。
んで、ホーミーより姉妹ページとしてあるほうが気になり。。。w

猫の鳴き真似だったら、かなり得意です!!!
あと、「三つベロ」(舌先を三つ葉型にする)とか。。。

う〜ん。。。収入に繋がる特技が欲しいです。。。マジ

418 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/22 23:46
>417
収入に繋がる特技。
何かを作ったり組み変えたりアレンジしたりする能力ってところでしょうか。
自然と身に付くものってなかなかないような。何が金になるか、を意識して
ないと、習得しづらい気がします。
俺はといえば、米づくりなどの農業技術は半人前以下、資格も即戦力になる
ものは残念ながらないですね。
金にならない特技もそんなにはないが、りんごやなしの皮をきれいに剥ける
こと、にはちょっと自信がある。小せぇー
猫の鳴き真似は、上級者だと本物の猫が寄って来るそうですな。ペットショップ
店員として特別手当が・・・つかないか。

419 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/22 23:46
さて、このたび・・・
体重が、めでたく・・・じゃなくてとうとう、70kgに達してしまった。
平成15年1月1日、禁煙をスタートしたときの体重59kgから、約1年間で
実に11kgの増量になる。
ニコチン欠乏によるストレス過食?により最初の2ヶ月で8kg増、その後しば
らくは増えたり減ったりを繰り返してきたのだが、11月から再び直線的な
増加に転じ、このようなていたらくとなったわけだ。
健康的に問題があるだけでなく、日常生活に支障を来たすようにもなった。
スーツも私服も、とにかく半数以上のズボンが穿けなくなってしまったのだ。
これは本当に困る。久し振りに会うお客さんに「どうした!?」と驚かれ、仕事
の話になかなか入れないのも、もううんざり。

420 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/22 23:47
なるべく肉や揚げ物を食べないようにしたり、食事の面ではずっと気を使って
きたが、そもそも栄養吸収率が格段に上がっているため、多少量を減らして
も、2kg以上の減量は叶わなかった。1日2箱のタバコというのがいかに体に
悪かったかというのが、今になってしみじみわかるが、そんなことでしみじみ
してる場合じゃない。このハラのニクをなんとかしなければならんのだ!
もうぽっこりというより、どっかり、か、ずっしり、っていう表現が似合うように
なってしまった。垂れ下がっている感じではなく、内圧でパンパンに膨れ上
がっている状態。叩くとポンポンとよく響く。ちょっと狸気分・・・を楽しんで
る場合でもないぞいかんいかん!

421 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/22 23:48
そこで!今年の元旦禁煙の成功にあやかり、来年元旦、チャレンジ第2弾
「夜のジョギング」をスタートさせることにした。
基本的には毎日走る。雨天・雪空決行。早朝に走ることも考えたが、田舎
なので近所の人々は皆早起き、朝の方が人目につくのだ。ちなみに走らな
くともよい日を3種類だけ設ける。

1 台風・雷雨・暴風雪の日(いや、健康より命の方が大切なので・・・)
2 外で飲みがあった日(心臓の負担を考えて。家飲みは走り終えてから)
3 ハードな農作業があった日(苗箱運びや土寄せなど。体と相談して)

ざっと計算すると、上記3項目で年間60日程度走らない日が出てくる。週
1〜2日程度休むことになり、ちょうどよいかと。
走る距離は、2キロ程度から始め、春までに4キロぐらいまで延ばす予定。

422 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/22 23:49
とりあえずは、体重が65kgを切るまで続けようと思う。最終的には禁煙前の
59kgまで落としたいが、あまり一気に落とすとリバウンドが怖い。65kgに
なったら、ちょっと仕切りなおそうかと思っている。ジョギングからスイミングに
変えることを含めて検討。・・・今の巨腹を人目にさらす勇気がないので、少し
痩せてからと。

423 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/22 23:49
あーあ、宣言しちまった!
昼に職場でもしてしまったし、もう後には引けない。何年かかるか、知り合い
のように半年程度で済んでしまうのかわからないが。
気合を入れるために、スノートレーニングシューズ(略称:スノトレ)とスポーツ
コートを購入。もう準備万端だ。
ちなみに、小学5年から2年間、積雪期以外ずっと走っていたし、中学では
陸上部(短距離だが)に入っていたので、もう走るのは嫌だと思ってきた。
が、背に腹は代えられない。初めはオットセイのようにのたのたとでもいい
から、まあやってみますよ。

424 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/23 02:46
帰り道、クリスマス近いからっていちゃついてる猫のカップル
を攪乱させてやったわよ。。。
私が鳴き真似して呼びかけたら、2匹とも振り返ったわよ。。。

425 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/23 02:50
いくらヒトケが無いからといって、深夜0時過ぎに猫の鳴き真似して
ニンマリする女って。。。我ながらやだな。。。w
(しかもチョコアイスの食べ歩き。。。)

※学生時代、学内で猫と遊んで鳴き真似してたら、何匹か集まってきた
 ことはホントにありますよ。。。w

426 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/12/23 08:47
我が家の猫の場合、本物の猫の鳴き声にはテレビでも反応しますね。
つくりもの(サザエさんのタマとか)は駄目ですが、一度「ぐっさん」の
ツクツクホーシの真似に激しく反応してました。ワロタ

冬は要注意な季節ですね…自分もダンベル体操でも又始めなければ

427 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/24 00:57
>424
クリスマス近いからっていちゃついてるのは人間だけですがなw
猫の恋路を邪魔する奴は、肉球に踏まれて和んじまえ!!

ちなみに向こうのスレの回答ですが、120分以遠の方です。車だともう少し
短時間で行けるんですが。
政令指定都市から90分以内が最高というのは、そういうところに嫁いだ
知り合い(浦和生まれ札幌育ち)が言ってました。治安の良さと利便性の
いいとこ取りだとか。

428 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/24 00:57
>426
ぐっさんて、DONDOKODONの山口ですか?
彼のハリウッド映画の真似や『ボラーレ』は聴く度にワロてしまいます。
今日は10日ぶりぐらいにV字腹筋(普通の腹筋は、足を押さえる方法が
ないのでこの部屋ではできない)をちょっとやりましたが、毎日やらないと
意味ないようです。

429 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/24 00:58
さて、クリスマスイブですね。
今日は献血をしてきます。ほら、皆さん夜に向けて体力を温存しなくては
いけないじゃないですかw 献血車への申込が少ないんだとか。
その辺を見抜いて俺に出動命令を下した庶務の連中、やるな・・・
おやすみなさい。


430 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/24 02:39
120分以遠の方ですか。。。
それはそれで良いかも。。。
年末ジャンボが当たったら、田舎に土地でも持ちたい今日この頃。。。

そういえば最近、献血してな〜い。。。
車より献血ルームがオススメ。。。
クリスマスシーズンだとなんかもらえるかも。。。

431 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/24 23:26
>430
最も近い献血ルームまで車で80分・・・
でも、献血車でもいろいろもらいましたよ。洗剤、台所用洗剤、スポーツドリンク
等々。看護婦の人達がイケメンの後輩にばかり世話を焼き、俺が放置気味だった
のがちょっと悲しかったがw 久し振りに行ってよかったですよ。

432 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/24 23:29
BGMは、沈み込みたいときにかけるフェラ・クティの"Beast of No Nation/
Just Like That"。
クティはナイジェリア出身、70年代から活躍する大御所。政治運動に没頭して
何度も投獄されたり母親を殺害されたり、信奉者と結社的な共同体を建設したり
の末、97年にエイズで亡くなった。「アフロビート」と称されるその音楽も、
けれんたっぷりの、執拗なリフレインと飢えたようなリズムが際立ったものが
多いが、上述の作品はちょっと毛色が違う。
なめらかで落ち着いた感じの、でも底の方にカンカンに焼けた炭が埋まっている
ようなひりつきを覚える。酒が進むw

Joslaidat Joslaidat Joslaidat・・・

433 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/27 01:51
さて、今年の仕事が(多分)終了しました。
正月まで、携帯が鳴らなきゃいいが・・・

いや、飲みの誘いの電話ならいいんだけどね。
外はまた雪が降り出した。


434 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/29 00:45
時間がたっぷりあるのに、文章を書く気が出てこない。
で、こんなのを作っていた。


1 適当なニュースサイトを開く

2 以下をメモ帳などにコピペし、改行を無くして一体にする(5回改行している
  ので、deleteで改行を無くす)

JavaScript:with(document.body)innerHTML=innerHTML.replace(/。(.+)[、|。]
(.+)[、|。](.+)。/g,'。<DL><DT>  λ_λ <BR> (* `ー´) ζ
<BR>       [_] <DD>続けるか?<DD><BR>$1……まあ、ここまではいい。
<DT><BR>  λ_λ <BR> (* `ー´) <BR>    [_¢ ズズ <DD>で、$2……、
<DT><BR>  λ_λ <BR> (* ` ◎¢<DD><BR><BR>$3、だそうだ。<DD>
<BR>どう思うよ?<DT>  λ_λ <BR> (* `ー´)  ガチャ<BR>    [_¢ </DL>');focus();

3 ニュースサイトを開いているブラウザのurl欄に2を貼り付け、enterキーを
  押す

このスレの108を改造して作りました・・・暇人だな俺もw
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1070715430/

435 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/29 01:26
調子に乗って他所の板にまで貼って来てしまった。ウザガラレルカモ・・・

今朝は雪が20cmほど積もっていたので、今冬初めての雪かきを実施。
今頃にしては乾いた雪で、作業もはかどったが、終わる頃にはやはり汗だく。
ああ、またこの季節が始まった・・・。仕事が始まると、雪かきのために1時間
早く起きなくてはいけなくなる。ギリッと冷えた朝の作業なんかはいっそ気持ち
がいいが、じとじとした重い雪が厚く積もった日なんかは、憂鬱になる。

NHKアーカイブス「新日本紀行」の再放送を見ていた。この番組、リアルタイム
でも見ていた。日曜の6時半からだったか?富田勲作曲のテーマ曲が大好きだった。

436 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/29 01:47
義経北行伝説というと、事実派・伝説派ともにすぐ熱くなって論争を始めること
が多い。だがこの問題に関しては、北行が事実かそうでないかより、なぜ義経の
伝説がこれだけ大切に東北各地に残され、伝えられてきたのかという民俗学的?
アプローチの方が豊かな結果を残せるような気がするな。

ちなみに俺自身は北行を信じてはいないが、義経主従ならぬ平泉武士がかなりの
人数三陸や津軽、蝦夷地に逃げ延びたことは確かなんじゃないかと思っている。
松前藩が収集した伝承にもあるし。ただし、アイヌに伝わる義経伝承は、もと
もとあったアイヌの伝説の主人公(ポイヤウンペとか)を松前藩が強引に義経に
結びつけて広めたせいという説が有力なので、割り引いて考える必要があるが。

437 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/29 01:55
NHK「新日本紀行」の再放送、今度は江ノ電沿線だ。
鎌倉〜湘南方面は行ったことがない。来年あたり、足を延ばしてみよう。

おやすみなさい。

438 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/30 01:21
>434に書いたスクリプトの最後の台詞を「ま、イインジャネーノ」に変え(AAが
ネーノの顔なので、キャラに合わせて変えた)、モナー板の八頭身ネーノスレ
に貼り付けたのだが、イランの地震などのニュースにイインジャネーノは不謹慎
じゃないかと指摘されてしまった。実は張りつける際、そう指摘される可能性
が頭をよぎったのだが、まあ大丈夫かなと楽観視して強行してしまったのだ。
・・・反省。罹災地の復興が一刻も早く成し遂げられますよう。

439 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/30 01:22
不用になった本とCDを売りに行ったが、ダンボール満杯、重さにして20キロ
はあると思われるものがたったの4000円だった。うーむ、CDはブックオフの
方が高く買い取ってくれるようだ。来年は本は地元資本の古本屋、CDは
ブックオフというふうに分けて持って行こう。
で、その4000円は飛良泉山廃生酒と酢豚と水菜と大野潤子と中世ノブゴロド
史本等々に変換され、胃の腑や脳に収まりつつある。
大野潤子(マンガ家)は少女漫画板の「男が読んでも面白い少女漫画は?」
スレで紹介されていたので、初めて読んでみた。むらはあるものの脱力感と
叙情性が無理なく同居し、遠藤淑子や川原泉好きとしては違和感なく楽しめた。
ストレートな恋愛マンガでもあるので、男性の好き嫌いは分かれると思うが。

440 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :03/12/30 01:43
よそで不要になった物をガッポリもらってきてしまった。。。
荒れてる部屋がますます。。。ウァァン

441 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/30 02:09
>440
どんどん消費できるものだったらいいんですが、そうでもないんでしょうか。
店に置かせてもらうなんてのは・・・無理かな。

俺の場合は、まだ必要なものでも、その必要の頻度が低く、かつ安価に買い戻
せる可能性のあるものはとりあえず売り払う・捨てることにしてます。例えば
本は、古本屋に預けるって考え方です(実際買い戻して読むものもある)。
それでも散らかってますが。学生時代は、"山"に布を被せて見えなくしたりも
してましたし、現在も一山、ぼろぼろの地図を被せたのがありますな。

442 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/31 02:10
今年はネットに依存気味に過ごしてしまったなあ。
異動で小規模な営業所勤務になり、飲み仲間から隔離されてしまったのと、
担当客は年配男性・中年女性が多くなったため、仕事場から気軽に飲みに
誘えない雰囲気なのが理由といえば理由か。4月や12月などの飲み会シー
ズンを別として、残業→直帰、飯・風呂後ネットというパターンが多い1年だっ
た。休日も、思えばあまり出かけなかった年だった。家業が拡大したのと、雨
が多かったせいか?

仕事の方といえば、前の上司の命令で立ち上げから俺が担当した新しい
事業を今の上司が気に入らないらしく、なんだか投げやりで、経理的な細か
い点ばかり突いてくるのが大きなストレスとなった。
もっとも問題なのは、そのことのせいにするつもりはないんだが、仕事への
意欲がこれまでになく低調だったこと。その結果お客さんにも迷惑をかけて
しまったし。要領は悪いが真面目な奴、という仕事上の評価?が揺らいだの
が口惜しい。

443 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/31 02:10
毎年夏に開いている古い友人達との集まりにも行けなかったし、米まで不作
だったし、太ったし、何なんだコノー!
いい年とは、決していえなかったなあ、正直。

強いて良かった点を上げれば、禁煙に成功したこと、日記代わりにこのスレ
を使わせてもらったせいで随分と気持ちが紛れたこと、ぐらいか。
レスしてくれる人に、支えられた所も多かった。感謝します。
音楽など、リアルではなかなか周囲と話す機会のないことについて書くこと
ができたのも、喜びでした。読む方はウザかったと思いますがw

まだ1日あるが、少し早い今年の簡単なまとめ。
明日は多分酔っ払ってるので、今のうち。

444 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :03/12/31 21:22
そんなには酔っ払ってないがな。まあ飲んでます。飛良泉山廃生酒を
冷やで。

NHK教育の江戸紹介番組と帆立のかやき(貝殻焼き)を肴に。

朝顔の紹介のBGMが、西アフリカのバラフォン(マリンバの源流)演奏。
やるな。
木琴、銅琴、親指ピアノなど、旋律を奏でられる打楽器が好きなのでつい
聞き入ってしまった。

と思ったら、『秋田大黒舞』がかかった。この歌も好きだ。

445 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/01 00:05
ということで、明けましておめでとうございます。

昨年はこの板にはお世話になりました。楽しかったですよ。
今年もよろしくお願いいたします。

南アフリカのミュージカルをNHK教育で見ている。東〜南部アフリカの合唱
はインパクトあるなあ。

446 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/01 00:13
*゚∀゚)っ□アケマシテオメデトウゴザイマス...

447 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/01 01:48
>446
おめでとうございます!
今年もぼちぼちやってきますんで、気が向いたら書いてって下さい。
共に部屋の片付けに精進しましょう・・・w

ミュージカル"Umoja"終了。冒頭でトップレスの女性ダンサーが沢山出て
きたときにはいろんな意味でどうなることかと思ったが、ダンスのトーシロさ
がリアルさをかもし出し、勢いと臨場感のある仕上がりに。音楽も幅広く、
いや凄かった、満足。

448 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/02 01:01
昨日の"Umoja"の影響で、CD"The Spirit of African Gospel"を聴いている。
収録されているのはアカペラの混声合唱。アメリカの同様のスタイルのゴス
ペルより構成が複雑で、単純なコール&レスポンスのほか、通唱低音か
短い旋律の繰り返しがつくものが目立つ。これは明らかに伝統的な音楽スタ
イルの反映で、もともとケニアから南アフリカにかけての地域は豊かなハー
モニーを湛えた合唱が盛んな地域だったから。
旋律よりも和音に留意した曲作りをしている様子が窺え、歌っている人達も
自分達の声のハーモニーを楽しんでるような、いろいろ試したけどこれなんか
どうよ?的に胸を張って歌っている感じに聴こえるのが楽しい。

449 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/02 01:03
さて、走りました。
ほんの少しだけ霧雨が降っていたが、そんなに気にならない程度で、この
地域のこの季節としてはいい方のコンディション。大きく夜気を吸い込み、
十分膝・足首をほぐし、アキレス腱と脇腹を伸ばして、とりあえず家の前から
県道までの250mを4往復しようと走り出した。
と、1往復もしないうちに背筋が重苦しくなってきた。2往復目の後半には、
後から誰かに背中に棒を差し込まれているような、渋味を伴う苦しさ。疲れも
全くなく、汗もあまりかいていない状態のまま、3往復が終わった所で中止
した。背中を直立させることが、もはや困難なくらい苦しさが増してきたから
だ。
結局、初日は10分程度の走りで終了。短か!

450 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/02 01:05
走った直後に風呂で温めた結果、太ももは既に痛みが始まっているが、背筋
はまだ痛みがなく、苦しさがかすかに続いている状態(冷やすより温めた方
が、筋肉の再生プロセスを早期にスタートさせることができる。従って筋肉痛
が早く始まり、早く終わる)。
経験からいうと、明日あるいは明後日、背中の下半分がパンパンに張り、
かつ痛苦しい状態に陥るだろう。ただこれで筋肉が励起状態になると思うの
で、1週間程度で痛みは去るとも予測。
ちょっと予想外ではあったが、それだけ体重増が筋肉に負担だったのと、
筋肉そのものが衰えていたということなのだろう。今日のようにあまり無理
せず背筋に留意して走り続け、日常生活に差し支えない程度にもう少し
筋肉痛を呼び覚まし、緩んでいた筋肉が目を覚ますのを待って、本格的に
脂肪燃焼に励む(距離を走る)ことにします。
あと、びっくりしたのは呼吸がかなり上がってきても楽に、深くできたこと。肺
の中のタバコヤニがかなり落ちていることを実感できた。よしよし。


451 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/02 22:45
ジョギング2日目。背筋の苦しさは1往復目から始まり、つらいったらありゃ
しない。歩くと治る。再び走り出すとすぐ苦しさが戻る。結果、全体の約半分
を歩き、計4往復(約2km)で本日は終了した。
どうやら、背筋が弱ってるばかりではなさそうだ。歩いたり、腰高で上半身を
一定の高さに保つ短距離走的フォームで走ったりすると苦しさが減少する。
このことから考えると、地面に足を着いた時の衝撃を背筋が吸収し切れない
ため、筋繊維の細かい断裂を引き起こしているような気がする。
参った。なるべく腰に衝撃が届かないよう、滑らかなフォームを心がけて続け
ることにしよう。

452 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/02 23:07
この9連休でこれまで1度しか外出していない。
心の中の、磨り減った部分がゆっくりと修復されていくのを感じる。あまり人
にいうことではないのかもしれないが、独りで過ごすことに何の退屈も感じ
ない精神構造になっているようだ、俺は。
心が磨耗してしまうほど、激しく他人や状況とぶつかり合っているわけじゃ
ない。主張すべき時は主張しているつもりだが、概ね穏やかに自分の周囲
の物事は流れている。それでも、独りの時間が短いと、自分の精神を遊ば
せておく庭が酷く狭くなり、かつその庭に生えていた草花が吹き飛ばされて
がらんとした状態になっていくように感じる。

独りの時、自分のためだけに自分の時間と判断力を使うことにより、庭に
少しづつ草木が繁り出し、壁が後退して広くなっていくのがわかる。7日間
の休息により、脳内の庭はようやく満足できる段階まで復元しつつあるよう
だ。物事が以前よりクリアに見えてきた。落ち着いて座りながら外界から
の刺激を分析し、考えを組み立てている気分。
いや大したこと考えてないんですけどねw

453 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/02 23:08
ただ、退屈ではないものの、世間がどのようになってるかちょっと見て来たい
気持ちになってきたwので、明日は早起きして仙台に出かけてきます。
4ヶ月振りだ。さぞや混んでいることだろうが、それに巻き込まれるのは嫌い
ではないので。

454 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/05 00:59
仙台土産はCD6枚本4冊。買い過ぎ。アホか。
バーゲン真っ最中の服には目もくれず・・・今ごろになって後悔。
CDなどのレビューはまた後日。とりあえず『エチオピークvol.4』(エチオピア
の'70年代のジャズファンク)の謎のコード進行にどきどきしてることだけ
書いておこう。

ジョギング(まだ1/3ぐらい歩いているが)も、ちょっとだけ有酸素運動っぽく
なってきた。いいぞ。

明日から仕事です。今年はお客さんに迷惑かけないよう、引き締めていく。
おやすみなさい。

455 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:35
ぼけぼけの脳にはキツい一週間だった。今日は心身ともに疲れ果ててジョギ
ングを休んだし。はあ。
12月は例年より忙しくなかったのだが、年明けのこの一週間、どっと依頼が
押し寄せてきた。数人の客に携帯番号を教えたのが広まっているらしく、朝
早くや夜遅くに仕事の電話が来るのには閉口するが、まあしょうがない。
稼がんとな。
では、4日に買ってきたCDレヴューでも・・・


456 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:37
1 エチオピークvol.4
先日も書いたとおり、エチオピアのミュージシャン、ムラトゥ・アスタツケの
バンドによる69〜74年の録音を収めたもの。全曲インストゥルメンタル。
この人は近代エチオピア人でただ一人欧米で音楽教育を受けたとのこと。
確かに音楽の形式自体はジャズファンクやラテンだが、冷静過ぎるホーン、
解決を見ないコード進行、ちっとも腰に来ないリズムセクション、古賀メロディ
を思わせるヨナ抜き音階もどきの旋律、頭の中に?マークが乱舞する。
美空ひばりの『恋の季節』を、オケだけにし、演歌臭くした音を想像すると
近いかも。
これらの要素が渾然一体となって・・・いない。演奏者の技術が高くないことも
影響しているのか、全体的にぎこちないし、こなれていない印象を持つ。しか
し、それを差し引いても、不思議な魅力を湛えた作品だ。

457 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:38
10年ほど前に購入した"Africa Dances"という、60〜80年代のアフリカ各地
のポピュラーミュージックを集めたアルバムに、エチオピアの大衆音楽が1曲
だけ入っている。ドスの利いたコブシを回しまくる男性ヴォーカルとファンキー
なホーンセクションのマッチングがなかなかいい。ちなみに旋律は『りんご
追分』に酷似。今でも時折引っ張り出して聴くが、日本の歌謡曲と、同時代の
エチオピアの歌謡曲の類似振りに、かなり興味を引かれてたのが、今回上で
紹介したアルバムを買った動機。

ご存じの通り、この国は両大戦間の数年間を例外として太古から独立を貫い
てきた。主流を占めるセム系キリスト教徒たちが保持してきた文化は、近隣
の諸集団と比較しその独自性が際立っている。74年に帝政が倒れてから
長く内戦と干害が続き、沿海地域がエレトリアとして独立したあともいくつか
の分離運動を抱えるこの国からは、同時代の音楽シーンがなかなか見えて
こない。
政情が安定して消費活動が活発化し、再び国外への音楽情報発信が盛ん
になることをひそかに期待しているのだが・・・。2000年に民政移管後初の
選挙を行ったそうなので、今後に注目。

458 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:38
2 スティーヴ・ライヒ『砂漠の音楽』
 ヴィブラフォン、マリンバ、弦、合唱などを駆使した、ライヒにしてはミニマル
色の比較的薄い作品。この前買った『ドラミング』より面白い。後期作品の方
が自分には合うようだ。合唱は少しウザい。
ワールド板の細野晴臣・久保田真琴スレで「細野の『絹街道』は『砂漠の音楽』
に雰囲気が似ている」と買いていた人がいたが、俺には共通点がわからな
かった。

459 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:39
3 スペイン古楽コレクション   "Monodia Cortesana Medieval, Musica
Arabigo-Andaluza"
末尾に4曲だけ収録されていたアンダルスの曲目当てで買ったところ、4曲
全てがすでに持っているCDの収録曲と同一曲・・・。確かめなかった俺が
悪いんだがw
ただ、こちらは男性ヴォーカルも伴うなどアレンジが異なり、よりマグリブ的な
印象を受けた。こちらの方がアレンジは好きだ。

4 スペイン古楽コレクション "La Baxa Danza y La Alta"
こちらは15〜16世紀のキリスト教イベリア各国やブルゴーニュの宮廷器楽
曲・舞曲を収めたもの。解説がスペイン語でしか書いてない。てめーEUメン
バーのくせに何やってんだ!読めねえよコラ!・・・まあ英語で書いていても
ろくに読めないんですが。失礼しました。
盛期ルネサンスの、軽快さを志向しながらも、まだ少し中世的な暗さや諦念
を引きずったような落ち着きが心地よい。バロックのポカーンと突き抜けた
明るさや人間臭さも嫌いじゃないが、この「憂い」はバロックでは出せない。

460 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:40
5 ザ・ベスト・オブ・チーフタンズ
アイリッシュトラッド界の大御所のベスト盤。おっさんバンドを見ると反射的に
買いたくなる癖が出た。至極まっとうなトラッド(あたりまえ)で、ルナサから
入った俺には多少物足りないが、聞き込むと味がわかってくるのかもしれな
い。
その前に飽きそうな気もする。微妙だ。

6 Alma 〜The Sound from Cape Verde
セネガルの沖に浮かぶ島国カボ・ヴェルデ出身アーティストのコンピレーショ
ン。葡人が連れてきた黒人と葡人の混血が大部分を占める地域なので、
音楽にアフリカ色はあまり感じられない。ブラジル音楽に似ているとの説明を
よく見るが、むしろポルトガル本国の音楽に近いような印象を受けた。
伝統的な「モルナ」形式の曲はなかなかいいが、ヴォーカルが大人し過ぎ。
サンバやズーク(仏領カリブ・マルティニークのポップス)の影響を受けた曲
は全体的に薄味。売ろうかな。

461 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:40
本は工藤雅樹『古代蝦夷』、スラヴォイ・ジジェク『テロルと戦争』、幸田真音
『藍色のベンチャー』(こんな名前だが時代小説)上下、ジョー・スタンリー
編著『女海賊大全』w。
まず、『女海賊大全』に取りかかっている。「強い」女性像を見る男性の眼差し
と欲望の分析に興味があるので購入。タイトルはあざといが、中身を見ると
女性執筆者が多く、フェミニズムやメディア論の観点からの考察を中心とした
結構堅い本。堅くない部分が少なくて不満なくらいだw
自分の脆弱な自尊心の維持のため、意図的に女性を「弱き者」として扱いた
がる男性が、なぜこういう「強い女」としての女海賊をもてはやしたのか。
冷静な論旨展開が行われていることを祈りつつ読み進めている。前読んだ
斎藤 美奈子『紅一点論』が面白かったので、この本にも期待。

462 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/09 23:43
ところで、SAKEトリップを名乗ってるものの、最近なんだか気が引けてきた。
このスレでも何度も書いているとおり、禁煙のせいか歳のせいか、多分双方
のせいで悪酔体質になってしまったし、そもそも量を飲めなくなってきた。
家で飲むことはまだ多いが、ジョギング直後の水大量摂取のせいで、焼酎
(同量のお湯で割ったもの)コップ3杯も飲めばもう入らない。
リアルで一緒に飲んだくれていた悪友ももういないし、ちょっと気分を変え
ようかなと。
トリップ検索で、今適当なものを探している。/OnRoか、River.がつくものを。
気に入ったのが見つかったら、知らない振りして変えてると思いますので。

463 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/10 01:31
>>456
「恋の季節」はひばりチャンでなくピンキーとキラーズ では???
(♪わっすれられないの〜)
それとも「真っ赤な太陽」???
(♪まっかに燃えた太陽だから真夏の海は恋の季節なの〜)

464 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/10 01:45
>463
そ、そうでした!ありがとう訂正します。
ぐぐって確認とかしてから書かないといかんな。歌の名前を間違って憶えて
ることが非常に多い・・・ 
ex.誤「隅田川」 正「花」、誤「エリー・マイ・ラブ」 正「いとしのエリー」 etc...


