5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史的詐欺の手法おしえて★

1 :備えあれば憂い名無し:04/05/02 22:19 ID:nn6cNheW
騙されないためには古典的手口をよく知ることだと思う。
ネットを利用した最近の詐欺などももとをたどれば
その手口のほとんどが昔からある古典的手口を組みあわせたり
応用したものであるような気がする。

スケールの大きい詐欺から寸借詐欺まで騙しの手口は多岐に渡りますが
詐欺師たちは犯罪を成功させるために情熱というか執念をもって
複雑に、巧妙に仕掛けてくる。

このスレでは騙される人間の習性を、
過去におきた歴史的詐欺事件の手口をもちよることで
いまにつなげ予防しようとするものです。

2 :備えあれば憂い名無し:04/05/02 22:26 ID:nn6cNheW
ではまず自分から…

1925年、パリの高級ホテルでとある鉄鋼業者に、フランス政府建設局員を名乗る男が、
エッフェル塔の老朽化に伴い、取り壊されるという話をしていた。

この局員を名乗る男こそ、詐欺師、ビクトル・ルスティグ伯だった。
取り壊しに伴い、膨大な量の鉄くずが出て競売にかけられるので、
便宜を計ろうというのだ。折しもこの時期は世界中が戦争準備のため、
世界的に鉄骨が不足している時だった。

鉄骨業者にとって、貴重な鉄骨を手に入れるためなら少々のワイロは安いものだった。

 エッフェル塔を解体して売るという、この大胆不敵な詐欺。
 もちろん、パリの象徴エッフェル塔は、現在まで解体されたことはない。
 この、一見荒唐無稽に思えるビクトルの手口だが、彼の詐欺は常に時代背景を利用した、
人の心の虚をつく巧妙なものだった。

3 :事件マニア 2nd Generation ◆6gUogZdXpE :04/05/02 22:28 ID:A1yc49Rd
投資詐欺マニアの漏れとしては元祖ネズミ講の「天下一家の会」など。

http://f28.aaacafe.ne.jp/~kenpei/mouse/mouse7.html

残党が未だにいるんだなこれ。


4 :バックマジーンフォレークス:04/05/03 00:27 ID:MnpEHjm7
『ポンジー詐欺』の語源となったアメリカのチャリンカー、
チャールズ・ポンジー御大。

「切手の取引で3ヶ月後に出資金1.5倍!」
と謳って多額の資金を集めるも、結果はご想像の通り。


5 :備えあれば憂い名無し:04/05/03 05:11 ID:SAmendMV
「キャッチミーイフユーキャン」のモデルになったアバグネイル。

以下は某サイトからの転載。

フランク・アバグネイルJr.。
1948年にニューヨークで生まれ、16歳の時に両親が離婚をしたのを機に家出をしたアバグネイル。これが、彼が詐欺師稼業に手を染める一歩となった。
アバグネイルが当時手にしたのは、将来のためにと父がくれた200ドルの銀行預金だけだった。
 家を出たアバグネイルは生活のために小切手を切りまくり、不渡りを連発して警察に目をつけられ、もはやニューヨークにはいられなくなった。
 人生最初のピンチに遭った彼が目をつけたのは、パイロットだった。パイロットなら怪しまれることなく世界各地を逃げ回ることができると考えたのだ。
アバグネイルは大胆にも世界屈指のパンアメリカン航空(パンナム)に、パイロットと偽って電話をした。
 ホテルでクリーニングに出したらなくされてしまったと説明すると、
パンナム航空は制服の製造業者に連絡をした。そしてアバグネイルは本物を装って出向き、
身元を確認されることなく自分にぴったりの制服を入手することに成功した。
 だが現実は映画ほど上手く進まなかった。制服と帽子には、エンブレム(紋章)がなかったのだ。
普通、エンブレムは制服を変える時に付け替えるようになっているので、
制服を新調してもついていないことがあるのだ。
 そこで再び偽名で電話をしてさぐりを入れ、エンブレムが航空の購買部で販売されていることを知る。
しかし購買部に入るには航空会社のIDカード(身分証明書)が必要だった。