465 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/10 01:47
      /;;;;;;;;;;;;;\
     /\;;::::::::::::::::::ヘ
     /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
     L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
    //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l
    |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
   〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕
   /j/               ヾ、
    l::||::::               |l
    |::||:::::::..  (●)     (●)  ||
   |::||:::::::::::::   \___/     ||   鳴かぬなら それでいいのよ ホトトギス
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ
       ̄`ー―---oo-――'"
             ハ

http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1067730132/490
いい思い切りだ…

466 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/11 03:51
>463,464
訂正しますって書いて、どう訂正するのか書いてなかった。
美空ひばり『真っ赤な太陽』の方でした。
ただ、ピンキーとキラーズ『恋の季節』の伴奏も、考えてみるとアスタツケの
ものと似てる所があります。パンチのないプラスと淡々としたリズムが。

467 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/11 04:08
眼が覚めてしまい、NHKで流している新疆の砂漠の光景を眺めながら
炬燵で丸くなっている。
>165で書いたように、砂漠の光景に親近感と懐かしさを感じる。小学生の
頃、よく「素晴らしい世界紀行」や「兼高かおる世界の旅」などの紀行番組
を見ていたことで刷り込まれたのかとも思うが、一方で、今日のような吹雪
で作られる風紋の広がる雪原と砂漠の風景が似ていることも影響している
のではないかとも考えている。

風のない日に積もった雪は、ものを柔らかい形で覆う。吹雪の日の雪は、
ものには流線型の庇を貼り付け、地面には波や蛇型や魚型の文様を
描いていく。そんな季節になってきました。

468 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/13 00:27
自然の作り出す造形物は、人間がどんなに細心の注意を払っても
うち勝てる物ではないなぁ、と常に思います。。。
(だから私は「美しき天然」の歌詞がとてもお気に入りなのです。)
一口に「自然」と言っても宇宙規模の単位から、高価な顕微鏡でしか
見れない極小の世界まで、金太郎飴ではないけれど、どこを切りとって
眺めてもとても魅力的なのです。。。
かなり昔のことですが 秋山 実/写真集「ミクロ・アート」を見たときの
強烈な印象は今でも残ってます。。。
単なる学術写真にとどまらず、小さな世界の中に砂漠のような風景が
あったり、航空写真のような世界があったり、そのままドレスの生地に
使えそうなパターンなどが集まった面白い写真集です。。。
<秋山実>
http://japan-inter.net/ssp/howto/5.html

469 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/13 00:32
古い本なので入手困難かも知れませんが
「驚異のデザイナー 植物の織りなす不思議な世界
      フェリックス・パトゥリ/著 土田光義/訳 白揚社 」
もオススメです。。。
古本屋で見かけたら是非手に取ってみてください。。。
植物の構造体の持つ特徴、美しさ、面白さの詰まった本です。。。


470 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/13 03:31
平日の、仕事が終わっってから寝るまでの短い時間に、何か書きたくなる
ことが多い。しかし、時間が有り余ってる休日というのは、脳が受身になって
るのか、あまり文章を書く気力が起きないことが多いような気がする。
で、一昨日は出かけようと思ったが、猛吹雪で面倒になって中止。昨日は
なんとなく4日に買ってきた『女海賊大全』を読み進んだが途中でほっぽり
出し、『古代蝦夷』に乗り変えて読了、さらにネットでアンダルス音楽のCDを
大量に発見してウハウハ。今日(もう昨日だが)は風邪を引いてしまい、ジョ
ギングも休んで、ベッドの上で窓の向こうの青空をぼーっと眺めていた。
冬の青空は、こちらでは貴重なのだ。堪能させてもらった。

しかし3連休だってのにこれでよかったのかw 活動しないから痩せな(ry

471 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/13 03:33
>469
こちらでは、小学3年生ぐらいで理科の時間に「雪の結晶の観察」ってのを
やります。降ったばかりの雪を理科実験室に持ち込み、顕微鏡で観察するの
ですが、この結晶が本当にきれいなのです。気温、湿度、風速などによって
毎日形が違い、それぞれの美しさがあります。テレビやネットで見たことが
あるかもしれませんが、実物は数倍きれいですので、今度雪の日があれば
虫眼鏡で観察することをお奨めします。氷点以上の温度での雪の結晶は枝
が発達して、結構見ごたえがあるかもしれません。
ミクロアートや植物の写真集、探してみます。特に植物は仕事柄気になりま
すしね。
ちなみに持ってる写真集は『軍艦島』とスコットランドの風景集の2つだけ。
オネーチャン関係は学校卒業時に後輩にあげて来たので。惜しいことを…

472 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/13 03:34
しかし、滝や流れや断崖や雲海は、人に知られなくても、「美」を内包しな
がら存在していると言っていいんだろうか。それとも、人の視線に触れた
瞬間、そこに「美」が生まれるんだろうか。
・・・なんだか禅問答ぽいが。

おやすみなさい。

473 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/13 04:08
雪の結晶は小さい頃、見ましたよ。。。顕微鏡で。。。
条件によっては肉眼でカタチがわかるときもありますよね。。。
溶けていく様は綺麗ですよね。。。天然万華鏡のよう。。。
でも、所詮は関東の雪なので凄いの見たいです!!!

「驚異のデザイナー」は写真集ではないのですが、間に入ってる
写真資料をざっと見るだけでも楽しいです。。。(モノクロですが)
軍艦島は壁のどっかのスレで(オフだったかな?)行ってみたいって
書いたことがあったなぁ。。。
軍艦島の写真なり映像を見ると、連鎖的に(?)サルガドの撮った
すり鉢状の金鉱で働く男達の写真を思い出したりします。。。
(先週、恵比寿の美術館でそれと再会してきました。。。)

>>472
後者かな。。。何となく。。。
洞窟のなかに眠る鍾乳石も誰かが光を当てなければ「美」として昇華
されない。。。
自然界の前では人間なんてちっぽけで無力だ、と思うこともあるけど、
誰も気づかないようなところに、上手に光を当てて切り出せば「芸術家」
になれるかな???
万人が認める美を模倣するだけの作業だったらもうやり尽くされてしまって
るしね。。。(それだって技術はいるけど現代なら写真で十分かと。。。)


474 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/13 04:11
がー、4時過ぎちゃったよ。。。
この連休は掃除機もかけたし、ながいこと会ってなかった友達の
ところにも行けたし、それなりに有意義でした。。。オヤスミナサイ

475 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/15 00:24
>473
美を狩ってくるか、組み立てるか。後者はもちろん、前者も、まだやってみる
余地があるような気がします。自然とはちょっとずれますが、エッフェル塔や
プリント基板が美しいものとして認知されるようになったように、「美しいもの」
の範囲は動いていますし。自然界でも、これまで見向きもされなかったもの
が、「美」を含むものとして見直されてることもあるかも。
野中山中、町中、まだ転がってないかと、自分は結構きょろきょろしてます。

あと、ここしばらくのアートは「美」だけでなく、「なんとなく面白い」とか「なん
となくヒリヒリする」とか、様々な感情を喚起することを許容するような気が
しますので、その辺でも。

476 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/15 00:38
火星の映像、早く届かないかな。生命はどうでもいいからw、どんな空の色
なのか、土の色、石の色が見たい。昔の調査船が撮影した写真と、どう違う
か、全く同じなのか、楽しみにしてます。

俺も来月は旧友に会ってくる。めんどくさがり3人組だったのだが、1人目が
結婚した7年前に会って以来だ。今回2人目が結婚するので、再び集まる
わけだ。俺が最後かw・・・いや最後とかじゃなくしなかったりして・・・
ちょっと気弱だが飛び切り優しい奴だった。どんな人を掴まえたのか、会う
のが楽しみです。

吹雪の中、つるつる路面を走り回って目が疲れた。寝ます。

477 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/18 01:20
吹雪が止んで穏やかな一日だったが、日が沈んで冷え込んできた。
放射冷却で地表から熱がどんどん逃げていくと、地面近くの空気が冷やさ
れ、水蒸気が極小の水滴となって霧が発生する。
地表から少し離れた空気の熱が次に奪われ、その次はさらに上方の空気
から。・・・その結果、白い空気の層が、少しずつ厚みを増していく。
俺が走っていた15分程度の間に、霧は地表近くから俺の目線に達する
までになった。

目線近くに2つの空気層の境目があると、頭が上下するに従い、世界が
明瞭になったり不明瞭になったりする。面白い。
そんなこんなで、いつもより少しだけ距離を走れた。帽子に俺の呼気中の
水蒸気が凝結し、前面にだけ真っ白な霜が付いていたのには笑った。

478 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/18 01:31
手取川 山廃本醸造を飲んでいる。つまみなしで。
某板で越乃寒梅が話題になっていて、そういえば飲んだことがないので
これを機会に買ってみようと酒屋へ。寒梅を発見し、手を伸ばそうとしたら、
「手取川」の文字が。
戦国オタでもある自分は、こういう古戦場や人の名前がらみの事物に弱い。
寒梅をスルーし、こちらの本醸造の安い奴を購入。
キレや香りはないが、コクはしっかりあり、少し渋みがあるのが気に入った。
酸味もあればもっとよかったがまあしょうがない。常飲酒としては悪くないと
思う。

479 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/18 02:34
今日はほんの少しだけど、雪が降りました。。。
と言っても、落ちてはすぐに溶けてしまうような雪なのですが、
肉眼でも大まかな雪の結晶のカタチが見えましたよ。。。
それは、空から降りてきて上着の表面にたどり着いたほんの一瞬のこと。。。

帰り道、10時過ぎのくらいなか、空を見上げ口を大きく開けて
ぴょんぴょん飛び跳ねる小学生くらいの男の子を見ました。。。
たぶん雪を食べようとしてたのだと思います。。。
こっちは思わずニンマリしてしまいました。。。

>>477
目線近くの空気の層の境目、楽しそうですね。。。
そのくらいだと、シャボン玉も凍ったりしますか???
今朝、サタキッズでガチャピンがシャボン玉を凍らせていたのが
とても楽しそうだったので。。。

480 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/18 02:53
>>475
単に、色やバランス的に美しい、心地よいものはもっと
どんどんデザインとして、生活に取り入れられてゆけばよい
と思う。。。
と言ってもスタイルは様々にあって欲しい。。。
画一的にならずに。。。
世の中には何か一つヒットすると、全てそれに右倣え的なところが
あるので時折うんざりする。。。(まぁ、「物を売る」ためには
仕方のない市場原理なのかも知れないけど。。。)

※きょろきょろならワタクシも負けないわよ!!!


481 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/18 03:05
>>480のつづき?

カテゴリとしては「芸術」のひとつとして「美術」があるのだろうけど、
この「美術」っって単語はいつもくせ者だなぁ、と思います。。。
一瞬、目を背けたくなるようなものの中にも心動かされたり、おもしろく
感じる物もあるわけで、常に「美」とは呼べないですよね。。。
でも、一般的な言葉にするとすれば「美術」というくくりになってしまう。。。
なんか矛盾しますよね。。。

もっと他の言葉でくくられたらいいのに。。。>美術

482 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/18 03:57
>>476
まぁ、アレよね。。。
今の時代は一昔前と違って、躍起になって結婚相手を探さなくっても
アリかな、って気もしますよね。。。
ワタクシ的には一人で生きてく可能性も、結婚する可能性も今のところ
50/50の気分で日々過ごしておりますが、両親はちょっと心配してるようで。。。
盆と正月くらいしか会わない父ですが、ここ数年、会うたびに「いい人は
いないのか?」と聞いてきます。。。そう聞かれてもねぇ。。。w
結婚相手紹介所みたいなところに登録するのもアレだし。。。
音浪さん、東京に来る機会があったら私とお見合いごっこでもしてよ!!!


               ・・・などといってみるテスト。。。w

483 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/19 00:47
>>482
お見合いごっこって、あれですか?
児童公園の隅っこの木の下にござを敷いて、ハンカチで作ったネクタイ(男)や
スカーフ(女)巻いて、「あのぉ、ごしゅみはなんでしゅか?」「はい、カードバトル
を少々。あなたは?」「りかちゃんハウスを少々・・・」とかやるんでしょうか?

・・・はさておき、東京で飲みたいですね。香港堂さんとか鞭さんとか、トマトさん
スレの宴会があれば呼んで下さい。農閑期の土曜夜なら駆けつけますよ。

今日は鼻毛も凍る冷え込みです。ただ、この辺ではシャボン玉はなかなか凍ら
ないと思います。老猿さんの地元なら、間違いなく凍ると思いますが。


484 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/19 00:48
>>481
「美術」ということばと「美」との関係については、気になったのでちょっとぐぐって
みました。

ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%BE%8E%E8%A1%93%E3%81%A8%E3%81%AF+fine+art&lr=lang_ja

「美術」ということばはドイツ語の sho"nen kunst の直訳に発しているとのこと
でした。英語でいえばfine artですが、これは決して「『美』を表現するための芸
術」という意味ではなく、本来は「実用芸術(工芸など)とは異なり、実用的な機能
を持たない芸術(視覚芸術だけでなく、演劇や音楽等も含む)」というぐらいの意
味合いのことばだったようです。知らんかった・・・

485 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/19 00:48
ただ、ガチガチの直訳によって生まれた「美術」ということばですが、直訳されて
も翻訳前のニュアンスを保ったままの訳語も沢山あるわけですから、「美術」が
そうならなかったのは、やっぱり何かわけがあるんじゃないでしょうか。明治の
日本人、特に視覚芸術に携わった人々の中に、視覚芸術は「美」に従うべきで
ある、という信念があったんじゃないかと想像します。これって、薄れつつもまだ
しっかり残ってる考え方ですよね。
ここ30年ほどは、「美術」や「芸術」ということばを避けてあえてアートと呼び、
「美術」「芸術」ということばのもつ唯美主義や純粋主義から逃れて、本来の「技」
「手仕事」に戻ろうという意図が目立ちますし、若い世代にはかなり浸透して来て
るとも思いますが。

486 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/19 00:50
明治初期の創作者達や文部役人達の頭の中にあった「美」ってなんだったんだ
ろう。なかなか面白いテーマだと思います。

では、おやすみなさい・・・

487 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/19 10:01
お見合いごっこって、アレですよ。。。
そうでなくって、こうもっと大人びた。。。

やっぱり場所は美しい日本庭園のある料亭でしょ。。。
お庭にスコップで穴を掘って大きな瓶を埋めてね。。。
アレよ。。。「つくばい」や「獅子脅し」も用意してね。。。
で、首にかけた白いタオルで汗を拭きながら縁側に腰掛け。。。
「お疲れさまです」って差し出されたまあるいお盆にのせられた
瓶ビールをコップに注いでキュッとやって。。。
完成した水琴窟の音色を楽しみながら「今日はよいお天気ですね・・・」
なんてはなしを切り出す。。。

・・・ん?違う!違うよ!!!



488 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/19 10:07
アホな質問ですが、農閑期って今ごろですか???
えっと、香港堂さんはたしか西の方のかたなので。。。
でも、開催したいですわね。。。
「鞭さんの魔王を飲み干す会@東京」とか。。。w
ただ、土曜は早くて9時、遅いと11時くらいにならないと
参加できないので、もしやるとすればオール必須かも。。。
何人か集まれば私は後から飛び入りするけど。。。

489 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/01/19 21:17
むっちーさんの魔王を飲み干す会…いいなあ
お江戸は遠いから、参加は無理だけど

お見合いごっこと合わせて レポキボン

490 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/01/19 23:37
一昨日はマジで鼻毛凍りました。
でも今シーズンは-20℃になる日がまだ一度も無く、かなりの暖冬です。
あいかわらず灯油が売れません。

491 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/01/19 23:45
お見合いごっこってなんかものすごく楽しそうなんですが。
実際にはお見合いをしたことがないのでテレビとかで見る以上は知りませんが
なんか楽しそうだなぁ...

うちの両親がけっこう世話好きでお見合いのセッティングとか仲人とかやってますが
あれは本人たち以上に楽しんでますね、絶対。
他人のお見合いセッティングして無事結婚させたらすごく楽しいだろうなぁとは思いますが
労力とか考えたら、自分では絶対出来ないだろうなぁ。

492 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/20 23:26
>>488
農閑期は、うちだと11月中旬〜3月中旬です。その辺でしたら東京襲撃可能
かと。
あとオールは、皆さんに多分迷惑かけると思います・・・・俺が。
魔王か、いいっすね!って鞭さんいい迷惑かも・・・w

>>489
やるときは、何か俺も美味い酒を持って行きますよ。こちらは田舎ですが、
酒屋だけはなかなか充実しているのです。森伊蔵や百年の孤独が普通に
売られています(高いので買いませんが)。
次に西日本を訪問できるのはいつの日か・・・

493 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/20 23:27
>>490
見合いは俺もしたことはありません。この歳なので話を持ちかけられたことは
あるんですが、どうも気乗りがしない。紹介してくれた人に、一生頭が上がら
ないような気がするんです、なぜか。そんなことないはずなのに。


494 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/20 23:28
ちなみに、見合いのセッティングそのものはしたことはないが、それに近い
こと?には関わったことがあるなあ、少し前に。
俺の同僚(仮にA君としよう)が高校生の頃にバス通学をしていたのだが、
同じ路線を利用していた女子高の女生徒(仮にBさんとしよう)が、A君の
通学姿に密かに憧れていた。8年後、Bさんは憧れのA君の現在の職場を
偶然知る。その話を聞いたBさんの友人が「じゃあ会わせてあげよう!」と
いうことになり、俺らの職場にいた知り合いに話をつないで、巡り合いイベン
トが実現することになった。まるでちょっと前の少女マンガみたいな展開だ
が、人間関係の狭い田舎じゃ結構ある話だ。

495 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/20 23:28
A君はひどくシャイな奴で、当時はフリーだった。関係者で話し合った結果、
事情を話すとA君は絶対来ないだろうと思われたため、単なる合コンという
名目にし、A君以外の参加者は全員経緯を知りつつも知らない振りして振る
舞うことにした。A君とそこそこ飲む機会があったために「堅物のA君を宴席
でフォローする役目」を仰せつかり(当時は飲んでもそんなに乱れなかったの
だw)、強引にチームに加えられ、いざ出陣。

Bさんは小柄なかわいい感じの子で、初めはA君の向かい側の席に座って
いたがまもなく移動してきた。最初ちょっと会話がかみ合っていなかったが、
そのうちA君の盛り上がるツボをつかんだらしく、イギリス旅行について話が
弾んだ。俺がしゃしゃり出るまでもなく2人は自然に接近し、途中何も知らな
いA君によるほかの女性への移動攻撃があったものの、かなりBさんと仲睦
まじげな状態で1次会終了。その間俺が向こうの女性陣にどんな扱いを受け
ていたかは・・・あれ、ごめん画面が滲んできたw ブサメンにも人権を(ry

496 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/20 23:29
2次会のカラオケも和やかに進んだ。A・Bは90年代中期のヒット曲を歌いま
くり、寄り添ってデュエットしたりもして、いやいやいい雰囲気じゃないのという
ところで無事に終了。一同、カポーの今後の展開への期待を持ちながら解散
した。

・・・その後どうなったかだって?そ、それは、
やっぱり隠してたのはよくなかったみたいだ。Bさんが高校時代の話を打ち
明ける前に、A君が別の女の子(合コン参加者ではない)とくっついちまっ
た・・・
Bさんごめんなさい。俺らが余計な気を回したばかりに。


497 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/21 04:42
見合って、見合ってぇ〜、八卦よ〜い・・・






            
                




                         ・・・・・・残った?

498 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/01/21 09:18
A君がうらやましいと思いました。

499 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/22 01:25
>>497
【八卦良い】 (感)
〔すもうで〕取組中の力士がともにわざをしかけない時、行司がかける掛け声。
(新明解国語辞典 五訂版 (C) Sanseido Co., Ltd. 1997)

・・・そうなのか、見合いって技のかけ合いが必要なんだな!
で、どんな技をかけるのでしょうか。とったりとか上手ひねりとか腕拉ぎ十字
固めとかフルネルソンとか?

>>498
もう羨ましいというか犯罪者というかw ぼーっとしたイケメンは、その筋の
女性にとっては強力な兵器のようですね。
Bさんは彼のピンと伸びた背筋に惚れたのだそうです。同じことを俺がやれ
ば、ハラが突き出すだけなんですけどね・・・

500 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/22 01:34
⊂´⌒っ- -)っ500

501 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/01/22 01:39
「八卦よい」の八卦は、「当たるも八卦・当たらぬも八卦」の
八卦と同じとな。。。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&c2coff=1&q=%91%8A%96o%81%40%94%AA%8CT&lr=

502 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/01/22 23:32


503 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/23 01:57
もう着底の夢は叶わないのだろうか・・・

朝から40cm積もって、今は凄い吹雪。さっきは近所に落雷があった。
明日は1時間早起きしなくては。

手取川でいい気分ですが、そろそろおやすみなさい。

504 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/24 13:19
最近ホルストの組曲『惑星』の「木星」のメロディで「ひとり〜じゃない〜」と
うたう声をよく耳にする。気になってぐぐってみたら、平原綾香というシンガー
の"Jupiter"という曲だとか。なかなか印象的な声だ。
クラシックの旋律をポップスに導入したり、旋律を多少アレンジしたりして
用いたケースは枚挙にいとまがないが、これはまたそのまんまだな。いっそ
潔いとも取れるがw
厨房時代、知り合いと音楽の話をしていて、クラシックでは何好きか、という
話題になった。相手が挙げたのはシューマン(曲失念)とベルリオーズの
『幻想交響曲』。俺が答えたのが、ドヴォルザーク交響曲第9番『新世界より』
とホルスト『惑星』の「火星」「木星」だったことを思い出した。
今は両方とも、聴くことはほとんどないが。

505 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/24 13:20
そのときの相手は露骨に軽蔑をあらわにして、「新世界はともかく、木星なん
てカスじゃん」。むっとする俺に対し、彼は落ち着いた口調で「あの組曲では、
風景に音楽が従属している。そんなのはいい音楽とは言えない。いい音楽は
音楽として立っていて、何かを従えることはあっても、何かに従うことはない
んだ」といった感じのことを話した。そのときの俺にはよく意味が分からな
かったが、その場はそれ以上尋ねなかった。
何か映像的なイメージが先行し、それを音で表現するためだけに作曲された
もの、に対して、数年後に芸大に進んだ彼は彼なりの潔癖さで拒否を示した
んじゃないかと想像している。音楽至上主義というか。しかし、作曲の動機が
どうであれ、創り出されたものが自力で立っていられるだけの力があれば、
それでいいんじゃないかと俺は思う。

506 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/24 13:20
ただし、個々の作品が自力で立っているのかそうでないのかを決めるのは、
結局聴き手個人に委ねられている。「木星」が自分の力で立っているか、19
世紀の木星のイメージ画像に音楽が従属していてそれなしでは意味ないの
か、と尋ねられれば、俺なら9割方自力で立ってると答えるし、彼なら立って
ないと答えるのだろう。

今でも彼のことばを思い出すことがあるが、現時点でも全面的に賛成する
ことも反対することもできないでいる。というより、その意味を十分に咀嚼して
いるか疑問だな。上に書いたとおり。でも、聞いていてよかったことばだと
思うのも、事実。


507 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/24 13:31
火星の探査のニュースを見るにつけ、自分がまだ幼児だった頃に行われた、
米バイキング2号の着陸船による探査と重ねて考えてみてしまう。こんなこと
を言っては携わっている人に申し訳ないんだが、地上車の存在や調査項目
数などを差し引いても、30年前の調査方法と今回のものとはそれほど大きな
違いがないように感じられる。
70年代に少年期を過ごした自分にとって、月や火星というのは、「自分が
死ぬまでには1度くらい旅行できるかもしれない星」といったような身近さを
感じる存在だった。アポロやバイキングなどがばんばん着陸していた時代は
まだ幼児だったが、物心ついた頃でも、アメリカもソ連の宇宙開発関連ニュー
スをよく目にしたし、映画やテレビではスペースオペラや宇宙科学番組が
頻繁に流されていた。
「21世紀に入る頃には月に恒久的な基地が存在し、火星に人が降り立って
いてもおかしくないだろう」と、漠然と想像していたなあ。
その後何十年も、宇宙開発への労力が抑制され続けるとは、ガキの俺には
思いつかなかった。

508 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/24 13:32
宇宙開発や核融合発電などの分野が当時の想定より遅れた代わりに、PC
や携帯電話、ネットなどの情報通信分野や金融分野(詳しく知らないんだが)
が物凄く進んだから、技術の高度化そのものが停滞していたわけでは決して
ないと思うが。
すぐには利益を生まない分野への技術開発に国家が莫大な予算を注ぎ込ん
だ40〜70年代が例外的な時代で、80年代以降は常態に戻っただけなんだ
ろうか。中国やインド・パキスタンなんかは国家主導の技術開発を続けてい
るし、先進国でもフランスでは国営の研究機関が大きな役割を果たしている
から、そうもいえないか。
では、遠くに行く技術より、遠くの人があたかも近くにいるような密度でコミュ
ニケーションできる技術の方を、人類は優先したということか?足元重視?

509 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/24 13:32
より大きな統合原理への没入ではなくて、個や一定の集団同士のダイレクト
な繋がりを広げるような方向性で、今は世の中が動いていると思っていいの
かな。情報の分散運用。
富や権力の分散運用までいけば、中世の始まりみたいな状態になっていくと
思うがどうなのか。それっていいことにも見えるが、混乱と戦乱を招くような気
もする。うーん・・・


510 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/26 00:23
走って風呂を浴び、体重計に乗ったら、おお、順調に・・・

増えてるじゃねえの。3kgも。
今73kg。ウェストは確実に細くなっているし、あごも2重が1.5重ぐらいに
なってきているが、どうやら尻と太ももに筋肉が付き始めているようだ。
2キロ程度の走行距離では、脂肪は燃焼しないということだろう。心肺機能
の向上を待ち、来月に入ったら少しずつ距離を伸ばそうと。
あと、食事の量が増えているので、これも抑制しないといけない。高カロリー
な外食を控えているのだが、家でお代わりし放題では、結局外食より高い
カロリーを摂取していることになる。本気で「夕食はリンゴとサプリのみ」を
実施しようか思案中だ。

511 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/27 00:26
久し振りに外で夕食。このご時世に、あえてかしわせいろを大盛でいただ
いてきた。
一緒に食った奴曰く、「その大盛ってのをやめてみちゃどうですか?」
その通りだ。君はわかってるな。それよりざる一杯だけで満腹できるその
胃を俺にくれよ。
中村とうよう編『魅惑のクロンチョンvol.1』を聴きながら、おやすみなさい。

512 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/27 00:29
宣伝(勝手にスマンねトマトさん!)
<1晩限り「リアル・スナック・鞍馬トマト」開催のお知らせ>

・場所:都内。
    第1候補=某カラオケ店(@御茶の水)
    第2候補=一万一千本の鞭さんの家
・参加資格:お酒の好きな20歳以上。
・日時:近いうち。土曜日。
    第1候補=2/28  夜〜
    第2候補=3/13  夜〜

俺も参加予定です。30をとっくに過ぎて今更オフ初参加の俺に世の中の
厳しさってもんを思い知らせたい人、美味い芋焼酎飲みたい人、単に飲み
たい人、飲みたい人、飲みたい人、参加しませんか?詳しくはトマトさん
のスレを参照下さい。

513 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:35
クロンチョンという音楽がある。16世紀頃からインドネシア・ジャカルタ郊外で
ずっと伝承されていたのだが、植民地時代にジャワ中に広まり、独立後の
インドネシア政府の奨励もあって全土に普及して、一時ポップス界を独占
するような格好になった後、今では懐メロのような感じで愛されている、優し
い音楽だ。
クロンチョンという名前は、日本語でいえば「ポロンポロン」「チリンチリン」に
あたる擬音に由来する。ウクレレに似た4弦の小さな楽器、チャックとチュック
(他所者はクロンチョンギターとも呼ぶ。古式・正式なものは5弦)がちょこ
まかとリズムを奏でることからこの名がついたとのこと。

514 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:35
ウクレレに似ているのはちゃんと理由があり、ウクレレの先祖もクロンチョン
ギターの先祖もともにイベリア半島の小型弦楽器だ(ついでにいうとブラジル
のカヴァキーニョやアンデスのチャランゴも同根)。音楽としてのクロンチョン
も、16世紀に海洋アジアを行き来したポルトガル人によって伝えられた西欧
風のアンサンブルを起源とする。伝承してきたトゥグ村の人々は、ポルトガル
人の血を引くらしい。
ギター、クロンチョンギター、フルートかスリン(横笛)、ベース、ヴァイオリン、
チェロが標準的な編成で、ほとんどの曲にボーカルが付くが、かつてはボー
カルなしの曲も多かったと思われる。俺の一番好きな曲『海のクロンチョン』
(Kroncong air laut)もインストゥルメンタルだ。

515 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:36
旋律はポルトガル的要素というより地元スンダ人の、さらにはポリネシア的
な?平明さがある。というもっともらしい説明ができるのは、あらかじめどの
地域の音楽なのか知っているからで、何の先入観もなくボーカルなしの曲を
聴いただけでは、どの国の音楽か全く見当がつかない人が多いと思われる。
てか俺がそうだった。1940年代の南欧のラジオ用軽音楽と言われても納得し
そうなくらい、音階に癖がない。ちょっと泥臭いが(だが、それがいい)。
60代以上の日本人やディック・リー(シンガポールのデザイナー兼ミュージ
シャン)好きなら、『ブンガワン・ソロ』という曲を聴いたことがあると思うが、
この曲も1930年代に作曲されたクロンチョンスタイルの楽曲だ。この曲の
舞台はジャワ東部の古都スラカルタ(別名ソロ)で、トゥグ村からは遠く離れて
いる。

516 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:37
このクロンチョン最古の曲と呼ばれているのが、『クロンチョン・モリツコ』だ。
モリツコというのは、スペイン・ポルトガル語のモリスコにあたることば。狭義
には16〜17世紀に強制的にキリスト教に改宗させられたイベリア半島在住
のイスラム教徒をさし、広義には中世イベリア半島やマグリブ在住の
イスラム教徒をさす。
ポルトガル船がジャワのスンダ・クラパ(後のジャカルタ)に拠点を築いたの
は1522年だが、それからたった30年前、1492年まで、今のスペインのグラ
ナダやマラガ周辺にはイスラム教徒による国家が存在していた。約250年も
前にキリスト教勢力に征服されていたバレンシアや北部アンダルシア、アル
ガルヴェ地域にも、いまだ数百万人のムスリムが暮らしていた。以後、オラン
ダ人に駆逐されるまでの東洋におけるポルトガル人の活躍の期間は、本国
で狭義のモリスコが激増する時期と相応する。

517 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:38
『クロンチョン・モリツコ』は、キリスト教徒のポルトガル人が伝えた、広義の
モリスコ風の旋律か、ポルトガル船員として来航した狭義のモリスコ自身によ
る演奏が元になっていると考えられる。アジア来航初期のポルトガル人は、
本国周辺のムスリムだけでなく、ペルシア湾岸やインドから東南アジアに
来るムスリム商人も一緒くたにして「モリスコ」と呼んだ可能性があるので
一概にはいえないが、ともかくポルトガル人がモリスコ風だと考えた旋律が
元になっているのは間違いないだろう。
ただし、曲そのものを聴いた限りでは、アンダルスの音楽の要素はほとんど
感じられない。長い時間の間にポルトガル化、次にスンダ化が進んだのだろ
う。
マレー詩の形式の影響を受け、全28小節の古典形式で演奏されるが、古い
ハワイアンに似た柔らかいがきりっとしたメロディがたゆたっていく。

518 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:39
16世紀に入ると、スペイン側ではムスリムに対する弾圧が厳しくなり、キリス
ト教に改宗した者(狭義のモリスコ)でさえ「信用できない」との理由で追放
するようなことを始める。ポルトガルはそれほど厳しくはなかったものの、
1580年からスペインとの同君連合に入るとスペインと同様の弾圧が行われ、
結局17世紀前半にはイベリア半島にムスリムはいなくなってしまう。
狭義のモリスコたちは隠し持っていたアッラーへの信仰を頼りにマグリブ(現
モロッコ、アルジェリア、チュニジア)に大量に移民し(再移民はエジプトや
シリアまで達した)、現地の音楽に「アンダルシー」という新ジャンルをもたらし
たが、おおむね地元に同化してしまって、現在では子孫の苗字に名残を
残すのみという。

519 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/30 23:39
過酷な末路を辿ったモリスコの残り香がはるかに離れたジャワで息づき、
しかもその後ジャワ全島がイスラム化して、インドネシアが現在世界最大の
イスラム国家になっているというのも、因縁だよなあ、と勝手に思って聴いて
います。

さて、昨日北関東から帰ってきて、明日は東海に旅立ちます。慌しいのです
が、旨い地酒をその土地で飲めるのが楽しいのでよしとしましょう。
名古屋探検が楽しみでもありますしね。


520 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/01/31 02:16
寝る前に訂正

>>484  誤 sho"nen kunst → 正 sho"ne kunst  

>>516,518 アルガルヴェ(ポルトガル南部)に16世紀の段階でムスリムが
       いたか、また西との同君連合後にムスリム乃至モリスコを追放
      していたかどうかちょっと自信ない。脳内ソースでカキコして
      しまった。ネットでは確認できず、後で本で確認してみる。

では、おやすみなさい。

521 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/03 03:17
戻りました。
名古屋、いい街じゃないか。喫茶マウンテンは定休日だったが・・・!

3日で体重3`減ってました。ではおやすみ。

522 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/04 00:34
日月のことをざっと。
結婚式があったのは日曜の昼で、閉宴後列車に飛び乗り、名古屋のホテル
に着いたのは午後4時を回っていた。当初の予定ではそのあとギャラリーで
も回ることを考えていたが、ちょっと飲み過ぎたのかそのまま眠ってしまい、
その日は終了。
なので、名古屋をじっくり見ることができたのは、1日だけだった。


523 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/04 00:35
月曜は朝起きて何も食べずに地下鉄に乗り込み、一路目指したのはユニー
ク(ゲテ物?)パスタで知られた喫茶マウンテン。いりなか駅に降り立ち、
小雨の中ゆるい坂を登りながら歩くこと6分、見つけたが・・・定休日。あわて
て持っていたガイドブックを確認すると、確かに定休日月曜、とある。しばし店
の前の広い駐車場で途方に暮れる。
いりなか駅までの戻り道中、せめてもの慰めとしてわき道に逸れ、少しぶら
ぶらした。敷地いっぱいに緑を茂らせている屋敷が多い。棕櫚などの南方系
の庭木も目立つ。決して広くない(一般の住宅よりははるかに広いが)面積に
できるだけたくさんの、かつ多様な緑を詰め込もうとするその意志と努力に、
田舎者は脱帽するわけだ。君らそうまでして自然に近づきたいんかい、それ
とも自然云々というより、グリーンによってコンクリの匂いを中和してしまいた
いんかい、と。

524 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/04 00:35
再び地下鉄に乗り、名古屋城へ。最寄の門ではなく、わざわざ正門まで回っ
て入城。大天守は、展示はともかく、内部の木組みなどが復元されてないこ
とに少々落胆・・・昭和30年代の再建なので、しょうがないか。
期待して行った西北隅櫓(重文)も、窓が少なくて内部が覗けず、ちょっと拍
子抜け。内部の材木に清洲城の廃材が再利用されている可能性を信じ、
妄想でハァハァしただけ。
結果的に一番の見所は、石垣だった。斜面の角度、石の大きさ、積み方の
美しさ、それらを一瞥のうちに捉えることのできる堀の、深さ。
城内の休み処できしめんを食べたが、かつおだしが濃過ぎ・・・と文句をつけ
ながらも、3時間以上散策してしまった。

525 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/04 00:36
帝冠様式の名古屋市役所を横目に再び地下鉄に乗り込み、栄で下車し、
その後は帰るまで栄から大須までぶらぶらしたが、大須は不思議なエリア
だったな。アーケード街が何本も入り組んで面的な広がりさえ感じさせる。
お洒落な若造からおばはんまで普通にすれ違ってるのも新鮮だ。密かな
アーケードファン(もちろん『パサージュ論』持ってる。もう内容を憶えてないが
なw)としてはなかなか嬉しい・・・味噌カツ定食の味噌がもう少し砂糖控え目
だったらもっとよかったのに。

本当に一部しか見ることができなかったが、東京、それに大阪とは、全く違う
街だなと感じた。達成できないもやもや感、や喰い詰めたような焦燥感、みた
いなものが、あまり臭って来なかった。どこかに余裕というか怠慢というかが
漂うのは、大藩のお膝元だったからか?仙台に空気が似てるような気がした
な。道行く女性達のファッションが驚くほど地味だったのも似ているしw

526 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/04 00:37
マナハウスという大型書店・CD店で入手したのは『カリブ海 ガリフナ族の
歌声』『異文化間交易の世界史』(カーティン)『イスラーム治下のヨーロッパ』
(デュフルク)などなど。デュフルクは世界史板で貶されていたが、まあ偏向を
脳内修正しながら読めばいいかと思い、そのスレで褒められていた立石編
集『スペインの歴史』を置いて購入。その判断は正しかったかどうか、確かめ
てみることにしようか・・・
では。

527 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 01:54
これまで結婚披露宴に出たこと15回以上、札幌から岐阜までいろんな所に
行ってきた。男のくせにと笑われそうだが、披露宴をヲチするのは結構楽しい。
新郎新婦の好みはもちろん、土地柄、彼ら彼女らの職場の文化、会場のプラ
ンナーの宴に対する考え方なども垣間見ることができるように思う。
特に、新郎新婦の嗜好に左右されない、列席者の行動様式を観察するのが
癖になっている。今回の岐阜では、新郎新婦の両親と親族若干名がお酒を
注ぎに来たが、友人達や職場の人たちはあまり動かなかった。余興も新婦
友人の歌のみ。ほぼ全員がビール瓶片手にワラワラと動き回り、余興にも気合
が入る(俺はやったことないが)俺の地元と、新郎新婦と仲間内以外には
注ぎに行かない関東スタイルの中間だ。

528 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 01:55
宴そのものは、名古屋から程近いにかかわらず、派手な演出はないが、
新郎新婦が各テーブルをまめに回る暖かいものだったし、飯が抜群に美味
かったw 新婦はかなり年下で、緊張で笑顔のまま凍りついている新郎を
フォローしつつ、なおかつ余裕があった。「お前は尻に敷かれるな」と新郎に
言ったら、「そのつもりだ」と回答。ご馳走さまでした。
しかし、ああいうイベントのプランナー、一度やってみたいもんだ。特に音楽
の割付などは楽しそうだ。入場はクワイアスタイルのスローなゴスペル、お色
直し入場は『海のクロンチョン』、新婦両親への手紙朗読にはガムラン・スロ
ンディン(鉄琴のガムラン)などなど浮かんでくるが・・・まあ脳内で我慢しとき
ます。

529 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 01:55
明日は屋根の雪下ろし。何度か寒気が緩んだので、融けては固まりを繰り返
した雪が堅くなっているため、間違いなく1kgは痩せるだろう。ちなみに昨日
測ったら、ジョギング開始前の70kgに戻っていた。今月こそ60キロ代に・・・!


530 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 15:41
雪下ろし作業中、落ちました。大屋根から。

母屋を下ろし終わり、予想以上に疲れていなかったので、昼飯を食う前に
納屋もやっちまおうと思い納屋の大屋根に登る。ちょっと前に補修したせいで
物凄く滑る箇所があり、その部分を避けて作業を開始。その滑る部分の上の
方に差しかかったところ、つるっとな。あっという間に放り出された。
高さ5mほどの所からの落下だが、軒先の雪山がクッションとなるので、下に
構造物がなければさほど問題はない。確かここは何もなかったよな〜とあま
りじたばたせず素直に落ちて行った所、下にはありました。風除けネットを
縛り付けている、鉄パイプの柱組みが。

531 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 15:42
空中に浮いた時、手に持っていたスノーダンプのせいで体が地面に対して
正対する体勢になってしまった。一瞬後、胸に強い衝撃を感じた。胸骨から
肋骨の一本一本に、振動が伝わるのがまざまざと感じられた。直径10cm
ほどの鉄パイプの断面に、ちょうど心臓のあたりを強打したのだ。
ぶつかった衝撃で体が鉄パイプの構造物に乗ったまま動きが止まって数秒。
この頃ようやく脳が事態を飲み込み、右側に落ちることにして、ゆっくりと降り
た。いや、落ちて、雪に背中から突っ込んだ。

532 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 15:43
落ちてから、打った部位周辺が苦しくなりだし、深い呼吸ができなくなった。
じっとしていられず、のた打ち回る。俺って馬鹿だな〜、何年も前から風除け
あったじゃねえかよ〜、もっとじたばたすりゃあよかったのによ〜、それに
しても胸が痛てえよ〜などの思念がそのまま口から出てくる。
♪胸が痛い〜、♪胸が痛い〜と、なぜか憂歌団『胸が痛い』のサビを歌って
いたりw(サビしか知らないんだが)。涙を流しながら。

533 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 15:44
5分ぐらいのた打ち回ったあと、少し余裕が出てきて、打った部位を確認する。
胸板がパイプの丸い形にかすかに凹んでいるが、骨が折れたりはしていな
いようだ。屋根の端からパイプまで1.5mほどしかなかったのが幸いした。
立ち上がろうとすると・・・左足に力が入らない。向こう脛も少し打ったようだ。
それでも無理に立ち上がって、母屋に転がり込む。
骨折はしてなさそうなものの、骨がずれていたりひびが入っていたりしたら
マズいと思い、親父に運転してもらって病院に行った。日曜なのでX線撮影
はできなかったが、触診の結果、まあ異常ないだろうと。湿布と痛み止めの
座薬をもらって帰る。
・・・で、今に至るわけです。

534 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/08 15:44
まだ痛いし、苦しさも若干残っているが、まずは打撲で済んだようです。明日
職場の近くの病院で、念のためX線でも撮ってもらおうと思っていますが。

いやあ、打った場所が衣服と骨で守られている胸だったからよかったが、顔
や腹だったら・・・と考えると、ぞっとします。運がよかったのかもしれません。
雪国の人で、これから雪降ろしをしようとしている人が見ていたら、本当に
くれぐれも、気を付けて下さいね。滑りそうな場所に近づくときは、目視で
確認できる箇所から1mぐらいの範囲も同じように滑りやすいことに留意して
行動しましょう。


535 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/08 23:01
⊂´⌒っ*- -)っ□←芋

大丈夫ですか???
検査、たいしたことないと良いですね。。。

千葉出身のワタクシは屋根の上の雪かきなんてしたことないですが、
新潟出身の母は2階から出入りしたこともあるそうです。。。

536 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/09 21:36
>535
ありがとうございます。
新潟は、人里で3mとかいいますからね。こちらでは、平地で1m、山間部で
2mがせいぜいです。
検査結果は、なんだか微妙というか・・・


537 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/09 21:37
問診、触診、X線撮影の後、再び先生に呼ばれ、写真を見せられた。
「ここ見て下さい」と指されたのは、胸を横から撮影した写真。指示棒の先、
胸骨の下の方に断裂?が見える。
折れてるのか、と思ったが、先生は続けて「折れてるようにも見えるけど、
ここにはもともと剣状ホニャララという骨があって胸骨にくっついてる。その2つ
の骨の繋ぎ目のようにも見えるんですよね〜」とのたまう。
お前医者じゃないのか、どっちなのかわからんのか!と頭の中で突っ込み
を入れるも、医者以上にわかる人はいないだろうから、まあしょうがない。
「折れてればどんどん痛みが増してきます。そういうことがあれば、すぐ来て
くださいね」とのことばを最後に、診察終了。カルシウム取らねばと思って
秋刀魚定食を定食屋で食べ、家に帰ってさっきまでずっと横になっていた。
仕事は、結局休ませてもらった。

538 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/09 21:37
昨日よりはずっと楽になった。左足は痛みがほとんどなくなったし、胸も、体
をよじったりすることにはそれほど痛みを感じなくなってきた。まだ深呼吸や
咳など、胸郭そのものの大きさを急変させる動作には痛みを感じるし、猫背
気味にしていないと苦しくなるが、来週までには随分良くなるように感じる。
せいぜい早寝して養生することにします。

539 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/10 02:42
なんて、全然寝れない・・・
夕方少しうとうとしたせいか。

学生時代に所属していた研究室のHPが、いつのまにかできていた。自分の
卒論のタイトルをハケーンしてしばし感慨に浸る。
厳しいあの街の冷え込みを懐かしく思い出す。・・・いかんな、弱っていると
おセンチな気分に落ち込んでしまう。

540 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/02/10 09:03
気になって自分のゼミのところも見てみましたら
ゼミ生掲示板とかレジュメの再掲とかそんなのばかりで
自分の論文が晒されてるようなことはありませんでした。

ところで気になったのが
教授がWikiを批判する文章を書いていたページの以下の一節。
「Wiki間で同じ情報の保存方法を採用すべき。
そうすれば、WebブラウザよりもWikiを読んで、編集するのに向いたWikiブラウザができる。
参考:2ch用ブラウザ各種。」

教授、ねらーだったんですかぁ...?

541 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/11 00:31
>540
まあ、2chに連れられてきたことがない人は、ネットしてる人の中にはいない
でしょうしねw
ところで、恥ずかしい話ですが、初めてwikiという存在に触れました。

ttp://www.google.co.jp/search?q=Wiki%E3%81%A8%E3%81%AF&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

ちなみにBlogというものについては、毒男さんスレで知りました。壁は、個人
サイトやPC・ネット技術系の板・サイトにあまり行くことのない自分にとって
貴重な情報源となりつつありますw 感謝です。

wikiを使ったサイトで、何かのきっかけでカルト的な人気が出た場合。膨大な
数の人間が好き勝手にテキストやファイルやトラップを貼り付けた結果、九龍
城状の「情報魔窟」ができあがるなんてことはないんでしょうか。2chが平面
の迷宮だとしたら、立体的な。怖いような、楽しみなような。
それにしても、語源がカナカ語って・・・

542 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/12 01:50
人外魔境を  のし歩くゲテモノ
邪魔だ道を開けろ  お前を張り倒す

※ところで俺は  雲を呼び  十万里を ひとっ飛び
※絹の道  どこまでも  ペルシャの市場までも

スカタン野郎  お前を張っ飛ばす
空手チョップを見舞う  尻尾巻いて逃げろ
※ 繰り返し

道は続く  西の都まで
力尽きても俺は  お前と渡りあう
※ 繰り返し

細野晴臣 "Tropical Dandy"より 絹街道

543 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/12 01:52
ティン・パン・アレー在籍時の、76年の作品。ライナーも細野自身が書いてい
るが、西遊記をイメージした曲なんだとか。恐らく、この曲以前に「スカタン
野郎」「張っ飛ばす」なんていう歌詞のついた曲は存在しなかっただろう。
今後椎名林檎あたりが書くかもしれんがw
細野晴臣のソロアルバムのうち、70年代後半に出した4枚には、一貫した
雰囲気がある。トロピカル歌謡と表現する人もいるが、フォークロックを土台
に戦前の大陸歌謡、ブギウギ・ラテンなどの新大陸大衆音楽、沖縄民謡など
のアジア民族音楽が違和感なく総合され洗練された作品群だ。4枚目のアル
バム「はらいそ」などは、薄気味悪いほど練り上げられていて、ちょっとぬめ
ついているような感じさえ受ける(感覚的表現スマソ)。

544 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/12 01:55
『絹街道』は、タイトル通りからっとした曲で、ピアノと楊琴が印象的に使わ
れている。また、残響少なめに調整された細野のヴォーカルが、はるばる感
をうまく演出している。
この人は曲や企画の面白さばかり評価されるが(忌野清志郎・坂本冬美と
組んだ"HIS"には驚かされた)、ヴォーカリストとしてもっと評価されていいと
思うんだよなあ。


545 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/13 01:47
本社の連中にも転落のことが広まり、真顔で心配してくれる人、ニヤニヤ
してる人、呆れた顔を向ける人、様々・・・
自分の間抜けさが原因だし、積極的に笑いを取りにいってもいるのだが、
そのまんま哂われると、やはり凹むなあ。まだまだ人間ができていないよう
だな、俺は。

おやすみなさい。

546 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/15 01:18
ヤター本命チョコ貰った!
抹茶トリュフでした。甘さ控え目でほろ苦く、かなりいい葉を使っているようで、
香り高い。文句なしに美味い。
和菓子屋のチョコとは、なかなかやるな。くれた人に、もう惚れそうだ。


                                         自分だが。

547 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/15 01:51
⊂´⌒っ- -)っ抹茶チョコクレークレー

548 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/15 01:56
・blog=かまぼこさんトコで知った。
・wiki=このスレで知った。
・ティンパンアレー=「僕は天使ぢゃないよ」のCDで知った。。。

549 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/15 01:58
⊂´⌒っ- -)っソウイエバ...

落ちたときの痛みは取れましたか???

550 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :04/02/15 21:49
アマい思い出はないけれど、
やっぱり明治のミルクチョコレート。

・・・私も本命チョコ買ってきます。

551 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/16 01:56
>>トマトさん
チョコは、食べてしまいました。6個入りを10分くらいで。アゲラレマセンネ(ニヤリ
咳・しゃっくり時の痛みはまだありますが、息苦しさはほとんど消えましたよ。

>>毒男さん
もう大本命直球まっしぐらを買っちゃって下さい。群がる女性をものともせず。
「なんで自分で買ってんのこの人・・・」という視線もはねのけて・・・(涙
ところで、ぎ、牛乳焼酎ほんとに効くんですか!!