6 :備えあれば憂い名無し:04/05/03 05:18 ID:SAmendMV
アバグネイルが目をつけたのは、大手の印刷会社だった。海外の航空会社の社員を装い、彼は印刷会社に商談を持ちかけ、
印刷会社からIDカードのサンプルをうまく手に入れた。しかしカードには会社のマークと社名が入っていなかったので、
プラモデルのシールとタイプライターを使って本物そっくりに偽造した。
 エンブレムも手に入れ、見た目は一端のパイロットになったアバグネイルだが、
仲間意識が強く他会社のパイロット同士でも気軽に声をかけあう中、会話で失敗をしてしまうことがあった。
 ところが持ち前の探求心の強さから、アバグネイルは様々な方法でパイロットについての知識を身に付けていった。
 そしてついに、副操縦士なら新顔でも怪しまれないことを知ったアバグネイルは、
あるテクニックを使った。パイロットは勤務シフト上、別の空港に移動して航空機を飛ばさなくてはならないことがある。
当時は航空会社の取り決めにより、回送の乗員は他社便でも無料で乗ることができた。
 アバグネイルはこの特権を武器に、副操縦士として回送してもらうという飛行機のタダ乗りを始めたのだ。
そしてもう1つの特権が小切手の換金だった。
アメリカ全土を飛び回るパイロットは、航空会社のカウンターで簡単に小切手を換金することができた。
 ニューヨークではもう小切手を切ることはできなかったが、訪問先のホテルでパイロット姿なら怪しまれることはなかった。
 さらにパンナム航空のパイロットが経費を払うのに使う給料小切手を偽造した。
会社のマークはまたしても大量に買い込んだプラモデルのシールだった。
 回を重ねるごとに手口は巧妙になっていった。1960年代、全米を結ぶコンピューターのオンラインシステムはなかったため、
シカゴで偽造小切手を使う時には決済銀行をロスにしておくと、小切手がシカゴからロスに送られ、
偽造だとわかって送り返されてくるまでにタイムラグが生じた。
同じ場所には二度と来ないようにすれば、捕まることはなかったのだ。
 このようにして各地で偽の小切手を現金化して荒稼ぎをしていたアバグネイルだったが、ついにその手口にFBIが動き出した。
 担当したのは詐欺事件担当のジョセフ・シア捜査官だった。ジョセフ氏は、事件が明るみに出た当時は犯人像については手がかりすらない状態だったと話す。
 アバグネイルはパイロット仲間の話からFBIの動きに気付き、身を隠した。
 FBIの追究から逃れるため、アバグネイルはだまして手にした大金を持ってジョージア州のリゾート地リバーベンドに滞在することにした。
そこで優雅に過ごすつもりだったのだが、
部屋を借りる時に何の気もなしに職業は小児科医だと嘘をついたことで事態は変わる。
 数日後、部屋の大家がスミザーズ病院のウィルス・グレンジャーという医師を連れてやってきた。
州の法律で大病院で必ず置かなくてはならない小児科の主任医師が突然辞めてしまい、運営できなくなるので困っているという。

7 :備えあれば憂い名無し:04/05/03 05:23 ID:SAmendMV
休暇でここに来ているだけとアバグネイルは言ったが、1週間でもよいので勤務して欲しいと説得され、
結局数日後には医師免許を偽造し、本物の医師として勤務することになった。
 専門知識などないので診察を行えるはずもなく、夜は執務室にこもって必死に医学書を読みあさった。
ところが、この行動は勉強熱心だと良いように思われ、さらには何も知らないために診察を人任せにしていたことも、
若い医師の行動を尊重すると受け取られた。なんとも強運の持ち主だ。
1年が過ぎた頃、限界を感じたアバグネイルはそこから姿を消した。
 そして全米各地にいるガールフレンドの一人、ダイアンを頼ってルイジアナ州に行った。
 彼女にはロバートと名乗っていたアバグネイルは、パイロットを辞めて次は弁護士になろうと思っていると、
またしてもちょっとした嘘をついた。彼女に少しでも良く思ってもらおうとしていたのだ。
パイロットになる前はハーバードの法学部にいて、法律の修士号も持っているとまで言った。
 ところが全く疑おうとしなかったダイアンは、知人が一緒に働ける弁護士を探しているので是非会って欲しいと話しはじめたのだ。
 彼女に連れられて州法務官のジェイソン・ウィルコックスに会ったアバグネイル。
ジェイソンの職場に弁護士が必要で、それには州の司法試験に合格すればよく、ハーバードを出たなら絶対に合格すると言われ、
アバグネイルは司法試験を受けるはめになった。
幸い、ルイジアナ州は法律の学位があれば司法試験を受けることができたので、ハーバード大学に資料を請求してそこから卒業証書を偽造し、
2ヶ月間本気で勉強をしてなんと試験に合格する。その後1年間、彼は法務官として勤務する。
 しかし職場に本物のハーバード出身者が現れて素性を怪しまれたため、ふたたびルイジアナを去ることになった。
 その後、彼はユタ州の大学で社会学の講師になりすましたが、
大学講師の収入だけでは派手な生活を支えることができず、結局彼は偽パイロットに戻るしかなかった。
 しかし、しばらくなりを潜めていた彼の再度の動きにFBIも気づき、国内航空各社に連絡を広めた。