552 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/16 02:14
細野晴臣(ティン・パン・アレー名義含む)を聴くようになったのは90年ぐらい
からだが、実はリアルタイムにやや近い時代、84〜5年ぐらいにFMラジオで
で耳にしたような記憶が、実はかすかにある。
坂本龍一の『サウンドストリート』という番組で、たしか『北京ダック』と『熱帯
夜』だったような・・・
当時はYMOを聞き始めた頃で、まだ細野より坂本派だった。『千のナイフ』
『音楽図鑑』の2枚は、いまだに聴いている。

>520 の訂正のその後
16世紀までポルトガルにムスリムがいたか → いた
追放政策はあったか → あった。同君連合よりはるか前のマヌエル1世
                により大規模な強制改宗・追放が行われている

553 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :04/02/16 22:34
>>551
泣かないで!泣かないで!僕だって一生懸命なんです!
恥をかくことこそ人間の成長への近道なのです!
私の高校の(大嫌いだった)先生も仰ってましたから・・・

牛乳焼酎は是非お試しになっては如何でしょう。
僕が・・・ですか?ご冗談を・・・

554 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/17 01:23
>553
リアルでは最近、恥をかくことを売りにし過ぎて、呆れられ気味なような・・・w
「雪国人のくせに、屋根から腹ばいで落ちた奴」と囃されたりw
むむ・・・
遅ればせながら、カッコつけることを学習しようとも思っているのですが、
瑣末な欲望になかなか勝てなかったり(チョコとか)。ダンディになりたい!

はっぴいえんどのアルバム『風街ろまん』を聴いている。こんなことをいうと
笑われそうだが、彼らの音楽的な末裔の1人にBonnie Pinkがいるような気が
する。
両者は何か繋がりがあるんだろうか。調べてみようかな。

555 :音浪@携帯:04/02/20 12:47
テスト

556 :音浪@携帯:04/02/20 12:53
テスト館利用

557 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/20 22:32
小学校から高校まで、図書委員というのをやっていた。
もちろん本を読むのが好きだったからというのもあるし、その本を求めて集
まってくる無愛想だが暖かい連中との付き合いが楽しかったせいもある。
しかし、図書館という空間そのものに愛着を感じていたことが、実は一番大き
い。

書架に並んだ、多種多様で多くの人の思いのこもった本が、じっと動かず、
誰かの手に取られる日を待っている。本屋のように派手なポップや帯の煽り
文句もなく、寡黙にひっそりと。
その本を読んで、感動した人、知的な喜びを享受できた人、つまらなくて失望
した人や人生を狂わされた人もいたかもしれない。本と、それにまつわる人
の思いが、慎ましやかに並んでいるのが、格好つけていえば図書館だ。

558 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/20 22:33
図書委員の仕事は、大きく分けて3つある。貸出業務、書架整理、新規購入
図書の登録業務。
登録業務は座り仕事で、まあ普通にやっていた。
貸出業務には、普通なら何の接点もない別学年・他クラスの異性とおおっぴ
らに会話できるという特典がついているため、一部では人気のある業務だっ
た。イケメンやかわいい子の当番日にはファンが来たりしていたな。そういっ
た子達が期待にうち震えてカウンターに向かった先に、なぜか俺がいたりす
るw 部活で忙しい当番の代役を、よくやっていたからだ。ファン達が落胆し
ているのがありありと伝わってきて、まるで俺が悪いことをしているような気
になったもんだ。
お前ら不純な動機で本借りるんじゃねえ!と腹の中で僻みながらも、笑顔で
淡々と業務をこなしていた。

559 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/20 22:33
それはともかく、一番好きなのは、書架整理だった。書架に並んでいる本
の順番が狂っていたり、全然別のところに押し込まれていたり、閲覧テーブ
ルの上に雑誌が忘れられていったりもする。それらを所定の位置に戻し、
ついでに並びの見てくれも整える作業だ。
行方不明になっている本を関係ありそうな場所から見つけ出してきて(例え
ば、行方不明になっている歴史小説[NDC分類900番台]を、歴史[分類200
番台]の棚から見つけ出す、など)戻してあげたり、お客さんが取りやすいよう
に、書架の列ごとに並んでいる本の数を調整したりもした。
お客さんの帰った後、書架の間を歩き回って、紙とインクの匂いをかぎながら
列を整えたりする時間は、何を生み出しているわけでもないんだが、振り
返るととても豊かな時間だったような気がする。

560 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/20 22:34
司書の資格を取ることも考えたことがあるが、自分が行った学校では講義が
なくて、結局取れずじまい。今は縁もゆかりもない仕事をしています。

しかし、あんなに書架整理に熱心だったのに、なぜ自分の部屋の書棚はこの
ありさまなんだろう。というか、書棚はスカスカで、本は床に山になってるし・・・
本は床に直置きすると汚れるので、最下層に雑誌を敷き詰めている。こうい
う変な安全策を施すと、安心してどんどん本を書棚から降ろしてしまうんだよ
なあ。

561 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/20 22:37
さて、明日は東京です。楽しみにしております。
集合の2時間程度前に着く予定なので、ホテルに荷物をぶち込んだら少し
CD屋でも覗いていこうか。本屋には行かない。行かないぞ!
大きな本屋がない環境で育ったので、都市で「地元では普通に本棚に並んで
いる可能性がない」と思われる本を見ると、「今買っておかないと二度と手に
入らないかも」という強迫観念が働いて手を伸ばしてしまう。CDなら雑誌で
チェックし地元のCD屋で注文できたが、本はそうは行かなかったから。
ただし、今はネットでいくらでも自分の興味の方向を元に検索・発見・発注
できる。以前のように本屋で見つけ次第確保を図る必要は、ない。それでも
長年の癖というものはなかなか抜けない。気をつけなければ。

562 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/21 01:31
>>555
⊂´⌒っ- -)っミトドケタ...

明日、ホテルとったのですか???
鞭邸でオール可なので、取らなくても良いような。。。
(交通費、だけでも凄そうなのに。。。)

563 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/22 20:57
戻りました。
部屋を出てからも、定期的にトイレで便器と抱擁を交わし、完全に吐き気が
収まったのは正午頃、食欲が戻ったのは17時頃でした・・・

しかし、正体を無くさないように、節酒モードで臨もうと思っていたのに、田酒
を一口飲んだ次の瞬間、吹っ飛んでしまったのが返す返すも残念だ。

そのことを除けば、大満足のオフでした。皆優しい人ばかりだったし。
現実に「うp」とか「スレ」とか2ch語が飛び交う様は、なんとも不思議なもの
でしたよ。・

564 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/22 22:59
⊂´⌒っ- -)っ

今回は、遠くからご参加いただき有り難うございました。。。
気分は良くなったでしょうか???
やっぱり、移動の疲れなんかも重なっちゃったのでは?と思います。。。
これに懲りずに是非是非また飲みましょう!!!
次回、「リアル・カラオケ・スナック・鞍馬トマト」でも開きますので、
デュエットでもでも。。。

頑張って、東京出張を無理矢理に作って下さい!!!

565 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/02/22 23:12
長旅乙です。
無事に着いたようですな。
便器じゃなくてわしと抱擁を(ry

566 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/02/23 01:23
>>563
長旅お疲れ様でした。

たくあんおいしかったです。
早速友人にお土産に買ってきてと、頼んでおきました。

次回はもっとゆっくり出来たらいいですね。


567 :オマエモナー ◆OmaewATL.M :04/02/23 03:27
凸オマエの基地4凸
http://that.2ch.net/test/read.cgi/wall/1074078548/
              /⌒彡  
     /⌒\    /冫、 )  ここですよん♪
     /  ∧ `./⌒ i `  /ゝ  
     /  ノ  > ( <  ∬ ( \\ フフフ…私の全て?がここに集約されてるかも〜♪
  ̄~⌒ ̄ ̄~  \`つ旦  ⌒ _)

568 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/23 23:34
>>567
ありがとう!行ってきました。

帰りの車中での、「帰る所」の話にちょっと補足。
これまでの人生の4/5はこの土地に住んでいるわけですが、感覚としての
「リアル」というのは、風土に結び付けられているだけでなく、自分の周囲の
人間にも、実際に離れている距離に関係なく、結び付けられているように
思います。
仕事で毎週のようにやり取りする遠くの人、学生時代の友人、また先日お会
いした皆さん、それぞれにさまざまな形・深さでのリアルを、自分は見ている
と感じています。
帰る所、というのは、そこにも、つまり人間関係そのものにもある。
当然、今住んでいる場所そのもの、風土そのものにもリアルを見、帰属意識
をいくらか持ってはいますが。ただ、知り合いが誰もいなくなったら、果たして
この土地にどれだけの愛着を持てるか疑問です。
・・・ああ、近所の川だけには、愛着があるかな。

569 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/24 01:10
>>564
おかげさまで、本日は完全復調しています。
出張もそうですが、関東在住の知り合いがさっさと結婚してくれ、呼んで
くれるのも期待しつつ・・・
ザディコの話なんてしてたんですね。全く記憶にない・・・w

>>565
何とか無事に帰りつきましたが、こっちでも暴風が吹き荒れていて、うち
のビニールハウスもやられました。また猿になってビニール張りだ・・・
抱擁ですか?待って下さい、俺の上手投げに勝とうなんて10年早いん
じゃないのw

570 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/24 01:22
⊂´⌒っ- -)っ■←デンキブラン

あの辺も記憶になかったですか。。。w
マァ、かくいうアタクシも、ついさっき「音浪」のHNが
最初にワルード音楽板ありきだって事に気付いたばかり
だったりして。。。(それで、読みが「オンロウ」だったのね。。。)
(だけど、今更替えられないから勝手に「オトナミ」って呼んじゃう。。。)

571 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/24 01:28
>>566
鞭さんかな?echoさんかな?
いぶりたくあん、気にいっていただけて嬉しいですよ。
いやマジで、今度はゆっくりしたいです。芋焼酎の香りのする汗を滝のように
流すのはもうこりごりですw
次に行くときは、また何か食材を見繕って行きますんで、よろしくお願いします。

572 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/24 01:34
>>570
俺の酩酊状態には、
1 正体はあり、記憶も残る     飲み始め〜
2 正体はあり、記憶が残らない  早くて2時間後、標準で4時間後〜
3 正体がなく、記憶が残らない  早くて3時間後、標準で5時間後〜
の3種類がありますので・・・

ザディコは、シェニエの1枚しか持っていないので大したことは話せな
かったと思いますが、学生時代の恩人に紹介されたせいもあり、思い入れ
の深い音楽です。

573 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/24 01:41
>>571
たぶん、時間の流れ的にechoサンだと思います。。。
たくあんは音浪さんが行ってしまったあと、更に酒飲みながらつまみ、
またその一部をお土産としてお持ち帰りさせてもらっちゃいました。。。
いや、ほんと、あんな上手いのは生まれてはじめてでした。。。

574 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/24 01:42
HNは、お好みで呼んでいただいていいですよ。
名無し音楽放浪の旅→音楽放浪→音浪という変容の経路はその通りなん
ですが、音浪に落ち着いてから1年以上経ちますし、原型はあまり意識
していませんので。
最近はワールド板より伝説板の方に日参している状態ですし。

575 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/24 01:45
>>572
シェニエは、2枚組の「The Clifton Chenier Anthology」のほか、
数枚あります。。。
学生時代にとってもはまってたのですが、きっかけが思い出せない。。。
たぶん、アコーディオンのシャラシャラ音がとっても好きで、それでこの辺に
つながってったんだとは思いますが。。。

576 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/24 01:46
放浪。。。
最近、職業が「旅人」だったあの頃が妙に懐かしく。。。

577 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/24 01:57
放浪、ということばに惹かれて、このHNを名乗っている側面が、確かに
あります。
職業:旅人、ですか。生易しいものでないとは思いますが、それでも憧れ
ますね。

オマエモナーさんとも、その辺のことを少し話したりしましたし。

では失礼して・・・おやすみなさい。

578 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/02/24 08:45
上手投げ・・・投げられるのかよ!ヽ(`Д´)ノ
柔道やってたんすかね?

ビニールハウスに合掌・・・(-人-)

579 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 00:02
>>575
シェニエで持っているのは、88年にP-ヴァインが出した編集版で、65年のアル
バム"Louisiana Blues and Zydeco"と66年の"Bon Ton Roulet"がそのまま収
められています。ズッズダッタズッズダッタと、3拍子崩れのしまらないリズムの曲
が、特に好みです。

>>578
柔道は好きでしたが、中学には柔道部がありませんでしたw
ビニールハウス、今日がいい天気でしたので、近所の人に手伝ってもらって
何とか半分を修復したとのこと。あとは俺が休める土日に仕上げです。

580 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 00:04
21日〜22日のことを少し。
21日は11時頃家を出、つまみの燻製数品を購入後、ぎりぎりで新幹線に
乗車。乗り込んですぐ眠り込んだが・・・眼が覚めると、通過するはずの某駅
で停車している。アナウンスによると、信号の故障でしばらく動けないとのこと。
岐阜に行った時、硫酸を新幹線の車内でこぼした奴がいたせいで20分遅れ、
名古屋から目的地までの終電に間に合うよう駅構内を疾走したことを思い
出し、またかよ、と。

581 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 00:05
まただった。上野駅到着は1時間の遅れ。電車―ホテル―電車、最後は
新宿駅を走り、30分近く遅れて待ち合わせ場所に至ったが・・・あれ、
いない?
赤い鞄を必死に探したが、焦っているせいか見つけられない。その辺を3周
し、途方に暮れる。こちらをじっと見つめる男性(オマエモナーさん)に気付き、
近づいて・・・「あの、もしかして」「そうです」てな会話で、ようやく合流。
自分のイマジネーションがいかに当てにならないかがわかった瞬間だった。
どうあてにならなかったかは、まあ秘密ですw

オフ最中、終わってからについては、上や各所にでていますので省略。
皆さんお疲れ様でした。トマトさんスレの実況に参加した方も、ありがとうござ
いました。

582 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 00:07
オフは初参加だったが、合流までが独特で、合流後は普通の飲みなんだ
なあ、というのが正直な感想だ。お互いの背景についての認識の深浅は、
会話にはあまり障害にならなかった。必要な情報開示は、その都度自分の
判断ですればいいし、そういう見切り開示行為自体、リアル知人との飲みと
同じだしな。
ただし上でも書いたが、誰かの口から「うp」ということばが漏れたときの衝撃
は忘れられないw なんというか、どう見ても日本人な人が葦のペンを取り
出し、粘土板に楔形文字で「目には目を、歯には歯を」と刻み出すのを目の
当たりにしたような、複数の時空がひとりの人間の中に同時に存在している
ような感じを受けてしまった。
あと、自分をHNで呼ぶのには、いまだに照れる。慣れればいつかは平気に
なるんだろうか。

583 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/02/25 00:27
雪害によるビニールハウス倒壊、こちらでも被害が出ています。

農家と兼業でうちの灯油配送をやってる人が何人かいますが
ハウスを作っているところは軒並み被害を受けたようです。
特に自衛隊員の弟さんがイラクに行っていて男手の足りない某さんのところは
復旧のめどが立たないとか...

584 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 00:49
>>583
人手は本当に足りません。しかし、こんな所にもイラクが影を落としている
のですね・・・
こちらでは補修のため、シルバー人材センターが大人気だそうです。
そちらでも頼んでみてはいかがでしょう。60過ぎていても、体力のある人
にはびっくりするほどありますので・・・

585 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/25 01:37
>>579
"Louisiana Blues and Zydeco"はARHOOLEので持ってたはず。。。
(たぶんお店に置きっぱなし。。。)
"Bon Ton Roulet"のアルバムは持ってないけど、確かこの曲の入ってるのは
持ってたと思う。。。(これもお店。。。たぶん、ブーズーチェイブス、ギタースリム
と一緒になってるアルバムに。。。)

よく若者がもつ「アメリカへの憧れ」のようなものは、ワタシにはいっさい
ないんだけど、スミソニアン博物館と、南部には行っておいた方がよいかなと
思う今日この頃。。。

586 :エコー@実家 ◆echo/..R76 :04/02/25 20:42
>>566は自分です。
一応メール返信しますた。
ものすごく読みにくいと思います。。。

587 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 23:25
>>585
おお"Louisiana Blues and Zydeco"持ってるんですな。
>579の3行目で書いたのは、7曲目 Zydeco Et Pas Sale と9曲目 Louisiana
Two Stepのことでした。弾き鳴らされる洗濯板の音もいかしてるかと。

俺もアメリカには興味というか、付き合わざるを得ないという諦めに似た感覚
はありますが、憧れはありません。アメリカに対して「憧れ」を持つ若者という
のは、アメリカに

  1 個人の欲求充足行動に対する社会的制約の少なさ ≒ 「自由さ」
  2 世界のマスカルチャー市場における先導性 ≒ 「かっこよさ」

がある、と信じているのではないかと想像します。若者以外でも。
が、自分としては、1は日本とあまり差がないような気がしますし、2は人に
よっては訴求力が全くないとも思っています。

588 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 23:26
アメリカで単純に行きたいところなら、たくさんあります。南部だとマルディ・
グラを見に行き、ついでにミシシッピデルタをうろうろして、生バンド付きの
酒場で一杯やりながら、ザリガニを食いまくりたい。
ファミレスのジャンバラヤ以外のケイジャン料理には、机上の知識しかない
ので、ぜひ本物を、と・・・
関係ないですが、ポテトチップスでもカルビーの「ルイジアナ」シリーズという
奴がありましたな。一昨年復刻されたときは嬉しかった。

ttp://www.nikkei.co.jp/newpro/news/20021006e3mi01w606.html

589 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 23:30
>>586
おおechoさん、お手数をおかけしました。そうでしたか・・・恥ずかしいこと
喋ってたんですな俺。しかも、改めて聞いても全く思い出せない俺の脳・・・
ともあれ、もやもやが解決しました。ありがとうございました!
しかし、現場に某県人がいなくて本当によかった。自分の祖先も某県から
来た可能性大なのですがw


590 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/25 23:32
訂正: >>333
またやってた。アメリカ映画『夜の大走査線』の主演はモーガン・フリーマン
ではなく、シドニー・ポワティエ。
ポワティエpoitierという名字はフランス系のものなので、もしかしてルイジ
アナのクレオール(仏系・スペイン系と黒人の混血民。ザディコの担い手でも
ある)出身かとも思ったが、調べると両親はバハマ人とのこと。97年から駐日
バハマ大使(遙任w)を勤めていたことを初めて知った。

ちょっと早いが、今日は寝ます。おやすみなさい。

591 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/02/26 00:17
おやすみなさい・・・いい夢を・・・

592 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/28 11:20
寒い中組んだパイプの背骨部分に登って、移動しながらビニールを引っ張り
引っ張り、ようやくビニールハウス補修完了。寒いし足場は最悪、体はまだ
ガチガチだ。
昨日は昨日で、会社の会議室で業者同士が2時間以上論戦を・・・業務が
うちとも関係しているので、他所でやれとも言えず、往生した。
さて、炬燵で暖まろうか・・・

593 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/28 11:21
またまたザディコがらみで、ある喫茶店の話。
学校に入学後、何気なくタウン誌を読んでいたら、ユニーク店紹介コーナー
に「民族音楽の宝庫」なる宣伝文句のついた喫茶店を発見。当時のアパート
から程近かったのもあり、これは行かなくてはと訪ねてみた。
入り口には某民俗アニメの大きな人形群が並び、店の中は木をふんだんに
使った山小屋風の素朴(というか野暮ったいw)な佇まいで、カウンターの奥
にいたのは、人のよさそうなひげのオッサン(といっても、現在の俺より若
かったわけだが)と、美人な奥さん。
なんとなく、60〜70年代の自然回帰ムーヴメントを引きずった夢見がちな人
たちなのかな、とも思ったが、その印象は話をしてみて大部分覆された。

594 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/28 11:21
一番初めの頃の会話を思い出す。マスターから、何をよく聴いてるの?と
尋ねられたとき、試してやろうと思って「YMOです」と答えた。店の雰囲気や
貼ってあるコンサート情報の内容から、彼らの音楽嗜好がトラッド/アコース
ティック寄りなのは間違いなさそうだった。どれくらい(彼らから見て)異質な
者を受け入れてくれるのか、またYMOに潜む各種の民族・大衆音楽にどれ
だけ気づいているかを知りたかったのだ。
「ふーん。そういえば、東洋を意識した曲も多いよね・・・」と水を向けられ、
(乏しい知識しかないのに)調子に乗って俺が日本民謡論をぶつと、うんうん
と聞いてくれる。なんだか楽しくなり、その翌日に2度目の来店。完全に向こう
のペースに引きずりこまれていた。
後から知ったのだが、彼は三味線をプロから習った、筋金入りの日本民謡
フリークだった。マスター、人が悪いな・・・w

595 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/28 11:22
セミプロから暇な学生まで、数はそれほど多くないがいろんな人が出入り
するこの店に通ったのは、正味1年ほどでしかない。しかし、マスター夫婦の
グループの演奏を通して直に触れたブルーグラス/アイリッシュトラッドや、
ハンガリーなど欧州各地のジプシー音楽、ザディコ、スカ、ハイライフ(ガーナ
の都市音楽)など、そこで教えてもらった音楽たちは、一旦は遠ざかっても
どこかで伏流水のように自分の中に流れているような気がする。
マスターのメイン楽器(あえて伏せる。明かせば、一発でぐぐれてしまうので)
はアイルランド/アメリカ南・西部のものだが、ほぼ同型のものがユーラシア
一帯に分布することもあり、中東や東南アジア音楽のコンサートでも客演した
りしていた。彼の幅広い音源コレクションと知識は、そういうところでも磨きが
かけられていたようだ。
彼の語る音楽の交流史は観念的にならず、常に楽器やリズムなど、耳に
聴こえるもの、目に見えるものをベースにしていた。そのことが、俺にとって
は大きな魅力だった。

596 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/28 11:23
マスターはめったに入手できない楽器を自作するなど、美しいあるいはおも
しろい音そのものにも惹かれるタイプ。奥さんも好奇心豊かな人で、2人で
お互いに新しい音源を紹介しあっていた。周りに集まる人々も、言わずもが
な。どんどん、音楽が、集まってくる場所だった。
どこかの研究者が自分の研究室からこっそりダビングしてきた、戦前録音の
台湾先住民の合唱のテープまであったりした。いいのかよと思いながらも、
俺もダビングさせてもらったw
ちなみに飯はまあ普通だったが、カレーはマジで美味かった。当時まだ珍し
いスープタイプだったような記憶がある。

597 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/02/28 11:24
学校・バイトが忙しくなったのと、常連が高校を中退しようとしているのを誰も
止めないことに自分との距離感を感じ(焦った即断より間抜けな逡巡、という
志向は今と同じ)、店に足を向けなくなってしまい、早十数年。それでも、店の
入り口の人形群を時々思い出す。
あれがかもし出す妙な雰囲気のせいで、初めて入店するときにずいぶん
悩んだw でもまあ、思い切って入ってよかった。
ちなみに、マスター夫婦は喫茶店の経営を人に任せて、今では本格的に
音楽活動を展開しているらしい。連絡は全く取ってはいないが、頑張っている
様子をサイトで覗くだけでも、なんだか嬉しいもんです。

598 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/02/29 20:15
音浪さん、ロバハウス、知ってる???
ttp://www.mmjp.or.jp/ROBAHOUSE/index.html

599 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/01 00:10
>598
初めて知りました。楽器紹介、とてもためになりましたよ。プサルテリウム
とかクルムホルンとかの形を確認できて嬉しい。
自前の小屋持ってるんですね。上水沿いというロケーションもよさそうだし、
リアルで行ってみたいです。
古楽の生演奏は、機会があれば是非と思ってるのですが、なかなか・・・

600 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/01 00:44
かれこれ10年くらい(アラヤダw)前の話。。。
ロバハウスの中は一度も入ったことないのですが、
外観は一目見たときからずっと気になっていたのです。
そしたら、どういう関連だったか忘れたけど、文化人類学の
先生がこのひと達を招いて、授業(と言うよりコンサート)を
してくれたのですよ。。。
いろんな古楽器を紹介してくれたのですが、なかでもハーディー
ガーディーはどんな音がするのか以前からずっと気になっていたので
生で聴けたときは感激でした。。。
この先生はまた毎年、学内に某フォルクローレのグループを呼んで
コンサートをやってくれたりととてもユニークな先生でした。
(このときはチラシや舞台設営、照明のお手伝いなんかもしたのよ。)

今振り返っても、学生時代の音楽体験は貴重だったと思います。。。

601 :オマエモナー ◆OmaewATL.M :04/03/01 00:54
              /⌒彡  教養の良さが伺えるお二人…
     /⌒\    /冫、 )  
     /  ∧ `./⌒ i `  /ゝ  クンクン…何か臭いますよ…
     /  ノ  > ( <  ∬ ( \\
  ̄~⌒ ̄ ̄~  \`つ旦  ⌒ _)これは!恋のに(ry

602 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/01 00:55
また、他の授業では高田みどリさん(この人のCD持ってたのになくした。)
を特別講師に招いての授業があり、いろんな民族楽器を見せてもらったり、
ってもあった。。。これも楽しかったなぁ。。。
(何より、卒業式のオープニングがこの人の演奏だったのが超感動でした。。。)

もう一つ楽しかった音楽の授業は、その講師がフランスに滞在してたときに録画
しまくったビデオクリップをひたすら紹介してくれる授業。。。
他の学科の授業だったけど、変わったのを厳選して持ってきててたのしかった。。。

603 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/01 00:56
>>601
恋のにんにく臭。。。w

604 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/01 01:03
所属していたサークルに、オカリナとか塩ビパイプケーナとか
得意な人がいて、一緒に作ったりして遊んだりもしました。。。
この人のおかげで、サランラップの芯を細工して笛にして遊ぶことを」覚えたような気がします。。。

最近やってませんが、蛇腹のホース(洗濯機の排水用みたいなの)を
ブルンブルン回して音出すの、大好きです。。。

あー、学生に戻りたくなってしまった。。。

605 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/01 01:08
>>598の演奏会、気になってはいるのですけどね。。。

「ロバの音探し」「ドゥクチア」「ガランピーポロン」の3枚だけ
持ってます。。。

606 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/01 23:47
:⌒)        。 。    
::  ⌒)=====゚ λ_λ   3月です。 
::::::: ⌒)====⊂.( `ー´)  師走は過ぎてるけど、先生走っちゃうよ!
:::::::::::: ⌒)====ノ    つ ・・・で、先生って誰だ?俺じゃないぞ?
::::::::::::::::: ⌒)==r(   ヽノ 
:::::::::::::::::::.......⌒)=し´ ̄ヽ_)

胸を怪我して以来休んでいたジョギングを再開。実際には、上のAAみたい
に勢いよく走ったわけではないですw 2.5kmをゆっくり走ってきた。
少し休んで入浴後計量すると、70kgぴったり。2ヶ月で+-0・・・
でもまあ、これからですよ。気長に続けます。
仕事の方でも決算期だし、今月は気合入れて行かなくては。

607 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/01 23:49
>>601
恋のにこごりは、新潟以北の日本海側や長野では、わりとポピュラーな冬の
味覚です。甘煮を作るときのうれしい副産物。うちの親が作るのはちょっと甘
過ぎでしたが、毎年数回は食べていました。
・・・えっ、オヤジギャグ寒い?・・・そうっすよね・・・

知ってることそのものが少ないので、事柄相互の関係に注目して何とか話題
を紡いでいる状態ですが、失笑を買っていないか心配でなりませんw

608 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/01 23:52
>>トマトさん
感性が柔らかいうちに、間口を広げるのを手伝ってくれるような人や出来事
に出会えたっていうのは、一生の財産になるような気がします。
その場に近づいて行ったのは自分の力や判断でも、場で起きていることに
立ち会えたかどうかを考えると、自分は幸運だったんだなあとも思います。
授業で照明の手伝いとは、羨ましい限りです。しかし、人類学の先生達は
どうしてああ脱線が好きなんでしょうか。楽しいからいいんですが。

日本の古楽アンサンブルのCDは持ってませんでした。大昔タブラトゥーラ
のを1枚持ってましたが、なんか陰がなくて物足りなかった記憶があります。
古楽に、安らぎより不安定さや暗さを求めてるのかもしれません。入口が
13〜14世紀の教会音楽だったのが尾を引いているのか。
蛇腹ホースヒュンヒュンは散々やりました俺も。ピアニカをバラしてまでしてw

609 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/03 01:24
>>608
やりましたか。。。蛇腹ホース。。。w
最後にやったのは、エアコンのドレーンホースかな。。。
ホースの長さや太さだけでなく、ぶん回すスピードでも
いろいろ変わって楽しいですよね。。。

610 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/03 01:58
>>600の先生は、文化人類学と民俗学の二つを持っていたのだけれども、
とっても大好きでした。。。
鬼太鼓座(おんでこざ)の発足時に佐渡でいっしょに走り込んでいた
過去もあったり。。。
(先生の先生にあたる宮本常一氏に、「オマエを太鼓たたきにするために
佐渡へやったんじゃない。」と引き戻されるのだが。。。)
何より建築学科卒というところからして変わり者かも。。。

※先生の本名でググったら、2ch内の民俗学・神話学板(そんなの
 あったんだw)の某スレに「(・∀・)イイ! 」との評価レスが。。。w
 (もう落ちてますが。。。)

611 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/04 01:15
>>610
鬼太鼓座と宮本常一の関係、ぐぐって初めて知りました。自分が散々各地で
地元密着の活動をしておきながら、問答無用で孫弟子を呼び戻すとは・・・w
トマトさんの先生も、心の中で「あんたに言われたないわい!」と突っ込みを
入れていたんじゃないでしょうか。
他所の地域の祭などに参加すると、その土地の人間のメンタリティがなんと
なく理解できるようになることがあるような気がします。隣県で1年過ごした
ときは、正月に褌一丁で海に入る行事に参加したことがありますが、ほとん
ど気分は人類学者でした。気分だけでしたがw

民俗・神話板では、アイヌスレをお気に入りに入れています。話題がすんなり
と展開しないことが多いのですが、現在のアイヌの方々を巡る事柄も登場
する総合的な場として機能している?息の長いスレです。

612 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/04 01:16
年度末に向け、今目の前にある作業、さてどうこなそうか・・・

1 周囲に及ぼす影響が大きいか小さいか(重要性)
2 ボリュームのある作業か、たいしたことないか(量)
3 締切りが迫っているか、結構余裕があるのか(緊急性)
4 自分の判断だけで解決できる業務か、上司や他社の意見に左右される
  度合いの高い業務か(他律性)

これにそれぞれ5点満点で点数をつけ、最も総合点が高いものからやって
いくようにしようと思う。ちなみに、4は自分の判断でできるものの配点が
最も高い。
こう整理しないと、どうしていいかわからなくなり、つい仕事を溜め込んでしま
う。昨年度末は、転勤する先輩にちょっと迷惑をかけてしまったので、今年は
スマートに行きたい。

では、おやすみなさい・・・

613 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/05 00:20
「雪が融けると何になりますか?」「春になります」、という問答は、よく子供の
素直さや純粋さを顕すものとして取り上げられるが、これは子供でなくても、
雪国の人間なら誰しもこう答えるんじゃないだろうか。
見渡す限り真っ白だった田んぼの畦が、ちょっとだけ頭を出し始め、よしよし
と思っていると、3月に入って大雪吹雪。路面もつるつるになっているところ
があり、昨日のジョギングでも転びそうになること2回。また胸なんか打ったら
と思うと、おちおち気を抜いてもいられない。
ああ、早く融けろよ。というより、もう降るなよこんなに・・・

614 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/03/06 19:45
八戸も今日大雪だと母が言ってました。
長く都会に居ると大雪が恋しくなります。
冬、帰省すると、新幹線の窓から見える田んぼの雪景色、
ああ、帰ってきたんだなぁ、と感じます。

もうすぐ春ですよ。

615 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/07 04:44
>>614
東京はどうでした?こちらは大風だったのですが、空っ風が吹き荒んだん
でしょうか。
離れていると、不便ささえ懐かしく感じられるものなんでしょうね。たった1年
だけでしたが、雪の積もらない街に住んだとき、活動のしやすさに喜びなが
らも、どこかに寂寥感があったのを思い出しました。

地面は青白く、木立や家並は暗灰色の水墨画のような風景が、ただ今も窓
から見渡せます。今は風も止み、遠くまできれいに見えます。

616 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/07 04:50
毒男さんやかまぼこさんのスレでblogに接し、ついでにいくつか読んでみた。
昔からある純然たる日記・私的世間分析系サイトと、ニュースサイト、2chの
ような掲示板などからいいところを集め、シンプルな一定の形式にまとめた
ようなもの、との印象を受けた。発生はアメリカなのか?

自分のサイトを立ち上げることを、実は長く暖めている。今やってしまうと
本格的にネットに依存してしまいそうなので思いとどまっているが、仕事に
もう少しだけ余裕が出てきたら手をつけてみたい。

617 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/07 04:52
一応のメインコンテンツは、自分のいい加減な記憶や解釈に頼らずとも蔵書
を活用できる、歴史系のものにしたい。音楽関係は、いくらでも良質かつマニ
アックなものがあるので、まあ感想程度をサブとして、と。
中世蝦夷地・北奥羽など、一定のまとまった地域内に複数の文化圏が存在
し、かつその境界がつねに移動しているような地域を中心に、社会体制や
交易、文化活動等を採り上げる、と。通史的なものよりは、個々のトピック
から掘り下げるスタイルを取りたい。「隠れキリシタンの北奥・蝦夷地流入と
鉱山開発」「アンダルスにおけるイスラム教徒とキリスト教徒の通婚」など
など。
で、それで好き者を釣り、本当のメイン「教えて君のページ」に誘導すると・・・

618 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/07 04:56
訂正 617の2〜3行目
× いくらでも良質かつマニアックなものがあるので、
○ いくらでも良質かつマニアックなサイトが存在するので、自サイトでは

専門系サイトやニュースサイトで勉強し、掲示板で質問してみる。これが
ネットの一般的な情報収集の仕方だと思う。しかし、もっとマイペースかつ
我儘に知らないことを聞け、関連分野でも面白いと思うことがあったらどん
どん書いてもらえるような空間があればなあ、と思ってきた。
2chにやってきたのも、もとはといえばそういう動機があったからなのだが、
やはり場の空気というものがあり、スルーされ続けているからといって何度も
回答を催促するのも気が引ける。
かといって、自分自身でBBSなんか運営できない。ときどき個人BBSで荒ら
しレスにも穏やかにかつ適切に対応している管理人を見るが、あんな芸当は
とてもできない。荒し以上にぶち切れて、自分が一番の荒らしに変貌するの
は間違いないだろうw

619 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/07 04:57
ので、自分が常日頃疑問に思っていることを長期間アップし続けることができ、
その回答も長期間晒すことができ、かつ荒らしや宣伝などは自分の判断で
ばんばん削除できる空間を確保したい。どちらかというと時事ネタよりは趣味
方面のネタについて尋ねたいので、素早い回答よりも量を期待。長期間の
アップは必須になるわけだ。
ただ、こういうサイトに十分な人数を呼ぶためには、メインコンテンツに余程
の情報的価値があるか、サイト主が類似サイトを回ってまめにカキコする
などの人脈形成作業をするかしないと難しいような気もする。
・・・うわっどっちもできなさそう!

620 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/08 00:15
ラジコンヘリコプターを飛ばしてきた。
・・・じゃなくて、飛ばしている様子を見守ってきた。
事業の関係で、お客さん達に操作の練習をしてもらうことになったので、今日
はその付き添い。晴れてはいたが風の冷たい中、一人一人離陸−ホバリン
グ(空中停止)−着陸を何十度も繰り返す脇で、飛行時間を計ったり燃料の
使用量をチェックしたりしていた。
空中に機体を停止させるのは非常に難しいらしく、全員もっと大きなヘリの
免許持ちでありながら、あっちへふらふら、こっちへふらふら。年齢にほぼ
比例して不安定さが上がるのには、苦笑せざるを得なかった。いや、笑わ
ない方が失礼というか、わが身を振り返っても、・・・

621 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/08 00:16
空を飛ぶものには、どうしても憧れてしまう。ラジコンヘリの機体そのものは
30万円程で入手可能とのこと。ほほう・・・
気球に乗るのと、どっちが楽しいだろうか、などと、また妄想w


622 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/08 00:17
聴いているのはジャッキー・テラソンのアルバム"What It Is"。ジャズは全然
詳しくなく、この人のこともほとんど知らないのだが、デビューが94年という
からにはまだ30代?つや消しの細かい凹凸を施した木の板を撫でてるよう
な、サラサラした暖かさがある。
ジャズは死んだ音楽だなんていう奴がいるが、俺にはそうは思えない。朴訥
さや瑞々しさを表現できるうちは、まだまだ大丈夫なような。

623 :耳 ゚Д゚|ノ ◆OmaewATL.M :04/03/08 01:59
ホリー・コールの日本版のベストと、テンプティションは聞いたことありますか?

私は大好きです。特に、テンプティションは、トム・ウェイツのカバー集なので

知っている曲も多いのでは?一度聞いてみてくださいなぁ〜♪

624 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/09 00:13
>>623
トム・ウェイツって、あの唸り歌うオサーン(失礼な表現スマソ。嫌いじゃない
です)ですよね?彼の歌を女性が歌うんですか!
メモ・・・ 探してみます。
ジャズヴォーカル周辺の人では、パトリシア・カースとタニア・マリアが結構
好きですが、・・・て全然周辺じゃないですねw

625 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/09 00:14
鳥インフルエンザを出した浅田農産の会長夫婦、自殺したとのこと。
日本では、ウィルスによって亡くなった人は出ていなかった。なのに、こういっ
た形で、どうして人が死ななければならないのか。
俺達百姓(このことばは、卑称だとは思っていない。俺が会った各地の農家
は、いずれも自然にこう自称していた。もちろん俺も)は、人間が食べるもの
を作っている。責任が大きいのはもちろんだ。消費者が叩くのは当然だ。
だからこそ、失敗に学ばなければならないと思う。成功例に学ぶ以上に。

せめて農家同士では、非難と罵倒と無責任な弁護だけでなく、何か励ましや
応援を送るべきでなかったか。その励ましが会長夫婦を、再発防止の検討
に加わらせ、鳥インフルエンザという脅威への有効な対抗策を早期に生み
出したかもしれない。そのことが、彼ら・彼女らの贖罪につながり、生きる
希望を再び見出せたかもしれない、と考える俺は甘いだろうか。

626 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/09 00:19
さて、壁に来て、今日で1年が経ちました。
管理者さん、書き込んで下さる皆さん、ROMの皆さん(いたら)、俺の方が
楽しくROMらせてもらってる方々、壁住民の皆さん、本当にどうもありがとう。
皆さんのお力添えや励まし、無言の後押しで、楽しく過ごすことができました。
多謝。


627 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/09 00:19
サーバごとの板一覧が掲載されている場所(過去ログ倉庫から行き着いた
ような記憶がある)でここを発見し、たどり着いたのが2003年3月8日。1年
も経ったという実感は全くない。
噂には聞いていたこの場所、もっとアングラ臭の漂う妖しい場所なのかと
想像していたが、実際に来てみると実に穏やかな場所で、気に入った。一時
某板からの大量流入があったらしく、知っている人が何人もいたのにも驚い
た。向こうは俺のことはほとんど知らないと思うがw
自スレ願望はずっとあったものの、荒らし・煽りに凹みやすい自分の性格と
維持の手間を考え躊躇していたのだが、この板の雰囲気を読み取るとすぐ
に(来壁2日目にして)自スレを立ててしまった。当時はかなり思い切ったつも
りだったが、まずは正しい判断だったと自画自賛しておこうw

628 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/09 00:21
またぼちぼちやって行きますので、気が向いたら相手してやって下さい。
俺の側からも、何かできればいいのですが。

629 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/09 01:31
ヽ( ´ー`)ノ 一周年オメット〜

音浪さんのマニアックな視点の書き込み、しっかり楽しませていただいてますよ。。。
ぼちぼちで続けてください。。。

630 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/03/09 09:09
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  一 周 年 記 念 |
 |________|
    ))))))  ||
  ( ・Θ・) ||
  / つ  づΦ  おめでとうございます

631 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/10 00:28
>>629
そうですね。最近日常生活でも「これスレのネタになるかな」などと気を回し
過ぎているような気がするので、少し力を抜いて行きたいです。

>>630
ありがとうございます。苔を生やしながら転がって行きたいです。
ところで、老猿さんて自スレは持ってるんでしょうか?いようスレは知って
るんですが・・・

トマトさんスレで話題になっていた「いざ立て戦人よ」に絡んで、作詞者J.
ファルクナーとその師匠A.H.フランケ、17世紀後半の北米を巡る列強の
角逐なんかを系統立てて調査中。来月には何か書けると思います。面白い
題材を提供していただき感謝。

632 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/10 00:31
最近よく行くスレ その2

Sir! 鬼教官ハートマンのガイドラインです 2 Sir!
  ※sir! 映画は見たことありませんが十分笑えます! sir!
  http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1078635861/
[contemporary]トルコとギリシャ[war]
  ※民族という概念がごく最近のものに過ぎないことがよく分かる。
  http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1059059553/
今川氏真とともに苦難を乗り越えていくスレ。第二陣
  ※大ちゃんスレとは別の進化を遂げ、どこへ行く?地味に名言多し・・・
  http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1077049400/
《アレは》細野晴臣 その2《いいね》
  ※ゆったりペースだったが、最近はBox発売で盛り上がっている。
  http://music3.2ch.net/test/read.cgi/legend/1072926270/

633 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/03/10 07:36
>>631
自スレは持ってないです。
そのうち立てようと思っているうちに何年も立ってしまいました...

以前は早朝雑談を半ば自スレとして使ってましたけど
いようのスタイルを変えてああいうスタイルにしようかな。

634 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/11 01:49
>>631
老猿さんにとって、壁の全てが彼の歌、スレの全てが彼の夢ー♪
カメハメハー、カメハメハー、

・・・いや、なんでもないです・・・
早朝雑談は時々覗いてました。さりげなく対話に浸透する老猿さんの老練
ぶりに舌を巻いてましたよw

635 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/11 02:02
ちょっと仕事が溜まってきた。
明日はまたお偉いさんにハッタリをかける日だ。口が上手く滑りますよう・・・

おやすみなさい。

636 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/03/11 06:38
一周年おめ。

637 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/11 23:44
>>636
おおありがとう。最近1年経つのが早いです。小学生だったときの1/6ぐらいに
感じまるような・・・ もうしばらくここにいると思いますので、よろしく。


昨日の「口が滑る」は使い方を間違ってるな。「口が滑らかに回る」だなw
偉いさんの部下とやりあってヘトヘトです。では、おやすみなさい・・・

638 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/03/12 00:06
>>634
そういわれると、また早朝系のスレ再開したいとか思っちゃいます。

639 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/13 10:24
>>634
ニーズはありそうですし、再開しちゃってもいいんじゃないでしょうか。
最近早寝遅起きな自分は、後追いで覗くくらいしかできませんがw

関係ないんですが、ちょっと前までは低血圧(上100、下55)だったので、それ
を朝弱の言い訳にしていました。太って上120になった現在はもう言い訳でき
ないのが悔しいです・・・

640 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/13 10:31
薄いクリーム色の雪が凄い勢いで降っている。雷もすぐ近くで騒いでいる。
空のいつもの薄墨色に、僅かに茶色が混じっているのが見える。
大量の黄砂が雲の上を通り抜けようとし、湿気に絡め取られてあえなく落下
して来ているようだ。
黄砂は九州だけのものではなくて、気流の流れにより北日本の日本海側
にも達する。年々濃くなってきているような気がするが、砂漠化のせいだろう
か。

641 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/13 11:27
黄砂は、中蒙国境付近(ゴビ砂漠)から飛んでくるものが多いらしいが、一部
はタクラマカン砂漠に由来するものもあるとのこと。あんな遠くからか・・・
中国や韓国では、被害はさらに深刻とのこと。やはり植林・植草?などの
対策が必要になってきているようだ。日本も協力するとのこと。いいぞ。
ttp://www.china.org.cn/japanese/47287.htm
ttp://www.c-crews.co.jp/gnext_express/news/back/0312/031208_10.html


642 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/13 11:27
黄砂→ゴビ→モンゴル→オルティンドー(モンゴルの伝統歌謡で、1音1音を
長く伸ばす歌唱法が特徴)と連想ゲーム的にぐぐっていたら、こんな判例を
発見。
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/3824/tokyo2_11/03/H08-4844.html

民謡・江差追分をはじめとする各地の追分節のルーツは信州の小室節(よく
小諸馬子唄と混同されるが、別の歌)だ。この小室節の起源が、馬の飼育
技術を持った大陸出身の帰化人の唄なのではないか、オルティンドーと同系
なのではないかとする説が存在する。民族音楽研究の第1人者・故小泉
文夫もこの説を唱えていて、俺もそうじゃないかと思っている。
そのことをネタにして小説及びノンフィクションを書いた人が、似た内容の
番組を制作・放送したNHKを訴えた裁判があったのだ。

ttp://park5.wakwak.com/~chomsky/copybusiness/copyrightdispute/990625groundsforanapeeal.html
もっと詳しいのがこのページだが、なんだかテクスト論とかまで飛び出す濃い
内容だ。読み砕くのに時間がかかりそうだが、面白そうので、読んできます・・・

643 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/15 01:24
・・・とはいったものの、上のリンク、そんなに面白くはなかった。読んでから
貼れってなw
でも、翻案権という権利が法的に存在することは初めて知ったなあ。志向と
しては何でもパクリ・応用・公開マンセーと思っているが(何だかよく分から
ないくせに、Linuxって素晴らしいと思っているw)、現実には独自の技術や
知的財産を飯の種にしてる人・会社・国が多いわけだし、複製権以外にも
一定の歯止めが必要なのは感じる。
上のリンクでは、翻案権はもっぱら「内面的表現形式」の類似が許される
範囲かそうでないかが争われるとのこと。どんなことにも定義づけと分類と
線引きを設けようというその姿勢に、清々しささえ感じる(ちょっと皮肉、ほと
んど本音)。

644 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/15 01:39
さて、名古屋土産だった積読を2冊消費し、先日買ってきたparis matchを
ゆっくり聴いていたら、もう休日も終わりかい。
paris match、ピチカート・ファイヴの二番煎じだったらいやだなと思って聴い
たが、そうでもなくて一安心。涼しげな声が気持ちいい。
サウンドは、ラヴ・タンバリンズをちょっと思い出した。あまり似てないが、
なぜか。

あーー どうしてこの季節はこう昔のことばかり思い出すのか!
思い出すようなことなこと、何もしてこなかったろうがよ!

おやすみなさい。

645 :耳 ゚Д゚|ノ ◆OmaewATL.M :04/03/17 19:43
. \∧_ヘ    音浪さんは色んな私の知らない世界を色々知っていて素晴らすぃ〜ですなぁ〜♪
 / \〇ノゝ∩ 
/三耳 ゚Д゚| /  私は私の周りのことで精一杯です…もっと周りに目を配らなくてはっ(゚Д゚≡゚Д゚)
 /三/| ゚U゚|\  
 U (:::::::::::).   そして、逆玉結婚(ry
 //三/|三|\  
  ∪  ∪    

646 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/18 00:16
>>645 改名おめでとう・・・でしょうかw
深く極めることなく、物事の外部へ外部へ、関係のある別なことへと
興味がどんどん移って行く結果、紙のように浅ーい知識・認識しか身に
ついてないような気がします、自分。身の回りからこつこつと、が王道と
思いますよ。
逆玉!日本経済を牛耳る男になって下さい。そして「花を飾ろう」ムー
ヴメントを日本中に起こして、うちで作ってる生花の値段を3倍、4倍に、
・・・うはは笑いが止まらん・・・

647 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/18 00:17
精英独奏『大浪淘沙』を聴いている。
「精英独奏」がグループ名。香港の中国古典音楽アンサンブルらしい。
らしいというのは、英語の解説は非常に短く、かつぐぐっても十分な
情報が得られないからだ。リリースは81年だが、このアルバム中の
何曲かが、テレビ番組のBGMに使われているのをいまだに耳にする
ことがある。
90年代のニ胡ブームや最近の十二楽坊のブレイク以降は、創作曲や
他のジャンルの曲の翻案もよくBGMで使われるが、だからこそこの
アルバムのような古典曲が新鮮に感じられるような気がする。
鳥の鳴き声を真似て横笛がユーモラスに奏でる曲から、お祭り気分の
キャッチーな曲、切なさ満点の独奏曲まで、バラエティに富んでいるの
が嬉しい。

648 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/18 00:18
表題曲は、大波が砂を洗う、ぐらいの意味。中国琵琶の代表的な曲で、
前世紀初頭の阿炳という琵琶の大家の手になるらしい。楽しげになっ
たり、寂しそうになったり、淡々とした演奏の中に様々な感情が整理
されずに流れていくような曲だ。
ちなみに、表題曲をぐぐっていたら、偶然に以下の漢詩(正確には、「詞」)
がヒットした。ある板で少し前に見かけていた詞で、全体としてはあまり
好きではないのだが。


649 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/18 00:18
浪淘沙令   李U

簾外雨潺潺     簾の外、雨はしとしとと降り
春意欄珊      春の気配は衰えてゆく
羅衾不耐五更寒  薄絹の夜具では夜明けの寒さに耐えらない
夢裏不知身是客  夢の中では、自分が客分に過ぎないことも忘れ
一餉貪歡       つかの間の喜びを貪っていたのに

獨自莫憑欄      独り欄干にもたれるのはやめよう
無限江山       限りなく続く山川
別時容易見時難   別れることは易しいが、巡り合うのは難しい
流水落花春去也   水は流れ、花は落ち、春が去ってゆく
天上人間       天上からも、地上からも

650 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/18 00:19
李Uは唐が滅んだ後に皇族が江蘇・浙江に樹立した政権・南唐の
皇帝で、宋に滅ぼされ、宋都開封に連行されて3年を過ごした後毒殺
された。「詩」より自由度が高い分軽く見られていた「詞」を好んで作った人。
作品には深みがあると評されるが、出会いも別れもそれほど経験して
いない俺にとっては、上の詞はいじいじし過ぎに感じられる。ただ、最後
の2行、これはピシッと決まってる。おセンチな内容なのに、ことばづかい
が硬質で、微妙な均衡を保っているのが印象に残る。


651 :~-v('A`) ◆z5JEMiOXDQ :04/03/18 00:35
チョット話題から逸れちゃいますが、漢詩って結構好きです。
(中学高校で学習したくらいの知識しかありませんが。)

俳句などと同様に、風景とその情感が一瞬にして目の前に広がってくるようで、
やっぱり長いこと愛されてきただけあるなぁ、と思ったり。
あと、訓読した時のあの朗々とした感じとかも良い。

・・・ただ、韻を踏んだり平仄がドーノコーノしているからには、元の中国語で読めば
もっと綺麗に聞こえるんだろうなと思うと、少し悔しいんですがね。

652 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/19 00:43
>>651
そうですね、漢詩の中には、心情ばかりをうたうものってあまりないような気
がします。風景や周囲の事物の描写があり、読者はそこに投影された詠者
の想いを彫り出していく。こちらからも働きかける楽しみがあるように思いま
す。
漢詩に触れたのは、俺も教科書でした。忘れもしない李白の「贈汪倫」。
いきなり詩の中に自分の名前を出してるし、千尺とか大袈裟だしw、感動的
なはずの送別の情景にどことなくユーモアが漂う描写。こういう詩もありなの
か、と新鮮さを感じたことを憶えています。それまで授業で読まされてきた
近代日本詩のほとんどが、泣いてるか寂しがってるか怒ってるか旅愁の中
にいるか、いずれにせよジメっとしたものばかりだったので(もちろんそうで
ない日本詩も沢山あるが、知ったのは後のこと)、余計惚れ込みました。

653 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/19 00:44
昔ウィスキーのCMで、李白の「山中与幽人対酌」が北京語で音読されてまし
たが、かっこよかったっすよ。