8 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :04/05/03 13:17 ID:WZogVU5E
100万ドルを取り返せ


9 :備えあれば憂い名無し:04/05/04 18:03 ID:w7wsC+dQ
>>4 これね。
チャールズ・ポンジー。
彼は19世紀末、イタリアから新天地アメリカに渡航した貧しい移民だった。
彼は、皿洗いやウェーターをしながら、ついに大発見をする。

ヨーロッパで1セントで売られている「国際返信用クーポン」が
アメリカで10セントの切手と交換することができるのです!
何と10倍の儲けです!これで億万長者だ!

彼は、ヨーロッパで大量の国際返信用クーポンを購入する。そして、それを10倍の金額の切手と交換したのです。
ところが、次の瞬間、大問題に突き当たります。
大量の10セント切手を売りさばくのは、たいへんな労力が必要です。当時のアメリカには、金券ショップがなかったようです。
よし!「良い考え」が、ポンジーに閃きます。
1920年、ポンジーは、ボストンに事務所を出して大々的な宣伝をうって、出資者を募りました。
「国際返信用クーポンと切手の取引で、3ヶ月で50%の利益を保証します。」
何人かが、半信半疑で、出資をします。驚いたことに、
3ヶ月後出資金は、1.5倍になってキチンと戻ってきました。
「10倍の利益が得られるのだから、当然でしょう。」と出資者達は、納得しました。

人気が沸騰。出資を申し出る人が殺到します。
ついに、毎日20万ドルが彼の事務所に送られてくるようになります。
彼は、コロンブスを超える偉大なイタリア人として賞賛されます。
幸福感と熱狂に包まれた投資家たち。
ポンジーは、贅沢三昧の生活を楽しみます。
しかし破綻は、突然やってきます。
ある郵便局員が、国際返信用クーポンがほとんど増えていない事実を、警察に告げたのです。
実は、ポンジーは、切手など交換していなかったのです。後から入る金で、前の人の金利を払っていたのです。自転車操業。
しかし、急激に事業が拡大するので、金は増殖していったのです。
悪運尽き、ポンジーは逮捕されます。バブルは崩壊し、後はパニック。
群集がポンジーの事務所に押しかけますが、金庫は空っぽ。もちろん、金は永遠に戻りませんでした。
このアメリカ版ねずみ講は、「ポンジーのゲーム(Ponzi's Game)」と呼ばれています。

10 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :04/05/05 16:20 ID:W1uF+t4h
スティング



11 :備えあれば憂い名無し:04/05/05 17:49 ID:H+u+SSk2
>>8 ジェフリー・アチャー?

12 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :04/05/07 22:51 ID:WkvjsFsM
>>11
イエス

コンゲームをテーマにした小説や映画は、多いのではないでしょうか?



13 :バックマジーンフォレークス:04/05/07 23:48 ID:7k3nrT5Y
>>9

フォローさんくす。

日本のチャリンカーで忘れちゃいけないのが『保全経済会事件』
保全経済会は戦後間もなくに沢山あった闇金の一つだが、
広告を派手に打って出資金集め、計画どおり派手にコケた。
匿名組合を悪用して法の網をくぐり抜けようとしたのね。
こういう輩を取り締まる為に『出資法』が出来た訳だが、
現在、更にその『出資法』を何とか掻い潜って自転車漕ごうとする
詐欺師連中は後を絶たんなぁ・・・

この辺参考にしてね
ttp://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/kabutochou9.html

14 : :04/05/08 01:42 ID:zsR6Pxwa
メルビン・ワインバーグはどうよ?


15 : :04/05/08 01:52 ID:DJ0p+kPR
お約束ですが、純金ファミリー証券の豊田商事&会員権乱売の茨城CCを。

16 :この子の名無しのお祝いに:04/05/08 14:08 ID:/hDWEPET
イエローキッドでしょう。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)