 両人対酌山花開   liang3 ren1 dui4 zhuo2 shan1 hua1 kai1
 一杯一杯復一杯   yi4 bei1 yi4 bei1 fu4 yi4 bei1
 我酔欲眠卿且去   wo3 sui4 yu4 mian2 qing1 qie3 qu4
 明朝有意抱琴来   ming2 zhao1 you3 yi4 bao4 qin2 lai2

ただ、本来の漢詩の声調は今の北京話の声調とはかなり異なるので、古い
声調の残る広東語や福建語で音読した方が原型に近いものになるようです。
知り合いに香港人や福建人がいたら、「本場の人の発音が聞きたい」とか何
とか優越感をくすぐって音読させ、雰囲気を味わってみてはどうでしょうw
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/sub2.htm

654 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/19 00:50
最近は悲観的な世界も嫌いじゃなくなってきたんですが、それでもやっぱり
どこかでからっとした詩が好きですね。
五胡時代の名無しさんが詠んだこんなやけくその詩も結構気に入ってます。

遙看孟津河   はるかに孟津の渡しを眺めれば
楊柳鬱婆娑   別れの柳が茂ってらあ
我是虜家児   おいらはもともと荒えびす
不解漢児歌   漢人の歌などわかるかよ

北方民族出身の気のいい男が、漢人の真似をしてお別れの詩を作ろうと
して、途中で面倒になったんでしょう。仲の良い漢人に贈るつもりだったの
か、北方民族同士の惜別の宴でだったのか・・・

655 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/20 11:13
東京から来た役人と、2時間みっちり話をする機会があった。うちの会社で
やっている業務について、現場の声を聞きたいとのこと。で、最末端にいる俺
も呼ばれたわけだ。
自分が担当している業務のことならいくらでも話せるので、調子に乗って
手柄話やら失敗話やらベラベラ喋ったのはいいんだが、最後に「では、そち
らからご質問はありませんか?」と振られた時、・・・頭に質問が全く浮かん
でこない。

向こうの(国の)やっていることに興味がないわけじゃない。それどころか、
言ってやりたいことが沢山ある(同席した上司に釘を刺され、言わせてもらえ
なかったが)。また、今後の政策の方向性についての突っ込んだ話も、彼ら
はしてくれた。にもかかわらず、聞きたいことがすぐには出てこなかった。
上司・同僚がいくつか質問し、その場は終了。

656 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/20 11:14
相手のしていることに興味を抱いていること、相手の話をしっかり理解する
こと、自分が抱える問題を認識していること。これは、自分・相手双方に有益
な質問をするために必要なことだ。しかし、ことタイミングということになると、
また違った能力が必要なような気がする。
相手の話や資料から、相手が行っている業務や今後の計画を構成する要素
と仕組みを把握し、これを頭の中でシステムとして組み立ててみる。そして
ここが一番大事なのだが、そのシステムを、相手の立場に立って動かして
みて、操作のポイントや不具合を掴む。質問は、ここで発生する。
以上のようなシュミレーションを、脳内で素早く行うことが必要なんじゃないか
と、飲んだくれながら思い、同僚に話したら、「シミュレーションシミュレーションっ
て、お前『信長の野望』のやり過ぎなんだよ」だそうだ。
・・・いや、関係ないだろ。それに確かに一時は毎日3時間やってたが、今は
やってないぞw

657 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/20 11:19
って思いっきり「シュミレーション」って書いてるしw
シミュレーションだ。実は高校時代、2年ぐらいずっと間違って覚えていました。

658 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/22 00:10
今日からビニールハウス内で菊の苗の定植作業がスタート。1日中しゃがん
での作業で、太ももがパンパンだ。

車で15分のところにあるスーパーで買い物後、晩飯のおかずを自分で
作る。チンゲン菜・グリーンアスパラ・パプリカ・糸コンニャクの油抜き炒めに、
ジンギスカン。
たまに、ラムやマトンが食べたくなる。本州以南の人は独特の匂いを嫌うこと
が多いが、俺が思うに牛・豚用の甘目な焼肉のタレで食べているせいもある
ような気がする。うちは北海道の親戚から毎年味付けマトンやジンタレ付き
生ラムを送られていたので、高齢者でも抵抗なく食っているが。
酸味の強いジンタレを使えば、ラムはもちろん、マトンの乳臭さも随分中和
される。ジンタレは東日本ならその辺のスーパーでも売っている(Bellかソラ
チが一般的)ので、気が向いたら食べてみてはいかがかな。

659 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/22 00:11
正直、いかりや長介がなくなったことに対する2chやマスコミの反応の物凄さ
に驚いている。俺の地元では「8時だョ!全員集合」を放送していなかったの
で、ドリフターズに対する思い入れが薄いのかもしれない。
俳優としての彼は大好きだった。「踊る〜」以前にやっていた、植木等・谷敬
と3人で出演していた2時間ドラマが印象深かった。それに、CMで見せた
渋いウッドベースの演奏も忘れ難い。ご冥福をお祈りいたします。

660 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/22 00:34
なんか最近、偉そうな書き方してるな、俺。
いかん、いかんぞ、謙虚に生きなければ!

白波が回っています。
明日から、ごちゃごちゃになった物事をなんとか金曜までに収めるために、
またバタバタします。早く寝る。
おやすみなさい。

661 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/24 02:59
>>658
ジンタレって、ジンギスカンのたれってこと???

>>659
全国放送ではなかったのね。。。
そしたら、同世代とはいえ思い入れは違うかもね。。。

お仕事はかどってますかぁ〜。。。

662 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/03/24 22:21
信長の野望は、別れた旦那がよくやってたなぁ。
わしは太閤立志伝のほうが好きだったが。
シュミレーションつーと、ガンダムものとかスパロボとか好きでやってたんですがね、
去年くらいから、頭が(゚∀゚)アヒャちゃって、シュミーレーションものが
出来なくなちゃったんですよ。
だから、人から指示をもらわないと、動けなくなっちゃったのさ。

アスパラはねー、カレーに入れるとおいしいよ。

663 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/24 22:29
>>661
仕事は、こつこつとやってはいますが・・・。社外に影響のあるものは片付い
たのですが、社内関係のは後回しにしているので、締め切りを過ぎたもの
もあります(泣きを入れて伸ばして貰った)。もう土日に頑張るしかない状態。

ジンタレ=ジンギスカンのたれです。って北海道在住経験者にしかわかる
わけないな。説明不足スマソw

664 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/24 22:46
>>662
太閤立志伝、Vが出たようです。今度は海賊プレイができるとか。
太閤UとWには、どちらにも100時間は費やしたと思います。信長シリーズと
比べて自由度が高く、好きなように振る舞えるのが好きでした。Wでは、秀吉
で能登畠山家に仕官し、怒涛のように押し寄せる上杉謙信軍を5回に渡り
食い止め、15年掛けて逆に倒したことを忘れることができませんw
アスパラカレーは今度試してみます。野菜を摂らなければ!

665 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/24 22:47
鯖移転してましたな。今回初めてログムーバー(かちゅ〜しゃでは、鯖が移転
すると、移転の対象になった板の既取得スレが読めなくなる。ログムーバー
をインストールしておくと、一括してログを変換し、読めるようにしてくれる)を
導入したが、これ、かちゅ使いには本当に便利だ。知っている人も多いと思う
が、一応貼っておこう。

ttp://kusuri-.hp.infoseek.co.jp/tools.html
※かちゅ〜しゃにのみ対応です。それ以外の方、申し訳ない。

今日はどうも眠くて、早めに帰ってきました。また明日から気合入れていくぞ!

666 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/24 22:50
>>665 訂正
×移転の対象になった板の既取得スレが読めなくなる
○移転の対象になった板の既取得スレにおいて、移転後に書き込まれた
  新たなレスが読めなくなる

667 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/24 23:52
それではまた週末に覗きに来ます。
おやすみなさい。

ペテリス・ヴァスクスを初めて聴いたが、シェーンベルクやベルクに似てる。
ある意味ペルト以上に古式蒼然としてるが、ちとわざとらしい悲壮さ加減が
いっそ気持ちいい。

668 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:17
東京から会社にお客さんが来たときの話。俺や上司がお客さんと話すときの
言葉と、社内の者同士で話すときの言葉が全く違うものであること、それも
頻繁に切り替えられることに、お客さんが驚いていた。

客「○○と△△については、どうですか?」
俺「そうですね、○○につきましては、××で処理しております。
 △△につきましては、(横を向いて)部長、△△だんしども、□□がって
 やってもらってらなだんしでな?」
上司「んだてばんだどもよ、まんずちょこっと俺喋るな。(客に向き直って)
 うちでは□□に依頼しておりますが、実は中間段階に〜」
客「・・・ははあ」

てな感じ。

669 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:18
地方出身者なら同意していただけると思うが、われわれの頭の中には切り
替えスイッチがあり、方言度100%から標準語90%程度(標準語率の上限
には個人差がある)まで自在に切り替えて話すことができる(さらにかなりの
確率で、方言と標準語のブレンド率を自由に変化させることができる)。なの
で、こんな芸当ができるわけだ。
なお、この場合の標準語とはいわゆるアナウンサー語であり、南関東の口語
を話せる人はそう多くない。俺も学生時代に覚えた、南関東弁と大阪弁wの
混じった札幌弁の口語しか話すことはできない。


670 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:19
俺が普段話している東北のとある方言は、正確なデータではないが、
標準語と語彙の共通性は7割程度、重母音が短母音化したものや濁音化
したものを除いてしまうと4割もないと思われる。在住経験のない人が
ちょっと聞いただけでは理解は難しいだろう。実際、東京出張時に山手線内
で上司と方言で喋っていると、近くに立っていた学生に「どこの国の人だと
思う?」と小声で当てっこを始められたことがある。
ちなみに、テレビなどに登場する「東北弁」とは、かなり異なるものだ。あれは
江戸落語に出てくる「田舎ことば」、つまり北関東を中心とした各地の方言を
ブレンドしたものがベースであり、「おらぁ、東京さ行ってろっくんろーらーに
なるだー!」なんて喋っている土地は、現実にはないw

671 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:19
ところで、俺のいる街にも、全く方言を話さない人々が住んでいる。他の地域
からの移住者やその子孫もいないわけではないが、大部分は少なくとも400
年前からこの土地に住んでいる人々の末裔で、そのほとんどが女性だ。
この人たちは、昭和初期ごろから昭和30年代までの間に方言を失った/
捨てた女性たちに育てられた結果、第1言語が標準語(アクセントなどの点で
は地元の方言の影響があるが、語彙は100%標準語)になっている。
彼女たちの母親や祖母が方言を失った/捨てた経緯は様々だ。教員生活や
官公署勤めの中で標準語を話すうち、第1言語が入れ替わってしまった人。
東京等で長く暮らし、標準語化された後で故郷に戻り結婚した人。女学校に
おける標準語教育が染みつき、意図的に方言を捨て去った人もいるようだ。

672 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:20
そういった女親に育てられた子供は、自然に標準語を母語として成長する。
しかし、男の子の間にはかつて「標準語は軟弱な言語」「標準語話者=東京
者=弱虫、気取り屋」といった観念が存在したため、男児は努力して自らの
第1言語を修正し、方言話者になることがほとんどだ。一方、女性の間には
東京や標準語に対する憧れこそあれ、嫌悪感などはなかったため、そのまま
標準語を第1言語として生活できたのではないかと想像する。
なお、この人々の男の家族は方言を話すことが多いので、方言のヒアリング
はもちろん完璧。これらの人々が方言を話す人と会話をしている様子は、
互いに自分の言語を譲らない意地の張り合いをしているようにも見え(本人
たちにはそのつもりはないが)、なかなか愉快だ。

673 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:21
現在は、方言をなくしてしまう人の再生産は止まり、方言話者の減少は見ら
れないようだ。これは、ちょっと逆説的に聞えるかもしれないが、テレビの
普及が影響しているのではないかと想像している。物心つく頃からテレビに
接し、興味を抱いて標準語をヒアリングしながら育つということは、学校教育
において初めて、しかもいやいや標準語(しかも教師によっては、方言とかな
り混合した言語を話す)に接するのとは異なり、自然に複数言語状態に自分
の身を置くことができているように思う。つまり、ごく早い時期に頭の中で切り
替えスイッチの形成が行われるのではないかと。
切り替えスイッチさえ形成されれば、標準語を話すべきところでは標準語を、
方言を話すべきところでは方言を自在に話すことが可能になる。標準語
と方言が二者択一の関係ではなく、平行して存在できるようになるため、どち
らかを捨て去る必要はなくなる。

674 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/27 16:22
一方テレビ普及前は、学齢期に達してから標準語を習得しなければならず、
切り替えスイッチの形成時期は遅くなる。遅いと言語知能の発達等の問題で、
スイッチをうまくつくれない人の数が増加すると思われる。スイッチの無い人
が標準語環境で生活するためには、方言を一旦アンインストールして、改め
て標準語をインストールするしかなかったのではないか。俺の友人にも大学
帰りですっかり標準語化されて帰ってきた奴がいた(戻って2年で方言話者
に復帰し、かつ流暢な標準語を話せなくなった)ので、そう想像してみたんだ
が、実際はどうなんだろうか。

ところで、何回か「言語」という表現を使ったが、言語学とかそういう方面に
基づいた厳密な用法ではないことを一応断っておく。俺の地域の方言が日本
語とは別の言語だなんて電波なことを言うつもりは、全くない。
ただ、自分たちの感覚として、標準語とこの地域の方言は、混ぜることはでき
るものの、一応別物として扱われていることを表現したかっただけです。

675 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/03/27 22:48
以前にテレビで見た話なんですが

3歳くらいの言葉を覚え始めた子供を海外に連れて行くと
一度日本語を忘れてから現地の言葉を覚え始めるそうです。
まさに一度アンインストールして再インストールですね。

ところがこの一度日本語を忘れた状態では話せなくなるだけでなく
絵が描けなくなるそうです。
日本にいたときは車や船の絵を描けていた子供でも一時的に描けなくなり
現地で「car」「ship」という言葉を習得した段階で再び描けるように
なるということです。
何故そうなるのかはよくわかってないそうですが
言語が精神活動に及ぼす影響力は考えられてる以上に大きいんでしょうね。
方言にもそういう影響力はあるとおもいます。

676 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/28 21:48
>>675
「船」「車」といったことばは、実体としての船や車を「意味するもの」。一方で
実体の方は「意味されるもの」としてある。人間は実体だけを認識することが
できず、必ず「意味するもの」とワンセットにして脳に定着させる、と大昔に
習ったような気がします。ソシュールだったかな?
その子の場合、ラベルとしての「意味するもの」が、これまでと違う言語のイン
ストール中に一時的に失われたせいで、実体の映像の検索もできなくなった
のかもしれませんね。

幼い頃に、無理に複数の言語を同時に教えようとすると、その後一生、双方
の言葉が入り混じった言語しか話せなくなるというケースもあるらしいです。
うちの近所の大多数がそうならないのは、もともとこちらの方言が標準語と
極めて近いことに加え、母親が子供に対して複数の言語で話しかけることが
あまりない(例えば今日は100%方言、明日は100%標準語で話しかける、と
いうことは考えにくい)からではないかと思います。

677 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/28 21:52

今日は1日雪囲いの取り外し作業。窓を雪や氷から守るために木枠に打ち
つけたプラスチックボードを外して納屋にしまい込み、骨材である角材や
木の杭は1箇所に積み上げて、覆いをかけ、ようやく終了。
肩の辺りですでに筋肉痛が始まっている。明日はさぞやw

大汗かいたせいでビールが美味い。『ショーロの夕べ』(リオデジャネイロの
ショーロミュージシャンがリオ市民劇場で87・88年に行ったコンサートの
録音。『ブラジル風バッハNo.5』のショーロアレンジが絶品)を聴きながら、
つまみはピーマンの炒めものを。

678 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/28 22:00
フィギュアスケートを久し振りに見たが、荒川選手、気品のある滑りだなあ。
体の柔らかさを最大限に活かしてるスピン、緩やかで指先まで気のこもった
アクション、ダイナミックなジャンプ、ちょっと欠点が見つからない。
いいもの見せてもらいました。文字通りの目の保養だなw

679 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/29 09:59
多言語の話のつづきなのですが、昔に読んだ
「ヒロシ、君に英語とスペイン語をあげるよ」という本を思い出しました。。。
著者である日本人夫婦が、父親は英語のみ、そして母親はスペイン語のみ
で子供に接して育てていくトンデモ実験本(w)。。。
日本に住んでいるのでおばあちゃんやら、学校、幼稚園、テレビなどの
環境はすべて日本語。。。
15歳までの記録なんだけど、結論から言うと実験は成功。。。
彼は立派なトリリンガルになりました。。。
夫婦間の会話は勿論日本語だけど、子供に対しての言葉は徹底して
英語と西語だけというのがやっぱりポイントなのかも。。。
切り替えスイッチもきちんとあったみたいだし。。。

680 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/29 10:02
でも、日本人なのに一切母国語で子供に接しないと言うのはある意味
異常な気がする。。。
今、このヒロシがどうなってるのかがとても気になります。。。

681 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/29 10:19
私の友人のペルー人は、いまだに簡単な日本語くらいしかわからず、
日本にいながらスペイン語で子育てしてます。。。
3人の子供がいて、下の二人は現在の旦那さん(日本人)との間に
できた子供で、生まれも日本です。。。
一番下の子はまだ赤ん坊ですが、真ん中の子は4歳(だったかな?)で、
もうしゃべります。。。
わたしや友達にには、日本語で挨拶してきましたが、オモチャで遊ぶときに
もののカタチだったか、色の名前で、スペイン語しゃべってました。。。
まだ、幼稚園にはいってないので、ほとんど一日母親と接しており、
当然の結果だと思います。。。
上の子は小学生で、物心ついてから日本に来たにも関わらず、
かなり日本語が上手くなりました。。。
母親と違って、学校等で日本語に接してる時間が長いことの結果なの
でしょう。。。
(友達と遊んだり授業を受けるのに必要だもんね。。。)

682 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/29 10:42
赤ちゃん向け、或いは幼児向けの英会話教室なんてある時代だけど、
中途半端な時期に中途半端な外国語教育をするのは、やっぱり
頭の中が混乱しそうだよね。。。

ちょっと違うけど、私の今の英語能力(たいしてないんだけどw)は、
一度、大学入学の段階で90%リセットされた上に新たに書き込まれて
形成されたものです。。。
日常にあふれるカタカナ英語以外の習得は、或る意味25歳過ぎてから
始めたようなもんです。。。
英語使わないと話になんない環境に身を置いたのがポイント。。。
(いま、特に努力も何もしてないのでその成長は止まってますが。。。w)

必要と思えばなんとかするもんだから、無理に詰め込もうと思っちゃ
いけないよね。。。
しかも、自分が出来ない親に限って子供にいろいろ押しつけたがるから
始末が悪い。。。な〜んてね。。。

683 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/03/29 10:43
毎度、読みにくくわかりずらい長文、失礼いたしました。。。

684 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/30 21:29
>>679-680
自分の息子を、実験台にしたんですか。
いろいろと調べ、発達に悪影響がないことを確かめた後にやったこととは
思いますが、なんだか複雑な気分になる話ですね。
親自身も随分ストレスが溜まったんじゃないかと想像しますが、そのことが
ヒロシ君に対する態度に影響しなかったのかも気になるところです。
ともかく、トリリンガルに本当になったと聞いて一安心。

ttp://www.txiki-etxea.com/lang.htm
このサイトによると、「いち人物は、必ず一言語でのみ子供に対して話す」
ことが大事と書いていました。それさえ守れば、複数言語で養育しても破綻を
きたさないとのこと。全ての子供に当てはまるかどうかはわかりませんが・・・

685 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/30 21:30
数年前に某国で全く英語のヒアリングができない自分に気付いて以来、何ら
かの方法で英語を学ぶことを考え続けていますが、なかなか思い切れません。
「好きなこと」か「必要なこと」か、どちらかでないと、年を重ねるにつれ、なか
なか身につかなくなってくるのを感じます。そういう意味でも、25を過ぎての
語学研鑽とは、脱帽です。

読みづらくは全然ないですよ。俺みたいに語順がでたらめじゃないですし。
ご安心を。

686 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/03/31 22:55
雪もちらつく年度の終わり

行きつけのうどん屋に、臨時休業の貼り紙が。
消費税総額表示への対応のため、と説明が書いてあった。
何かと忙しい時期なのに、その上。皆様お疲れさまです。

俺は、今の小さな事務所にもう1年いることになっている。自分で立ち上げた
業務を軌道に乗せるまでは俺としても離れたくなかったので、まあ満足。
慢性的な人手不足は改善されるどころか、さらに減員されたが・・・
明日からしばらく新人育成に頑張ります。

687 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/03 03:32
ここしばらく、新スレラッシュのようだな。
ついでに壁のスレをしばらく見て回って気付いたのだが、壁全体で荒らし
行為が続いた2003年の7〜9月を境に、レスがつかなくなったスレが沢山
あるようだ。
再利用されているものや、しばらく経って住人が戻ったものも中にはあるが、
無字レスやコピペAAしか書き込まれない状態に陥っているものも相当ある。
他所の板でなら削除依頼を出そうかなと思うのだが、この板的にはどうなん
だろう。半年以上経って住人が戻っているケースもあるようだし、うかつな
ことはしない方がいいのかな。

いや、単に760以上もスレがあると見て回るのが面(ry

688 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/03 03:33
それにしても、俺が2chに来た頃に跋扈していたラウンジャー葱の泡カキコ
が、ところどころに残っているのを見ると、なんとも言えない気分になる。
というのは、「荒らし」という概念を知らない目で見ていた当時、あれがとても
美しく見えたからだ。
10レスあまりの連続書き込みは邪魔だとは思ったが、意図的に邪魔しようと
してやっているのではなく、単にこの綺麗なものを皆に見てもらいたがって
いるだけなのでは、スレの展開を結果的に邪魔していることに気付いてない
子供なのではないか、と妙に好意的に解釈していた。
綺麗なものに弱い。・・・綺麗な人には弱くないつもりなんだがなw

689 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/03 03:34
29 名前:ラウンジャー葱 投稿日:02/01/10 21:38
           o 〇                           〇

           o o
    。


                        o
      。 o
                                         。
  〇                     。               。        〇

   。             〇
                                 〇

   。      o   


690 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/03 03:35
職場の新人さんは札幌で3年働いてきたとのことで、気も利くし(今の所)
熱心さも見える。即戦力になるだろう。上に「お前育成係やれ」と言われて
いるが、教えることは多くなさそうだ。
・・・まあ、彼女は隣の部署の所属なんだが。コラ○○!お前が指導すれば
いいじゃねえか!

691 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/03 04:11
他所のスレで、無神経なカキコし過ぎだな俺。皆さん本当に申し訳ない。
集中力がないな。いかんいかん!

そろそろ寝ます。

692 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/04/03 15:56
新人さんをたぶらかして、あーんなことやこーんなことしちゃだめですよ。
鞍馬たんが泣いちゃいますよ。
もう、めっ!

しかしまぁ、遅くまで起きてらっしゃったんですなぁ。
申し訳ないと思う心があるだけいいんじゃないですか?
最近はそれすら気づかない人も増えてますから。



693 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/04 01:08
>>692
あーんなことやこーんなことはもうしてしまいました。ああ皆さん怒らないで
くれ・・・w
 ※あんなこと:その子の札幌時代の遊び場を聞き出す。こんなこと:父親の
  名前を聞き出す。予想通り、父君は提携先の凄く偉い人だった。
でも、10も年下の子にどうこうという気は起こらないなあ。俺が高校生の時、
まだ幼稚園児だったんですよ?

最近失言が多いのは、書きこむ前の流れを十分読まないことと、自分の
カキコを書きこむ前に読み返すことをしてないことが原因と思っています。
酔ってることが多いせいもあるかも。
一度ワードパッドに書いて、読み返すという昔のスタイルに戻ろうと思い
ます。

694 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/04 22:57
高校野球の優勝校・済美の校歌のユニークさが2ch内で話題になっている
ようだ。魔法使いのAA付きの歌詞を何箇所かで見かけた。
考えてみれば、自分が出た学校の校歌で、まともに歌えるのは小学校の
ものだけだ。小学校の校歌は、俺の気が確かなら6分の4拍子で、ゆったり
としたワルツ。歌詞も文語調なのにあまり堅苦しくなかった。

・・・歌詞を書き込もうとも思ったが、試してみたらぐぐれたので、止めときます。
いや、でも、いい歌詞なんですよ。

おやすみなさい。

695 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/04 23:32
・・・いやちょっと、6分の4拍子なんてのが実在するかと思い、調べてみた
んだが、何だかなさそう。しかも仮にあったとしても、それはワルツではない
みたいだ。
やはり俺の気は確かじゃなかったようだw 4分の3拍子が正解のようです。

今度こそ、おやすみなさい。

696 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/05 23:58
偶然自分の2ch初レスを発見。

 113 名前:世界@名無史さん 投稿日:02/02/13 04:24
    >>111
    ワロタ

壁初レスも貼っておこう。

 33 名前:音浪 ◆5dgoTpSAKE 投稿日:03/03/08 16:47
    昨日発見したが、知ってる人がちらほらいるな。
    殺伐さがないというか。でもこういう雰囲気は落ち着く。
    しばらく居させてもらいます。

 34 名前:壁に耳あり、障子にメアリーさん 投稿日:03/04/15 01:47
    >>33
    やめて。

いまだに、↑この人が気になる。
別の板で俺が迷惑をかけた人だろうか・・・
こういう所、いつまでもぐじぐじ引きずる性格、なんとかせんとな。

697 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/06 00:33
「キモい」、ということばが頻繁に使われるのを聞くと(知らずに自分でも使っ
ているが・・・自分に対してw)、なんだか居心地の悪い気分になる。
このことば、もともと「気持ち悪い」の略語だが、指し示す対象がどんどん
広がり、最近は単に汚い、醜い、ブサイク、挙動不審でみっともない人や
行為を表現するために使われるところまで来ているような。

このことばを発する人たちは、対象と自分との間に何らかの接触が発生した
と仮定し、そのときに自分に何らかの精神的ダメージが加えられる可能性が
高い、と想像することにより、このことばを使っているような気がする。
つまり、仮にあんなにブサイクな人に話しかけられてしまったら、あるいは
興味を持たれてしまったら、精神的にダメージを受けてしまいそう→自分が
気持ち悪くなる可能性大→むしろあいつがキモい、という連想ゲームの結果
なんじゃないだろうか。

698 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/06 00:33
何でも自分と結びつけて考えるのは、子供の特徴だと思う。そのことばの
純粋な意味で、自己中心的な発想。
困っているわけでもないただの他人に対しては、必要最低限の敬意を持ち
ながら無視を決める、という大人の態度を取れなくなってきているのではない
だろうか、若い連中は(三十路あたりも含め:自戒を込めて)。
「ありえない」、ということばの跋扈についても、自分を取り巻く場を自分の
意志のみで支配してしまいたい、「ありえる」か「ありえない」か=自分の周り
に存在できるかできないかを決めるのは自分だけでありたい、他者や偶然に
従いたくないという思いが根底にあるような気がする。

699 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/06 00:35
わがまま、というのとはちょっと違う。自分が全ての他者から欲せられること
を想定し、しかしその欲望を受け取ってもよい者と断固拒絶する者を自分が
自由に選別することを熱望しているこの状態は、自ら行動する際の自律性
にこだわること=わがままとは別だから。
客を選ぶ吉原の太夫のような、受身の、それだからこそ山より高いプライド
に支えられた、心情。
男性より女性が頻繁にこれらのことばを使うのは、その辺にも理由があるん
じゃないだろうか。

いや、こんなこと書いたのは、先日の飲み会の隣のテーブルに陣取った20
〜30代とおぼしき女性のグループから、少なくとも50回は「キモーい」という
叫びが聞えてきたからだ。高校生あたりが「キモい」「ヤバい」「ありえない」
の3語で会話するのはまあ仕方ないかもしれないが、あんたらはまずいだろ
と。

うわっ説教爺臭!しかも、キモかったのは俺らかも!

700 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/06 01:58
ラウンジャー葱のこと。。。
ほかの、荒らしより愛着ありましたね。。。
あれが荒らしてった直後のほかの壁住人の反応レスとか
みてても、ちょっと愛されてるかんじが。。。
たしか、うぜぇ〜っていうタイトルのもあった気がするけど、
私はコレが好き。。。

〇oラウンジャー葱 の真似するスレ。o
http://choco.2ch.net/wall/kako/1015/10157/1015753252.html

701 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/06 02:03
あ、700だったのね。。。イタダキマシタ

今も現存する、シャンプースレには、「泡」のようとの感想を残している
ワタクシですが、やっぱりあれは「雪」です。。。

702 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/06 02:17
一番最初の書き込みがどれか何て良く覚えてますね。。。
(壁内だけならわかるけど。。。)
前にたぶん自スレあたりに書いた記憶があるけど、
自分が初めて立てたスレ(メスカルでもない別ハンです)
は、そりゃもうひどい物でしたよ。。。
いやぁ、恥ずかしすぎて紹介できない。。。
そして驚くべき事は、100にも達してないのに
まだそのスレは生きていて、もうすぐ3周年になるって事。。。


703 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/04/06 10:20
最初の書き込みは、化粧板か、音楽板のゴダイゴスレだったと思う。
ネラーになって早3年。
壁が一番落ち着くわ。

(酒板に、勢いで立てて放置したスレが他のコテさん方によってまだ続いてますです)

最近、「やめてキモーイ」から「やめて!ブラクラ!」
と言うことがしばしば。
もちろん冗談で言ってるんですがね。

704 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/09 05:47
イラクでの日本人拘束のニュースを、時々起きて見ていた。
ニュー速や中東ニュース板ではジサクジエン説まで出ていたが、深読み過ぎな
ような。拘束の様子の手ぬるさ、声明文のトーンの低さなど、不審に思える点
も多いが。
自衛隊の撤退は、するしないというより、できないと思う。サマーワ市民や
ムサンナ州民の期待を打ち捨てて帰れるかどうか。撤退するなんていい出し
たら、逆に民兵の攻撃にされされる可能性だってありそうだ。

自国の民の生活レベルが下がり、人が死に、混乱が激化することを臨む人
達がいる。その方が、自分達の過激な主張に共感する者が増えるからだ。
そんな奴らに、日本人3人は捕らえられている。人道支援に行ってるんだか
ら許してほしい、なんていう正論が通じる相手ではないように感じる。
政府はどんな汚い手、ずるい手、騙し手を使ってでも、釈放に尽力してほしい。

子供達に物資を支援していた人が捕まったってのが、なにより悲しい。

705 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/09 05:49
>>702
初レスはしっかり憶えています。このイカれた掲示板にカキコなんかしちまっ
ていいのか、IPから個人情報が洗いざらい調べ上げられて晒されるんじゃ
ないか、と不安で一杯でしたからw
初期のレスは、「ワラタ」「ワロタ」「チョトワロタ」「ネタニマジレスカコワルイ」「今>>○がいい
こと言った」てな決まり文句がほとんどでしたが、主張はしながらもできる
だけ目立たないようにしたい、という気持ちの現れだったと思います。

そりゃもう酷いスレって・・・いや、詮索しないことにします。


706 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/09 05:50
>>703
ゴダイゴ!リアルタイムで体験しましたよ。『モンキー・マジック』はいまだに
口ずさむことがあります。フュージョンぽいクールさ、サイケさ、ポップさ、無理
のない東洋趣味を併せ持った稀有なロックバンドでした。

ブラクラって・・・脳が破壊されるぐらいグロい奴なんているのかい!まあ、俺
の〇〇に△△が××しているさまは、その辺の画像よりグロいんですがね・・・


707 :ラウンジャー音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/09 05:51
 o 。  。  〇   o   o  o    o   。    o     o    。o 
  〇   o〇        o  〇  o 〇o   。 o   。 o。  
o 。  。           o        。         o 〇   o 
      o      。    o 〇  o 〇o   。 o       。 。  o
o 。  。          o。。       。         o    o 
〇  〇   o〇      o        o   。 o     。〇 o。  〇
 o 。     〇   o       o   。           〇  o 
   。    o〇    〇  o 〇o   。 o  〇  。 o    
o 。                o    o   。         o〇   o  o
  〇   o  〇    〇 o           。 o 〇  。    。  
o 。  。       o       o    o   。        o    o 
     〇   o〇    o 〇 o    〇  o 〇o   。 o 〇  。 o。  

雪。

日本海側育ちの俺の感覚では、「雪」の描写というとこのぐらい込み合って
いて、かつ上下方向に運動線が見え隠れしないとピンと来なかったりする。

708 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/10 07:17
ニュースを見ながら、また炬燵でうたた寝してしまった。ベッドで寝ないと
疲れが取れないのに、いかんな。

イラクも気になるが、今日は終日重労働だ。稲の苗箱に入れる「土を作る」
作業。裏の畑の土を運んできて砕き、ふるいに掛け、肥料と消毒剤を人力
で混ぜる(完成品を購入することもできるが、数万円かかる)。最近ようやく
体重が70kgを切ったので(ジョギングはサボることが多いがw)、この勢いで
どんどん痩せるぞ!

709 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/04/10 12:46
痩せる必要はあるんですかね。
飲み会のとき見た感じではちょうどいい感じでしたが。

さあ!音浪さんも、レッツ!おまえも体操。
(オマエモ体操についてはわしのスレの169をお読みください)

710 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/11 00:19
>>709
痩せる必要、あるんですよ。身長から計算した理想体重より12kg重いの
で・・・
スーツも窮屈になったし、ジーンズに至ってはほとんど手持ちのが穿け
なくなりましたしね。会う人会う人にニヤニヤされるのも腹が立つので、
なんとかこのハラと頤を何とかしなくては、と。
筋肉も付けたいので、オマエモメニューよりハードに行きますよ。この鶏頭
が思い出した日は、ですがね・・・

なお、リアルで「太ったな!」とか「痩せた?」とかりアクションがあるのは
男性かover45の女性だけで、妙齢の女性からははなから反応ありません・・・

さっき量ったら69.2kgでした。昨日より0.4kg減だいいぞ!

711 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/04/12 21:25
それは酒の飲みす(ry

去年のスーツが一着も入りませんが何か?
まあ着る機会もないわけですが。

100均のダンベルはなかなか使えますよ。
最近使ってないけど。
だって、半袖やキャミ着たら腕筋ムキムキなんてはずかしぃ!きゃっ!

壁のみんなで痩せよう計画勃発中!?


712 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/13 01:22
あくまでも、目安ですがBMI測定、どぞ。。。
http://www.ahv.pref.aichi.jp/taikei/chap1_nn.html

BMI値も、体脂肪率(本日、家電売り場で測定w)も一応
標準なのでちょっと安心してます。。。


がっ、
やっぱりみっともないこの身体。。。(鬱

713 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/14 03:58
>>711
腕の筋肉って気になるものですか。普段滑らかな女性の腕に、力が入ると
ぐっと筋肉が姿を顕わす様子には、かなり惹かれるんですが。
・・・フェチなのか?はずかしい!

>>712
紹介ありがとう。やってみたら、BMI値26.3、見事に肥満でした。標準体重
より11kg重い。霜降り肉11kg、卸値でいくらだろう・・・
しかし、頤さえ1重なら、みっともなくはないと思いますがね。俺なんか2重
どころか(ry

714 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/14 04:07
アマゾンを探索していたら、>>469で紹介していただいた『植物は驚異の
デザイナー』を古書で発見。注文しました。数日中に神戸から到着予定。
>>623で紹介いただいたホリー・コール『テンプティション』も注文。楽しみだ。

>>631のネタ、調べれば調べるほどどんどん書きたい内容が増えてきて
いる。連続10レスを越えないようにしたいので、はしょるしかないかな。
いつになるかわからないが、自分のHPに全文掲載することにして。

もう一度寝ます。

715 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/14 04:24
アラ、珍しい。。。こんな時間に音浪さん。。。
安住っちの言うように肥満という印象はあまりなかったですがね。。。
もちろん、「痩せ」でないことは確かですが。。。

『植物は驚異のデザイナー』は、先月だったか近くの古書店で
見つけましたよ。。。
写真は古いですが、内容は十分楽しめる物と思います。。。
今読んでる、「テキサコ(上・下)」もオススメかも。。。
(まだ読み途中ですが。。。)クレオールの話です。。。

ちょっとうたた寝したり、いろいろ脱線しながらお仕事終了。。。
オヤスミナサイ。。。

716 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 02:47
桜がようやく開き始めた。梅はもう散っているが、木蓮と水仙が満開で、文字
通りに景色が華やいでいる中を走り回る1週間だった。普段は職業病で、
きれいに咲いた花を見ると「いくらで売れるか」と考えてしまうのだが、この
季節だけは例外。
朝早くから夕方まであっちの客こっちの提携先と右往左往、作った会議資料
に間違いがあって赤恥をかいたり・・・頭まで春にし過ぎてはいけないw

それにしても最近眠い。帰宅、風呂、飯、ビール1本、9時には寝込む。
で、今頃起き出す、というパターンができてしまった。受験生か。
おかげでしばらく走ってない。体重は69kgで減少が止まっている。

717 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 02:47
>>715
『植物〜』、フィードバック論をベースに植物の持つ効率性と自己変革力を
テンポよく顕わしていく様子は、なんだか小気味よいですな。
古いタイプの社会有機体説が登場したらどうしようと思っていたのですが、
杞憂に終わってホッ。
一緒に買った三崎良章『五胡十六国』と平行して読んでますので、スロー
ペースで進めてますが、写真も含めて楽しんでます。
『テキサコ』は、というよりシャモワゾーは、前から気になっていた人でした。
小説を読み通すだけの精神的エネルギーの蓄積を待って、いずれ相対した
いと思っています。

718 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:41
いざ起て戦人よ
             J,マクグラナハン作曲
             藤井泰一郎訳詞

いざ起(た)て戦人よ 御旗に続け
雄雄しく進みて 遅るな徒(あだ)に
歌いて進めよ
歌声合わせて 潮の如くに
正義の御神は 我等の護り

忘るな功(いさお)し 我等の父祖の
続けよ同胞(はらから) 護れこの地を
歌いて進めよ
歌声合わせて 潮の如くに
正義の御神は 我等の護り

ttp://www.geocities.co.jp/MusicHall/6654/izatate.htm

719 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:42
合唱大会でおなじみこの歌の直接の原曲"Song of the Soldier"の作詞はアメ
リカの福音伝道師D.ウィットル、作曲は1882年にJ.マクグラナハン。英語
タイトルからして紛らわしいので、軍人の歌と取られても仕方ない。しかも、
日本では男声合唱曲として速いテンポで勇ましく歌うようになったので、ます
ます軍歌というイメージが定着していったのだろう。しかし、上述したように
この歌は、来歴的には紛れもなく賛美歌だ。
なお、ウィットルはドイツ生まれのルター派牧師ユストゥス・ファルクナー
(Justus Falckner 1672-1723)による"Auf, ihr Christen, Christi"の英訳をもと
に作詞しているが、その英訳詞『起て、汝救いの子らよ』("Rise, Ye
Children of Salvation")で、またドイツ語の原詩でも、別の旋律で歌い
継がれているとのこと。
ファルクナーによる原曲は、英訳も含めて以下のページの下の方で聴け
る。ファルクナー自身についての説明もあるので、ついでに紹介。
ttp://www.cyberhymnal.org/bio/f/a/falckner_j.htm


720 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:43
敵=悪と対峙し戦う神というモチーフは、旧約聖書出エジプト記15の「モー
セの歌」に登場する「主こそいくさびと、その名は主」という表現に現れている
ように古くから存在する。『いざ起て戦人よ』に登場する「戦人」ということば
は、ここから採られていることは間違いないだろう。また、「万軍の主」たる神
の描写も聖書のそこかしこに見られる。
ただし、『いざ起て〜』の歌詞では、神ならぬキリスト教徒自身を、世の罪悪
や個人の内面に潜む邪悪さを打ち払う戦士として捉えている。個人や教会
組織を「戦う存在」とみなすことも使徒の時代からあるようだが、特に行動
の指針として重視したのが、ルター派と並ぶ宗教改革の一大勢力・改革派
(カルヴァン派)だ。始祖の1人カルヴァンは『キリスト教綱要』の中で「戦う
教会」を明確に標榜しているし、ブリンガーの起草になる第二スイス信条では
「教会は、地上においては、肉と世と、この世の王、悪魔、および、罪と死との
戦いがある。教会が真にすべての敵に打ち勝ったとき、戦いはやみ、教会は
天において勝利し、主のみ前に喜びがあるのである」としている。
『いざ立て戦人よ』に話を戻すと、「いくさびと」とは、教会の戦士、信仰の
戦士としてサタンや悪と戦うものども、ということと思われる。

721 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:43
さて、トマトさんスレで『いざ起て〜』に触れ、こんな熱い詞を書いたのは誰よ
と思い、Justus Falcknerでぐぐってみたのがこの長大な駄文を書こうと思った
きっかけだった。引っかかった英文サイトをエキサイト翻訳を通して読みなが
ら、この人が25歳で""Auf, ihr Christen, Christi"を作詞し、その後新大陸で
この歌を広めた過程を追うことで、当時のメンタリティや国際情勢が浮き彫り
になる様子が面白い。もうしばらく書かせてもらうことをお許し願いたい。


722 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:44
ユストゥス・ファルクナーについての簡単な説明と年表。
ttp://www.lcms.org/ca/www/cyclopedia/a/f.html

1672 神聖ローマ帝国のツヴィカウ(現ドイツ東部)で生まれる。祖父の代か
    らのルター派聖職者の家系。
1693 新たに創立されたハレ大学に入学。A.H.フランケについて神学を学ぶ
1694 兄ダニエル、新大陸に渡る
1697 『いざ立て戦人よ』の原詩 "Auf! ihr Christen, Christi."を作詞
    このころ大学卒業か?卒業後は、聖職にはあえてつかなかった
1700 一時帰国していた兄ダニエルの誘いを受け弁護士及び移民の監督者
    として新大陸に渡り、ペンシルヴェニア州に定住。
1703 スウェーデン人聖職者により、Wicaco(現フィラデルフィア)のGroria
    Dei教会で牧師に叙任。新大陸で叙任された最初のルター派牧師。
この年以降 ルター派・改革派入植者(ドイツ、オランダ、スウェーデン人な
    ど)に対する活動を続け、主にニューヨーク州及びニュージャージー
    州などで活躍。
1717 オランダ系のゲリーチェ・ハーディックと結婚
1723 ニュージャージー州ニューバーグで死去。享年52歳

723 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:45
ユストゥス・ファルクナーが神聖ローマ帝国内のザクセン公領で生まれたの
は1672年。カトリックとプロテスタントの間の「最後の宗教戦争」、帝国の
人口を少なく見積もっても15%減少させたと言われている三十年戦争が終
わってから24年しか経っていない。人々が遺恨を抱きながらも混乱と貧困の
中でゆっくりと復興に向かっていたこの時期、彼は成長する。
さてプロテスタント陣営のザクセン公領で21歳になったファルクナーは、一族
の伝統に従って神学を学ぶべく、入る大学を物色していた。ちょうどそのとき、
ブランデンブルク辺境伯領のハレに大学が新設される。しかもこの大学には、
ユストゥスの兄ダニエルがエルフルト大学在学中に強い影響を受けた、アウ
グスト・ヘルマン・フランケAugust Hermann Franckeが招聘されることになっ
ていた。兄の勧めもあったと思われるが、ユストゥスはこの学校を選ぶ。

724 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:46
このフランケという人、プロテスタントでいう「敬虔主義者」だった。敬虔主義と
は、正統主義ということばに対して用いられるもので、フランケの師である
シュペーナーの創始になる。教理についての議論や哲学的考察を重視する
正統主義に対し、信仰の内面化、「回心」、個人の具体的な宗教体験に重き
を置いた。2ch風に言うなら「考えるな、感じろ」とでもいったところだろう。
同じプロテスタントのオランダ改革派(カルヴァン派の一派)やイギリスのピュ
ーリタンの影響を受けて成立したといわれている。マルティン・ルターによる
宗教改革の開始から70年あまり、形式化が進んで「これじゃカトリックと大し
て変わらない。もっと厳しく信仰を貫こうぜ!」てな盛り上がりがあったのだ。
「戦う教会」の題目は、ここで大きく強調されて敬虔主義者たちの脳裏に刻み
込まれだろう。
ちなみに帝国各地に広まった敬虔主義的な考え方はゲーテやシラーなどを
通じ、その後のドイツの思想界に長く影響を残した。

敬虔主義とは
ttp://members.jcom.home.ne.jp/tamach/watanabe/17B.html
フランケと敬虔主義、大覚醒運動への流れ
ttp://www.hi-ho.ne.jp/luke852/key/chap9.html

725 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:46
理屈をいう前にまず実践、ということで、敬虔主義者たちは汗を流すことに
躊躇しなかった。講義の傍らフランケがハレの街で始めたのは、孤児や貧困
家庭の子供たちに教育を与えることだった。フランケ学院と呼ばれたこの
学校は、街の一角で現在に至るまで続いている。ファルクナーは20代の
多感な時期にこの活動に従事したものと思われ、後の彼の行動にも大きな
影響を与えていると考えられる。
また、ヨーロッパの外への伝道活動も企画されていた。ユストゥス卒業後に
なるが、インドに築かれたデンマークの拠点・トランケバールに向け1704年
に2人の伝道師が派遣されている。海外諸国・地域、異なる文化に属す人々
の情報が収集される場に、ファルクナーも触れたのではないか。

726 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:47
1697年という年、ユストゥスが在学中だったのかもう卒業しているのかはネッ
トでは確認できなかったが、おそらくまだ在学していたのではないかと思われ
る。この年に、彼は"Auf! ihr Christen, Christi Glieder."を作詞する。
>>2のリンクでは、作曲者にヨアヒム・ネアンダー Joachim Neander(賛美
歌9番と73番の作曲者)の名があり、かつ作曲の方が作詞より古いことから、
ユストゥスは初めから賛美歌の歌詞としてこの詞を作ったのではないかと思
われる。
フランケの元で研鑚に励み、敬虔主義者としての自覚を深めたであろう彼の
思いのたけと、若干の力みが詰まった作品、であるかもしれないw
偶然かどうか、この年はフランス王ルイ14世が久しぶりに完敗したファルツ
継承戦争が終結した年でもある。ルイはカトリックの庇護者を標榜し、国内に
おいてカトリック以外の信仰を認めなかったため、プロテスタント陣営からは
蛇蝎のごとく嫌われていた。攻める戦いというよりは守る戦いを歌ったユス
トゥスの詩には、信仰の護持とともに、フランスに奪われたフランシュコンテ
地方がこのとき帝国に返還されたことをことほぎたいという思いも、ほんの
少しは含まれていたかもしれない。
もしそうだとすると、『いざ起て戦人よ』には、マジ軍歌の要素もあるかもw

727 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:48
その翌年、少し前に北米大陸に入植していた兄のダニエルが一時帰国で
帰ってきた。その辺の経緯はネットの情報ではよく分からなかった。しかし、
結果から考えるに、オランダやドイツから再度移民を募ってペンシルヴァニア
に連れて行くために帰ってきたのではないか思われる。
2年後の1700年、ユストゥスはダニエルとともに大西洋を渡ることになるのだ
が、自分から新大陸に赴くことを望んでダニエルに迎えに来てもらったのか、
帰ってきたダニエルを見てムラムラと行く気が湧いてきたのか、それともダニ
エルに説得されて行く気になったのか、それはよくわからない。ただ、その後
の彼の行動を見るにつけ、自分から進んで新大陸行きを決断したのでは
ないかと思われる。大学卒業後も聖職に付かなかった(あるサイトでは聖職
就任を「避けた」と記述されている)あたりも、状況証拠として挙げられるので
はないか。
また、敬虔主義者として肩身の狭い思いをしてきた彼にとって、質素で厳しい
入植者の生活は、奢侈を嫌い心の高潔さを尊ぶ彼らの教えに馴染むのでは
ないかと考えたとしても不思議ではない。実際、オランダから移民したアー
ミッシュは21世紀の現在に至るまで電気を用いない生活を続けているが、彼
らの信仰は新大陸だからこそ守られたといえる。
彼が意気揚々と海を渡ったと信じたい。船酔いで酷かったかもしれないがw

728 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:49
さて、ファルクナーが渡った1700年頃の北米東海岸は、今のメーン州北部
以北が仏領、フロリダがスペイン領(入植したフランス人を虐殺したのち、
ほぼ放置状態)、その間が英領という具合に分割されていた。しかし、英領
地域にも、それぞれ特性がある。北東部(ニューイングランド)や南部(ヴァー
ジニア以南)は、ネイティヴと黒人奴隷を除くとイギリス人が圧倒的多数を
占めるのに対し、現ニューヨーク州からメリーランド州に至る中部地域の住民
たちは、非常に複雑な構成をなしていた。
この地域には、オランダ人やスウェーデン人が数多く入植し、18世紀に入っ
たばかりのこの時期にはまだイギリス文化に同化せずに暮らしていた。と
いうのは、ここで45年前まではスウェーデンが、36年前まではオランダが
植民地を経営していたからだ。彼らはまだ祖先の言葉を話し、ルター派や
オランダ監督派などを信仰していた。加えてエリザベス女王からペンシル
ヴァニア一帯の領主権を取得していたウィリアム・ペン(英国国教徒でなく、
クェーカーだった)がオランダやドイツから移民を募集していたから、独立
戦争の頃まではこの地域ではドイツ語が通用していた。
イギリス人ももちろん沢山住んでいたが、よそと違うのはカトリックが多いこと
だ。メリーランド植民地は、本国では少数派であるカトリックたちが築いたも
の。

729 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:50
ユストゥスは兄が開拓に一役買ったと思われる「ファルクナー湿地」に定着し、
弁護士としてフランクフォート・ランド社(兄が最初の滞在時に代理人として
活動した会社)の仕事を引き受けていたが、そのころ新たに土地を購入した
スウェーデン人で元ルター派牧師ルードマンと知り合い、ユストゥスに聖職へ
の想いが募っていったとされている。入植者の数に比して聖職者が圧倒的に
足りないことは渡ってきてすぐにわかったろうし、またその状況下では正統
主義者による邪魔もなかった。むしろ、ピューリタンやオランダ監督派が優勢
なこの地域では、敬虔主義的な思想の方が受け入れられやすかったかもし
れない。
1703年、ルードマンをはじめとする3名のスウェーデン人牧師により、ウィカ
コ(現フィラデルフィア市内)のグローリア・デイ教会で、ユストゥスは新大陸で
初めて叙任されたルター派牧師となった。そのときの推薦文が以下に残され
ている。
ttp://www.gettysburgsem.org/lutheranhistory/lutheranism/falckner-index.htm


730 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:53
彼は最初ペンシルヴァニアのオランダ人集落に赴任するが、すぐルードマン
の推挙でニューヨーク州ニューヨーク及びオルバニーでの説教を開始する。
彼の管轄地域はニューヨーク州・ニュージャージー州・ペンシルヴァニア州
及びデラウェア州の一部を含む広大なもので、巡回しながら次々に新しい
教会組織を作り上げていった。自作の賛美歌"Auf, ihr Christen, Christi"も
大活躍したことだろう。
ルター派・改革派の垣根なく彼は行動したようで、彼自身オランダ系(恐らく
オランダ改革派の信者)のニューヨーク市民ゲリーチェ・ハーディックと結婚
している。
特筆すべきは、彼がニューヨークで蘭領ギアナ植民地(現スリナム)から来た
解放奴隷の子供に洗礼を施したこと、またニュージャージー州オルドウィック
のシオニスト・ルター教会(この教会の命名も彼だと思われる。"Auf!〜"の詞
を想起せよ)では、黒人及びネイティブアメリカンの多数に洗礼を施したこと
だ。敬虔主義思想から想定するに、強制受洗ではなく、諄々と教えを説いて
入信に導いたのだと思いたい。ハレで師フランケが志した非ヨーロッパ人へ
の布教に、新大陸で彼は果敢にチャレンジしたのだ。
1723年、52歳で亡くなるまで、教会の指導者としてだけでなく、布教者として、
また聖書研究家としても、彼は活躍し続けた。

731 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:54
彼やその他の敬虔主義者達の尽力は、宗派の垣根を越えて北米のキリスト
教風土に影響を与え続けた。"Auf, ihr Christen, Christi"も、歌詞の勇壮さと
共に、ユストゥス自身への尊敬の念を持って歌い継がれていたのだ。
一方イギリスではウェズレー兄弟が、ユストゥスから見るとフランケ門下の
後輩にあたるツィンツェンドルフ伯の影響下でメソディスト教会を起こし、この
流れが北米にも伝わる。双方が18世紀前半、ペンシルヴァニアで「大覚醒
運動」を引き起こし、強い信仰の内面化と「回心」体験の強調、黒人への布教
を進めつつ全米に広がった。19世紀中葉に再度盛り上がった運動は世界中
の非キリスト教徒への布教活動を促し、日本にも多くの宣教師が赴いた。
『いざ起て戦人よ』の原曲(ウィットル版)もこのとき持ち込まれたと思われる。

余談になるが、19世紀にイギリスで、メソディスト教会に属していたウィリア
ム・ブース牧師が設立したのが「救世軍(The Salvation Army)」。軍隊式の
組織を持つ教会で、日本にもいくつかの連隊(支部)があり、福祉事業や
教育事業に力を入れている。『いざ起て〜』の歌詞がこれほど似合う教会も
ないと思うのだが、実際に歌われているのどうかはわからない。

長々と済みませんでした。終。

732 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/17 23:55
10レスで打ち止めするなんて書いておいて、結局15レスもしてしまった・・・
これでも随分削ったんだが・・・ハレの街やブランデンブルク辺境伯の動きと
か。いや、サーバーの容量を無駄に喰っちまってスマンこってス。
でも、すっきりしたーーーー!


733 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/18 00:33
間違いの訂正
>>726の4行目 
 誤 >>2
 正 >>719

>>728の12行目及び >>729の7行目
 誤 オランダ監督派
 正 オランダ改革派
 
あと、歌詞(原詞、ウィットル版英語詞、日本語詞)に登場する「シオンの
防衛」のモチーフももっと掘り下げられた、という印象を持った。
聖書ってまともに読んだこと1回しかないからな・・・時間をかけて掘ってみよ
うか。

734 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/04/18 00:34
むぅ、勉強になりますな。

巡回しながら次々に新しい教会組織を作り上げていくあたりが
いかにもアメリカン...

735 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/18 00:47
>>734
おお、そう言っていただけるのは大変嬉しいですが、エキサイト翻訳に大分
頼っているので、ファルクナー兄弟の細かい遍歴については自信がない
部分も多いです。ユストゥスの伝記が数冊向こうで出ているのですが、
買って訳す気概もなく、・・・

巡回は、当時のルター派・改革派の聖職者不足や移民人口の希薄さを
考えると、必然だったのかもしれません。

736 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/18 22:04
桜を遠くに望みながら作業中、携帯が鳴る。
18年来の友人が、亡くなったとのこと。

早いよ。
長患いの末だが、実感はまったく湧かない。

そんなときでも、自分は彼女に対してよき友人たり得ただろうかとか、
自分のことばかり考えている。もっと酷いのは、電話をかけてきた
彼女の親友のしゃくりあげる声に、いとおしさを感じてしまったり。
汚ねえなあ俺は。

737 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/18 23:14
彼女は安らかな、子供のような表情をしていたそうだ。

まだかける言葉が見つからない。

おやすみなさい。

738 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/20 01:45
お見苦しい所をお見せいたしました。
明日は(今日は)生まれて初めて弔辞を読みます。落ち着いてゆっくり
読めるよう。

739 :漢ならプレーソフィルター ◆echo/MLJe6 :04/04/20 01:56
弔辞ですか。。。
自分も以前同級生の葬式で、読ませてもらったことがあります。

もう十年になるのか。。。
早いなぁ。。。

740 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/20 02:25
>>738
がんばって下さい。。。

741 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/21 21:13
>>echoさん、トマトさん
おかげさまで弔辞はスムーズに、腹から声出して読めました。感謝。
波折にしていた原稿の一部がくっついて開いていないのに気付かず、あや
うく文章の一部を飛ばしそうになりましたが、直前に発見。よかった。

あいつがもういないという事実が、今頃になってじわじわ効いてきている。
そんなに頻繁に会っていたわけではないが、古い友人で地元に戻ってきた
数少ない一人として、心の支えになっていたことを、再認識している。
本の貸し借りもたまにしていたが、読書家であるあいつに貸す本の選定に
は、いつも苦労したものだ。

742 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/21 21:14
参列者は皆、満開の桜の下で逝けてよかった、と口をそろえていた。
冗談じゃない。こんなにたくさんの花を開かせるエネルギーがあるのなら、
少しあいつに分けてくれても良かったんじゃないのか。この露出狂が。桜を
見ると腹が立ってしょうがない。八つ当たりなんだが。

あいつの親友、こいつも図書館仲間の一員だが、震えながら弔辞を読み
終わって座ったあと、何も目に入らないように虚脱していた姿が目に焼き
ついている。こいつは生きていかなきゃならない。俺たちもだ。


743 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/21 21:15
こんな状況下で気取ったこと書きやがる、とお思いの方々。甘んじてそしりを
受けましょう。自分でもキモいし。ただ、親しい人の死ってのが、いろんなこと
を考えさせるものらしいということは、よく分かった。


744 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/21 23:25
・・・気分を変えて。
某板のネタスレで「天才」「スレ1」と呼んでもらった。素で嬉しいw

キリンクラシックラガー、どんどんいってます。明日休みだしいいよな。

745 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/24 07:57
早起きして、かつての港市国家・キルワ(現タンザニア)について調べて
いた。同じタンザニアのザンジバルにはいつか行きたいと思っていたが、
キルワにも寄りたい。物凄く交通の便が悪いようだが・・・

ttp://anthropology.soc.hit-u.ac.jp/~hamamoto/lecture/2002w/2.html
ttp://jatatours.intafrica.com/places.html
ttp://jocv.at.infoseek.co.jp/kilwa.htm

キルワ年代記という文献があるそうだが、誰か邦訳してくれないだろうか。
仮に「キルワ年代記翻訳プロジェクト」が立ち上がり、寄附を募ったとしたら、
○万円ぐらいまでなら出してもいいくらい、読んでみたいぞ。
ネットを使って、翻訳にかかる経費の一部を一般の好事家から集めること
は難しくないと思うんだが、もしかしてもうやってるのか?

746 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/25 05:48
眼が覚めて愕然。外が真っ白だ。
いつの間に雪なんか降ってたんだ。
一応本州のこの地域で、この時期に積雪というのはちょっと記憶にない。

今日は外作業中止かな。
ゆっくり休むとしますか。

747 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/04/25 11:28
そうそう。わしのかあちゃんも言ってた。
こんなあたたかい春なのに、あっちは雪降ってるらしいね。
東京はあったかい(つーか暑い)よ。

活字は読まんのでようわからん。

748 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/04/25 12:40
こっちも今朝は真っ白でした。
こっちでも今回のような雪は10年に一度とかそういうレベルです。

まだタイヤの履き替えができない...

749 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/26 02:40
>>747
炬燵にもぐりっぱなしの1日でしたよ。朝方コンビニに向かう途中、桜の花の
上に雪が積もっている姿を見ましたが、なかなかシュールな眺めでした。
こちらも数日前までは最高気温が20度を越えていたんですが、今日の最高
は9度・・・
それにしても、いつも思うんですが、人柄の温かそうなかあちゃんですね。

>>748
今日1日で雪は大体融けたのですが、そちらはまだ残っているんでしょうか。
タイヤを交換したのは2週間くらい前です。年とともに自分でやるのが億劫に
なってきて、今回初めてSSでやってもらいましたが、結構かか・・・い、いや、
楽でいいっすね。

750 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/26 02:40
活字&漫画に触れまくりの1日だった、結果的には。
朝から三崎『五胡十六国』を読み切り、叙事詩『エル・シードの歌』、遠藤
淑子『天使ですよ』と読み進み、夕方から寝て今起きたところ。

オサーンのくせに女性向け漫画をよく読むのだが、このことはなかなか人に
は言えない。もっと下の世代ならあまり抵抗感がないかもしれないが、30代
以上の男どもの多くには女性向け漫画=少女漫画=キャンディキャンディと
いう抜きがたいイメージがありw、ムサい男子の日常からはあまりにも遠い
世界、まともな男なら近づかないもの、といった認識がまだ残っている。
毒男がひっそりと生きていくためには、目立つ要素は少ない方がいい。また
モーホーだとか根も葉もないことを噂されるのは、こりごり・・・
まあ、古本屋で女性向け漫画コーナーをうろついているのを知り合いに見ら
れている可能性も大だがw

751 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/26 02:46
ちなみに、読むのは主に遠藤淑子、川原泉や佐々木倫子などの軽いギャグ
入り人情?漫画と、ぶ〜けの愛読者だったこともあって吉野朔美や清原
なつの、など。他に作品として好きなのが水樹和佳子『イティハーサ』、大島
弓子『毎日が夏休み』あたりだ。

もういい加減、漫画における男女の区別を、部分的でいいので無くしてほし
い。掲載誌の区分(少年誌、青年誌、少女誌、レディース等々)をもっと弾力
的にできないものだろうか。現在のくくりの雑誌群に加え、例えば三十路誌と
か、高校生の恋愛ものだけを集めるとか、テーマ別に男女の作家が入り
混じった雑誌があってもいいような気がする。要は麻雀漫画誌のようなミクス
チャーを、他でももっと徹底してやって欲しいのだ。
青年誌に女性が書いてるのはよく見るが、その場合は内容的にも主人公が
男性だったりして男性向けというのを強く意識していることが多い。それだけ
では、正直ちょっと物足りない。
こういうことを考える奴は以前から沢山いた(いる)と思うんだが、もしかして
既に試みられ、失敗したのだろうか?

752 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/26 02:56
訂正
>>650
1行目 ×江蘇・浙江に樹立した政権
     ○江蘇・安徽・江西に樹立した政権

753 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/26 02:59
>>751
「毎日が夏休み」、そのタイトルがスキスキ〜。。。
いえ、お話もですけど。。。なんか過食症の話とかも書いてましたよね。。。

754 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/26 03:27
>>753
過食症のって、多分『ダイエット』ですね。
あの話では、なんといっても主人公を指して友人がいう「あの子、私達の
子供なのよ」という台詞に驚かされました。物語中の混乱する男の子に
共感した記憶がありますな。
『毎日〜』は随分前に映画化もされていたはずですが、怖くてまだ未見
です。あれほどの見事なエンディングを映像化できるんだろうか?と。

755 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/28 02:08
アリ・ファルカ・トゥーレを聴いている。さっきまではP‐VINEから出ている『ウェ
スト・アフリカ・ブルースマン』で、今はhannibalから出た"The Sorce"。
>>69でちょっとだけ触れたが、西アフリカ・マリ東部の人で、ソンガイ族出身。
歌はソンガイ語のほかアラビア語、タマシェク語(トゥアレグ族の言語)など、
全く言語系統の違ういくつかの言語で歌われる。
地元の伝統楽曲をある程度ベースにしており、ブルーノートでない曲が半数
を占める。地元の弦楽器の奏法の影響か装飾的な指使いが多く、日本民謡
やアラブ歌謡を彷彿とさせる細かい「揺り」も見られ、さらにリベリアやシエラ
レオネを中心としたパームワインミュージックの影響もほのかに感じられる。
しかし、曲の展開の仕方やまとめ方など、構造的な点から見ても、彼は明確
にブルースミュージシャンだ。自作曲のメロディには、彼の尊崇するジョン・
リー・フッカーの影響を隠さない。
まあ、もともとこの辺から連行された奴隷達がブルースを生み出したという説
が有力であり、伝統音楽とブルースとの親近性は初めから高いんだが。

756 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/28 02:09
トゥーレのギターに、乾いた音のするカラバシュという太鼓が伴奏することが
多い。エレキギターを弾くときにはコンガなどが付くこともある。
寄せては返す太いリズムのうねりの上を、なめらかに、時には執拗に爪弾き
ながらギターが進んでいく。ギターそのものも、そのうち微妙にうねってきて、
2匹の蛇が絡まるような感じで続いていく。

ただ、自作の歌詞は、あまりブルース的ではないかも。お世辞にも上手とは
いえない、ちょっと間抜けっぽいヴォーカルに乗せて歌われるのは、日常や
ツアー生活の中での身辺雑記的なもの、「助け合おう」「麻薬はやめろ」「愛し
てる」、知人・友人への感謝、などが多い。これにエロネタが入るとアフリカや
カリブのポップスに普遍的な世界になるが、熱烈なラヴソングは何曲かある
ものの、さすがは敬虔なムスリム、俺の知る限りでは露骨にエロい歌は
なかったように思うw

757 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/28 02:10
ライ・クーダーと組んで録音した『トーキング・ティンバクトゥ』は94年のグラ
ミーをもらったが、そのせいか日本のワールドミュージック好きの中には彼を
嫌う人もいる。「欧米の賞をもらった奴は欧米に魂を売ったんだ」みたいな
考え方に基づくんだと思うが、自らの欧米に対するルサンチマンの解消に
音楽を付き合わせなくてもいいと思うんだが。グラミーを盲目的に持ち上げ
るのと一緒で、「欧米」にこだわり過ぎても、得るものはないような気がする。
『トーキング〜』は良作だと思う。クーダーの控えめな演奏がトゥレの作り
出すうねりを引き立てている。入門としてはいいかも。


758 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/28 02:10
ちなみに、ティンバクトゥ(Timbuktu 英語)=トンブクトゥ(Tombouctou 仏語。
日本ではこちらの発音を慣用する)といえばニジェール川沿いの古都で、
中世には金や塩などの物資の集散地として、またマドラサ(ウラマーを養成
する学校。イラクでの日本人人質解放で活躍したクベイシ師達がウラマー。
ただマスコミの「聖職者」という訳語はあまり正確とはいえず、より正しくは
「コーランやムハンマドの言行録、イスラム法などに基づいて物事の是非を
判断する技能を持つ人」。イスラム法学者と訳されることが多い)が置かれ、
学問の拠点としても栄えた街だ。
16世紀にモロッコ兵(アンダルス出身者が大部分を占めた)によって徹底的
な破壊・略奪を受け、そのせいで金塩取引の拠点が東のチャド湖岸地域に
移ったため、以後衰微して、現在は静かな田舎町だ。街全体が世界遺産に
登録されて依頼、観光客は増加しているそうだが。

759 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/28 02:11
14世紀の旅行家イブン・バトゥータが記した『大旅行記』(祝完訳。だが高い)
を通じ、トンブクトゥは欧州でも金の取引場所として知られたが、一方では
探検家が何度足を踏み入れても到達できない、地の果ての幻の都とされて
いた。実際、ヨーロッパ人が潜入に成功したのは1828年になってからだ。
その名残か、英語でtalking about Timbuktuといえば「漠然としてつかみ
どころのない話をする」といった意味の成句になるんだとか。
ところがトゥーレはトンブクトゥから200kmしか離れていないニアフンケの出身
なもんだから、リアルなトンブクトゥの話がいくらでもできる。それで、しゃれの
つもりで『トーキング・ティンバクトゥ』なんてアルバムタイトルを選んだのだ
ろう。スカイダイバーのエッセイ集に「雲をつかむような話」とつけるような
ものかw

760 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/28 02:25
最近朝型生活をしていたので、もう限界。
明日は、・・・寝れるだろうか、監査資料を作らないと・・・

おやすみなさい。

761 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/04/28 10:25
>>759
「大旅行記」家島彦一氏の完訳版は手が出なくても
家島氏の書いた「イブン・バットゥータの世界旅行」(平凡社新書)は
さらっと読むにはいいです。
ttp://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_199

本編のダイジェスト的な要素を期待して読むとちょっと期待はずれですが
大旅行記の信憑性を検証するところなど、完訳者ならではの内容となっていて
なかなか面白いです。

762 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/29 03:06
>>761
完訳版を買うべきかどうかの判断材料にするため、読んでみたのですが、
この本自体面白かったです。

自己−イスラーム世界−境界イスラーム世界−異域世界
自己−現実・既知世界−  驚異・稀少世界  −空想・幻想世界

この、旅行記中にみられる世界像とか。自己や自己の文化・慣習からの
遠近が、実際に見聞したことの結晶化に作用して、上図のような振り分け
がなされる、と。一方で、それに抗うような「ありのままを見る」合理主義が
バトゥータにあったのか、それにも興味があります。

・・・ということで、完訳本も買うことにしています。ボーナス出たら。
図書館に入れてもらうことも考えたのですが、あまりニーズがないだろうし、
これを買う金で人気小説が何冊買えるかを考えると、却下される可能性大
と判断しましたw

763 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/29 03:38
マルコさんの旅行記は、積読化してるんですがね・・・

ttp://flanor.adtimmering.net/files/maruko.ra
  ※ダウンロードが始まりますが、怪しくはないのでご安心を

今のところ一番好きな旅行記は、慈覚大師円仁の『入唐求法巡礼行記』
です。坊主の手記のくせに、逃亡・潜行・弾圧・仲間の破戒など、ドラマ
チックなのがいい。

764 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/04/29 09:07
あぁ、既読でしたか。

完訳本お買い上げですか!うらやましい。
買って買えないことはないんですが、読む時間が取れるかどうか自信なし...

765 :安住っち ◆AZuMin2XY. :04/04/29 12:09
>751
川原先生、好きです。
ほとんどの本は持ってます。

イティは母が好きだったな。

もし古本屋に行く機会があったら、太刀掛秀子先生の本、おすすめです。
りぼんです。

漫画ばっか読んでて、活字はあまり読みません・・・

766 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/04/29 23:18
>>764
長い作品は、興味を持った所をつまみ食いしながら進むといいっすよ。
『大旅行記』(この題名には、正直違和感があります。『三大陸周遊記』
という抄訳タイトルの方にまだ親近感があります)も、多分3巻(東アフリカ)
→7巻(アンダルス)→8巻(ニジェール川流域)→あとはしばらく放置と
なる予感。実際、ヘロドトスは15年経ってもまだ完読してません・・・

>>765
太刀掛秀子、古本屋で見かけたことがあるような・・・
ぐぐったら陸奥A子とかと同世代なんですね。探してみよう。
川原は俺もほぼコンプリートです。『架空の森』『月夜のドレス』が個人的
なベスト2ですな。彼女の作品は、変わり者であることを肯定しながらも、
特別視や必要以上の持ち上げもせず、「変わり者として存在することも、
普通のこと」としてるのがいいっすね。
イティは・・・主役の2人より、鬼幽と月笙のコンビのファンです。

767 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/02 07:20
 ..::::::,、_,、::: ::::: ::: :   ぁぁ…ぅっゃ…
  /ヨミ゙ヽ)-、. :: ::::
─(ノ─ヽ.ソ┴─

さあ今日も楽しく外作業・・・
皆さんGWを満喫してますか?俺はしてますよ・・・この通り・・・

768 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/02 07:34
CD屋で、20代前半と思われる女性(美人)が連れのイケメン(おそらく年下)
に、凄い勢いで「行進曲のあれこれ」について解説しているのを目撃した。
ラデツキー行進曲とウィーンフィルの関係とかスーザとスーザフォンの発明と
か、テーマを飛ばしまくりながらも、カツゼツよく彼女は話していた。ほとんど
切れ目なく。
蘊蓄屋は男の専売特許だと思っていただけに、なかなか衝撃だった。悪趣味
と思いつつも、近くの棚を物色しながらこっそり聞き入ってしまった。

769 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/02 07:35
彼女からは、明らかに  必  死  だ  な  とスペースを入れて書きたく
なる雰囲気が漂っていた。こういうことには鈍い(脳内妄想は大得意だが
なw)俺にさえ、彼女が彼の気を一生懸命惹こうとしているのが感じられた。
一方の彼はといえば余裕綽々で、ときおりいたずらっぽい質問を返し、また
愛想よく相槌を打つ。声色からして、彼女を憎からず思ってることは間違い
ないだろう。
恋愛初期?の、巧まざる幸福なやりとりを目の当たりにし、こちらもなんと
なく幸せな気分にもなり、一方では自分の現状を振り返ってずーんと落ち
込んだり。そういう気分をひとまとめにして圧縮して表現すると、「羨ましい」
になるんだが。

770 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/02 07:36
数年前までは、街中でカップルを見かけるとムカついてしょうがなかったが、
30を過ぎたあたりから、単純に嫉妬を感じるだけではなくなってきた。
なぜか、君達には頑張ってほしいという気分になることがある。特に男性の
方を応援したくなる。「命ー短しー 恋せよ小僧ー♪」と歌いかけてあげたい
気分になる。やらないがな、殴られたくないしなw
自分の代わりに幸せになってくれという、代償作用を期待しているんだろうか。
おかしいな、まだ枯れてないはずなんだがな・・・

771 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/05/04 03:27
枯れるなんて・・・いやいや、まだこれからでしょ!!!
水やって、肥料与えて、時にはお薬まいて、お天道様にあたっていれば
きちんと芽が出て花が咲いて実になるものよ!!!


772 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/05 09:58
>>771
そうっすね。肥料はやってるつもりですが、根や葉を伸ばす成分ばかりで、
肝心の花や実をきれいにする成分をあまり与えていなかったのかもしれ
ません。
あと、日のあたるところに出ていくことも必要でしょうな。

来年は環境が大きく変わりそうなんで、今年は雌伏の年にするつもりでした
が、あまり決め付け過ぎない方がいいかもしれませんね。ありがとう。

さて、資料作ってくるかな。
昨日丸1日休めただけでもありがたいと思わなければ・・・!

773 :音浪@職場:04/05/06 01:20
ここに懺悔する。
職場から2chを覗いてしまった。ネット管理担当は俺なので、他人に
ばれる心配はないが、なんというか禁断の一線を越えてしまったよう
な気がする・・・

今日は泊まってもいいし時間あるな、とか考えるとこう甘くなるんだ
よな・・・
さっさと片付けて、3時までには帰る!帰るぞ!

774 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/05/06 08:49
職場からですが何か?

775 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/05/06 23:19
さすが部長 自前の回線とは言え男前ですね

∞〜  〜∞
⊂⌒~⊃_Д_)⊃ 「業務に無関係」メッセージに慌てたあの日…出来心です

776 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/05/06 23:36
そんなことをしていたら軽油の仕入れ価格が計算とぜんぜん違うことに気づいて
夕方まで大慌てでした

777 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/09 00:15
>>774-776
老猿さんは職場に自前の回線を引いてるんですか!
それは豪気な・・・w

うちの事務所でも接続制限が検討されたことがあったんですが、制限を
実施できる技術を持った人間が社内におらず、かつ外注すると金がかかる
ことから、見送られた経緯があります。
オープンスペースなので、ディスプレイが丸見えで、やば目のサイトを
覗くことは自殺行為ですし・・・残業中を除けばw

778 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/09 00:40
5〜6日はほとんど寝てなかったので、今日は昼寝三昧。頭がすっきりした。
もう無理がきく歳ではないんだなあと実感。

時々起きてはNHKで陸上の選手権を見た。男子選手に続き、女子選手
でもゴールドチェーンが増えてきているようだ。もともと短距離選手という
のは自己顕示欲の塊みたいなもんだから、わからないでもないがな。

昔の部の仲間達を考えても、大人しくて控え目で互いに仲のいい中・長
距離連中と比較して、俺ら短距離や跳躍・投擲連中は、同じチームに属し
てるもの同士でさえどこかで張り合っていたような記憶がある。
そのくせ皆、妙に他校に人脈を作りたがったりしてた。あれも、「有名になり
たい」という欲望の顕れだったのかもしれない。
まあ、有名になるためにはそれなりの実績がなければならず、県大会で
一度も決勝に残ったことのない俺には無理な話だったがw

779 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/05/09 11:51
>>777
自前のAirH"を会社に持ち込んでいます。
自宅でもAirH"...

780 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/09 23:42
あるテレビ番組で:
A:「イラクでは、米軍に機関銃を向ける17歳がいる一方で、『アメリカは友達』
 と語る17歳もいる。どっちがイラク人の本音?」
B:「どっちも本音。所属宗派・居住地域・フセイン政権時の立場により、皆
 スタンスが違うのはあたり前」

Bさん、その通りだと思う。
でも、もう少し考えてみてよ。Aのいう2人の17歳は、同一人物の可能性
だってあることを。
取材される場所や時間により、その17歳の周りにいる人の顔ぶれも異なる。
昼は親米派の親族と一緒かもしれないし、夜は嫌米派の友人達と行動を
共にしてるかもしれない。
それに何より、その17歳が、自分の目的を実現するためには、状況により
平気で立場を変えるメンタリティを持っている可能性が高いことを。
イスラム的価値観を排除しようとする米軍に抵抗しながらも、援助物資は
遠慮なく頂きたいと考える。そのことに矛盾を感じるのは、生きることに余裕
のある者だけではないのか。

781 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/09 23:47
いつでもどこでも意見を変えず、内面の声に正直に生きる。確かに美しい
かもしれないが、皆がそう美しい生き方を取っている、特に子供なら、と
考えるのは、むしろ傲慢だ。
別にイラクに限った話ではない。どこでもそうじゃないのか。
正直、不思議でならない。『平気で嘘をつく人々』(M.スコット・ペック、草思
社)なんて本がなぜ売られているかが。逆に聞きたい、平気で嘘をつけ
なくて、よく暮らしていけてますね、と。

というか、マスコミのナイーブさにちょっとげんなりしたもので・・・
いや、基本的にはマスコミは信用してるんですが、ちょっと理想主義が
報道面にまで染み出してくるのはどうかと・・・

782 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/09 23:50
>>781訂正
× 『平気で嘘をつく人々』  ○ 『平気で嘘をつく人たち』

>>755 2行目
× Sorce  ○ Source

783 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/10 00:00
>>779
そうかその手があったか!
自分、携帯ではメールもウェブも一切やらない(いや、やれない)ので、
そういう発想がありませんでした・・・
少し前にオフに出たとき、連絡用にここを携帯から覗いたのが携帯ウェブ
初体験でした。お恥ずかしいw

784 :音浪 ◆5dgoTpSAKE :04/05/10 01:50
ちょっと貼っとくか。
ttp://www.chakuriki.net/japan/

おやすみなさい。

420 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)